ローマのおいしい生活in東京

20年間のイタリア生活を終え帰国。本場のイタリアンをはじめ普段のさりげない和食など見て楽しい食べておいしいお料理ブログです。

タグ:#ボーソー米油部

秋鮭ときのこで ボーソー米油を使った季節の一皿です~今年 秋鮭不漁だそうですね・・・でもうちの近所の魚屋さんには 手ごろなお値段で売っていますそんな秋鮭ときのこ・・・きのこは 舞茸 椎茸 えのき しめじ エリンギなどをにんにくとボーソー米油でシンプルに炒 ... 続きを読む
030


秋鮭ときのこで ボーソー米油を使った季節の一皿です~




今年 秋鮭不漁だそうですね・・・でも




うちの近所の魚屋さんには 手ごろなお値段で売っています




そんな秋鮭ときのこ・・・




きのこは 舞茸 椎茸 えのき しめじ エリンギなどを




にんにくとボーソー米油でシンプルに炒めます




同じく塩・コショウして焼いた秋鮭に マヨネーズとマスタードをのせ




チーズをかけてオーブンで焼きます




050

きのこはほぐして 椎茸は細切りにします




051

ボーソー米油に薄切りのにんにくを加え




香りを出したら きのこを全部入れ




053

香りづけに白ワインを加え 炒めていき




塩・コショウして 耐熱皿にのせます




きのこはシンプルに炒めたものが 一番香りが引き立ちます




055

秋鮭は 塩・コショウ 薄力粉を薄くふって




056

同じくボーソー米油で焼いていきます




ボーソー米油は 国産米ぬかを原料としていて




栄養たっぷりで どんな食材とも相性がよく おいしさが長持ちします




皮目などが カリッと焼きあがります




057

きのこの上にのせ・・・




058

マヨネーズとマスタードを混ぜ合わせたものを




秋鮭の上にのせ




059

チーズをたっぷりと~




180℃のオーブンでチーズがとけるまで焼きます




具材には すでに火がとっているのでチーズが溶ければOK




トースターでもいいですよ~




026

パセリをふってできあがりです




材料(2人)
秋鮭・・・2切れ
塩・コショウ・・・少々
薄力粉・・・少々
ボーソー米油・・・大さじ2
にんにく・・・1片
舞茸・・・80g
しめじ・・・100g
椎茸・・・3個
えのき・・・1袋
エリンギ・・・2個
白ワイン・・・大さじ1
aマスタード・・・大さじ1
aマヨネーズ・・・大さじ1
チーズ・・・60g
パセリ・・・少々


レシピ
①舞茸 しめじ えのき エリンギは石づきを落としてからほぐし
 椎茸は細切りにする

②フライパンにボーソー米油の半量と薄切りにんにくを加え 香りが出たら
 ①のきのこ類を全部入れ 白ワインを加え炒め 塩・コショウして
 耐熱皿に盛り付ける

③秋鮭に塩・コショウと薄力粉を薄くまぶし 残りのボーソー米油で両面こんがりと焼く

④きのこの上に秋鮭をのせ aを混ぜ合わせたものを秋鮭にぬり チーズをのせたら
 180℃のオーブンでチーズがとけるまで焼き パセリのみじん切りをふる




米油でつくるきのこ&旬野菜のレシピ
米油でつくるきのこ&旬野菜のレシピ






024

できあがり~




秋鮭に マスタード風味のチーズ きのこの相性がばっちり~




炒めたきのこの香りがたまりません~




ワインにも合う一品です




ぜひぜひお試しください




★★お知らせ★★

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

イタリア料理にかかせないトマトの加工品についてのお話です

ぜひぜひご覧になってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします   


今日は 簡単にできて 見栄えもよく パーティー料理にもお勧めなカルパッチョのご紹介ですカルパッチョは ご存じの通りイタリア料理ですがイタリアでは牛肉を薄く切ったものが始まりですが最近では たこやメカジキ スカンピ(手長エビ)など魚介のものもあります簡単だ ... 続きを読む
033

