ローマのおいしい生活in東京

20年間のイタリア生活を終え帰国。本場のイタリアンをはじめ普段のさりげない和食など見て楽しい食べておいしいお料理ブログです。

タグ:#フリット

フリットは イタリア版てんぷらのような衣をつけて揚げた料理です~衣には 卵は入らず 粉を炭酸水で溶いていきますブロッコリーは小房に分け茎の部分は厚めに皮をむき 5㎜幅に切ります米粉または薄力粉に 塩を少々加え炭酸水で溶きます揚げオイルは ボーソー米油さくッ ... 続きを読む
032


フリットは イタリア版てんぷらのような




衣をつけて揚げた料理です~




衣には 卵は入らず 粉を炭酸水で溶いていきます




050

ブロッコリーは小房に分け




茎の部分は厚めに皮をむき 5㎜幅に切ります




051

米粉または薄力粉に 塩を少々加え炭酸水で溶きます




052

揚げオイルは ボーソー米油




さくッと揚がります




054 (2)

茎の部分から上げていきます




衣は薄~くつけます




055

オイルは少な目でOK




ひっくり返して両面を揚げていきます




056

ブロッコリーのつぼみの部分も 衣は薄めにつけてください




020

さくッと揚がったら 器に盛り付け 黒コショウ 




パルミジャーノをパラパラと~



材料(2人)
ブロッコリー・・・1/2
★茎の部分はすべて使う
米粉または薄力粉・・・40g
塩・・・少々
炭酸水・・・大さじ3
米油・・・150ml
★ボーソー米油を使用
パルミジャーノ・・・小さじ1
黒コショウ・・・少々


レシピ
①ブロッコリーのつぼみの部分は小房に分け茎は厚めに皮をむき
 5㎜の厚さに切る

②粉に塩を加え炭酸水で溶き衣を作る

③ブロッコリーに衣をまぶし 米油でサクッと揚げる

④器に盛り付け黒コショウとパルミジャーノをふる




022

ポイントは炭酸水と 衣を薄~くつけることです




実は 茎の部分がおいしい~




我が家では奪い合いになります




ぜひぜひお試しください




★★お知らせ★★

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

イタリア料理にかかせないトマトの加工品についてのお話です

ぜひぜひご覧になってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします   






蕾菜のフリット~蕾菜は ちょこっとピリッとするからし菜の変形型だそうで比較的新しい野菜で 1月下旬から3月中旬までが旬だそうです~春先の少し苦みを感じるお野菜が たまらなく好きです~今日はイタリア版天ぷらの フリットにします蕾菜は縦半分に切ります薄力粉に塩 ... 続きを読む
030


蕾菜のフリット~




蕾菜は ちょこっとピリッとするからし菜の変形型だそうで




比較的新しい野菜で 1月下旬から3月中旬までが




旬だそうです~



春先の少し苦みを感じるお野菜が たまらなく好きです~




今日はイタリア版天ぷらの フリットにします



050

蕾菜は縦半分に切ります



053

薄力粉に塩少々を加え 炭酸水で溶きます



054

少なめのオイルで 炒め揚げで~



あっでもあまりひっくり返さなくていいです



泡が小さくなってきて衣の周りが カリッとしてきたらひっくり返して



反対にも火を入れます



055

揚がったらパルミジャーノをふります



020

衣に塩を加えているし



チーズもふっているので そのままいただけますが



レモン汁をふりかけたり マヨネーズをつけてもおいしいです



材料(2~4人)
蕾菜       8個
薄力粉     50g
塩        小さじ1/4
炭酸水     80ml
揚げオイル   適量
パルミジャーノ 小さじ2
レモン      ひと切れ


レシピ
①蕾菜は縦半分に切る

②薄力粉に塩と炭酸水を加えよくかき混ぜ 蕾菜に絡める

③フライパンに少量のオイルを入れ蕾菜を炒め揚げする

④熱いうちにパルミジャーノをかけ 器に盛り付け レモンを添える
★お好みでマヨネーズをつけてもおいしいです



017

できあがり~



炭酸水を使うとカリッとサクッと揚がります



パルミジャーノをふることで コクが出て 蕾菜の苦味が



少しおさえられます



食べだすと止まらないおいしさです



この季節だけの春の香り~



ぜひぜひお試しください



★★お知らせ★★

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!
イタリア料理の魅力


「年に数回しか食べられない、イタリアのお菓子」

ぜひぜひご覧になってみてください



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



LINEでブログ更新のお知らせが届きます
読者登録よろしかったらお願いいたします
  

かまぼこって あまる~最初は おいしい~と食べているのですが1個食べきることは難しいですよね紅白とあるし・・・そんな時 我が家でよく作るのがかまぼこのフリットですイタリア版天ぷら・・・天ぷらとの違いは 卵液が入らず炭酸水を使うことかな~もし炭酸水がなければ ... 続きを読む
015


かまぼこって あまる~


最初は おいしい~と食べているのですが


1個食べきることは難しいですよね


紅白とあるし・・・


そんな時 我が家でよく作るのが


かまぼこのフリットです


イタリア版天ぷら・・・


天ぷらとの違いは 卵液が入らず


炭酸水を使うことかな~


もし炭酸水がなければ ビールでもいいですよ


008

白いかまぼこには 青海苔をまぶしたころも


009

ピンクのかまぼこは 粉チーズを加えて


これってタコにも見えますね



材料(2~3人)
かまぼこ(白とピンク)  各80g
もち粉(または薄力粉)  60g
青海苔          10g
粉チーズ         15g
塩            少々
炭酸水           適量
揚げオイル        適量


レシピ
①かまぼこは 5mm幅に切り半分にする

②もち粉に塩を少々加え 2等分して青海苔と粉チーズをそれぞれ加え炭酸水で溶き ころもを作る
★炭酸水の量はそれぞれ約大さじ2ぐらいで ドロリとさせる

③それぞれころもをまぶし 揚げオイルで揚げていく

④器に盛り受け それぞれ青海苔と粉チーズ(分量外)をふる


011

サクッとおいしい~


おつまみにも最適な一品です


かまぼこが余っていたらぜひお試しください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



LINEでブログ更新のお知らせが届きます
読者登録よろしかったらお願いいたします