IMG_9665 (1)

イタリアのレストランやトラットリアの
メニューに「コントルノ」という表記を見たことが
あるかと思いますが
コントルノは 「付け合わせ野菜」のことです 
イタリアのメイン料理
肉や魚のセコンドピアットには
肉だったら肉 魚だったら魚だけと
付け合わせ野菜がついていないことが多いです
(もちろん野菜と共に煮込んだ料理もありますが・・)

注文したセコンドピアットに
合わせて付け合わせ野菜のコントルノを
選んだりします
そんなコントルノの代表的なものに
ほうれん草のソテーがあります
今日ご紹介するのは イタリアンな
ほうれん草のソテー ローマ風
「スピナッチ・アッラ・ロマーナ」です
つぶしたにんにくを入れ
オリーブオイルに香りをつけて
たほうれん草を炒め
レーズンと松の実を加えるのが特徴です

レーズンと松の実というとシチリア的な
イメージがあるのですが
なぜか「ローマ風」なんです

IMG_9634

ほうれん草は 送っていただいた
愛媛県産のほうれん草
このほうれん草 茎がおいしいんです
柔らかくて旨味があります
今回は茎と葉っぱに分けずに
そのまま切らずに使って作ります

【材料(2人)】
愛媛県産ほうれん草:1束(180g)
オリーブオイル:大さじ1
にんにく:1/2個
松の実:15g
レーズン:15g
塩・コショウ:少々

【レシピ】
IMG_9644

①ほうれん草はよく洗って切らずに
ラップをして600wのレンジで2分加熱
にんにくは潰して レーズンはぬるま湯につけておく

IMG_9645

②フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ
弱火で炒め香りが出てきたら
にんにくを取り出す

IMG_9646

③ほうれん草を加えしっかり炒め
塩・コショウで味を調え

IMG_9647

松の実と水気を切ったレーズンを加え
よく絡める

【ポイント】
★ほうれん草は切らずにそのまま使って
茎と葉っぱそれぞれの食感を楽しみます

★松の実は乾煎りするかトースターで軽く焼くと
食感よくなります

★松の実はアーモンドやクルミなど他のナッツ
でもOkです

IMG_9677 (2)

レーズンのほのかな甘味と松の実の食感が
ほうれん草の美味しさを引き立てます
いつものほうれん草の炒め物を
ちょこっとイタリアン風に変えてみても
いいかも〜
パンにのせてもおいしいですよ
そしてワインにもあいます
茎のおいしい愛媛県産ほうれん草で
ぜひぜひお試しください

・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ブログへのご訪問ありがとうございます!

読者登録よろしかったらお願いいたします   



インスタやっております♪
いいね!&フォローしていただけるとと嬉しいです

Instagram

ランキングに参加しております
ぽちっと応援して頂けると嬉しいです


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+