ローマのおいしい生活in東京

20年間のイタリア生活を終え帰国。本場のイタリアンをはじめ普段のさりげない和食など見て楽しい食べておいしいお料理ブログです。

タグ:#ボーソー米油部

ズッキーニのマリネです~でもちょこっと雰囲気を変えてくるくる巻いて カレー風味に仕上げていますWECKの容器に詰め 冷蔵で1週間持ちます今回は緑と黄色の2色のズッキーニを使っていきますスライサーで薄く切ってから 塩をふり20分ぐらいおきます塩はできれば粒の岩 ... 続きを読む
033


ズッキーニのマリネです~


でもちょこっと雰囲気を変えて


くるくる巻いて カレー風味に仕上げています


WECKの容器に詰め 冷蔵で1週間持ちます


050

今回は緑と黄色の2色のズッキーニを使っていきます


051

スライサーで薄く切ってから 塩をふり20分ぐらいおきます


塩はできれば粒の岩塩がいいのですが


無ければご自宅の塩で~


でた水分と塩をキッチンペーパーなどでふき取り


600Wのレンジで1分半加熱します


053

しんなりしているのでくるくるっと巻いて


保存容器に詰めます


次にマリネ液を作ります


054

オイル・・・ボーソー米油を使用


クセがなく 軽やかなのでマリネにはお勧めです


スライスしたにんにくをじっくり炒め香りを出します


056

カレー粉にガラムマサラをプラスして加え


057

よーく混ぜ合わせ 熱いうちに


058

ズッキーニにかけます


冷蔵庫で一晩寝かせたらできあがりです


【材料(2~4人)】
黄・緑ズッキーニ・・・各1本
塩・・・小さじ1/2
★岩塩
にんにく・・・1片
ボーソ―米油・・・150ml
カレー粉・・・小さじ1
ガラムマサラ・・・小さじ1/2
塩・・・2g位


【レシピ】
①ズッキーニは縦にスライサーなどで薄くスライスして
 半量の塩(岩塩)をふり20分ぐらいおく

②キッチンペーパーなどで 塩と出てきた水分をふき取り 
 600wのレンジで1分半加熱してくるくると巻いて容器に詰める

③フライパンにボーソー米油を入れスライスしたにんにくを弱火で
 焦がさないように炒めて カレー粉とガラムマサラを加え
 よく溶かし塩を加える

④熱いうちにズッキーニにかけて冷蔵庫で一晩保存する

【ポイント】
★塩をふって余分な水分を取り除き ズッキーニに
 ほんのり味をつけます

★一晩おくと味がなじんでおいしくなります

★オイルが熱いうちにズッキーニにかけます

★ズッキーニを食べ終わって残ったオイルは炒め物や
 ドレッシングなどに使います


生でもおいしい♪サラダ&マリネレシピ
生でもおいしい♪サラダ&マリネレシピ



021

漬け込んだカレー味のオイルは


炒め物やドレッシングに~


024

そのままおつまみや サラダに添えてもおいしいです


ボーソ―米油のくるくるズッキーニマリネ


ぜひぜひお試しください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ブログへのご訪問ありがとうございます!


読者登録よろしかったらお願いいたします   



インスタやっております♪
いいね!&フォローしていただけるとと嬉しいです

Instagram

ランキングに参加しております
ぽちっと応援して頂けると嬉しいです


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

切り干し大根は 日持ちもするし便利ですよね我が家では サラダでいただくことが多いのですが煮物にするときは いたってシンプル加えるのは油揚げだけです具材を 米油で炒めてからこっくりと煮含めます切り干し大根は 水洗い後2~3分ぬるま湯に漬けて柔らかくします油 ... 続きを読む
032 (2)


切り干し大根は 日持ちもするし便利ですよね


我が家では サラダでいただくことが多いのですが


煮物にするときは いたってシンプル


加えるのは油揚げだけです


具材を 米油で炒めてからこっくりと煮含めます


050

切り干し大根は 水洗い後


2~3分ぬるま湯に漬けて柔らかくします


051

油揚げも熱湯をかけ油抜きした後


ちょっと存在感を残すため厚めに 1㎝弱の短冊切りに


切り干し大根も食べやすい大きさに切ります


052

ボーソ―米油で 切り干し大根と油揚げを炒め


053

だし汁と調味料を加え


煮汁がほとんどなくなるまで煮ます


015

グリーンもなしで まさに茶色い和食のお惣菜


味付けの調味料もすべて大さじ1という簡単さ


でもこのシンプルさがおいしいです


【材料(2人)】
切干太鼓・・・20g
油揚げ・・・1枚
ボーソ―米油・・・大さじ1
aだし汁・・・200g
a醤油・砂糖・みりん・日本酒・・・各大さじ1


【レシピ】
①切り干し大根は 水洗いしてからぬるま湯に2~3分漬けて
 柔らかく戻す

②熱湯をかけ油抜きした油揚げは半分に切ってから1㎝幅の短冊切り
 切り干し大根も水気をしっかり切って食べやすい大きさに切る

③鍋にボーソー米油を入れ切り干し大根と油揚げを炒める

④aを加え煮汁がほとんどなくなるまで煮る


【ポイント】
★多めの米油で炒めることでコクが出てうま味が増します


酸化しにくい米油だからおいしい!作りおきレシピ
酸化しにくい米油だからおいしい!作りおきレシピ



016

できあがり~


飽きのこないおいしさです


国産米ぬかで作られているボーソー米油を使えば


作り置きにも 変わらぬおいしさを保てます


ぜひぜひお試しください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ブログへのご訪問ありがとうございます!


読者登録よろしかったらお願いいたします   




インスタやっております♪
いいね!&フォローしていただけるとと嬉しいです

Instagram

ランキングに参加しております
ぽちっと応援して頂けると嬉しいです


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

ボーソ―米油部で活動しておりますが今月のテーマは「酸化しにくい米油だからおいしい!作り置きレシピ」ということで 今週のすき間埋めおかずからししとうの揚げびたし おかか和えです時間をおくと味がなじみ 冷めてもおいしいので作り置きに向いていますししとうと書い ... 続きを読む
037


ボーソ―米油部で活動しておりますが


今月のテーマは


「酸化しにくい米油だからおいしい!作り置きレシピ」


ということで 


IMG_E9811 (2)

今週のすき間埋めおかずから


ししとうの揚げびたし おかか和えです


時間をおくと味がなじみ 冷めてもおいしいので


作り置きに向いています


050

ししとうと書いてありますが 辛くなく


万願寺唐辛子の ちびちびのような・・・


我が家 万願寺唐辛子が大好きで


思わず手に取ってしまいました


051

ししとうはヘタの上の部分を切り落とし


052

縦に切り込みを 一か所入れておきます


そうすると揚げているときに 破裂することがありません


053

米油をフライパンに1㎝ぐらいの高さまで入れ


ししとうを素揚げします


054

さっと揚げればOKです


055

ボウルに入れ めんつゆとかつお削り節を加え


さっと和えたらOKです


【材料(2人)】
ししとう・・・120g
米油・・・適量(フライパンに1㎝高さ位)
めんつゆ・・・小さじ2
★2倍濃縮
かつお削り節・・・1袋(4g)


【レシピ】
①ししとうは 洗ったら水気をしっかりきり ヘタの上の部分を切り取り
 実の部分に縦に切り込みを一か所入れる

②フライパンに米油を入れ ししとうを素揚げする

③ボウルに素揚げしたししとうと めんつゆ かつお削り節の半量を加え
 混ぜ合わせる

④器に盛り付け 残りのかつお削り節を添える


【ポイント】
★切込みを入れることで揚げているときに破裂を防ぎます

★かつお削り節は半量を混ぜ合わせ 残りは食べる直前にふります


酸化しにくい米油だからおいしい!作りおきレシピ
酸化しにくい米油だからおいしい!作りおきレシピ



015

素揚げするときれいなグリーンのままです


ボーソ―米油は 国産米ぬかで作られていて


酸化しにくく 揚げ物でも 時間がたってもおいしさが変わりません


作り置きに使う油としては最適です~


ししとうで作りましたが ピーマンや万願寺唐辛子でもいいですね


ぜひぜひお試しください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ブログへのご訪問ありがとうございます!


読者登録よろしかったらお願いいたします   




インスタやっております♪
いいね!&フォローしていただけるとと嬉しいです

Instagram

ランキングに参加しております
ぽちっと応援して頂けると嬉しいです


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

ボーソ―米油部員として活動しています~今回のテーマは 「米油でつくるイタリアンレシピ」ということでピザ生地に加えるオリーブオイルを米油で作ってみましたちょっと ふんわり優しい食感の生地にのせるのは輪切りにした新玉ねぎと黒オリーブまずは生地作りですボウルに ... 続きを読む
030


ボーソ―米油部員として活動しています~


今回のテーマは 「米油でつくるイタリアンレシピ」ということで


ピザ生地に加えるオリーブオイルを米油で作ってみました


ちょっと ふんわり優しい食感の生地にのせるのは


輪切りにした新玉ねぎと黒オリーブ


まずは生地作りです


051

ボウルに 強力粉と薄力粉を入れ


真ん中にくぼみをつけたら ドライイーストと砂糖を入れ


その周りに 塩と米油を加え


052

ぬるま湯をまずはドライイーストのところに


少し加え溶けてきたら 


全体に少しずつ加えて スプーンなどでかき混ぜていきます


053

全体が混ざってきたら


手でこねるというよりは ボウルの中で打ちつけていきます


054

最初に手にべたべたくっついていた生地が


つるんとしてきたらOKで 丸くまとめて


ラップをして温かいところに置き 1時間ぐらい発酵させます


倍ぐらいに膨らんだらOKです


その間に 上にのせる具材の準備


056

新玉ねぎを薄い輪切りにして


キッチンペーパーにのせ かるく塩をふっておきます


ここで新玉ねぎに薄く味をつけておくことと


余分な水分を取っておきます


057

発酵させた生地を直径20㎝のフライパンに入れ


チーズと新玉ねぎ 黒オリーブをのせ こしょうをふり


250℃のオーブンで約10分~15分ぐらい焼きます


015

チーズがとけてカリッとしたらOKです


【材料(直径18㎝の丸型)】
生地
強力粉・・・150g
薄力粉・・・50g
ドライイースト・・・6g
塩・・・小さじ1/2
砂糖・・・小さじ1/2
ボーソー米油・・・大さじ1
ぬるま湯・・・150㏄位
★上記の分量で350gのピッツァ生地ができます
 そのうちの1/3を使います

新玉ねぎ・・・2/3個
塩・・・少々
チーズ・・・80g
黒オリーブ・・・9個
コショウ・・・少々
パセリのみじん切り・・・少々


【レシピ】
①ボウルに強力粉 薄力粉を入れ真ん中にくぼみを作りイーストと砂糖を
 入れ 周りの粉の部分に塩とボーソー米油を加える

②真ん中のイーストに ぬるま湯を少々入れ溶かし 少しずつぬるま湯を
 加えて フォークなどで全体を混ぜ合わせる

③手で生地のはじをもちボウルの中で打ちつけるようにしながらまとめていく
★べとべとしなくなったらOK

④丸くまとめてラップをかけ倍ぐらいになるまで温かなところに置き発酵させる

⑤その間に新玉ねぎを薄い輪切りにして軽く塩をふりキッチンペーパーの上に
 のせておく

⑥発酵したピザ生地350gの1/3を 米油(分量外)を薄く塗ったフライパンの
 大きさに合わせてのばして入れ チーズ 新玉ねぎ 黒オリーブをのせ
 250℃のオーブンで約10~15分焼く


【ポイント】
★新玉ねぎは切ってから塩をふり かるく味をつけて余分な水分を
 取り除くと焼いたとき生地がべちゃっとしません


米油でつくるイタリアンレシピ
米油でつくるイタリアンレシピ



020

米油を使ったピザ生地は ふわっとやわらかな食感で


焼けて とろんとして甘味が増した玉ねぎをやさしく包みます


おうち時間が長いので 生地からピザ生地を作ってみてはいかがでしょうか


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ブログへのご訪問ありがとうございます!


読者登録よろしかったらお願いいたします   



インスタやっております♪
いいね!&フォローしていただけるとと嬉しいです

Instagram

ランキングに参加しております
ぽちっと応援して頂けると嬉しいです


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.




何度か登場している「フリット」は衣をつけて揚げたイタリア風てんぷらのような料理です大きな違いはその衣・・・イタリアの衣には 卵が入らず 塩で薄く味をつけますタレなどにつけずに そのまま食べるのが特徴です今日は旬のたけのこで作っていきますたけのこは 下茹で ... 続きを読む
031


何度か登場している「フリット」は


衣をつけて揚げたイタリア風てんぷらのような料理です


大きな違いはその衣・・・


イタリアの衣には 卵が入らず 塩で薄く味をつけます


タレなどにつけずに そのまま食べるのが特徴です


今日は旬のたけのこで作っていきます


050

たけのこは 下茹でして食べやすい大きさに切ります


051

今回は米粉を使いまが


薄力粉でもOKです


塩少々を加え 炭酸水で 少しゆるめに溶いていきます


053

イタリアンパセリを刻んで加えます


フレッシュを使いましたが 乾燥でもOKです


054

揚げ油は もちろんボーソー米油です


国産の米ぬか100%で作られているボーソー米油は


揚げ物も カリッとさくッと揚がります


油特有の重みや臭みもないのも特徴です


056

たけのこの全体に 薄く衣をまぶし


058

揚げていきます~


060

カリッと揚がりました~


衣が少し残ったので うずらの卵の水煮も


一緒に揚げました


015

うずらは半分に切って たけのことともに


器に盛り付けたら みじん切りのイタリアンパセリ


パルミジャーノ 塩少々 黒こしょうをふります


【材料(2人)】
たけのこ・・・220g
うずらの卵・・・4個

米粉・・・40g
塩・・・少々
炭酸水・・・大さじ4~
イタリアンパセリ・・・2g

米油・・・150mlぐらい

aパルミジャーノ・塩・黒コショウ・・・少々


【レシピ】
①下茹でした たけのこは食べやすい大きさに切る

②米粉に塩を加え 炭酸水で溶き みじん切りしたイタリアンパセリを加える
★みじん切りにしたイタリアンパセリは少し残しておく

③たけのこに 衣を絡ませ米油で揚げていく

④うずらの卵も同じように揚げ 半分に切ってたけのことともに器に盛り付け
 残しておいたイタリアンパセリとaをふる


【ポイント】
★衣はゆるめに溶く

★衣にイタリアンパセリを加えることで清涼感が出ます

★最後にふるパルミジャーノと黒コショウがお味のアクセントです


米油でつくるイタリアンレシピ
米油でつくるイタリアンレシピ



017

できあがり~


旬のたけのこでお試しください


それではここで いろいろなフリットをご紹介


2149fa4a-s

茎と一緒にブロッコリーのフリット


これは茎がおいしいです


レシピ ↓





e7354eaa-s

こちらはインゲン


切らずに 長いまま衣をつけて揚げます


レシピ ↓





cd939ae5-s

同じく春野菜のつぼみなのフリット


レシピ ↓





1aa50f53-s

ほのかな苦みのフキノトウもおいしい~


レシピ ↓



feab5066-s

野菜ばかりではありません~


かまぼこも~


レシピ ↓





f791d14d

カリフラワーは 淡白なお味なので


少し衣を厚くして アンチョビを忍ばせます~


レシピ ↓





色々な食材で楽しめるフリット



ぜひぜひボーソー米油で カリッと作ってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ブログへのご訪問ありがとうございます!


読者登録よろしかったらお願いいたします   



インスタやっております♪
いいね!&フォローしていただけるとと嬉しいです

Instagram

ランキングに参加しております
ぽちっと応援して頂けると嬉しいです


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

ジェノベーゼは バジリコで作るソースですが今回は シソで オリーブオイルは クセのないボーソー米油で松の実は ピーナッツで作ってみました大きなエビも加えて ちょこっと和なジェノベーゼですおもな材料はこちら・・・シソの葉 ピーナッツ パルミジャーノ にんに ... 続きを読む
031

ジェノベーゼは バジリコで作るソースですが


今回は シソで 


オリーブオイルは クセのないボーソー米油で


松の実は ピーナッツで作ってみました


大きなエビも加えて ちょこっと和なジェノベーゼです


050

おもな材料はこちら・・・


シソの葉 ピーナッツ パルミジャーノ にんにく 米油 塩


そして隠し味に 味噌・・・て写ってない(爆


051

まず フードプロセッサーに にんにくとピーナッツを入れ


撹拌させ 洗って水けをしっかり切ったシソと


ボーソ―米油を加えさらに回していきます


053

ピュレ状になったら 味噌を加え


塩で味を調えます


それではパスタを作っていきます


今日はスパゲッティを使っています


056

フライパンでさっと炒めたエビと パスタの茹で汁


作ったシソのジェノベーゼを加え


よく混ぜ合わせます


058


茹でたパスタを加えしっかり和えたらできあがりです


018

お好みでパルミジャーノをふってください


【材料(2人)】
にんにく・・・1片
ピーナッツ・・・30g
シソの葉・・・45g(約4束半)
パルミジャーノ・・・30g
ボーソ―米油・・・大さじ4~
味噌・・・10g
塩・・・少々

エビ・・・150g
ボーソ―米油・・・小さじ1
スパゲッティ・・・180g
塩・・・大さじ1


【レシピ】
①フードプロセッサーに にんにくとピーナッツを入れ細かく撹拌する

②洗って水気をしっかり切ったシソ パルミジャーノ ボーソー米油を
 加えペースト状にして味噌を加え 塩で味を調える

③2リットルの沸騰したお湯に 塩大さじ1を加えスパゲッティを茹でる

③殻をむいたエビはフライパンにボーソー米油を入れさっと炒めて
 パスタの茹で汁大さじ3~と②のジェノベーゼを加えよく混ぜ合わせる

④茹でたパスタを加えよく混ぜ合わせ器に盛り付け お好みで
 パルミジャーノ(分量外)をふる


★作りやすい分量です
 3~4人分作れます
 余ったら冷蔵庫で保存可能です

★味噌は白味噌を使いました
 味噌を加えることでコクが出て奥深い味になります

★このソースは火を入れていないので パスタと和えるときに火を通した方が
 まろやかになります


米油でつくるイタリアンレシピ
米油でつくるイタリアンレシピ



023

シソの香りを クセのないボーソー米油がひきたてます


ジェノベーゼはどうしてもオイルを大量に使います


国産米ぬかで作られたボーソー米油なら


さっぱりと もたれることのないお味に作ることができます


茹でたジャガイモと和えてもおいしいですよ~


ちょっと和なジェノベーゼぜひぜひお試しください


070

スーパーでみつけたこのしそのパック


10束入って100円でした~


多いかなぁ~とも思いましたが


夫弁当の仕切りは レタスなどではなく


抗菌作用のあるシソを使います


だから思いきって買ってしまいました~


我が家のシソの保存方法は


071

100均で買った シソがすぽっと入る高さの瓶の底に


水を少々入れ


072

シソを活けるように縦に入れ


ふたを閉め 冷蔵庫で保存します


茎が水に浸るようにします


この時葉っぱは 黒くなってしまうので


水に漬からない気を付けてください


詳しくはこちら ↓






2~3日に1度水を変えて


2週間ぐらいは 新鮮でみずみずしい状態を保てます


ぜひぜひお試しください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ブログへのご訪問ありがとうございます!


読者登録よろしかったらお願いいたします   



インスタやっております♪
いいね!&フォローしていただけるとと嬉しいです

Instagram

ランキングに参加しております
ぽちっと応援して頂けると嬉しいです


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

久しぶりのスイーツです~りんごとバナナのクランブルクランブルは 小麦粉と砂糖 バターを混ぜ合わせたポロポロっとくずれる生地をフルーツなどにのせて焼いたものこのクランブルを バターではなくボーソー米油に変えてヘルシーに サクサク感増し増しで 作ってみました ... 続きを読む
031


久しぶりのスイーツです~


りんごとバナナのクランブル


クランブルは 小麦粉と砂糖 バターを混ぜ合わせた


ポロポロっとくずれる生地をフルーツなどにのせて焼いたもの


このクランブルを バターではなくボーソー米油に変えて


ヘルシーに サクサク感増し増しで 作ってみました~


051

ボウルに 薄力粉と アーモンド粉 グラニュー糖を入れ


(アーモンド粉は皮付きを使用)


フォークなどで 全体をよく混ぜ合わせます


052

米油を2回ぐらいに分けて加え


混ぜ合わせていきます


053

全体が混ざってきたら


055

指で 全体をほぐして ぽろぽろにします


056

直径14㎝ 高さ4cmの耐熱皿に


よく洗って皮付きのまま 一口サイズに切ったリンゴと


輪切りのバナナを詰め シナモンをふります


057

先ほどのクランブルをきっちり敷き詰め


058

200℃のオーブンで約20分焼きます


022

お好みですが・・・熱々にアイスクリームをのせて~


今回はクッキークリームアイスを・・・


なので 砕いたオレオをちらしてみました


材料(1~2人)
薄力粉・・・40g
アーモンド粉・・・30
グラニュー糖・・・大さじ1
ボーソー米油・・・大さじ2

りんご・・・1/2(150g)
バナナ・・・1個
シナモン・・・少々

オレオクッキー・・・3枚
アイスクリーム・・・適量
★クッキークリーム味


レシピ
①ボウルに 薄力粉 アーモンド粉 グラニュー糖を入れよく混ぜる

②ボーソー米油を2回に分けて加え フォークなどできるように混ぜ
 全体が混ざったら指でほぐして ぽろぽろにしてクランブルを作る

③耐熱皿によく洗って 芯を取り 皮付きのまま一口サイズに切ったりんごと
 輪切りにしたバナナを詰めシナモンをふる

④②のクランブルをのせ200℃のオーブンで20分ぐらい焼き 熱々に
 アイスクリームをのせ 砕いたオレオクッキーを添える


バレンタインにもぴったり♪パン&スイーツ
バレンタインにもぴったり♪パン&スイーツ


第2期ボーソー米油部に参加しております!


018

オレオクッキー アイスクリームは無しでもいいです~


アーモンド粉は皮付きを使い 香ばしく仕上げました


りんごだけでなく バナナが入るとコクが出ます


020

ボーソー米油は クセも匂いもなく ほのかなバニラの香りがするので


スイーツにもばっちりです!


ヘルシーに サックサクのクランブルに仕上がります


ぜひぜひお試しください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ブログへのご訪問ありがとうございます!


読者登録よろしかったらお願いいたします   



インスタやっております♪
いいね!&フォローしていただけるとと嬉しいです

Instagram

ランキングに参加しております
ぽちっと応援して頂けると嬉しいです


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

2451-main

注目のイタリア野「ラデッキオ・ロッソ」赤紫の葉が美しい
イタリアの冬野菜についてご紹介しています。
注目イタリア野菜「ラディッキオ・ロッソ」とは


ぜひぜひご覧になってみてください

何をしているわけでもないのになんだか あっという間に時間が過ぎていくような・・・気忙しさを感じます買い出しもほとんど終わり 今日からおせちを作り始めます~年内に作った料理がたまっていて・・・持ち越しになるのかな・・・今日はボーソー米油を使った炒め物レシピ ... 続きを読む
024


何をしているわけでもないのに



なんだか あっという間に時間が過ぎていくような・・・



気忙しさを感じます



買い出しもほとんど終わり 今日からおせちを作り始めます~



年内に作った料理がたまっていて・・・



持ち越しになるのかな・・・



今日はボーソー米油を使った炒め物レシピです



とろ~りねぎと豚肩ロース炒め



こちら油多めがおいしいです



たっぷりのオイルでねぎをとろ~り炒めて甘みを引き出します



050

豚肉は肩ロースを1㎝幅に切り



酒 塩 片栗粉をもみこんでおきます



051

ねぎは5㎜幅の斜め切り



ほぼ肉と同量 たっぷりがおいしいです



052

炒めるオイルはボーソー米油



このボーソー米油は 国産の米ぬかから作られており



さらっとしていて 酸化に強くて



時間がたっても 多めに油を使った料理でも



おいしさを持続させます



053

まずは豚肩ロースを炒め



白っぽくなり焼き色がついてきたら



チューブのにんにくとしょうがを加え



054

長ネギをドバっと加え



055

しんなりしてきたら 日本酒 塩・コショウで味付けします




010

味付けは塩・コショウとシンプルですが



コクのある肉と甘みの出たねぎの組み合わせが 絶妙です~




材料(2人)
長ネギ(細目)・・・4本(198g)
豚肩ロース・・・200g
a日本酒・・・小さじ2
a塩・・・少々
a片栗粉・・・小さじ2
ボーソー米油・・・大さじ2
にんにく(チューブ)・・・5g
しょうが(チューブ)・・・5g
日本酒・・・大さじ1
塩・コショウ・・・少々


レシピ
①豚肩ロースは1㎝幅に切りaをもみ込んでおく

②長ネギは5㎜幅の斜め切りにする

③フライパンに大さじ1のボーソー米油を入れ豚肉を炒め 色が変わってきたら
 にんにくとしょうがを加える

④残りのボーソー米油と ねぎを加えしんなりしてきたら日本酒 塩・コショウで
 味を調える


炒めて&揚げて!ボリューム満点おかずレシピ
炒めて&揚げて!ボリューム満点おかずレシピ



011

たくさん作って忙しいこの時期保存しておくのもおすすめ~



ラーメンや ごはんにのせたり おつまみにもピッタリです



ぜひぜひお試しください



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします   


秋鮭ときのこで ボーソー米油を使った季節の一皿です~今年 秋鮭不漁だそうですね・・・でもうちの近所の魚屋さんには 手ごろなお値段で売っていますそんな秋鮭ときのこ・・・きのこは 舞茸 椎茸 えのき しめじ エリンギなどをにんにくとボーソー米油でシンプルに炒 ... 続きを読む
030


秋鮭ときのこで ボーソー米油を使った季節の一皿です~




今年 秋鮭不漁だそうですね・・・でも




うちの近所の魚屋さんには 手ごろなお値段で売っています




そんな秋鮭ときのこ・・・




きのこは 舞茸 椎茸 えのき しめじ エリンギなどを




にんにくとボーソー米油でシンプルに炒めます




同じく塩・コショウして焼いた秋鮭に マヨネーズとマスタードをのせ




チーズをかけてオーブンで焼きます




050

きのこはほぐして 椎茸は細切りにします




051

ボーソー米油に薄切りのにんにくを加え




香りを出したら きのこを全部入れ




053

香りづけに白ワインを加え 炒めていき




塩・コショウして 耐熱皿にのせます




きのこはシンプルに炒めたものが 一番香りが引き立ちます




055

秋鮭は 塩・コショウ 薄力粉を薄くふって




056

同じくボーソー米油で焼いていきます




ボーソー米油は 国産米ぬかを原料としていて




栄養たっぷりで どんな食材とも相性がよく おいしさが長持ちします




皮目などが カリッと焼きあがります




057

きのこの上にのせ・・・




058

マヨネーズとマスタードを混ぜ合わせたものを




秋鮭の上にのせ




059

チーズをたっぷりと~




180℃のオーブンでチーズがとけるまで焼きます




具材には すでに火がとっているのでチーズが溶ければOK




トースターでもいいですよ~




026

パセリをふってできあがりです




材料(2人)
秋鮭・・・2切れ
塩・コショウ・・・少々
薄力粉・・・少々
ボーソー米油・・・大さじ2
にんにく・・・1片
舞茸・・・80g
しめじ・・・100g
椎茸・・・3個
えのき・・・1袋
エリンギ・・・2個
白ワイン・・・大さじ1
aマスタード・・・大さじ1
aマヨネーズ・・・大さじ1
チーズ・・・60g
パセリ・・・少々


レシピ
①舞茸 しめじ えのき エリンギは石づきを落としてからほぐし
 椎茸は細切りにする

②フライパンにボーソー米油の半量と薄切りにんにくを加え 香りが出たら
 ①のきのこ類を全部入れ 白ワインを加え炒め 塩・コショウして
 耐熱皿に盛り付ける

③秋鮭に塩・コショウと薄力粉を薄くまぶし 残りのボーソー米油で両面こんがりと焼く

④きのこの上に秋鮭をのせ aを混ぜ合わせたものを秋鮭にぬり チーズをのせたら
 180℃のオーブンでチーズがとけるまで焼き パセリのみじん切りをふる




米油でつくるきのこ&旬野菜のレシピ
米油でつくるきのこ&旬野菜のレシピ






024

できあがり~




秋鮭に マスタード風味のチーズ きのこの相性がばっちり~




炒めたきのこの香りがたまりません~




ワインにも合う一品です




ぜひぜひお試しください




★★お知らせ★★

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

イタリア料理にかかせないトマトの加工品についてのお話です

ぜひぜひご覧になってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします   


今日は 簡単にできて 見栄えもよく パーティー料理にもお勧めなカルパッチョのご紹介ですカルパッチョは ご存じの通りイタリア料理ですがイタリアでは牛肉を薄く切ったものが始まりですが最近では たこやメカジキ スカンピ(手長エビ)など魚介のものもあります簡単だ ... 続きを読む
033

今日は 簡単にできて 見栄えもよく パーティー料理にもお勧めな




カルパッチョのご紹介です




カルパッチョは ご存じの通りイタリア料理ですが




イタリアでは牛肉を薄く切ったものが始まりですが




最近では たこやメカジキ スカンピ(手長エビ)など魚介のものもあります




簡単だけれどポイントがいくつかあります




050

今日使うのは鯛です




薄く切って 器に重ならないように並べ




塩(岩塩)をふり 軽くたたくようにしてよくなじませます




051

上に散らすのは 紫菊




紫菊は彩りの華やかさだけでなく




殺菌作用もあるといわれ よくお刺身のパックに黄色菊が添えられているのは




そのためといわれています




053

レモンの皮のすりおろし




そして昆布・・・・これはだしを取った昆布を低温で焼き乾燥させてから




細かくしたものです




仕上げにボーソー米油をたっぷりかけます




いつもならオリーブオイルですが




今回はボーソー米油を使ってみました~




ボーソー米油は 国産米ぬかを原料としていて




栄養たっぷりで どんな食材とも相性がよく おいしさが長持ちします~




クセがなくさらっとしていて 繊細な白身魚のうま味を引き立ててくれますよ




021 (2)

仕上げにいくらとカイワレ




材料(2~4人)
お刺身用鯛(サク)・・・120g
塩・・・小さじ1/2
紫菊・・・1個
レモンの皮・・・1/2個
ボーソー米油・・・大さじ2
いくら・・・適量
カイワレ・・・少々
乾燥昆布・・・少々★



レシピ
①お刺身用鯛を薄く切って重ならないように器に盛り付け塩を
 まんべんなくふり軽く指でたたいてなじませる

②紫菊をちぎって鯛の上に散らし レモンの皮をすりおろしたものと
 乾燥昆布をちらしボーソー米油をかけいくらとカイワレをちらす



★乾燥昆布のほか 昆布茶でもOKです
 乾燥昆布の作り方はまた詳しくご紹介します




米油でつくるきのこ&旬野菜のレシピ
米油でつくるきのこ&旬野菜のレシピ






026

上に散らすもので味が変化しますが




白身魚などは繊細な味なので あまり強いハーブは避けた方がいいです




昆布のうま味と レモンの酸味 いくらの塩気と 紫菊と春菊のほのかな苦みを




米油がやさしく包み カルパッチョのおいしさを引き立てます~




ワインにもピッタリで これからのパーティーシーズンにもピッタリの一品です




ぜひぜひお試しください




★★お知らせ★★

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

イタリア料理にかかせないトマトの加工品についてのお話です

ぜひぜひご覧になってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします   


フリットは イタリア版てんぷらのような衣をつけて揚げた料理です~衣には 卵は入らず 粉を炭酸水で溶いていきますブロッコリーは小房に分け茎の部分は厚めに皮をむき 5㎜幅に切ります米粉または薄力粉に 塩を少々加え炭酸水で溶きます揚げオイルは ボーソー米油さくッ ... 続きを読む
032


フリットは イタリア版てんぷらのような




衣をつけて揚げた料理です~




衣には 卵は入らず 粉を炭酸水で溶いていきます




050

ブロッコリーは小房に分け




茎の部分は厚めに皮をむき 5㎜幅に切ります




051

米粉または薄力粉に 塩を少々加え炭酸水で溶きます




052

揚げオイルは ボーソー米油




さくッと揚がります




054 (2)

茎の部分から上げていきます




衣は薄~くつけます




055

オイルは少な目でOK




ひっくり返して両面を揚げていきます




056

ブロッコリーのつぼみの部分も 衣は薄めにつけてください




020

さくッと揚がったら 器に盛り付け 黒コショウ 




パルミジャーノをパラパラと~



材料(2人)
ブロッコリー・・・1/2
★茎の部分はすべて使う
米粉または薄力粉・・・40g
塩・・・少々
炭酸水・・・大さじ3
米油・・・150ml
★ボーソー米油を使用
パルミジャーノ・・・小さじ1
黒コショウ・・・少々


レシピ
①ブロッコリーのつぼみの部分は小房に分け茎は厚めに皮をむき
 5㎜の厚さに切る

②粉に塩を加え炭酸水で溶き衣を作る

③ブロッコリーに衣をまぶし 米油でサクッと揚げる

④器に盛り付け黒コショウとパルミジャーノをふる




022

ポイントは炭酸水と 衣を薄~くつけることです




実は 茎の部分がおいしい~




我が家では奪い合いになります




ぜひぜひお試しください




★★お知らせ★★

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

イタリア料理にかかせないトマトの加工品についてのお話です

ぜひぜひご覧になってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします