この時期 イタリアでは どのお菓子屋さんのショーウインドウにも

 艶々の美しいマロングラッセが並びます。 

マロングラッセというとフランスのお菓子というイメージがありますが

元々 トリノを統治していたサヴォイア王家で作られたのがオリジナル・・・という話もあるそうです。

マロングラッセのお味の決め手となる栗・・・

イタリアでは ピエモンテ(Piemonte)州の クーネオ(Cuneo)産の栗が世界的に高品質といわれ有名です。

そのため トリノ(Torino)あたりは 美味しいマロングラッセがいっぱいあります。

ローマのマロングラッセといったら ここ・・・



ファブリカ・マロングラッセ”ジュリアーニ”(Fabbrica Marrons Glaces“Giuliani”)です。

ここのお店のお勧めは マロングラッセはもちろんですが

このマロングラッセを丸ごとダークチョコで コーティングしたもの・・・

ダークチョコと マロングラッセのカリッとした甘すぎないお砂糖部分と
口の中でとろけそうに柔らかい栗がとって?もあいます。
お店の中はこんな感じ・・・・






マロングラッセ以外のお菓子もいろいろとあります。

こちらは ほおずきを丸ごとチョコレートコーティングしたもの。

栗のジャムや シロップ漬けもあります。
そして・・・このお店でよく買うのが こちら

作っている段階で 崩れてしまったりしたものを 詰め合わせでお手頃価格で売っています。
このまま食べても美味しいのですが これを使って栗のティラミスを作りました。
11月のTOPに写真を載せています。
レシピは 次回 ご紹介させていただきます

ヴァチカン市国の近くです。



ブログランキングに参加しています



ポチッと押していただけると嬉しいです


ありがとうございました
 ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