IMG_9466 (1)

ヴェネチアのカルニヴァーレは 今日で終わりです

カルネヴァーレ(Carnevale) =カーニバル
これは 元々キリスト教のお祭りです
パスクア(復活祭)を迎える前に 
心身を清める意味で肉断ちをする節制 期間
これをキリスト教で
“四旬節”と言いますが
四旬節が始まる「灰の水 曜日」前夜
肉断ち期間をしっかりと乗り切るために
おいしいものをいっ ぱい食べて 
思いっきり楽しもうということから始まりました
日本では「謝肉祭」と言いますよね
イタリアでは子供や大人も思い思いの仮装をして
紙吹雪やスプレーをかけ あったりして楽しみます

また この時期のヴェネチアは
大人たちが仮面をかぶり 中世の雰囲気に 包まれます

3b8b5aac-s

ヴェネチアには こんな仮面を売っているお店が
いくつもあります

⑧カーニバルの仮面

ついつい購入してしまった我が家の仮面
かぶる機会はありませんでした・・・

IMG_9499 (1)

そんなカーニバルの期間だけ食べられる
お菓子がいくつかありますが
 
その代表的なものが「フラッペ」です
このお菓子 ”イタリアあるある”で
地方によって呼び名が変わり
また作り方や 形も少し違います

ローマ→フラッペ(Frappe)

服やカーテンにつける「ひだ飾り」
という意味があります
フラッペは小 麦粉 バター 卵 砂糖と
いったクッキーの材料で作られ
揚げるのが基本 ですが 
揚げずにオーブンで焼いたタイプもあ ります
 

ミラノ→キアッケレ(Chiacchiere)

「おしゃべり」という意味で
おしゃべりをしながら食べるお菓子
という ことだそうです
生地にアマレット(アーモンドのような香りのするリ キュール)
が入ります
 

トスカーナ→チェンチ(Cenci)

「布切れ」という意味
生地にヴィンサント(イタリアのデザートワ イン)が
入るのが特徴です
 

ヴェネツィア→ガラーニ(Galani)
「薔薇結び」とか「蝶形」という意味
 

ピエモンテ→ブジィエ(Bugie)

「うそ」という意味
 

フリウリ→クロストリ(Crostoli)

生地にグラッパ(イタリアの蒸留酒)が
加わります
このクロストリという名前は
「フリ ウリ地方のカーニバル時期に食べられるお菓子」
ということで イタリアの 友人に聞いてみても
語源が分かりませんでした
 

マントゥヴァ→ラトゥーゲ(Lattughe)
「レタス」という意味
 

サルディーニャ→メラヴィリアス(Melaviglias)

「素晴らしいこと」という意味で
手の形をしています
 

ロマーニャ→フィオッキ(Fiocchi)

意味は「蝶ネクタイの形」
リボン状の形で粉砂糖をふるほか
アルケルメ ス(甘い赤いリキュール)をかけたりします

形や呼び名が多少変わっても共通して言えるのは
カーニバルの期間だけ食べられるということ

⑥お菓子屋さんのカーニバルのお菓子

肉断ちの期間 四旬節 灰の水曜日
(今年は明日)の前日つまり今日までは
食べられるお菓子です
カーニバル期間には 大量に売っていたお店やスーパーも
カーニバルが終わった途端 姿・形もありませんでした

カーニバルのお菓子
は 
揚げ物が多く カロリーが高いのが特徴です
それは肉断ち期間を前に 

しっかり栄養をつけておく必要が
あったから・・・
肉断ち予定のない私が
高カロリーのお菓子を食べていいのか・・・
揚げないオーブンで焼くタイプもあるのですが
やっぱり揚げた方がおいしい
せめて・・・ということで小麦粉を

IMG_9403

玄米ミックス粉にしてみました
それではレシピです

【材料(16個〜ぐらい)】
玄米ミックス粉:200g
aバター:20g
a卵黄:2個
aきび砂糖:15g
aハチミツ:小さじ1
aレモンの皮:1個分
白ワイン:大さじ3〜

揚げオイル:適量

粉砂糖:適量

【レシピ】

IMG_9399

①ボウルに玄米ミックス粉を入れaを
加え
混ぜ合わせ軽くこねる

IMG_9404

②白ワインを加え生地の固さを
調整して


IMG_9405

ひとまとめにして

IMG_9406

ラップでくるみ冷蔵庫で30分休ませる

IMG_9407

③台に打ち粉(分量外)をふり 
生地を1〜2mm厚さに伸ばし

IMG_9409

5cm×10cmの長方形に切り
真ん中に切り目を1〜2個入れる


9cdce777-s (2)

④揚げオイルで薄く色づくまで揚げ

IMG_9412

キッチンペーパーにのせオイルを切り

IMG_9494 (1)

粗熱が取れたら 粉砂糖をかける
★ドライベリーを添えました

【ポイント】
★ルゲンマイの「玄米マルチミックスパウダー」を使いました
砂糖と塩が入っているので砂糖の量は少なめです
普通の薄力粉で作る場合は ひとつまみの塩と
砂糖は20g〜25gで作ってください

★白ワインの量は目安です
生地の固さ(パスタ生地ぐらい)で調整します
★レモンの皮の柑橘系の香りがおいしさのポイントです
オレンジの皮でもOKです 
IMG_9485 (1)

粉砂糖たっぷりふるとおいしい〜 
と言われています 
 カロリーは気になりますが
食べだすと止まらないおいしさがあり 
危険な食べ物でもあります

イタリアのカーニバルのお菓子のご紹介でした
イタリアでは今日までのお菓子ですが
ここは日本
食べてみたい〜という方はぜひぜひお試しください

。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ブログへのご訪問ありがとうございます!

読者登録よろしかったらお願いいたします   



インスタやっております♪
いいね!&フォローしていただけるとと嬉しいです

Instagram

ランキングに参加しております
ぽちっと応援して頂けると嬉しいです


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+