昨日ご紹介した オッソブーコ ローマ風 のソースをベースに

今日はナポリ風のラグーをご紹介

ローマ風がナポリ風てどういうことよ・・・といった感じですが・・・

ラグーというと 北部のミートソース状のソースが 主流ですが

ナポリ風は 肉の塊やミートボール サルシッチャなどを トマトソースをベースに長時間煮込みます。

肉の旨味が溶け込んだトマトソースとあえるパスタのお味は最高です。

ナポリでは ズィーティ(ziti)というパスタをこのソースに よく和えます。

ズィーティは 時間をおいても味が落ちないので パーティー向きです・・・・が

今日はなかったので こちらのパスタで・・・




ガロファロ(garofalo)の ジェメッリ(gemelli)です。

こちらの写真は 昨日のオッソブーコ ローマ風にサルシッチャを加えてパスタを和えたものですが

レシピは ラグー・ナポリ風になっております。

    材料
      牛肉の塊                   300g
      サルシッチャ                 4本
      スペアリブ                  200g
      玉ねぎ・セロリ・人参のみじん切り    各大さじ2
      オリーブオイル                適量
      ニンニク                    1個
      ぺペロンチーノ                1個
      トマトホール                  800g
      イタリアンパセリ               適量
      バジリコ                    適量
      白ワイン                    1カップ
      塩・コショウ
      パルミジャーノ
      パスタ

   レシピ
      ①鍋に オリーブオイルを入れ野菜のみじん切りとにんにくぺペロンチーノを炒める
      ②塩コショウした肉類を加え 白ワインを入れトマトソースと適量の水を加え
       肉が柔らかくなるまで煮込む
      ③肉がとろけるほど柔らかくなったら 茹でたパスタとともにあえ お好みで
        パルミジャーノ バジリコなどをふる

煮込む肉はお好みでどうぞ。

煮込んだ肉は セコンドとして別々に食べてもいいし パスタと一緒にあえても

ボリュームある一皿になります。

Buona appetito (ブォナ・ペティート)





ブログランキングに参加しています



ポチッと押していただけると嬉しいです






      
     ありがとうございました
 
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



昨日近所のワイン屋さんに行ったら 子供の好きそうなお菓子がズラァ?リ・・・

そう 今日1月6日は べファーナ(Befana) 「御公現の祝日」 といって イタリアは祝日です

この日の前夜に 子供の枕もとに べファーナという老婆がやってきて

いい子にはお菓子のプレゼント 悪い子には炭をおいていくという 言い伝えがあります。

イタリアの子供たちは バッボ・ナタ―レ(サンタクロース)だけでなく

ちょっと怖いべファーナが持ってくる素朴なプレゼントを毎年楽しみにしています。

うちの娘は 日本で生まれ 1歳半の時にイタリアに来ました。

日本人であるので お正月や 雛祭り こどもの日 七夕など 

日本の習慣や伝統的な行事を切にしてきましたし 

イタリアに住んでいるのでイタリアの行事にも触れてきました。

彼女が小さい時には べファーナの時には必ず枕もとにお菓子を置きました。

お菓子類を見ていたら 何年か前に 1回だけ忘れてしまったことがあり

その朝 彼女が”べファーナが来なかった“と

涙ぐんだことを思い出しました。

今さら・・と思いながらもこんなお菓子を買ってみました



彼女の好きなマシュマロとキティのカサチョコ

夜枕もとに置いたところ…朝起きてきた彼女 大受けでした

今さらですが 大きくなったんだな?と うれしくもあり

あの涙ぐんでいたころが懐かしく ちょっぴりさみしくもなりました・・・・

親心って・・・ふ・く・ざ・つ


それでは・・・

Buona giornata(ブォナ・ジョルナータ) よい1日を