ローマのおいしい生活in東京

20年間のイタリア生活を終え帰国。本場のイタリアンをはじめ普段のさりげない和食など見て楽しい食べておいしいお料理ブログです。

タグ:#手作り

ステイホーム週間で おうちにいる時間を楽しもう~ということで フォカッチャを焼きましたピッツァ生地より ふんわりなフォカッチャはそのまま食べてもいいし 生ハムやチーズをのせてもおいしいですそれではレシピボウルに 薄力粉と強力粉を入れ真ん中にくぼみを作り  ... 続きを読む
034

ステイホーム週間で おうちにいる時間を楽しもう~


ということで フォカッチャを焼きました


ピッツァ生地より ふんわりなフォカッチャは


そのまま食べてもいいし 生ハムやチーズをのせてもおいしいです


それではレシピ


050

ボウルに 薄力粉と強力粉を入れ


真ん中にくぼみを作り イーストときび砂糖


粉の上に 塩とオリーブオイルを加えます


この入れる場所が重要です


砂糖はイーストの働きを助けるので近くに


塩は反対に邪魔するといわれているので遠くに入れます


052

ぬるま湯をイーストの部分に入れ 自然に溶けてきたら


053 (2)

ぬるま湯を少しずつ加えていき


スプーンなどでかき混ぜていきます


054

こんな風に全体が混ざってきたら


生地のはじを持ち ボウルの中で生地を叩きつけていきます


こねるのではなく 叩きつけるのがポイントです


最初は 手にべとべとしていた生地が


なめらかになればOK


数にすると80回ぐらい叩きつけました~


思いを込めて・・・なんの思いじゃ~


055

生地が なめらかになったら丸くまとめ


ラップをして 温かいところに30分~1時間ぐらいおきます


この発酵時間 煩わしいかもしれませんが


時間がある今ならば 焦らずに時間をかけます


056

こんな風に倍以上に膨らんだら


057

24cm×36cmの鉄板にオーブンシートをのせ


オリーブオイルをふった上に生地をのせのばしていきます


059

指で軽く押してくぼみをところどころ作り


ローズマリー 塩 オリーブオイルをふり


260℃のオーブンで約10~15分ぐらい焼きます


061

お好みの大きさに切って


019

ハムやチーズをのせていただきます


【材料(4人)】
強力粉・・・150g
薄力粉・・・150g
ドライイースト・・・7g
砂糖・・・小さじ1
塩・・・小さじ1/2~
オリーブオイル・・・大さじ1~
ぬるま湯・・・180ml
ローズマリー・・・少々


【レシピ】
①ボウルに強力粉 薄力粉を入れ真ん中にくぼみを作りドライイーストと砂糖を
 入れ 周りの粉の部分に塩とオリーブオイルを加える

②真ん中のイーストに ぬるま湯を少々入れ1分ぐらいおき 少しずつぬるま湯を
 加えて スプーンやへらなどで全体を混ぜ合わせる

③手で生地のはじをもちボウルの中で打ちつけるようにしながらまとめていく
★べとべとしなくなったらOK

④丸くまとめてラップをかけ倍ぐらいになるまで温かなところに置き 発酵させる

⑤鉄板にオーブンシートをのせオリーブオイル(分量外)を少々ふり
 生地をのせ のばしていき 指でくぼみを全体につけ 塩とオリーブオイル
 (分量外)を少々ふりローズマリーをふる

⑥260℃のオーブンで10~15分ぐらい焼く


020

お好みの大きさに切って そのまま食べても


生ハムやチーズなどをのせて食べてもおいしいです~


ぜひぜひお試しください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ブログへのご訪問ありがとうございます!


読者登録よろしかったらお願いいたします   



インスタやっております♪
いいね!&フォローしていただけるとと嬉しいです

Instagram

ランキングに参加しております
ぽちっと応援して頂けると嬉しいです


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

最近 夜眠れないときに 無性にスイーツが作りたくなる時があります~食べるわけでなく 作ったら満足して寝れるのですが・・・これもストレス?そんな真夜中作ったスイーツがこちらイタリアのビスコッティと マスカルポーネチーズで作るアールグレイ風味のチーズケーキあ ... 続きを読む
000


最近 夜眠れないときに 


無性にスイーツが作りたくなる時があります~


食べるわけでなく 作ったら満足して寝れるのですが・・・


これもストレス?


そんな真夜中作ったスイーツがこちら


イタリアのビスコッティと マスカルポーネチーズで作るアールグレイ風味の


チーズケーキ


あっ!別々の日に作っています~


015

今日ご紹介するのは


卵白1個で作る このイタリアのビスコッティ


「ブルッティ・マ・ボーニ」です


何度もアレンジをご紹介していますが


今日はシンプルなタイプで~


ごつごつっとした 小石のようですね



ブルッティ・マ・ボーニは


「見た目悪いけど おいしい」といった意味の名前ですが


まさに 見たままの名前です~


3ステップでできて 簡単おいしい~


050

砂糖を加え 卵白をツノがたつぐらいしっかり泡立てます


052 (2)

砕いたアーモンドを混ぜ合わせます


287ee6d5 (2)

クッキングシートを敷いた鉄板に


スプーンですくってのせていき


110℃の低温で じっくり1時間ぐらい焼いていきます


絞り出しや成型もいらないのがいいですね


材料(10個分)
卵白・・・1個分(約40g)
アーモンド粉・・・40g
アーモンド・・・80g
砂糖・・・40g


レシピ
①卵白に砂糖を加えツノが立つぐらいまでしっかりと
 泡立てる

②細かく砕いたアーモンドとアーモンド粉を加え スプーンなどで
 丸くすくってクッキングシートを敷いた鉄板に並べる

③110℃に温めたオーブンで約1時間焼く


【ポイント】
★砂糖は粉砂糖を使っています

★アーモンド粉がなければ アーモンドを細かく砕いたものでOKです

★アーモンドに限らず色々なナッツを組み合わせても面白いですね

★低い温度でじっくりと焼き カリッと仕上げました


031

見た目は全然おしゃれではないのですが


食べ出すと止まらなくなるビスコッティです


しっかり密閉できる容器に入れれば しばらく持ちます~


032 - コピー

次は このアールグレイ風味のチーズケーキのレシピを


ご紹介します~


いつまで続くか 真夜中のスイーツ作り・・・


しばらくハマりそうです


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ブログへのご訪問ありがとうございます!


読者登録よろしかったらお願いいたします   



インスタやっております♪
いいね!&フォローしていただけるとと嬉しいです

Instagram

ランキングに参加しております
ぽちっと応援して頂けると嬉しいです


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.


甘いものが欲しくなることが多い今日この頃ストレスたまっているのかしら・・・甘いものはいいけれどあまり外に出れないのでカロリーも気になる~ということで 簡単にできてヘルシーな玄米甘酒チーズケーキのご紹介です玄米甘酒は 北海道の米糀と玄米で作られたヤマト福山 ... 続きを読む
032 (2)


甘いものが欲しくなることが多い今日この頃


ストレスたまっているのかしら・・・


甘いものはいいけれどあまり外に出れないので


カロリーも気になる~


ということで 簡単にできてヘルシーな


玄米甘酒チーズケーキのご紹介です


050

玄米甘酒は 北海道の米糀と玄米で作られた


ヤマト福山商店さんのものです


4月3日に リニューアル販売したそうです


詳しくはこちらから → 


それではレシピです


051

まずは 型の下に敷き詰めるボトムづくり


甘みの少ないクッキーを閉じれる袋に入れ


麺棒などでたたいて細かくします


052

600wのレンジで1分加熱したバターを加え


袋を閉じてでも実籾しながら混ぜ込みます


054

型(直径16㎝)の底に敷き詰め


冷蔵庫に入れておきます


055

次に玄米甘酒チーズケーキの生地です


室温に戻したクリームチーズに玄米甘酒を加え混ぜ合わせます


056

きび砂糖を加え 混ぜ混ぜ


057

卵を加え 混ぜて


058

薄力粉を加え


063

生クリーム シナモンを少々


生地をいったんざるで漉してから


クッキーを敷きつめた型に流し込み


180℃のオーブンで約1時間焼いていきます


015


真ん中に竹串を刺してみて生地がついてこなければOkです


粗熱が取れたら型から外し 粉砂糖をふります


【材料(16㎝の丸型)】
クッキー・・・80g
バター・・・40g

クリームチーズ・・・200g
玄米甘酒・・・1パック(140g)
きび砂糖・・・50g
卵黄・・・2個
全卵・・・1個
小麦粉・・・大さじ1
生クリーム・・・100ml
シナモン・・・ひとふり

粉砂糖・・・適量


【レシピ】
①閉じれる袋にクッキーを入れ麺棒などでたたいて細かくする

②600Wのレンジで1分加熱したバターを加え手でよくなじませ
 型に敷き詰め 冷蔵庫に入れておく

③ボウルに室温に戻しておいたクリームチーズと玄米甘酒を加え
 よく混ぜ合わせる

④きび砂糖 卵黄 全卵 小麦粉 生クリーム シナモンと加え
 そのつどよく混ぜ合わせる

⑤いったん漉してから型に流しいれ 180℃のオーブンで約1時間焼く

⑥粗熱が取れたら型から外し 粉砂糖をふる


【ポイント】
★甘酒の自然な甘みをいかし 砂糖の量は控えめです

★ほのかに香る糀の香りがおいしさのポイントです

★焼きたてはかなり膨らんでいますが冷めるとへこみます

★そのままでもいいですが生クリームやべリー系を添えると
 おいしいです


017 (2)

できあがり~


ほのかに香る糀の香りとチーズのコクがたまりません~


020

生クリームとラズベリーピュレを添えてみました


玄米甘酒でヘルシーなチーズケーキいかがでしょうか


ヤマト福山商店玄米甘酒オンラインショップ → 


ぜひぜひお試しください


翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」


で イタリアのお話公開中!

2709-1




リコッタチーズの種類や 作り方 リコッタチーズを使った料理など
ご紹介しています


ぜひぜひご覧になってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ブログへのご訪問ありがとうございます!


読者登録よろしかったらお願いいたします   



インスタやっております♪
いいね!&フォローしていただけるとと嬉しいです

Instagram

ランキングに参加しております
ぽちっと応援して頂けると嬉しいです


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.


皮から作るにらまんじゅう~なんとなく難しそうですが実は意外と簡単にできますこの「揚げるからおいしい~手作りにらまんじゅう」が暮らしニスタさんの 素敵アイディアに選ばれています今日一日TOPページに表示されているそうですTOPページ → ★よろしかったら ご覧に ... 続きを読む
030 - コピー

皮から作るにらまんじゅう~


なんとなく難しそうですが


実は意外と簡単にできます


この「揚げるからおいしい~手作りにらまんじゅう」が


暮らしニスタさんの 素敵アイディアに選ばれています


今日一日TOPページに表示されているそうです


TOPページ → 


よろしかったら ご覧になってみてください


015

さてこのにらまんじゅう にらの消費のために作りました


だからというわけではありませんが


中はにらがぎっしり~


にらと豚ひき肉です


064

蒸したり焼いたりでもいいのですが


今回は ボーソー米油で揚げ焼きに~


022

周りはカリッと 中はもっちり~


詳しいレシピはこちら ↓




この週末にいかがでしょうか~


ぜひぜひお試しください


うれしいお知らせでした


翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

2709-1


リコッタチーズの種類や 作り方 リコッタチーズを使った料理など
ご紹介しています


ぜひぜひご覧になってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ブログへのご訪問ありがとうございます!


読者登録よろしかったらお願いいたします   



インスタやっております♪
いいね!&フォローしていただけるとと嬉しいです

Instagram

ランキングに参加しております
ぽちっと応援して頂けると嬉しいです


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

春らしいスイーツを作りました~桜パンナコッタとゼリー下の白い部分は 濃厚でちょこっと甘めな桜パンナコッタ牛乳と生クリームに 桜パウダーを加えています上の部分には桜ゼリーと 塩漬け桜と エディブルフラワー10年以上使っている 直径18㎝の型年季が入っていま ... 続きを読む
030


春らしいスイーツを作りました~


桜パンナコッタとゼリー


下の白い部分は 濃厚でちょこっと甘めな桜パンナコッタ


牛乳と生クリームに 桜パウダーを加えています


上の部分には桜ゼリーと 塩漬け桜と エディブルフラワー


051

10年以上使っている 直径18㎝の型


年季が入っています


052

ゼリーの場合きれいに 外したいので


型にオイルを塗ります


オイルはボーソー米油・・・


クセや 匂いがないので最適です


桜ゼリーは 桜リキュールやシロップを加えたりと


色々な作り方があるかと思いますが


053

今回はいただき物の この「さくら茶」を使いました


ちょっとゼリーのような感じで お湯を加えて


さくらの香りのお茶を楽しむそうです


056

そのさくら茶と 塩漬け桜は塩抜きして


そして白いエディブルフラワー


058

水でふやかしたゼラチンに さくら茶と砂糖を


059

熱湯で溶かし よくかき混ぜ 500Wのレンジで約1分加熱


060

1/3位を型に流し入れ エディブルフラワーと 塩抜きした桜をちらし


冷蔵庫で固めます


ゼリーが固まって花が固定されたら


残りのゼリーを入れ再び冷蔵庫へ


050

パンナコッタの白い部分


牛乳と生クリーム 砂糖に桜パウダー 水でふやかしたゼラチンを加え


火にかけ しっかりと混ぜ合わせます


もちろんレンジ加熱でもOKです


025

しっかり固まったら 型の底を手で触れるぐらいのお湯につけて


型からそっと外し 器に盛り付けます


【材料(18㎝のドーナッツ型)】
★桜ゼリー★
さくら茶・・・200g
ゼラチン・・・7g
グラニュー糖・・・大さじ2
熱湯・・・300ml

ボーソー米油・・・少々

塩漬け桜・・・適量
エディブルフラワー・・・適量
熱湯・・・300ml

★桜パンナコッタ★
a牛乳・・・100ml
a生クリーム・・・200ml
a桜パウダー・・・小さじ1
aグラニュー糖・・・50g
aバニラエッセンス・・・3滴
aゼラチン・・・6g


【レシピ】
①耐熱皿に 水大さじ2でふやかしたゼラチン さくら茶 グラニュー糖を
 加え熱湯を注ぐ

②よくかき混ぜたら500Wのレンジで約1分加熱して完全に
 溶かし混ぜ合わせる

③ボーソー米油をぬった型に ②の1/3位を入れ塩抜きした
 塩漬け桜 エディブルフラワーをちらし冷蔵庫で固め 花が固定されたら
 残りのゼリー液を入れ冷蔵庫で固める

