ローマのおいしい生活in東京

20年間のイタリア生活を終え帰国。本場のイタリアンをはじめ普段のさりげない和食など見て楽しい食べておいしいお料理ブログです。

タグ:#昆布大使

先日のカリフラワーのカルパッチョの残りのカリフラワーで冷製カリフラワーのポタージュ風スープカリフラワーのうま味が ぎっしりで温でも 冷でも おいしくいただけますざく切りにしたカリフラワーと玉ねぎを炒め煮ていくのですがこの時のおだしがポイントです肉系のコン ... 続きを読む
036


先日のカリフラワーのカルパッチョの残りのカリフラワーで


冷製カリフラワーのポタージュ風スープ


カリフラワーのうま味が ぎっしりで


温でも 冷でも おいしくいただけます


ざく切りにしたカリフラワーと玉ねぎを炒め


煮ていくのですが


この時のおだしがポイントです


肉系のコンソメや 野菜だしなどありますが


ここで使うのは昆布だしです


実は昆布大使です!


昆布を水に入れて一晩漬けこんでもいいのですが


最近はこれ・・・


IMG_4862

北海道の日高昆布100%仕様の


トモエの「日高昆布だし」


濃縮タイプで 使いやすい~


洋風な料理に和のおだしを使う場合


かつおだしだと ちょっと強すぎるというか


おだしが前に出てしまう感じがありますが


昆布だしは 素材のうま味を控えめに引き立ててくれます


トモエの「日高昆布だし」は 福山醸造オンラインショップで購入できます


詳しくはこちら → 


それではレシピです


IMG_4858

ざく切りのカリフラワーと 薄切りの玉ねぎを炒め


IMG_4935

昆布だしと水を加え


汁気がなくなるまで煮ていき


IMG_4936

ハンドミキサーなどでピュレ状にして


バターを加え溶かし


IMG_4937

牛乳を 少しずつ加えてかき混ぜ


味をみて足りなければ塩で調えます


0020

器に盛り付け 飾りのカリフラワーと 


粉チーズ コショウ オリーブオイルをたらします


【材料(2人)】
カリフラワー・・・1/2個(250g)
玉ねぎ・・・1/2個(100g)
オリーブオイル・・・大さじ1~
昆布だし・・・大さじ1
水・・・300ml
バター・・・15g
牛乳・・・300ml
塩・・・少々
粉チーズ・黒コショウ・・・適量


【レシピ】
①カリフラワーはざく切りに 玉ねぎは薄切りにして
 オリーブオイルで炒める
★炒める前に生のカリフラワーを4かけぐらい飾り用に残す

②水と昆布だしを加え水気がなくなるぐらいまで弱火で煮込む

③ハンドミキサーでピュレ状にしてバターを加え  溶かす

④牛乳を少しずつ加えて よくかき混ぜ 味をみて
 塩がたりなければ加え 冷蔵庫で冷やす

⑤器に盛り付け 残していたカリフラワー 粉チーズ 黒コショウ
 オリーブオイル(分量外)をたらす


【ポイント】
★少しとろみがありポタージュ風です
 サラサラにしたいときは牛乳の量を増やしてください


025

暑くて食欲がない時も これならいただけます~


カリフラワーは レモン果汁よりビタミンCが豊富だそうで


茹でても流出しにくい特徴があるそうです~


この時期 積極的にいただきたいです


IMG_E5557 (2)

本日の夫ランチも このポタージュメインの


ワンプレート風に~


野菜たっぷりです


ぜひぜひお試しください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ブログへのご訪問ありがとうございます!


読者登録よろしかったらお願いいたします   



インスタやっております♪
いいね!&フォローしていただけるとと嬉しいです

Instagram

ランキングに参加しております
ぽちっと応援して頂けると嬉しいです


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

今日 11月15日は 「七五三」でもありますが「昆布の日」でもありますということで今日のレシピは 昆布を使ったケーク・サレ昆布は だしを取った後のものを使いますだしを取った後の昆布を 適当な大きさに切り100℃のオーブンで 水分が抜けるまで焼きます約30分~ぐらい ... 続きを読む
030

今日 11月15日は 「七五三」でもありますが




「昆布の日」でもあります




ということで今日のレシピは 昆布を使ったケーク・サレ




昆布は だしを取った後のものを使います




060

だしを取った後の昆布を 適当な大きさに切り




100℃のオーブンで 水分が抜けるまで焼きます




061

約30分~ぐらい こんな風に乾燥したらOkです




062

ミキサーで細かくしておきます




それではケーク・サレの生地作り




050

卵にパルミジャーノを加え よくかき混ぜ




051

オイルと牛乳を加え




052

ふるった粉類を加え




053

乾燥させた昆布と ミニトマトと カマンベールを加えます




059

ミニトマトは そのままだと水っぽくなってしまうので




半分に切り 塩を少々ふって低温(100℃)のオーブンで約40分~1時間ぐらい焼きます



055

ミニトマトは生地に混ぜるのは半分




残りは型に生地を入れた上にのせ パルミジャーノとともにちらします




180℃のオーブンで約30分焼けばできあがりです




020

昆布とトマトとチーズ2種 うま味たっぷりです




材料(10㎝×22㎝の長方形)
薄力粉・・・140g
ベーキングパウダー・・・5g
卵・・・2個
パルミジャーノ・・・大さじ2~
牛乳・・・80g
オイル(オリーブオイル)・・・40g
ミニトマト・・・200g
塩・・・少々
乾燥昆布・・・大さじ1★
チーズ(カマンベール)・・・50g


★乾燥昆布はだしを取った昆布を適当な大きさに切り
 低温(100℃位)で乾燥するまで焼きミキサーにかけたもの



レシピ
①ミニトマトは半分に切り塩を少々ふり 100℃のオーブンで約40分ぐらい焼く

②卵にパルミジャーノを加え もったりするまで混ぜ合わせ牛乳とオイルを加える

③ふるった薄力粉とベーキングパウダーを加える

④ ①の焼いたトマトの半量と 乾燥昆布 細かく切ったチーズを加え混ぜ合わせ
 型に入れ 残りのトマトをのせ パルミジャーノ(分量外)をふって180℃の
 オーブンで約30分焼く




019

できあがり~




焼きたてもおいしいけれど 一日置くとしっとりとした生地になり




昆布の香りも増します~




だしを取った昆布って お豆とともに甘辛く煮るのもいいけれど




こんな風に 洋なレシピもいいですね




昆布の日の おしゃれな昆布メニューでした




★★お知らせ★★

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

イタリア料理にかかせないトマトの加工品についてのお話です

ぜひぜひご覧になってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします