ローマのおいしい生活in東京

20年間のイタリア生活を終え帰国。本場のイタリアンをはじめ普段のさりげない和食など見て楽しい食べておいしいお料理ブログです。

タグ:#イベント

クリスマス時期の気温といわれた寒かった火曜日にパルミジャーノ・レッジャーノ・チーズ協会様×レシピブログ/フ―ディーテーブル様の「日本酒と愉しむイタリアチーズの王様、パルミジャーノ・レッジャーノ♪」イベントに参加しました~場所は 大人の洗練された街 銀座のLE ... 続きを読む
000


クリスマス時期の気温といわれた寒かった火曜日に



パルミジャーノ・レッジャーノ・チーズ協会様×レシピブログ/フ―ディーテーブル様の



「日本酒と愉しむイタリアチーズの王様、パルミジャーノ・レッジャーノ♪」



イベントに参加しました~



004

場所は 大人の洗練された街 銀座のLEAGUE GINZA



おしゃれで落ち着いたワークラウンジが会場です




005

まずは イタリアからいらしたパルミジャーノ協会のAndrea氏から



パルミジャーノ・レッジャーノチーズのレクチャーを受けます




002

パルミジャーノ・レッジャーノとは 添加物を一切使わず



北イタリアの限られた地域で 9世紀の伝統を守って作られている



「チーズの王様」といわれている熟成ハードチーズです



栄養価も高く 消化吸収も非常に優れていて 老若男女好まれ



すりおろしてパスタやリゾット かち割っておつまみなど



イタリア料理には欠かせません~



北イタリアのエミリア・ロマーニャ州



パルマ レッジョ・エミリア モデナの各県全域と ボローニャの一部



ロンバルディア州のマントバ県の一部のみで作られています



この地域に 330のチーズ工房があるそうです



「パルミジャーノ・レッジャーノ」という名前は パルマとレッジョ・エミリアのレッジョに



由来しているそうです




003

パルミジャーノ・レッジャーノは DOP(原産地呼称保護)に認定されています



DOPとは 生産から工程まですべてその場所で行い



伝統的製法で生産されたもの・・・



つまり上記の場所以外で作られたものはパルミジャーノ・レッジャーノではないのです~



日本には よく削られたチーズに「パルメザンチーズ」がありますが



全くの別物になります



本物のパルミジャーノ・レッジャーノには きちんとロゴがついています



皮の部分に 「パルミジャーノ・レッジャーノ・チーズ協会保護」という焼印が押されています



ところで この皮の部分 食べられないチーズもありますが



パルミジャーノは食べれます



とはいっても そのまま食べるには固いので スープなどの「だし」に使います




013

パルミジャーノには 熟成別の味わいがあります



よく白い粒々がありますが これはアミノ酸の結晶で



じゃりじゃりとした食感がおいしさの一つで 熟成された証拠です




008

さてレクチャーの後は フードジャーナリストで



C.P.A認定チーズプロフェッショナルの佐野嘉彦氏による



削り方の異なるパルミジャーノ・レッジャーノと日本酒3種の比較テイスティング



うれしすぎる~



006

日本酒は高知県の土佐酒造株式会社様の桂月です



純米大吟醸 純米吟醸 山廃純米と3種類用意していただきました




009

まずはパルミジャーノ・レッジャーノをすりおろして



一つまみ口に含み 純米大吟醸と合わせます



チーズとお酒の香りがふわっと口の中に 同時に香ります




010

次はパルミジャーノ・レッジャーノをスライスして純米吟醸と



スライスしたパルミジャーノ・レッジャーノは粉状にしたものより



香りが強く感じますが 純米大吟醸より強い香りの



純米吟醸と合わせることによって溶け具合や香り具合が



同時に口の中に広がります



012

最後に アーモンドナイフと呼ばれる専用のナイフでかち割ったものと



複雑な風味の山廃仕込みの純米酒と合わせます



パルミジャーノ・レッジャーノの強い香りとうまみが 風味の余韻が長い山廃仕込みの



純米酒とマリアージュします



個人的には かち割り×山廃純米がいいかな



かち割りの場合は ぬるめの燗もおすすめだそうです



同じチーズでも 切り方によって 合わせるお酒も変わってくる・・・



勉強になるテイスティングでした



015

そのあとは パルミジャーノ・レッジャーノを使った



おつまみ3品の試食です



地元の出雲と東京でイタリア料理教室を開催されている



イタリア料理研究家 板倉布佐子さんに作っていただいたお料理を



出雲の旭酒造様の 十旭日  生酛純米とともにいただきました



