ローマのおいしい生活in東京

20年間のイタリア生活を終え帰国。本場のイタリアンをはじめ普段のさりげない和食など見て楽しい食べておいしいお料理ブログです。

タグ:#ワインに合う

意外と簡単に作れて ごちそう感が抜群なエビのリヴォルノ風リヴォルノはイタリアのトスカーナ州の県のひとつでリグーリア海に面している港街ですリヴォルノ風は その街の伝統的な料理といわれていますバッカラと呼ばれる干したらのリヴォルノ風が有名ですが今日はあたま付 ... 続きを読む
025


意外と簡単に作れて ごちそう感が抜群な



エビのリヴォルノ風



リヴォルノはイタリアのトスカーナ州の県のひとつで



リグーリア海に面している港街です



リヴォルノ風は その街の伝統的な料理といわれています



バッカラと呼ばれる干したらのリヴォルノ風が有名ですが



今日はあたま付きのエビで作っていきます



050

オリーブオイルに ザクみじん切りにした玉ねぎ



ニンニクとセロリを炒めます



魚介のソースには 人参ではなくセロリを加えると 香りよく仕上がります



我が家では安い時に買ってきて みじん切りにして冷凍しています



052

しんなりしてきたら



053

つぶしたホールトマトを加え



054

3~4分煮て 塩で味を調えます



055

あたまと尾っぽを残したエビ 身の部分だけ殻を取っています



楊枝などで 背ワタは取ってください



ワインをふり 蓋をして約4~5分煮込みます




056

こ~んな感じ



煮込みすぎると身が固くなるので注意です



018

器に盛り付け パセリとオリーブオイルをふります



あたま付きなので エビのうま味がトマトソースに溶け込みます



材料(2人)
エビ・・・6尾
オリーブオイル・・・大さじ1~
玉ねぎ・・・50g
セロリ・・・30g
ニンニク・・・1片
ホールトマト・・・1缶(400g)
塩・・・少々
白ワイン・・・大さじ2
イタリアンパセリ・・・少々



レシピ
①フライパンにオリーブオイルを入れ ザクみじん切りの玉ねぎ セロリ
 ニンニクを入れ炒める

②香りが出てしんなりしてきたらホールトマトを加え3~4分ぐらい煮込み
 塩で味を調える

③あたまと尾っぽを残して身の部分だけ殻をむいて背ワタを取ったエビをそっと入れ
 白ワインをふり 蓋をして4~5分煮込む

④器に盛り付けみじん切りのイタリアンパセリ オリーブオイル(分量外)をふる



013

できあがり~



エビのうま味たっぷりのトマトソースは



パンにつけてお召し上がりください



意外と白いご飯も合います



やっぱりワインはいりますね~



パーティーなどにもお勧めです



ぜひぜひお試しください




★★お知らせ★★

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

main

プロに教わる「ワンパン」&「漬けおきパスタ」

プロに教わったフライパン一つでできる「ワンパンパスタ」と
水に漬けておくことで時短&もちもちになる「漬けおきパスタ」のご紹介です


ぜひぜひご覧になってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします   


きのこのおいしい季節~しいたけ しめじ 舞茸 マッシュルーム エリンギなどなどきのこはどれも大好きです今日は そんなきのこのエリンギを使ってボーソー米油と塩でこんがり焼き上げていきますエリンギはなるべく太いタイプを選んで・・・長さをそろえるため 下の方を ... 続きを読む
039


きのこのおいしい季節~




しいたけ しめじ 舞茸 マッシュルーム エリンギなどなど




きのこはどれも大好きです




今日は そんなきのこのエリンギを使って





ボーソー米油と塩でこんがり焼き上げていきます



050

エリンギはなるべく太いタイプを選んで・・・




051

長さをそろえるため 下の方を切り取り




切り取った部分は1㎝弱の輪切りに




上の部分は2~3等分して 片面に切り込みを入れます




052

フライパンに 多めのボーソー米油を入れ




切り込みを入れた方から焼きます




054

カリッとしたらひっくり返して両面を焼きます




055

器に 重ならないように並べ




黒こしょうをふり このまま食べてもおいしいのですが




056

パルミジャーノとイタリアンパセリを混ぜ合わせたパセリチーズを




029

全体にふっていただきます




材料(2人)
エリンギ・・・4個(250g)
ボーソー米油・・・大さじ3
塩・・・少々(2gぐらい)
黒コショウ・・・少々
パセリチーズ・・・適量★



レシピ
①エリンギは長さをそろえて切り落とした下の部分は1㎝弱の輪切りに
 上の部分は2~3等分して片面に 縦横の切り込みを入れ塩をふる

②フライパンにボーソー米油を入れ 切り込みを入れた方から焼いていく

③カリッと焼けたらひっくり返し両面をこんがりと焼く

④器に盛り付け 黒コショウ パセリチーズをふる

★パセリチーズは パルミジャーノ(または粉チーズ)大さじ1にみじん切りした
 イタリアンパセリ(乾燥でもOK)1~2gを混ぜ合わせる



米油でつくるきのこ&旬野菜のレシピ
米油でつくるきのこ&旬野菜のレシピ




027

エリンギは 表面に切り込みを入れることで




カリッとグリルできます




多めのオイルで焼くのもおいしさのポイントです




ボーソー米油は ビタミンEも豊富でヘルシー




クセもなく エリンギのうま味を引き立てます




エリンギの縦切りと輪切りで2つの食感が楽しめるのも




おいしさのポイントです~




ぜひぜひお試しください




★★お知らせ★★

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

イタリア料理にかかせないトマトの加工品についてのお話です

ぜひぜひご覧になってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします   


イタリアのムール貝は あさりより安くてよく食べていたのですが こちらではなかなか売ってないな・・・と思っていたら 最近よく見かけますということで 早速購入して ムール貝料理ムール貝のグアツェットです~「グアツェット」聞きなれない言葉ですがトマトを使った煮 ... 続きを読む
033


イタリアのムール貝は あさりより安くて




よく食べていたのですが こちらではなかなか売ってないな・・・




と思っていたら 最近よく見かけます




ということで 早速購入して ムール貝料理




ムール貝のグアツェットです~




「グアツェット」聞きなれない言葉ですが




トマトを使った煮込み料理のことです




食用カエルを使った ラーナ・イン・グアツェットが有名ですが




魚介でもよく作ります




もともとは 漁師料理の魚のごった煮 「ズッパ・ディ・ペッシェ」が始まりで




このズッパ・ディ・ペッシェが 各地方で具材や調理法が少しずつ変わってきて




呼び名も変化したといわれています




リグーリア州では 白ワインとトマトだけで作る「チェッピン」や




同じリグーリアでも 首都のジェノヴァでは 具材はアンコウが中心の「ブリッダ」




トスカーナのほうは「カチュッコ」




ヴェネツィアあたりでは トマトが入らなくて 「ブロデット」




ナポリでは 日本でもおなじみの 「アクア・パッツァ」




ナポリのアクアパッツァは 生のトマトとオリーブが入るのが特徴で




水代わりに海水を使っていたといわれています




そしてプーリア州のアドリア海ではグアツェットと呼ばれます




このムール貝のグアツェットは プーリアの海沿いのレストランで食べたものです




050

ムール貝は汚れを落として オリーブオイルと




刻んだにんにくとともに フライパンに入れ蓋をして




ムール貝に火を入れてひらかせます~





051

ひらいたらすぐムール貝を取り出します




あまり長く火にかけていると 貝が固くなるので気を付けてください




054

ムール貝から汁がたっぷり出ます




その旨味たっぷりの汁に トマトを加えます




今回はフレッシュとカットトマトの2種類




056

フレッシュトマトが煮崩れるまで煮て 塩で味を調えます




これにパスタを絡めてもおいしい~




057

取り出しておいたムール貝の殻を半分はずしたものを




加えて全体を絡めればできあがり~




材量(2人)
ムール貝    400g
にんにく    1片
オリーブオイル 大さじ2
カットトマト  150g
プチトマト   7個(100g)
塩       少々
バジル     少々




レシピ
①フライパンにオリーブオイルとにんにく きれいにしたムール貝を入れ
 蓋をする

②貝がひらいたらすぐにムール貝を取り出し 殻の片方をはずしておく

③残った汁にカットトマトと半分に切ったプチトマトを加え プチトマトが
 煮崩れるまで煮込み 塩で味を調える

④ムール貝をもどし全体を絡め 器に盛り付けバジリコを添える




021

できあがり~




このソースがたまらなくおいしい~




パンにつけてお召し上がりください




☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします   


スパイス大使5月は イタリア料理にも欠かせないバジル オレガノ タイムですどれも好きな香り~まずは タイムを使った一品タイムは 地中海沿岸一帯が原産で香料や薬草として使われていたそうです防腐作用が強く エジプトではミイラを作るときにも使われていたとか・・ ... 続きを読む
030

スパイス大使5月は イタリア料理にも欠かせない




バジル オレガノ タイムです




どれも好きな香り~




まずは タイムを使った一品




IMG_9106 (2)

タイムは 地中海沿岸一帯が原産で




香料や薬草として使われていたそうです




防腐作用が強く エジプトではミイラを作るときにも使われていたとか・・・




お料理では 魚や肉の臭み消しに使われます~




今回は米ナスのリピエーニ




052

茄子を縦半分に切り 切り込みを入れ




両面を焼いていきます




あとでオーブンに入れるので ここでは




しっかり火を入れなくてもOkです




焼いたら 茄子の中身をくりぬきます




055

ズッキーニと エビ くりぬいた茄子に




トマトソースとタイムを加え 600wのレンジで4分加熱します




054

くりぬいた茄子に たっぷりと詰めたら




スライスチーズをのせ オーブンへ




017 (2)

トマトソースとバジリコを添えたらできあがりです




材料(2人)
米茄子     1個(310g)
むきエビ    100g
ズッキーニ   1/2個(80g)
トマトソース   50g
タイム      小さじ1
オリーブオイル 大さじ2~
塩・コショウ   少々
スライスチーズ 1枚



レシピ
①米茄子はヘタを取り縦半分に切り切り込みを入れる

②フライパンに大さじ1のオリーブオイルを入れ茄子の両面を焼き
 中身をくりぬく

③ボウルに角切りにしたズッキーニ むきエビ くりぬいた茄子 トマトソース
 タイム オリーブオイル大さじ1を加え 塩・コショウで味を調え
 600Wのレンジで4分加熱してよくかき混ぜる

④くりぬいた茄子に③を詰め スライスチーズをのせオリーブオイル(分量外)
 少々ふりかけ180℃のオーブンまたはトースターで焼く

⑤器に盛り付け トマトソース(分量外)をのせバジルを飾る



さわやか料理レシピ
さわやか料理レシピ  スパイスレシピ検索




015

できあがり~




タイムのさわやかな香りがエビの入ったトマトソースのおいしさを引き立てます~




ぜひぜひお試しください




★★お知らせ★★

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!
イタリア料理の魅力


「残ってしまったバルサミコ酢をおいしく活用!」

ぜひぜひご覧になってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



LINEでブログ更新のお知らせが届きます
読者登録よろしかったらお願いいたします
   

先日参加した アジア―ゴのイベントでいただいた貴重なアジア―ゴチーズを使って何品か作ったのでご紹介ですアジア―ゴについてはこちら → ★アジア―ゴは イタリアのすごくポピュラーなチーズですが日本では なかなか売っているところを見かけません・・・もっと身近 ... 続きを読む
031


先日参加した アジア―ゴのイベントでいただいた




貴重なアジア―ゴチーズを使って




何品か作ったのでご紹介です




アジア―ゴについてはこちら → 




アジア―ゴは イタリアのすごくポピュラーなチーズですが




日本では なかなか売っているところを見かけません・・・




もっと身近で手に入るといいな~と思っております




さて 作り方ですが




0500

新じゃがなので よく洗って皮付きのまま半分に切って




芽キャベツと時間差で茹で上げます




051

耐熱皿にきれいに並べたら




上にアンチョビをちぎってのせます




アンチョビは チューブのものでもOKです




053


アジア―ゴチーズを ちぎってのせ




オリーブオイルをかけて




クルミをちらしたら 200℃のオーブンで約10分弱




019

チーズがとけたらOkです




ピンクペッパーをちらしてみました




材料(2人)
新じゃが     6個(188g)
芽キャベツ    6個(80g)
アンチョビ    2枚(8g)
オリーブオイル  大さじ1
アジア―ゴ    50g
★フレスコタイプ
クルミ      10g
ピンクペッパー  少々



