031


スーパーで フレッシュな「エイヒレ」を発見


北海道産の 「かすべ(エイヒレ)」と書かれていました


お値段も手頃で 見ていたらローマで冬によく作っていた


エイヒレとプチプチ玄米のスープを思い出し


作ってみることに~


イタリアンなエイヒレスープは エイヒレでだしを取り


玄米と インディヴィアという冬野菜を入れます


95c020bd

正式名は チコリア・インディヴィア


年間で回っていましたが 旬は秋から冬にかけてといわれています


この野菜は手に入らなかったのでこちら・・・


IMG_0761

わさび菜を使いました


シャキシャキとした食感とピリッとした風味が似ています


051

エイヒレは 白ワインと水 パセリの茎を入れ茹でます


052

コトコトと約10分 粗熱が取れるまで 煮汁に漬けたままにします


056

冷めたら 身をほぐします

057

玄米は 発芽玄米を使用


たっぷりのお湯で 約10分下茹でしておきます


059

鍋に オリーブオイルとみじん切りの玉ねぎを入れ


しんなりするまで炒め


060

ざく切りにしたわさび菜と 下茹でした発芽玄米を加え


さっと炒め


062

ほぐしたエイヒレと エイヒレを茹でた茹で汁と 野菜だしを加え


一煮立ちしたら 塩で味を調えます


016

黒コショウと 我が家ではピンクペッパーをちらし


オリーブオイルをたらします


【材料(2人~)】
エイヒレ・・・2個(260g)
パセリの茎・・・1本
白ワイン・・・1/2カップ
水・・・1カップ
発芽玄米・・・60g
玉ねぎ・・・1/4(60g)
オリーブオイル・・・大さじ2~
わさび菜・・・1袋(110g)
野菜だし・・・800ml
塩・・・少々
黒コショウ・ピンクペッパー・・・少々


レシピ
①エイヒレは パセリの茎とともに 白ワイン 水を加え約10分ぐらい
 茹でて 煮汁につけたまま粗熱を取る

②粗熱が取れたら身をほぐしておく

③発芽玄米はたっぷりのお湯で約10分下茹でしておく

④鍋にオリーブオイルを入れみじん切りにした玉ねぎを炒め
 下茹でした発芽玄米と ざく切りにしたわさび菜を入れさっと炒める

⑤ほぐしたエイヒレと 茹で汁 野菜だしを加え一煮立ちさせて塩で味を調える

⑥器に盛り付け 黒コショウとピンクペッパーをふり食べる直前に
 オリーブオイル(分量外)をたらす


【ポイント】
★エイヒレを茹でたゆで汁がおいしさのポイントです
 
★わさび菜意外に水菜や菜の花などでもOKです

★玄米はプチプチとした食感を残すため 下茹で時間は短めで

★長時間保存するときは 玄米がスープを吸ってしまうので
 具材とスープを別にしてください



020

できあがり~


エイヒレから出るだしがおいしい~


プチプチとした玄米もアクセントです


翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

2709-1


リコッタチーズの種類や 作り方 リコッタチーズを使った料理など
ご紹介しています


ぜひぜひご覧になってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ブログへのご訪問ありがとうございます!


読者登録よろしかったらお願いいたします   



インスタやっております♪
いいね!&フォローしていただけるとと嬉しいです

Instagram

ランキングに参加しております
ぽちっと応援して頂けると嬉しいです


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.