IMG_4523 (1)

いよいよ明日はバレンタインですね

今頃は チョコレートスイーツ作りに大忙しでしょうか・・・

今日ご紹介するのは 北イタリアのトリノの冬の名物

ホットドリンク「ビチェリン」です

イタリアの初代首相のカヴール氏が

大のチョコレート好きで 毎日のように通って飲んでいたので

有名になったと言われている「ビチェリン」は

『アル・ビチェリン(Al Bicerin)』というバールが始まりと言われています

ビターで濃厚なホットチョコレートに

エスプレッソコーヒー

泡立てた牛乳の三層のホットドリンクです

イタリアのホットチョコレートは

日本のココアのイメージはなく

濃厚なダークチョコを溶かしたドロドロした感じ

3年前にトリノに行った時にビチェリンを飲んだ時の記事はこちら 



今回はこのビチェリンを 作りやすい食材でアレンジしたレシピです 

【材料(2人)】
ダークチョコレート:120g
牛乳:60ml
エスプレッソコーヒー:200ml
生クリーム:100g
シナモンチョコパウダー・コーヒー豆チョコ:少々

【レシピ】

IMG_4483

①耐熱のボウルにチョコレートと沸騰直前まで温めた牛乳の半量を加え
500Wのレンジで30秒加熱して

IMG_4484

よくかき混ぜ 残りの牛乳を加え混ぜ合わせ 再び500Wのレンジで
30秒加熱してとろみがつくまでよく混ぜ合わせる

IMG_4490

②耐熱のグラスにチョコレートを入れ その上にそっと静かに
エスプレッソコーヒーを注ぐ

IMG_4516 (1)

③7分立てに泡立てた生クリームを注ぎ シナモンチョコパウダー・コーヒー豆チョコ
溶かしたチョコレート(分量外)をのせる

【ポイント】
★チョコレートはブラックタイプがおすすめです
 お好みのチョコレートがありましたら溶かしてみてください

★かなりドロッとしたチョコレート状態です
お好みで牛乳の量を増やしてください

★エスプレッソコーヒーをマキネッタで入れました

★我が家ではエスプレッソに砂糖は入れないのですがお好みで
甘めがお好きな方は加えてください

★生クリームは豆乳クリームを使いました
 脂肪分の少ないものがおすすめです
 泡立てた牛乳だと本場のお味になります

IMG_4505 (2)

スプーンを添えて 全体をかき混ぜたり すくって飲んでもいいのですが

私はそのまま上から順に飲んでいき

クリームの多い部分や エスプレッソの部分 だんだんチョコレートが広がっていくのを

楽しみながら味わうのが好きです

IMG_4542 (1)

グラッパや ブランデーそたらして大人味もあり?

ビチェリン ぜひぜひお試しください

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ブログへのご訪問ありがとうございます!

読者登録よろしかったらお願いいたします   



インスタやっております♪
いいね!&フォローしていただけるとと嬉しいです

Instagram

ランキングに参加しております
ぽちっと応援して頂けると嬉しいです


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;