レシピ
①新じゃがは汚れを落とし半分に切って5分ぐらい茹で 丸ごとの芽キャベツを加え
 再び4~5分茹で 同時に茹で上げる

②芽キャベツは茹でてから半分に切り 耐熱皿に新じゃがとともに並べ
 上にアンチョビをちぎってのせる

③アジア―ゴチーズをちぎってのせ クルミをちらし オリーブオイルをかけ
 200℃のオーブンで 約5~10分ぐらい焼く

④仕上げにピンクペッパーをちらす




017

できあがり~



アンチョビの塩気が アジア―ゴチーズのミルキーさを引き立てます




032

アジア―ゴチーズは 火を加えると




弾力があって のびるのが特徴です~




冷めても同じ状態をキープするので



いつでもおいしくいただけます




ぜひぜひお試しください




ところで・・・




185b8e44

芽キャベツって こんな風に茎みたいなところに




くっついているって知っていましたか~




イタリアでは カヴォリー二・ディ・ブリュッセル「ベルギーの小さなキャベツ」と




呼ばれていました




ローマの市場で この状態で売られていたのを見た時には




ほんとびっくりしました~




それでは皆様 ステキな日曜日を!




★★お知らせ★★

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!
イタリア料理の魅力


「年に数回しか食べられない、イタリアのお菓子」

ぜひぜひご覧になってみてください



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



LINEでブログ更新のお知らせが届きます
読者登録よろしかったらお願いいたします
  

我が家では シフォンケーキよく作ります~失敗が少ないし バター使っていない分 軽いし・・・ということで またまたシフォンケーキ登場今回は プレーンなシフォンケーキの生地にオールスパイス・・・カカオっぽい色のそれとパルミジャーノを加えた スパイシーでコクの ... 続きを読む
013

我が家では シフォンケーキよく作ります~


失敗が少ないし バター使っていない分 軽いし・・・


ということで またまたシフォンケーキ登場


032

今回は プレーンなシフォンケーキの生地に


オールスパイス・・・カカオっぽい色の


それとパルミジャーノを加えた スパイシーでコクのある


おつまみにもなっちゃうシフォンです


オールスパイスって 実は初めて使うスパイスです


色々なスパイスが ミックスされているのかと思いますが


単一の植物の実で まだ完熟していない


青い実の時に取って 赤褐色になるまで乾燥させるそうです


ナツメグ クローブ シナモンを合わせたような香りといわれ


この名前が付いたといわれているそうです


すっごい魅惑の香りです・・・


生地をかき混ぜているときから いい香り~


材料(6人)16cmのシフォン型
卵白        5個分(200g位)
卵黄        3個分(130g位)
砂糖        60g
オイル       30㏄
豆乳        40㏄
薄力粉       75g
オールスパイス   小さじ1
パルミジャーノ   大さじ2

粉砂糖       少々
イタリアンパセリ  少々


レシピ
①ボウルに卵黄と砂糖の半量を入れよく
 かき混ぜる
★三温糖を使っています

②オイル 豆乳と入れて そのつど
 よくかき混ぜ ふるった薄力粉
 オールスパイス パルミジャーノを加える

③卵白に残りの砂糖を加えツノが立った
 状態のメレンゲを作り 3回に分けて
 生地に混ぜ合わせる
★メレンゲのかたまりが残らないように
 しっかりと混ぜ合わせる

④型に入れ180℃の温度で約30分焼き
 ビンの口などに差し込んで型を逆さにして
 冷ます

⑤型から出して 粉砂糖をふり イタリアン
 パセリを飾る


008

できあがり~


甘みを抑えた大人味に仕上がりました~


いつもはマスカルポーネクリーム


マスカルポーネ100gに ホイップした生クリーム100gに


砂糖20g混ぜたものを添えていただきますが


画像の後ろの方に写ってるやつ・・・


それでもいいし 薄く切って生ハムとともになんていうのも合いそうです


ワインに合うお味・・・


ぜひぜひお試しください


IMG_1737

今年のスパイス大使


左下の GABANオールスパイスを使いました


パーティー料理レシピ
パーティー料理レシピ  スパイスレシピ検索


ワインをあけるパーティーなどに


おすすめです!


★★お知らせ★★

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!
イタリア料理の魅力


絶品すぎるイタリアの「貧乏人の料理」


ぜひぜひご覧になってみてください



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



LINEでブログ更新のお知らせが届きます
読者登録よろしかったらお願いいたします

昨日 投稿しましたふろふき大根おだしで煮ているから じゅわ~とおいしい~そんなふろふき大根を ちょこっとアレンジして洋風に パンにも合う一品に・・・スキレットに 肉味噌 ピリ辛トマトソースを少しずつのせて ふろふき大根を入れたっぷりチーズをのせたらオーブ ... 続きを読む
020


昨日 投稿しましたふろふき大根


おだしで煮ているから じゅわ~とおいしい~


そんなふろふき大根を ちょこっとアレンジして


洋風に パンにも合う一品に・・・


022

スキレットに 肉味噌 ピリ辛トマトソースを


少しずつのせて ふろふき大根を入れ


たっぷりチーズをのせたら


オーブンで焼きます~


チーズが こんがりしたらOKです


材料(1人)
ふろふき大根    1個
肉味噌       20g
トマトソース    大さじ2
チーズ       30g
★溶けるタイプ
カイワレ      少々
アスパラ菜     少々


レシピ
①スキレットまたは耐熱皿に 肉味噌
 トマトソースをのせ汁気を切った
 ふろふき大根をのせその上にチーズを
 のせる

②200℃のオーブンでチーズがこんがり
 するまで焼き カイワレ アスパラ菜を
 添える


ふろふき大根 肉味噌のレシピはこちら → 


013

これが たまらないおいしさ~


ワインにも合いそうです~


変化球なふろふき大根 ぜひぜひお試しください


★★お知らせ★★

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!
イタリア料理の魅力


絶品すぎるイタリアの「貧乏人の料理」


ぜひぜひご覧になってみてください



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



LINEでブログ更新のお知らせが届きます
読者登録よろしかったらお願いいたします

我が家の定番料理の一つフレッシュサーモンの タマネギマリネ塩・コショウしたサーモンに たっぷりのタマネギでマリネしますタマネギの甘味が決め手なのでいつも新たまねぎの季節に作っていましたが・・・今日は 辛味のない生のままでおいしくいただけるタマネギ 「スマ ... 続きを読む
024


我が家の定番料理の一つ


フレッシュサーモンの タマネギマリネ


塩・コショウしたサーモンに たっぷりのタマネギでマリネします


タマネギの甘味が決め手なので


いつも新たまねぎの季節に作っていましたが・・・


000

今日は 辛味のない生のままでおいしくいただける


タマネギ 「スマイルボール」で作ります~


015

タマネギとサーモンは同量です


いただいたザクロをちらしています


材料(2~4人)
生サーモン    180g
★刺身用のサク
塩        小さじ1
砂糖       小さじ1/2

スマイルボール  1個(180g)

aオリーブオイル  大さじ3
aレモン汁     大さじ2
a酢        大さじ1
aマスタード    4g
塩・コショウ    少々
レモン       1切
ディル       少々
ザクロ       少々


レシピ
①生サーモンのサクに 塩と砂糖を全体に
 まぶし1時間おく

②1時間おくと余分な水分が出てくるので
 キッチンペーパーでふき取り薄く切る

③スマイルボールは半分はスライサーで
 千切り半分はすりおろし 保存容器に
 切ったサーモンとともに入れる

④aをよく混ぜ合わせ 塩・コショウで
 しっかりと味をつけ③に入れ冷蔵庫で
 30分~位おく

⑤器に盛り付けレモンの輪切りとディル
 ザクロをちらす


023

できあがり~


キラキラっとした美しいマリネができあがりました~


これがワインにピッタリ


水気をとって パンにのせたりはさんでもおいしいですよ


ザクロの甘酸っぱさと 赤い色が ポイントでもありますが


手に入りにくいと思うので プチトマトを刻んで


水気を切ってからのせてもOkです~


ぜひぜひお試しください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



LINEでブログ更新のお知らせが届きます
読者登録よろしかったらお願いいたします