一品目は佐野さんおすすめの イタリアン冷奴



刻みオリーブとパルミジャーノ・レッジャーノの削りおろしたものをたっぷり



醤油の代わりにオリーブオイルをかけます




017

二品目はパルミジャーノと日本酒のリゾット



チーズリゾットの白ワインを 日本酒(十旭日  生酛純米)にした



日本酒風味のリゾットです



仕上げに明太子をのせて~



018

三品目は イタリア風だし巻き卵



パルミジャーノたっぷりのイタリア風卵焼きフリッタータを



野菜だしにパルミジャーノの皮の部分を加えてだしを取ったスープに



浮かべています



002 (2)

パルミジャーノ・レッジャーノは 我が家では欠かせないチーズです



何気なく使っていましたが これからは熟成度や 切り方を意識して



また日本酒とも合わせてみたいと思います



贅沢で貴重な時間でした~



素敵なイベントをありがとうございました




★★お知らせ★★

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

main

プロに教わる「ワンパン」&「漬けおきパスタ」

プロに教わったフライパン一つでできる「ワンパンパスタ」と
水に漬けておくことで時短&もちもちになる「漬けおきパスタ」のご紹介です


ぜひぜひご覧になってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします   




先日 SnapDishさんの 「もぐもぐ探検隊」第一号として湯あがりポークの試食&購買会に参加してきました「もぐもぐ探検隊」とは SnapDishさんの編集部スタッフさんが自分でみつけた美味しい物や食のこだわりを大勢の人とシェアしたいという思いから結成され地方の少量生産 ... 続きを読む
001


先日 SnapDishさんの 「もぐもぐ探検隊」第一号として




湯あがりポークの試食&購買会に参加してきました





「もぐもぐ探検隊」とは SnapDishさんの編集部スタッフさんが





自分でみつけた美味しい物や食のこだわりを





大勢の人とシェアしたいという思いから結成され





地方の少量生産で 普段なかなか手に入りにくい食品の




商品化を お手伝いしていく活動だそうで




その第一弾が 九州熊本県北部和水町にある「さいき農場」で育った




火の本豚を使った「湯あがりポーク」です




その試食会に参加してきました~




000

場所は おしゃれな街 吉祥寺にあるSnapDishキッチン




いつも素敵なディスプレイがお迎えしてくれます




002

テーブルセッティングも 紙皿じゃないところがいいですね




003

かわいいカード




004

まずは 湯あがりポークを考案された 熊本市で3店舗のレストランを経営されている




梶原シェフからお話を伺います




湯あがりポークの原料の豚肉は 熊本の大自然の中で




こだわりの飼料で愛情いっぱいに育てられた豚・・・火の本豚




この豚肉に ほれ込んだ梶原シェフが 




どうやったら最もおいしくいただけるか




焼いたり 煮たり 茹でたりの試行錯誤を繰り返し




研究に研究を重ね 低温で約半日かけて加熱するという調理法に




いきついたそうです




そう湯あがりポークは 低温調理の豚肉料理です



005

待ちに待った試食タイム



 
塩は イギリス産の海塩「マルドン」と フランス産「ゲランドの塩」の2種類




収穫したての生胡椒を新鮮なうちに房ごと塩水漬けたインドネシアの純コショウ




本わさびと スダチ




ワイルドルッコラと 吉祥寺のおいしいパン屋さん「EPEE(エペ)」のバケット




008

湯あがりポークは 右側のリブロースと 左側のサーロインの2種類があります




低温調理ならではの 信じられないほどの柔らかさ




まずは何もつけずに そのおいしさを味わってから




それぞれ塩やワサビ バケットの上にのせたりして楽しみました




006

こちらは柿のコンポートを添えて




湯あがりポークは フルーツともよく合います




梶原さんのお話だと イチゴや桃や梨などもおいしいそうです




014

日本酒やワインなど 飲み物も用意していただき





そのあと用事があったので 私はペリエとライムで






009

一通りお味を体験した後で




シェフ自らが この湯上がりポークを使ってとんかつを




揚げていただきました~




010

中に火がとっているので 少量のオイルと短時間でOKです




5dd15ef0e6ace007190a5ee3_20191117154042 (2)

この厚さと中のピンクに どよめきが起こりました~




013 (2)

ミックスサラダを添えて




015

九州醤油を使ったシェフ特製のソースと




2種類の塩とわさびでいただきます




IMG_6119 (2)

塩だけで十分おいしい~




この柔らかさ ジューシーさ 家族にも食べさせてあげたいです




さてこのポーク購入することもできます




詳しくはこちらから → 




016

素敵なお土産もいただきました




熊本の梶原さんのレストランに行かなければ




食べることも このおいしさを知ることもできませんでした




こだわりのお話をお聞きできて おいしさはさらにアップです




素敵なイベントに参加できて 貴重な体験ができました




ありがとうございました




★★お知らせ★★

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

main

プロに教わる「ワンパン」&「漬けおきパスタ」

プロに教わったフライパン一つでできる「ワンパンパスタ」と
水に漬けておくことで時短&もちもちになる「漬けおきパスタ」のご紹介です


ぜひぜひご覧になってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします   



土曜日に おしゃれな街 吉祥寺に・・・ミツカン様×SnapDish様主催の様々なビネガーとオイルの風味を楽しむ「かける♪ビネガーラボ」 体験イベントに行ってきました~いつも SnapDishさんの素敵なテーブルコーデがお迎えしてくれますこのイベントは2月に 1回目が行われ ... 続きを読む
004


土曜日に おしゃれな街 吉祥寺に・・・




ミツカン様×SnapDish様主催の




様々なビネガーとオイルの風味を楽しむ




「かける♪ビネガーラボ」 体験イベントに行ってきました~




いつも SnapDishさんの素敵なテーブルコーデが




お迎えしてくれます




このイベントは2月に 1回目が行われ




かけるビネガーラボ研究員として 4週間




送っていただいた お酢とオイルで 自宅にて




色々な組み合わせを 研究 お試ししました




1回目のイベントのブログはこちら → 



005 (2)

今回もテーブルには 様々なビネガーとオイルが・・・




008

研究員の皆さんが 自宅で研究したレシピの中から




SnapDishさんが 再現して作ったものを試食です~




エディブルフラワーが飾られ 素敵に盛り付け~




”わぁ~アイスプラントがある~おしゃれ~”などの声も上がり




お気に入りの組み合わせや 感想 発見などをシェア




どれもおいしかったです



009

こちらは VINEGA Styleとオイルの組み合わせ




なんと私のレシピも作っていただきました




右端のお豆の・・・・




ヘルシーでおいしい~レインボービーンズサラダ




レシピはこちら → 




そしてなんと・・・




012 (2)

ビネガーLOVER認定書をいただきました~




かける♪ビネガーLoverです~




すてきなBGMのなか 1人1人に 認定書の授与がありました



011

お土産も たくさんいただきました~




ビネガーラボ研究員から ビネガーLoverに




これからもますます VINEGAR stayleの




ビネガーとオイルのかけるだけのシンプルレシピを




見つけていきたいと思います~




次回は サラダに限らず お魚料理や 肉料理 麺料理などにも




挑戦してみたいです




同じテーマで 1回目から2回目の間 自宅でいろいろ研究と




おもしろくて楽しいイベントでした




ありがとうございました




できれば・・・このメンバーでまた一か月後お会いしたいです(笑)





★★お知らせ★★

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!
イタリア料理の魅力


「年に数回しか食べられない、イタリアのお菓子」

ぜひぜひご覧になってみてください



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



LINEでブログ更新のお知らせが届きます
読者登録よろしかったらお願いいたします