④aの桜パンナコッタの材料のゼラチンは 水大さじ2でふやかし
 残りの材料とともに鍋に入れ 弱火にかけ かき混ぜながら溶かす

⑤粗熱が取れたら③の桜ゼリーに注ぎれいぞうこでかためる

【ポイント】
★ゼリーは少し硬め パンナコッタは少し柔らかめに作っています

★型にオイルを薄く塗っておくと外しやすくなります
 ボーソー米油は匂いやくせがないのでお勧めです

★花をちらすゼリーの時は 花が動かないように花がかぶるぐらいの
 ゼリー液で固めてから残りのゼリー液を加えます

★④の工程は 500wのレンジ加熱でもOKです
 30秒ごとに取り出して様子を見て完全に溶かしてください

★型から外すときは そこの部分を手で触れるぐらいのお湯に
 少しつけてから外してください


022 (2) - コピー

できあがり~


上のゼリーの部分は 少し塩気もあり桜の香りがぎっしり~


下のパンナコッタは濃厚少し甘めです


春らしいスイーツになりました


今回大きなドーナッツ型で作りましたが


021 (2)

お花見弁当のスイーツの一つ


024 - コピー

こんな風にグラスで作ってもかわいいですね


お好みで~


ぜひぜひお試しください


翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

2709-1


リコッタチーズの種類や 作り方 リコッタチーズを使った料理など
ご紹介しています


ぜひぜひご覧になってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ブログへのご訪問ありがとうございます!


読者登録よろしかったらお願いいたします   



インスタやっております♪
いいね!&フォローしていただけるとと嬉しいです

Instagram

ランキングに参加しております
ぽちっと応援して頂けると嬉しいです


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

「ピツェッタ」は小さなピッツァという意味で一口か 二口ぐらいで 手で気軽につまめるサイズバレンタインが近いので ハート型に作ってみました・・・がチーズがとけてハート型がよくわからなくなったという(爆それでは作り方大きめのボウルに 強力粉と全粒粉または薄力 ... 続きを読む
024


「ピツェッタ」は小さなピッツァという意味で


一口か 二口ぐらいで 手で気軽につまめるサイズ


バレンタインが近いので ハート型に作ってみました・・・が


チーズがとけてハート型がよくわからなくなったという(爆


それでは作り方


050

大きめのボウルに 強力粉と全粒粉または薄力粉


粉の真ん中をへこまし ドライイースト


イーストの周りに砂糖 そして粉の方に塩とオリーブオイルを加えます


砂糖はドライイーストの働きを助け 


反対に塩はイーストの働きを 邪魔してしまうので


離して加えます~


051

まずはドライイーストの部分に ぬるま湯を入れ


1分ぐらいおくとぷくぷくっと泡が出てきます


かき混ぜないで この状態になるまで待ちましょう


052

全体にぬるま湯を少しずつ加えて


スプーンなどでかき混ぜていきます


053

全体が大まかに混ざってきたら


054

手で生地のはじを持ち ボウルの中で打ちつけるようにして


生地全体をまとめていきます


べとべとと 手にくっついていた生地が


つかなくなったらOKです


055

丸くまとめて ラップをかけ 暖かいところにおいて


056

倍に膨らませ 発酵させます


057

発酵したピッツァ生地を 粉をふった台の上で


薄くのばし クッキーのハート型(6㎝)でくりぬきます


058

鉄板に ある程度の間隔をあけて並べ


お好みの味や 具材をのせます


今回は おつまみ的にしたいので


059

ジェノヴェーゼソースとシラス


060

トマトソースにはチリパウダーをふってピリッとさせ


061

ソース無しのビアンコタイプは コーンと


062

ミニトマト パルミジャーノもふります


066

オリーブオイルを全体にふり


250℃のオーブンで 約8~10分焼きます


010

できあがりです~


【材料(38個分)】
強力粉・・・150g
全粒粉・・・50g
★または薄力粉
ドライイースト・・・6g
砂糖・・・小さじ1/2
塩・・・小さじ1/2
オリーブオイル・・・大さじ1
ぬるま湯・・・120g

チーズ・・・180~200g
パルミジャーノ・・・少々

aジェノヴェーゼソース・・・大さじ2ぐらい
aシラス・・・50g

bトマトソース・・・50g
bチリソース・・・適量

cコーン・・・20g

dプチトマト・・・4個
★半分に切る


【レシピ】
①ボウルに強力粉 全粒粉を入れ真ん中にくぼみを作りドライイーストと砂糖を
 入れ 周りの粉の部分に塩とオリーブオイルを加える

②真ん中のイーストに ぬるま湯を少々入れ1分ぐらいおき 少しずつぬるま湯を
 加えて スプーンやへらなどで全体を混ぜ合わせる

③手で生地のはじをもちボウルの中で打ちつけるようにしながらまとめていく
★べとべとしなくなったらOK

④丸くまとめてラップをかけ倍ぐらいになるまで温かなところに置き 発酵させる

⑤粉(分量外)をふって生地をのばし ハート形でくりぬき鉄板に
 間隔を置いて並べていく

⑥aとbはソースを塗って具材をのせチーズをのせる
  cとdはチーズをのせてから具材をのせパルミジャーノをふる

⑦25℃のオーブンで8~10分ぐらい焼く


014

できあがり~


冷めたらレンチンで加熱してください


手でつまめちゃう「ピツェッタ」


甘いもの苦手な方に チョコの代わりに


ハートのピツェッタなんていかがでしょうか


ぜひぜひお試しください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ブログへのご訪問ありがとうございます!


読者登録よろしかったらお願いいたします   



インスタやっております♪
いいね!&フォローしていただけるとと嬉しいです

Instagram

ランキングに参加しております
ぽちっと応援して頂けると嬉しいです


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

スーパーの野菜コーナーも 色鮮やかだった夏野菜から落ち着いた色合いの秋野菜に代わってきていますね1年中あるけれど 太陽をいっぱい浴びて 真っ赤な夏のトマトはおいしい~ということで夏のトマトでケチャップ作ってみました材料はこちら赤いトマトと 甘みを加える玉ね ... 続きを読む
007


スーパーの野菜コーナーも 色鮮やかだった夏野菜から




落ち着いた色合いの秋野菜に代わってきていますね




1年中あるけれど 太陽をいっぱい浴びて 真っ赤な夏のトマトはおいしい~




ということで夏のトマトでケチャップ作ってみました



50

材料はこちら




赤いトマトと 甘みを加える玉ねぎ




にんにくとショウガ ローリエと黒コショウ クローブにシナモンステック




味付けは 塩 酢 砂糖です




051

トマトは皮付きのままざく切りにして 同じくざく切りにした玉ねぎ




にんにく しょうがとともにフードプロセッサーでピュレ状にします




052

鍋に入れ中火で 約30分煮ます




054

30分煮たら ローリエ シナモンステック 粒コショウ クローブ




塩 酢 砂糖を加え半量になるまで煮詰めます




055

こ~んな感じ・・・




056

なめらかな口当たりにするように裏ごしします




057

ここで加えていたスパイスなどを取り出します




材料
トマト・・・1㎏
玉ねぎ・・・1/2(100g)
しょうが・・・5g
にんにく・・・3g
aローリエ・・・1枚
a黒粒コショウ・・・10粒
aクローブ・・・6粒
aシナモンステック・・・1/2個
b塩・・・小さじ1
b砂糖・・・大さじ2
b酢・・・大さじ3



レシピ
①トマトと玉ねぎはざく切りにしてにんにく しょうがとともにフードプロセッサーで
 ピュレ状にする

②鍋に入れ中火で30分ぐらい煮込み  aのスパイスとbの調味料を加え
 半量になるまで煮る

③ざるなどで裏ごししてスパイスなどを取り出す

④保存容器に入れる




005

煮沸消毒した保存容器に入れ冷蔵庫で保存します




010 (2)

今回この手作りケチャップで ナポリタンと




026

ピッツァを作りました




こちらのレシピはのちほど~




★★お知らせ★★

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

11


イタリア料理の魅力
「夏をおいしく!イタリアンな作りおき5選」

ぜひぜひご覧になってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします   


生の鮭を使って おうちで手作り鮭フレークです鮭フレークは スーパなどでも手に入りますが手作りは 甘みや 塩分の調整もできて自分好みに作れます作り方は 意外と簡単ですだし汁(今回は白だしを使用)と酢と 日本酒を混ぜ合わせそこに生鮭を入れて 煮ていきます煮る ... 続きを読む
025


生の鮭を使って おうちで手作り鮭フレークです




鮭フレークは スーパなどでも手に入りますが




手作りは 甘みや 塩分の調整もできて




自分好みに作れます




作り方は 意外と簡単です




040

だし汁(今回は白だしを使用)と



酢と 日本酒を混ぜ合わせ



そこに生鮭を入れて 煮ていきます



煮るといっても 中火で約3~4分



煮過ぎると ぱさぱさになるので気を付けてください



042

皮と骨をとり ほぐしてフライパンで炒めます



045

ポロポロになったら 煮汁と 砂糖を加え 塩で味を調えます



014

我が家では まとめて作って



小分けにして冷凍保存しています~



材料
生鮭     4切れ(300g)
酢      大さじ1
日本酒    大さじ1
白だし    大さじ1
水      200ml
三温糖    大さじ1
★上白糖でもOkです
塩      少々
鮭の煮汁   大さじ2



レシピ
①鍋に水 白だし 日本酒 酢を加え 生鮭を入れ火にかける

②3~4分煮たら 取り出し 皮と小骨をとる

③フライパンに ほぐした鮭を入れ弱火でくずしながら炒め 煮汁大さじ2と
 三温糖を加え 塩で味を調える




019

できあがり~



ポイントは 酢を入れて最初に下煮することで



鮭の臭みを取り除きます



おにぎりや ご飯にのっけて・・・



卵焼きに入れたりと 色々と活用できます~



我が家では・・・



030

ちらし寿司に使います~



イクラもたっぷり添えて 親子ちらしです



ちらし寿司のレシピは明日~



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



LINEでブログ更新のお知らせが届きます
読者登録よろしかったらお願いいたします
 

年末・・・ゆずはおせちに使うからお正月が近づいて高くなる前に買っておこうなんて思い 買っていたのを忘れ気が付けば 冷蔵庫にゆずがいっぱい~それじゃあ フレッシュゆずの皮と絞り汁を使ってゆずの香りと 酸味をきかせたちょっと贅沢な ゆずシャーベットを作ろう!と ... 続きを読む
022


年末・・・ゆずはおせちに使うから


お正月が近づいて高くなる前に買っておこう


なんて思い 買っていたのを忘れ


気が付けば 冷蔵庫にゆずがいっぱい~


それじゃあ フレッシュゆずの皮と絞り汁を使って


ゆずの香りと 酸味をきかせた


ちょっと贅沢な ゆずシャーベットを作ろう!となりました


030

ゆずはよく洗って


ピーラーで 白いわたががつかないように薄~くむきます


これを細かく刻んで


グラニュー糖と水で作ったシロップに入れ


冷凍庫で固めます


2~3時間して固まったら フォークなどで かき混ぜ"かくはん"させます


この"かくはん"の作業は よくかき混ぜることで生地の間に


空気が入り込み 生地が口当たり良く なめらかに仕上がります


シャーベットなので 2回ぐらいでOkです


017 (2)

ミントの葉を添えて~


なくてもいいですよ


あるとおしゃれ


材料(4人)
ゆずの皮     1個分
ゆずのしぼり汁  大さじ3(1個半ぐらい)
グラニュー糖   100g
水        250g
ミントの葉    少々
★なくてもいいです


