ローマのおいしい生活in東京

20年間のイタリア生活を終え帰国。本場のイタリアンをはじめ普段のさりげない和食など見て楽しい食べておいしいお料理ブログです。

タグ:#低温調理

去年のお話で 恐縮ですが・・・クリスマス前に湯上がりポークが届きました~湯あがりポークとは 熊本のレストラン「Uni」の梶原シェフが同じく熊本にある「さいき農場」で丁寧に育てられた「火の本豚」を試行錯誤を重ねて作られた低温調理豚ですSnapdishさんのイベントで初 ... 続きを読む
021

去年のお話で 恐縮ですが・・・



クリスマス前に湯上がりポークが届きました~



057

湯あがりポークとは 熊本のレストラン「Uni」の梶原シェフが



同じく熊本にある「さいき農場」で丁寧に育てられた「火の本豚」を



試行錯誤を重ねて作られた低温調理豚です



Snapdishさんのイベントで初めて試食しました



イベントの様子はこちらから↓





050

恐る恐る 真空パックの袋を開けます



じっくり低温で調理された豚肉は まるで「湯あがり」のよう



ほんのりとしたピンク色です~




052

一ブロック350gの ロース肉のサーロインを厚みを半分に切ります




053

まず始めは イベントでもいただいた厚切りとんかつに挑戦



小麦粉 溶き卵 パン粉をつけて



054

とんかつといっても もうお肉の中は火が入っているので



少量のオイルで周りをカリッとさせればOk



ヘルシーで簡単です



056

カリッと焼きあがりました



010

今回は ちょこっと贅沢にトリュフ塩をふっていただきました



信じられないほどの柔らかさ~



ジューシーで お口の中でお肉のうまみがじゅわ~と広がります



材料(2人)
湯あがりポーク・・・1パック(350g)
小麦粉・溶き卵・パン粉・・・適量
オイル・・・大さじ4
トリュフ塩・・・少々
ザクロ・・・少々
レタス・・・少々


レシピ
①湯あがりポークの厚さを半分に切り 小麦粉・溶き卵・パン粉をまぶす

②フライパンにオイルを入れパン粉を絡めた湯上がりポークの両面を
 カリッと焼いていく

③器に盛り付け レタスを添えて ザクロをちらしトリュフ塩をふる



011

できあがり~



贅沢なとんかつができあがりました



湯上がりポーク最高です!



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします   



先日 SnapDishさんの 「もぐもぐ探検隊」第一号として湯あがりポークの試食&購買会に参加してきました「もぐもぐ探検隊」とは SnapDishさんの編集部スタッフさんが自分でみつけた美味しい物や食のこだわりを大勢の人とシェアしたいという思いから結成され地方の少量生産 ... 続きを読む
001


先日 SnapDishさんの 「もぐもぐ探検隊」第一号として




湯あがりポークの試食&購買会に参加してきました





「もぐもぐ探検隊」とは SnapDishさんの編集部スタッフさんが





自分でみつけた美味しい物や食のこだわりを





大勢の人とシェアしたいという思いから結成され





地方の少量生産で 普段なかなか手に入りにくい食品の




商品化を お手伝いしていく活動だそうで




その第一弾が 九州熊本県北部和水町にある「さいき農場」で育った




火の本豚を使った「湯あがりポーク」です




その試食会に参加してきました~




000

場所は おしゃれな街 吉祥寺にあるSnapDishキッチン




いつも素敵なディスプレイがお迎えしてくれます




002

テーブルセッティングも 紙皿じゃないところがいいですね




003

かわいいカード




004

まずは 湯あがりポークを考案された 熊本市で3店舗のレストランを経営されている




梶原シェフからお話を伺います




湯あがりポークの原料の豚肉は 熊本の大自然の中で




こだわりの飼料で愛情いっぱいに育てられた豚・・・火の本豚




この豚肉に ほれ込んだ梶原シェフが 




どうやったら最もおいしくいただけるか




焼いたり 煮たり 茹でたりの試行錯誤を繰り返し




研究に研究を重ね 低温で約半日かけて加熱するという調理法に




いきついたそうです




そう湯あがりポークは 低温調理の豚肉料理です



005

待ちに待った試食タイム



 
塩は イギリス産の海塩「マルドン」と フランス産「ゲランドの塩」の2種類




収穫したての生胡椒を新鮮なうちに房ごと塩水漬けたインドネシアの純コショウ




本わさびと スダチ




ワイルドルッコラと 吉祥寺のおいしいパン屋さん「EPEE(エペ)」のバケット




008

湯あがりポークは 右側のリブロースと 左側のサーロインの2種類があります




低温調理ならではの 信じられないほどの柔らかさ




まずは何もつけずに そのおいしさを味わってから




それぞれ塩やワサビ バケットの上にのせたりして楽しみました




006

こちらは柿のコンポートを添えて




湯あがりポークは フルーツともよく合います




梶原さんのお話だと イチゴや桃や梨などもおいしいそうです




014

日本酒やワインなど 飲み物も用意していただき





そのあと用事があったので 私はペリエとライムで






009

一通りお味を体験した後で




シェフ自らが この湯上がりポークを使ってとんかつを




揚げていただきました~




010

中に火がとっているので 少量のオイルと短時間でOKです




5dd15ef0e6ace007190a5ee3_20191117154042 (2)

この厚さと中のピンクに どよめきが起こりました~




013 (2)

ミックスサラダを添えて




015

九州醤油を使ったシェフ特製のソースと




2種類の塩とわさびでいただきます




IMG_6119 (2)

塩だけで十分おいしい~




この柔らかさ ジューシーさ 家族にも食べさせてあげたいです




さてこのポーク購入することもできます




詳しくはこちらから → 




016

素敵なお土産もいただきました




熊本の梶原さんのレストランに行かなければ




食べることも このおいしさを知ることもできませんでした




こだわりのお話をお聞きできて おいしさはさらにアップです




素敵なイベントに参加できて 貴重な体験ができました




ありがとうございました




★★お知らせ★★

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

main

プロに教わる「ワンパン」&「漬けおきパスタ」

プロに教わったフライパン一つでできる「ワンパンパスタ」と
水に漬けておくことで時短&もちもちになる「漬けおきパスタ」のご紹介です


ぜひぜひご覧になってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします