ローマのおいしい生活in東京

20年間のイタリア生活を終え帰国。本場のイタリアンをはじめ普段のさりげない和食など見て楽しい食べておいしいお料理ブログです。

タグ:#ミルキー

先日参加した アジア―ゴのイベントでいただいた貴重なアジア―ゴチーズを使って何品か作ったのでご紹介ですアジア―ゴについてはこちら → ★アジア―ゴは イタリアのすごくポピュラーなチーズですが日本では なかなか売っているところを見かけません・・・もっと身近 ... 続きを読む
031


先日参加した アジア―ゴのイベントでいただいた




貴重なアジア―ゴチーズを使って




何品か作ったのでご紹介です




アジア―ゴについてはこちら → 




アジア―ゴは イタリアのすごくポピュラーなチーズですが




日本では なかなか売っているところを見かけません・・・




もっと身近で手に入るといいな~と思っております




さて 作り方ですが




0500

新じゃがなので よく洗って皮付きのまま半分に切って




芽キャベツと時間差で茹で上げます




051

耐熱皿にきれいに並べたら




上にアンチョビをちぎってのせます




アンチョビは チューブのものでもOKです




053


アジア―ゴチーズを ちぎってのせ




オリーブオイルをかけて




クルミをちらしたら 200℃のオーブンで約10分弱




019

チーズがとけたらOkです




ピンクペッパーをちらしてみました




材料(2人)
新じゃが     6個(188g)
芽キャベツ    6個(80g)
アンチョビ    2枚(8g)
オリーブオイル  大さじ1
アジア―ゴ    50g
★フレスコタイプ
クルミ      10g
ピンクペッパー  少々



レシピ
①新じゃがは汚れを落とし半分に切って5分ぐらい茹で 丸ごとの芽キャベツを加え
 再び4~5分茹で 同時に茹で上げる

②芽キャベツは茹でてから半分に切り 耐熱皿に新じゃがとともに並べ
 上にアンチョビをちぎってのせる

③アジア―ゴチーズをちぎってのせ クルミをちらし オリーブオイルをかけ
 200℃のオーブンで 約5~10分ぐらい焼く

④仕上げにピンクペッパーをちらす




017

できあがり~



アンチョビの塩気が アジア―ゴチーズのミルキーさを引き立てます




032

アジア―ゴチーズは 火を加えると




弾力があって のびるのが特徴です~




冷めても同じ状態をキープするので



いつでもおいしくいただけます




ぜひぜひお試しください




ところで・・・




185b8e44

芽キャベツって こんな風に茎みたいなところに




くっついているって知っていましたか~




イタリアでは カヴォリー二・ディ・ブリュッセル「ベルギーの小さなキャベツ」と




呼ばれていました




ローマの市場で この状態で売られていたのを見た時には




ほんとびっくりしました~




それでは皆様 ステキな日曜日を!




★★お知らせ★★

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!
イタリア料理の魅力


「年に数回しか食べられない、イタリアのお菓子」

ぜひぜひご覧になってみてください



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



LINEでブログ更新のお知らせが届きます
読者登録よろしかったらお願いいたします