ローマのおいしい生活in東京

20年間のイタリア生活を終え帰国。本場のイタリアンをはじめ普段のさりげない和食など見て楽しい食べておいしいお料理ブログです。

タグ:#イタリア料理

ハロウィンですね~クリスマスメニューをやっているのでとっくに終わった感があるのですが・・・夜の渋谷はすごいのでしょうか・・・最近の渋谷の街は 歩いていても ついていけないような・・・それだけ年を取ったということでしょうか~さてさて話がそれましたが平成最後の ... 続きを読む
025


ハロウィンですね~


クリスマスメニューをやっているので


とっくに終わった感があるのですが・・・


夜の渋谷はすごいのでしょうか・・・


最近の渋谷の街は 歩いていても ついていけないような・・・


それだけ年を取ったということでしょうか~


さてさて話がそれましたが


平成最後のハロウィンメニュー


018

トマトで煮込んだ イタリア版ミートボール


ポルペッティです~


ハロウィンポルペッティは 前回にも作りました


016

こちら・・・


中にトマトを入れたタイプ~


レシピはこちら → 


今回は トマトで煮込んでいます


ところで・・・


左奥に ちらっと移っている謎の物体・・・


ハロウィンバージョンにしたくて デコってみたんですが


家族にみ もっのすごい不評~


036

トマトで煮たポルペッティに


スライスチーズを巻き くりぬいたジャガイモに詰めて


黒オリーブをのせ・・・


ロンドンにいる娘ちゃん 彼女は私の辛口評論家


これなににみえる~とLINEで送ったら


「トトロのめいちゃんのなくしたサンダル」 「イモムシ」とのお返事


確かに見えるね・・・


何かというと・・・


ミイラの赤ちゃんのつもりで作りました・・・


大人ミイラは ウィンナーとかでみんな作っているので


ポルペッティで丸いし


ジャガイモのゆりかごに入ったミイラの赤ちゃん・・・


だめか・・・


来年は もう少し頑張ります!!


レシピ
ひき肉     600g
タマネギ    1/2個(100g)
ズッキーニ   1本(80g)
舞茸      50g
★他のきのこ類でもOK
オイル     小さじ1+大さじ1
卵       1個
パルミジャーノ 大さじ2
ナツメグ    小さじ1/2
塩・コショウ  少々
小麦粉     小さじ2

ワイン     1カップ
★赤でも白でもOK
ホールトマト  1缶


レシピ
①タマネギ ズッキーニ 舞茸は
 みじん切りにしてオイル小さじ1で
 しっとりするまで炒め塩をふる

②ボウルにひき肉を入れ塩・コショウ
 ナツメグを入れよく練ってから 卵
 パルミジャーノ ①の野菜を入れ
 混ぜ合わせる

③好みの大きさに丸めオイル大さじ1を
 入れたフライパンで小麦粉をふり
 全体に焼き色を付ける

④ワインとホールトマト ひたひたの水
 (200㏄位)加え 20分~煮込み
 仕上げに塩・コショウで味を調える


019

できあがり~


ミイラもどきのレシピが知りたい方は


それでは皆様 素敵なハロウィンをお過ごしください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



LINEでブログ更新のお知らせが届きます
読者登録よろしかったらお願いいたします

レンズ豆です~ 新石器時代から食べられてきたといわれていて肉と同じ位のたんぱく質と ビタミン 食物繊維 ミネラルも豊富人類が食べてきた最も古い食物の一つ・・・といわれているレンズ豆実は 旧約聖書にも このレンズ豆が登場します他の乾燥豆と違って 水に漬けこ ... 続きを読む
026


レンズ豆です~ 


新石器時代から食べられてきたといわれていて


肉と同じ位のたんぱく質と ビタミン 食物繊維 ミネラルも豊富


人類が食べてきた最も古い食物の一つ・・・と


いわれているレンズ豆


実は 旧約聖書にも このレンズ豆が登場します


他の乾燥豆と違って 水に漬けこむ必要がなく


早く火が入るので便利です


b9635dce

スープに使うことが多いかな・・・


エビとの相性もぴったりな


「レンズ豆とエビのスープ」


レシピ → 


35a32ee3

形が小さなコインのようなので


イタリアでは 新しい年の金運を願う意味で


クリスマスからお正月にかけては必ず食べられる定番料理


「レンズ豆と豚バラ肉の煮もの」


レシピ → 


DSCN1248 - コピー

イタリアにいたころは 小豆が手に入りにくかったので


レンズ豆をおしるこみたいに煮ていました


甘くしてもおいしいです


「レンズ豆でアッフォガートなおしるこ風」


レシピ → 


などなど タリアテッレと合わせるメニューも


イタリアでは有名です


今度ご紹介しますね~


さて今日は・・・


012

茹でて ルッコラと トマト モッツァレッラとあわせたサラダ


リクエストいただきました!


レモンをきかせてさっぱりといただきます


材料(2人)
レンズ豆     100g
タマネギ      30g
モッツァレッラ  90g
プチトマト     10個(50g)
ルッコラ      40g

オリーブオイル  大さじ2~
レモン汁      大さじ1
白ワインビネガー 大さじ1
アンチョビ      1枚
★チューブでもOK
ハチミツ      小さじ1
塩・コショウ    少々


レシピ
①水洗いしたレンズ豆は玉ねぎとともに
 お湯で15分ぐらい茹でる

②水気を切ったレンズ豆と茹でた玉ねぎは
 刻んでボウルに入れ ちぎったルッコラ
 半分に切ったトマト モッツァレッラを入れる

③オリーブオイル レモン汁 アンチョビ
 白ワインヴィネガー ハチミツを加え
 塩・コショウで味を調えたドレッシングを
 かける


014

モッツァレッラのかわりに リコッタチーズや


カッテージチーズでもOk


ルッコラがレンズ豆とよく合います


苦みが少しある野菜と合わせてみてください


作り置きもOkです


お肉などの付け合わせにも~


ぜひぜひお試しください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



LINEでブログ更新のお知らせが届きます
読者登録よろしかったらお願いいたします

骨付き鶏肉のイタリア風煮込み料理です~鶏肉は 鶏ウィング (鶏手羽中)を使っています骨付きだと だしが出ておいしいですねセロリと玉ねぎをたっぷり加えて煮込むのがイタリア風ピクルスの液と白ワインで煮ていきます~ピクルスのお話はこちらから → ★オリーブかと ... 続きを読む
021

骨付き鶏肉のイタリア風煮込み料理です~


鶏肉は 鶏ウィング (鶏手羽中)を使っています


骨付きだと だしが出ておいしいですね


セロリと玉ねぎをたっぷり加えて煮込むのがイタリア風


006

ピクルスの液と白ワインで煮ていきます~


ピクルスのお話はこちらから → 


010

オリーブかと思うでしょ・・・


実は黒豆です


甘酸っぱく仕上がる黒豆もおいしいです


材料(2人~)
鶏ウィング  10本(450g位)
塩・コショウ  少々
小麦粉     小さじ2
ピクルス液   150㏄
白ワイン    150㏄
水       150㏄
オリーブオイル 大さじ1
にんにく    1片
赤唐辛子(小) 2個
玉ねぎ     1/2(90g)
セロリ     1本(60g)
黒豆      50g 
パセリ     少々


レシピ
①鶏ウィングに塩・コショウをすり込み
 小麦粉をふる

②①の鶏ウィングをオリーブオイルで
 皮目のほうから焼きパリッとさせいったん
 取り出す

③同じ鍋でみじん切り(大きめ)にした
 玉ねぎ セロリ にんにく 赤唐辛子を
 炒めしんなりしたら鶏肉をもどし
 ピクルス液 白ワイン 水を加え強火で
 沸騰させたら弱火にして煮込む

④約20分煮たところで黒豆を加え
 10分煮る
★煮ている間に汁けがなくなって
 きたら少し水を足す
★食の科学舎のドライパック豆を
 使っています

⑤器に盛り付けみじん切りのパセリを
 ちらす


008

できあがり~


ピクルス液に酢が入っているので


甘酸っぱくて鶏肉は短時間で柔らかくなります


ニンニクと赤唐辛子のピリッと感もアクセント


旨味をたっぷり吸った黒豆もおいしいですよ~


ピクルス液が残ったら ぜひぜひお試しください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



LINEでブログ更新のお知らせが届きます
読者登録よろしかったらお願いいたします

先日 日本国内の「イタ飯ブーム」をけん引したといわれているカルミネ・コッツォリーノさんのクッキングセミナー「日本の材料で作るイタリアの伝統料理―カルミネが語る歴史」に参加してきました~場所はこちら・・・在日イタリア商工会議所ですカルミネさんは イタリアの ... 続きを読む
004

先日 日本国内の「イタ飯ブーム」をけん引したといわれている


カルミネ・コッツォリーノさんの


クッキングセミナー


「日本の材料で作るイタリアの伝統料理―カルミネが語る歴史」に


参加してきました~


001

場所はこちら・・・


在日イタリア商工会議所です


010

カルミネさんは イタリアのカラブリア州生まれで


日本の合気道に憧れ日本に来日・・・


今から30年ほど前に 日本で最初のイタリア人オーナーシェフのレストラン


「リストランテ・カルミネ」を開店したそうです


ローマに赴任する前 何度か食べに行った覚えがあります


そのころの日本のイタリア料理というと


ホテルでいただく 高級料理といったイメージが強く


1万円以下の予算で おいしいイタリアンをいただける


カジュアルなお店がなかったそうで


そんな中 リストランテ・カルミネは


イタリアの大衆食堂 トラットリアのような


おしゃれだけれど気取らない雰囲気のお店で


ありのままのイタリア料理の神髄を楽しめるお店として


また イタリア人シェフということで大きな話題を集めたそうです


011

身振り手振りで お話をされるカルミネシェフ


とても気さくな方でした


今は 日本のレストランの厨房に立つことは あまりないそうですが


年に半分は イタリアに戻り


フィレンツェ郊外で ヴィラ(小さなホテル)を手掛け


宿泊型料理学校を経営され


自ら指導に当たっているそうです


007

この日は 開店された当初から


お店の人気メニューの一つ


インサラータ・ディ・マーレ(魚介のサラダ)と


002

その魚介を使って作った


クリームソースのリングイーネをデモステレーションしていただきました


イタリアにはあまり 魚介と生クリーム バターを合わせる


パスタメニューはありません


それをあえて 日本人の好みに合わせて作ってみたところ


大人気メニューとなったそうです


しっかりとした濃厚な味わい


まさにパスタを味わうソースに仕上がっていました


005

もう一品は ペンネ・アッラビアータ


辛さが半端ないけれど おいしい~


プロのシェフの料理を目に前で拝見でき


また 目からうろこのポイントをいろいろと教えていただきました


レシピのほうはまたご紹介したいと思います


勉強になる 楽しい時間をありがとうございました


今日から3連休の方もいらっしゃるのでしょうか・・・


皆様素敵な週末を!


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



LINEでブログ更新のお知らせが届きます
読者登録よろしかったらお願いいたします

リゾットって おいしいけれど難しい~というイメージがありませんか・・・確かに 米の煮加減や 15分近く鍋のそばを離れられない・・・イタリア米なら 常にかき混ぜているのですが日本米の場合 あまりかき混ぜるとお米が 柔らかいので煮崩れてしまいますでも・・・ 実 ... 続きを読む
024


リゾットって おいしいけれど難しい~


というイメージがありませんか・・・


確かに 米の煮加減や 15分近く


鍋のそばを離れられない・・・


イタリア米なら 常にかき混ぜているのですが


日本米の場合 あまりかき混ぜると


お米が 柔らかいので煮崩れてしまいます


でも・・・ 実は電子レンジでも 簡単にできます~


040

材料はこちら・・・


お米 玉ねぎのみじん切り むきエビ アボカド オリーブオイル


味付けは にんべん だしとスパイスの魔法シリーズ


アクアパッツァを使います


中には オレガノとバジルのスパイス


かつおだしをベースに レモン汁やニンニク ローレルやタイム


などが入った調味液があります


味付けはこれだけです


031

まずは大きめの耐熱皿に オリーブオイル


みじん切りにした玉ねぎ 米を加え


全体をよく混ぜ合わせます


034

調味液と水 エビと添付のスパイスをふり


よく混ぜたら平らにして ラップをしないで


600Wの電子レンジで10分


一度取り出し 米の固さをみます


まだ固いようなら 小さじ2の水を加え再びレンジに入れ2分


少し芯が残るぐらいの固さになったら


アボカド バターとパルミジャーノをふり レンジに入れ仕上げます


015

仕上げにパルミジャーノをふってできあがりです~


材料(1~2人)
だしと魔法のスパイス
アクアパッツァ     1箱
オリーブオイル     大さじ1
水           120ml
米           120g
エビ          10尾
★殻をむいた状態
玉ねぎ         40g
アボカド        1/2個
バター         10g
パルミジャーノ     大さじ1~


レシピ
①耐熱皿にオリーブオイルとみじん切りの
 玉ねぎ 米を入れよくかき混ぜる

②添付のアクアパッツァの調味料液と水を
 入れしっかり混ぜる

③エビの1/3位をざく切りにして②に加え
 添付のスパイスをふりラップをしないで
 600Wのレンジで10分加熱する

④いったん取り出し よくかき混ぜてから 
 米の固さをみてまだ固いようなら 
 小さじ2の水を加え全体を平らにして再び
 2分位加熱させながら好みの固さにする
★火が入りすぎないように2分位ずつぐらい
 加熱していって様子を見る
★少し芯が残るぐらいがいい

⑤バターと 角切りにしたアボカド 
 パルミジャーノを加えよく混ぜ平らにして
 レンジで再び1~2分加熱してよく混ぜ
 器に盛り付け お好みでパルミジャーノ
 をふる


レシピブログアワード2018
レシピブログアワード2018



レシピブログアワード2018 


スペシャルBOXモニタープレゼントの


ブログモニターに当選して


にんべん様 ご提供 だしとスパイスの魔法シリーズ3種を


モニタープレゼントしていただきました



019

できあがり~


お米の固さはお好みですが


少し芯があるぐらいが 本格的なお味になります


たっぷり魚介のうま味が米のひと粒ひと粒にしみこみ


スパイスがきいていて おいしい~


アボカドを加えたのもポイントですが


さっとゆでたブロッコリーでもOkです


レンジで簡単リゾット


ぜひぜひお試しください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



LINEでブログ更新のお知らせが届きます
読者登録よろしかったらお願いいたします

エビが好き~魚介はみんな好きなですが特にエビが大好きです~自分へのご褒美ごはん大好きなエビを使った イタリア料理 アクアパッツァですレシピブログアワード2018 スペシャルBOXモニタープレゼントのブログモニターに当選しましたにんべん様ご提供 だしとスパイスの魔 ... 続きを読む
028


エビが好き~


魚介はみんな好きなですが特にエビが大好きです~


自分へのご褒美ごはん


大好きなエビを使った イタリア料理 アクアパッツァです


000

レシピブログアワード2018 


スペシャルBOXモニタープレゼントの


ブログモニターに当選しました


にんべん様ご提供 だしとスパイスの魔法シリーズ3種を


モニタープレゼントしていただきました


ここのところモニター記事が多くなってしまい


恐縮ですが・・・


モニターって楽しくて好きです


自分では 買わなかったものや 知らなかった新商品などを


使って テーマに沿ってお料理を考えるのは楽しい~


ということで しばらく続きますが


お付き合いいただけると嬉しいです


そして今日使うのは トルコブルーのシャツがお似合いなもこみちさんの


たっぷり魚介の旨味あふれる アクアパッツァです


オレガノとバジルのスパイスがたっぷり


作り方はかんたん~


スパイスでエビを炒めたら トマトと


おだしをきかせた調味液と 水を加えて


さっと煮込むだけです


お味がしっかりついているので


メインの食材も一つで


あまり手を加えることなく作れます~


019

ちょこっとアレンジで かるく加熱したジャガイモを


加えています


見えないけれど エビの下にあります


エビは頭付きを使うと


旨味が倍増します~


見た目もごちそう感が増しますね


プチトマトは ちょこっと煮崩れると


ソースにトマトの旨味と酸味も加わります


材料(2人)
エビ        6尾
★頭付き
プチトマト     10個
ジャガイモ     1個
だしとスパイスの魔法のスパイス
アクアパッツァ   1箱
水         50ml
バジリコ      少々
オリーブオイル   大さじ1~


レシピ
①じゃがいもは皮をむき 1㎝弱の
 輪切りにして軽く水で濡らし ラップを
 して600Wのレンジで2分半加熱する

②フライパンにオリーブオイルを入れ
 殻と頭付きのエビ 添付のスパイスを
 加えて中火で両面焼く

③丸ごとのプチトマト ②のジャガイモ
 添付の調味液と水を加え ふたをして
 弱火で6分加熱する

④器にジャガイモ エビの順にのせ
 トマトとソースを盛りつけバジリコを
 添え お好みでオリーブオイルをたらす
 (分量外)


レシピブログアワード2018
レシピブログアワード2018



020

できあがり~おだしのきいたアクアパッツァに


エビの旨味もたっぷり!


エビはもちろんですが 旨味をたっぷり吸った


ジャガイモがおいしいです


手軽に簡単に レストランのお味~


さぁ~て ワインを開けましょう


自分へのご褒美ごはん おいしいですよ


ぜひぜひお試しください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



LINEでブログ更新のお知らせが届きます
読者登録よろしかったらお願いいたします

フリットは イタリア版天ぷらみたいなお料理ただし 衣に卵は入りません卵白を加えることはありますが・・・今日は もち粉を使って炭酸水で溶いてカリッと仕上げます~揚げた野菜は ズッキーニ 赤ピーマンナス ゴーヤ ジャンボマッシュルームです材料(3人)もち粉   ... 続きを読む
017SC_0165


フリットは イタリア版天ぷらみたいなお料理


ただし 衣に卵は入りません


卵白を加えることはありますが・・・


今日は もち粉を使って炭酸水で溶いて


カリッと仕上げます~


009

揚げた野菜は ズッキーニ 赤ピーマン


ナス ゴーヤ ジャンボマッシュルームです


材料(3人)
もち粉      50g
炭酸水      80㏄
塩        小さじ1/4位

揚げオイル    適量

マッシュルーム  1個
★ジャンボマッシュルーム使用
 普通サイズの場合6個
ゴーヤ      1/2個
ズッキーニ    1/2個
ナス       1個
赤ピーマン    1個

パセリ      少々
レモン      3切れ
塩        少々


レシピ
①もち粉に炭酸水 塩を加え衣を作る

②野菜は 一口サイズに切り衣を薄く
 絡め揚げオイルで揚げていく
★揚げオイルはフライパンの底から
 5~6cmぐらいあればOK

③器に盛り付け パセリのみじん切りを
 ふり レモンを添え 食べるときに塩を
 ふる


011

できあがり~


揚げオイルは オリーブオイルが理想ですが


今回は 米油で揚げてみました~


塩とレモンで シンプルにいただきます


ぜひぜひお試しください


★お知らせ★

暮らしにスタさんの姫ニスタインタビュー公開しています
イタリアでの暮らしのことや
料理の勉強を始めたきっかけなど
赤裸々に告白(爆
よかったらご覧になってみてください
こちらから → 



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



LINEでブログ更新のお知らせが届きます
読者登録よろしかったらお願いいたします

オーブンを使って 簡単鶏料理です~イタリアのポッロ・アッラ・カチャトーラ(チキンカチャトーラ)カチャトーラは「猟師風」という意味ですがトマト煮のイメージが強いですがカチャトーラのローマ風は トマトは加えず白ワインと 玉ねぎ オリーブなどを加えて 煮込んで ... 続きを読む
012


オーブンを使って 簡単鶏料理です~


イタリアのポッロ・アッラ・カチャトーラ(チキンカチャトーラ)


カチャトーラは「猟師風」という意味ですが


トマト煮のイメージが強いですが


カチャトーラのローマ風は トマトは加えず


白ワインと 玉ねぎ オリーブなどを加えて 煮込んでいきます


でも今日は もっと簡単に~


020 (2)

味付けはピエトロドレッシング1本です


ピエトロドレッシングは たっぷり玉ねぎの他


ブラックオリーブや レッドピメントも入っています


塩・コショウした鶏ウィングに


ドレッシングと 白ワインをかけてオーブンで焼きます


途中で マッシュルームを加えますよ~


材料
鶏ウィング       10本
ピエトロドレッシング  120ml
白ワイン        大さじ5
塩・コショウ      少々
マッシュルーム     8個
オリーブオイル     小さじ2
イタリアンパセリ    少々


レシピ
①鶏ウィングは骨にそって切り込みを入れ
 全体に塩・コショウしてよくすり込み 
 耐熱皿に入れドレッシングと白ワインを
 加える
★白ワインがない場合は日本酒か水でもOK

②220℃のオーブンで20分焼き
 いったん取り出し 半分に切った
 マッシュルームとオリーブオイルをふり 
 5分焼く 

③仕上げにイタリアンパセリをふる


019

できあがり~


オーブンにおまかせ料理は 楽でいいですよね~ 


味付けはドレッシングにおまかせです


ぜひぜひお試しください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



LINEでブログ更新のお知らせが届きます
読者登録よろしかったらお願いいたします