ローマのおいしい生活


今日も 30℃を超えているとはいえ




爽やかな風のローマです




昨日から 昼でも 冷房はいらないかな・・・




さてさて今日は 艶々と輝く 夏から秋にかけておいしいナスに ご登場願います~




ナスの原産地は インドといわれているそうですね




イタリアに 入ってきたのは 13世紀ごろで




シチリアからナポリと伝わり 全土に広がったといわれているそうです




イタリア産のナスは 色や形 大きさは色々・・・





ローマのおいしい生活


私がよく使うのは 左の色が薄くところどころに白い線の入ったもの・・・




イタリアのナスの皮は固いものが多いですが




これは比較的軟らかく 皮ごと使えます




でも今日使うのは 右の長なすタイプです




さて イタリア産のナスを調理する前の下処理方法ですが






ローマのおいしい生活


こんな風に切ってから 切り口に サーレ・グロッソ(粒塩)をふって




30分から1時間位置きます






ローマのおいしい生活


一時間置いたものです




下の方に水分が出てきていますね




この水分と一緒に アクも抜けるというわけです




この作業を イタリア語で ファーレ・ラァックア (fare l'aqua)といいます




アクを抜くというより むしろ水気をだすことが目的です




余分な水分を抜いて 身をギュウッとしめ ナスの旨味を凝縮させることが狙いです





ローマのおいしい生活


でてきた水分をよく拭き取ってから




フライパンに少し多めのオイルを入れ 高温で調理します




ナスはオイルとの相性がいいのですが オイルを吸収しやすい性質があります




低い温度だと 必要以上にオイルを吸い過ぎるので 気をつけましょう




焼いたり 揚げたりする時は 高温で短時間で調理します~





ローマのおいしい生活

揚げたら キッチンペーパーなどで よ~くオイルをふき取り




バジリコ にんにく ぺペロンチーノ 塩 バルサミコで味付け~





ローマのおいしい生活

ナスとバルサミコの相性は抜群ですね~




ニンニクとバジリコの香りもいいです~




材料

  ナス        300g位

  にんにく      1片

  ぺペロンチーノ  1個

  バジリコ      4~5枚

  オリーブオイル  おおさじ1~

  バルサミコ     大さじ3~

  塩          少々

  揚げオイル     適量




レシピ

  ①ナスは 輪切りにしてから塩をふり1時間置く


  ②水気を切り 高温で揚げる


  ③キッチンペーパーなどで油をよく拭き取り ボウルに入れ 薄切りのニンニク

   ちぎったバジリコ ぺペロンチーノを加える


  ④塩 オリーブオイル バルサミコ大さじ2を入れ ボウルをゆすって和える


  ⑤器に盛り付け バジリコとぺぺロンチー二を飾り バルサミコをふる




タベラッテナスのマリネ バルサミコ風味





ローマのおいしい生活

できあがり~





ローマのおいしい生活

バジリコと フレッシュぺペロンチーノをのせて・・・




辛いのがお好きな方は ぺペロンチーノをきざんでもいいですね




まわりがカリッとして 中がとろ~りのナス




たまりませ~ん(*^.^*)





ローマのおいしい生活

お試しを~(*^▽^*)




ボナぺティート(Buon appetito) o(=^^=)o アーン♪



ブログランキングに参加しております 



おいしそ~と思ったら ポチっと3つバナーをクリックお願いします



にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村





ポチっとしていただけると 励みになります(≧▽≦)



゚・*:.。..。.:*・゚゚ありがとうございました゚・*:.。..。.:*・゚゚ 

ローマ生活情報




ローマのおいしい生活


赤・黄色・緑・・・・カラフルなカラブリアのぺペロンチーノです~




ブーケみたいでかわいいですね




どの色も辛さは同じ位・・・・




フレッシュな辛さが味わえます~




取りあえず トリコロ―レのぺペロンチーノでも作ってみようかしら~(*⌒∇⌒*)