今日は 簡単にできて 見栄えもよく パーティー料理にもお勧めな




カルパッチョのご紹介です




カルパッチョは ご存じの通りイタリア料理ですが




イタリアでは牛肉を薄く切ったものが始まりですが




最近では たこやメカジキ スカンピ(手長エビ)など魚介のものもあります




簡単だけれどポイントがいくつかあります




050

今日使うのは鯛です




薄く切って 器に重ならないように並べ




塩(岩塩)をふり 軽くたたくようにしてよくなじませます




051

上に散らすのは 紫菊




紫菊は彩りの華やかさだけでなく




殺菌作用もあるといわれ よくお刺身のパックに黄色菊が添えられているのは




そのためといわれています




053

レモンの皮のすりおろし




そして昆布・・・・これはだしを取った昆布を低温で焼き乾燥させてから




細かくしたものです




仕上げにボーソー米油をたっぷりかけます




いつもならオリーブオイルですが




今回はボーソー米油を使ってみました~




ボーソー米油は 国産米ぬかを原料としていて




栄養たっぷりで どんな食材とも相性がよく おいしさが長持ちします~




クセがなくさらっとしていて 繊細な白身魚のうま味を引き立ててくれますよ




021 (2)

仕上げにいくらとカイワレ




材料(2~4人)
お刺身用鯛(サク)・・・120g
塩・・・小さじ1/2
紫菊・・・1個
レモンの皮・・・1/2個
ボーソー米油・・・大さじ2
いくら・・・適量
カイワレ・・・少々
乾燥昆布・・・少々★



レシピ
①お刺身用鯛を薄く切って重ならないように器に盛り付け塩を
 まんべんなくふり軽く指でたたいてなじませる

②紫菊をちぎって鯛の上に散らし レモンの皮をすりおろしたものと
 乾燥昆布をちらしボーソー米油をかけいくらとカイワレをちらす



★乾燥昆布のほか 昆布茶でもOKです
 乾燥昆布の作り方はまた詳しくご紹介します




米油でつくるきのこ&旬野菜のレシピ
米油でつくるきのこ&旬野菜のレシピ






026

上に散らすもので味が変化しますが




白身魚などは繊細な味なので あまり強いハーブは避けた方がいいです




昆布のうま味と レモンの酸味 いくらの塩気と 紫菊と春菊のほのかな苦みを




米油がやさしく包み カルパッチョのおいしさを引き立てます~




ワインにもピッタリで これからのパーティーシーズンにもピッタリの一品です




ぜひぜひお試しください




★★お知らせ★★

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

イタリア料理にかかせないトマトの加工品についてのお話です

ぜひぜひご覧になってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします   


フリットは イタリア版てんぷらのような衣をつけて揚げた料理です~衣には 卵は入らず 粉を炭酸水で溶いていきますブロッコリーは小房に分け茎の部分は厚めに皮をむき 5㎜幅に切ります米粉または薄力粉に 塩を少々加え炭酸水で溶きます揚げオイルは ボーソー米油さくッ ... 続きを読む
032


フリットは イタリア版てんぷらのような




衣をつけて揚げた料理です~




衣には 卵は入らず 粉を炭酸水で溶いていきます




050

ブロッコリーは小房に分け




茎の部分は厚めに皮をむき 5㎜幅に切ります




051

米粉または薄力粉に 塩を少々加え炭酸水で溶きます




052

揚げオイルは ボーソー米油




さくッと揚がります




054 (2)

茎の部分から上げていきます




衣は薄~くつけます




055

オイルは少な目でOK




ひっくり返して両面を揚げていきます




056

ブロッコリーのつぼみの部分も 衣は薄めにつけてください




020

さくッと揚がったら 器に盛り付け 黒コショウ 




パルミジャーノをパラパラと~



材料(2人)
ブロッコリー・・・1/2
★茎の部分はすべて使う
米粉または薄力粉・・・40g
塩・・・少々
炭酸水・・・大さじ3
米油・・・150ml
★ボーソー米油を使用
パルミジャーノ・・・小さじ1
黒コショウ・・・少々


レシピ
①ブロッコリーのつぼみの部分は小房に分け茎は厚めに皮をむき
 5㎜の厚さに切る

②粉に塩を加え炭酸水で溶き衣を作る

③ブロッコリーに衣をまぶし 米油でサクッと揚げる

④器に盛り付け黒コショウとパルミジャーノをふる




022

ポイントは炭酸水と 衣を薄~くつけることです




実は 茎の部分がおいしい~




我が家では奪い合いになります




ぜひぜひお試しください




★★お知らせ★★

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

イタリア料理にかかせないトマトの加工品についてのお話です

ぜひぜひご覧になってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします