034 (1)

本日は「冬至」ですね

冬至とは一年で一番夜が長くて
昼間が短い日・・・
この日を境に 徐々に日が伸びていくとか

そんな冬至には ゆず湯に入って厄払いをして
また運気が上がる「ん」のつくものを
食べる風習がある日本
南京(かぼちゃ)にんじん れんこん ぎんなんなどなど

冬至に「ん」がつく食材のレシピでも
と思ったのですが
なぜか イタリアの「ん」から始まる
食材を思い出してしまいました 

o0601045112121591546

それがこのン・ドゥーヤ(N'duja)です
面白い名前ですよね
「ん」から始まるということは
しりとりには絶対出てこない・・・

ン・ドゥーヤは たっぷりのペペロンチーノ
(赤唐辛子)と豚のひき肉 内臓などを挽いて
豚の腸や盲腸などに詰め 熟成させたものです

 イタリアの南 カラブリア地方の
標高700mにある モンテポーロという街が
発祥の地と言われています

昔々のその昔・・・このあたりを治めていた地主が
冬になるとサラミをたくさん作ったそうです
作った後に残る豚の皮や脂 内臓やくずなど
捨てられてしまう残り物を集め
細かく刻んで 細かく刻んだ唐辛子を
たっぷり加え熟成させて
使用人たちが分け合ったのが始まりだとか・・・
だから 「貧乏人のサラミ」なんて呼ばれてもいたそうです
唐辛子で有名なカラブリアならではのお味で
魅惑的な辛さです

そのン・ドゥーヤを使ったスパゲッティ
過去レシピからですがご紹介です

【材料(3人)】
スパゲッティ:240g
塩:少々
ン・ドゥーヤ:80g
にんにく:1片
紫玉ねぎ:1個
白ワイン:大さじ2
トマト缶:100g
オリーブオイル:大さじ2
リコッタチーズ:大さじ3
バジリコ:少々

【レシピ】

005

①フライパンにオリーブオイルを入れ
みじん切りのにんにくを炒め香りをだし 
薄切りの紫玉ねぎを加え 
しんなりするまで弱火で炒める
006

②ン・ドゥーヤ 白ワインを入れ 
トマト缶を加えて少し煮込み 
塩が足りないようなら味を調える
ffe62b1d

③茹でたスパゲッティと茹で汁少々を
加えよく絡め 
049


器に盛り付け 
リコッタチーズとバジリコを添える
【ポイント】
★スパゲッティは2リットルぐらいの
たっぷりの水を沸騰させ塩小さじ2加えて茹でました 
8795e65b (1)

そのままン・ドゥーヤの辛味を楽しんだり

078

リコッタチーズを絡めてまろやかにしたりして味変を楽しみます

冬至とは全く関係がなく 「ん」で終わる食材を考えていて
思い出した ン・ドゥーヤでした

冬至のレシピはこちら

5fef1721-s

かぼちゃと小豆のいとこ煮



79521676-s

「ん」のつく食材を詰めた油揚げの茶きん煮



などあります

寒いので ほうとうなどもいいですね

皆様 暖かくしてお過ごしください

。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ブログへのご訪問ありがとうございます!

読者登録よろしかったらお願いいたします   



インスタやっております♪
いいね!&フォローしていただけるとと嬉しいです

Instagram

ランキングに参加しております
ぽちっと応援して頂けると嬉しいです


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+