レシピ
①ゆずはよく洗ってからピーラーで皮を薄くむき 粗いみじん切りにする
★白いわたの部分を入れないようにする

②鍋に水とグラニュー糖を入れ中火で煮たててシロップを作り 冷ましてから
 ゆずの皮 ゆずのしぼり汁を加え 混ぜ合わせ冷凍庫に入れる

③2時間ぐらいして全体が凍ってきたら フォークなどでかき混ぜ再び冷凍庫入れ
 1時間後 もう一度かき混ぜる

④器に盛り付け ミントの葉(あれば)飾る


019

Nadiaさんの年末行われた6周年パーティーでいただいた


ボダムのダブルウォールグラスに入れてみました


このデザインがおしゃれですね


ボリュームたっぷりのお正月料理に


さっぱりさわやかな クールデザートで締めくくり~


ゆず余っていたら ぜひぜひお試しください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



LINEでブログ更新のお知らせが届きます
読者登録よろしかったらお願いいたします
  

11月20日は「ピザの日」だそうです~なんでかというと・・・ ピッツァ・マルゲリータの 名前の由来となったナポリ王国のマルゲリータ女王の誕生日なので・・・1889年 ナポリの「BRANDI(ブランディ)」というピッツェリアの主人が ピッツァを献上しそのピッツァをマルゲリ ... 続きを読む
023


11月20日は「ピザの日」だそうです~


なんでかというと・・・ 



ピッツァ・マルゲリータの 名前の由来となった



ナポリ王国のマルゲリータ女王の誕生日なので・・・



1889年 ナポリの「BRANDI(ブランディ)」というピッツェリアの


主人が ピッツァを献上し


そのピッツァをマルゲリータ女王が すごく気に入って


そのことがきっかけで ピッツァ・マルゲリータが


広く知られるようになったとか・・・


ブランディの店の入り口には”マルゲリータ発祥の店”と


書かれたゴールドの看板が掲げられています~



020

そのピッツァ・マルゲリータは


トマトの赤 モッツァレッラチーズの白 バジリコの緑が特徴の


イタリアの国旗カラー


シンプルだけど ピッツァの基本のお味ですね


材料(18cmの丸型1枚分)
生地
強力粉     150g
全粒粉     50g
ドライイースト 6g
塩       小さじ1/2
砂糖      小さじ1/2
オリーブオイル 大さじ1
ぬるま湯    150㏄位
★上記の分量で350gの
 ピッツァ生地ができます
 そのうちの1/3を使います

トマトソース   大さじ3
プチトマト    2個(20g)
モッツァレッラ  100g
バジリコ     少々
塩        少々
黒コショウ    お好みで
オリーブオイル  少々


レシピ
①ボウルに強力粉 全粒粉を入れ
 真ん中にくぼみを作りイーストと砂糖を
 入れ 周りの粉の部分に塩とオリーブ
 オイルを加える

②真ん中のイーストに ぬるま湯を
 少々入れ溶かし 少しずつぬるま湯を
 加えてへらなどで全体を混ぜ合わせる

③手で生地のはじをもちボウルの中で
 打ちつけるようにしながらまとめていく
★べとべとしなくなったらOK

④丸くまとめてラップをかけ倍ぐらいに
 なるまで温かなところに置き発酵させる

⑤350gのピッツァ生地ができるので
 その1/3を 丸く伸ばし型にのせる

⑥トマトソースと輪切りにしたプチトマト
 5等分に切ったモッツァレッラをのせ
 オリーブオイルと 塩・コショウを少々
 ふり 250℃のオーブンで7~10分
 ぐらい焼き バジリコをのせる
★トマトは水分が少ないので
 プチトマトを使う
 切ったらキッチンペーパーの上にのせ
 余分な水分をとる
★モッツァレッラも同様に切ったら
 キッチンペーパーの上にのせておく


015

できあがり~


バジリコは 焼いてからのせます~


残った生地は 冷凍できます


生地から作るとなると 大変かもしれませんが


全粒粉を混ぜて ヘルシーにしたり


もち粉を加えて もちもちにしたりと


色々と楽しめます


お時間あるときに ぜひぜひお試しください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



LINEでブログ更新のお知らせが届きます
読者登録よろしかったらお願いいたします