ローマのおいしい生活in東京

20年間のイタリア生活を終え帰国。本場のイタリアンをはじめ普段のさりげない和食など見て楽しい食べておいしいお料理ブログです。

タグ:#おうちイタリアン

セロリが好きです~何にもつけずにバリバリいけちゃう本日はそんな大好きなセロリを使った タコとセロリのサラダですしっかり中まであるセロリ なんと100円でしたこの辺では安い~ということでたっぷり使ってサラダにすることに~セロリの茎の部分は5㎜幅ぐらいに切り 葉 ... 続きを読む
026

セロリが好きです~


何にもつけずにバリバリいけちゃう


本日はそんな大好きなセロリを使った タコとセロリのサラダです


050

しっかり中まであるセロリ なんと100円でした


この辺では安い~


ということでたっぷり使ってサラダにすることに~


051

セロリの茎の部分は5㎜幅ぐらいに切り 葉っぱの柔らかいところを少し・・・


茹でタコはぶつ切り オリーブは半分に切り


レモンでもいいのですが 今回はゆず


ゆずの皮のせん切りを加え


056

オリーブオイルと ゆずのしぼり汁 塩・コショウと


シンプルに味付けします


011

よ~く和えたら 器に盛り付けます


このままでも充分においしいのですが


010

今回は 【ボッタルガ】からすみパウダーをふりました


からすみは セロリと相性ばっちりです


もちろんなくてもおいしいです~


材料(2人)
セロリ・・・3本(180g)
茹でタコ・・・80g
オリーブ・・・10粒
ゆずの皮・・・1/2個分(5g)
ゆずのしぼり汁・・・大さじ2
塩・コショウ・・・少々
オリーブオイル・・・大さじ2
ボッタルガ・・・お好みで


レシピ
①ボウルに 5㎜幅に切ったセロリと葉っぱ少々 半分に切ったオリーブ
 食べやすい大きさのざく切りにしたタコ 千切りにしたゆずの皮を入れる

②ゆずのしぼり汁 オリーブオイル 塩・コショウを加えよく和えて10分おく

③器に盛り付け お好みでボッタルガをふる


014

できあがり~


さっぱりおいしいです


ワインにもぴったり~


ところで残った 大量の葉っぱと細い茎は・・・


016

スフォルマ―トに変身


こちらのレシピは↓




どちらもおすすめのセロリ料理です


ぜひぜひお試しください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ブログへのご訪問ありがとうございます!


読者登録よろしかったらお願いいたします   



インスタやっております♪
いいね!&フォローしていただけるとと嬉しいです

Instagram

ランキングに参加しております
ぽちっと応援して頂けると嬉しいです


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

2451-main

注目のイタリア野「ラデッキオ・ロッソ」赤紫の葉が美しい
イタリアの冬野菜についてご紹介しています。
注目イタリア野菜「ラディッキオ・ロッソ」とは


ぜひぜひご覧になってみてください

あっつあつで ふーふーしながらいただく料理はこの時期にぴったり~パスタだど グラタンが思い浮かびますがこれはちょっと変形タイプ米なすをくりぬいて くりぬいた中身とひき肉をトマトソースで煮て和えたパスタを詰めチーズをのせて焼きました今回使ったパスタは 小さな ... 続きを読む
019 (2)


あっつあつで ふーふーしながらいただく料理は


この時期にぴったり~


パスタだど グラタンが思い浮かびますが


これはちょっと変形タイプ


米なすをくりぬいて くりぬいた中身とひき肉を


トマトソースで煮て和えたパスタを詰め


チーズをのせて焼きました


059

今回使ったパスタは 小さな「ディタリ・リッシィ」というもの


こんなのない~という方は ペンネなどを小さく切ってもOKです


小さめのパスタがいいです


051

米なすは縦半分に切り 中身を切り抜きます


052

弱火でじっくり両面を焼いてから 取り出します


なすの皮をそいでいるのは 安定させるためです


055

同じフライパンでひき肉を炒め 塩・コショウします


056

くりぬいた米なすを 刻んで加え


057

しんなりしたら トマトソースと ざく切りにしたフレッシュトマトを加え


少し煮込んで 塩で味を調えます


061

茹でたパスタと茹で汁を加え びん詰のパセリと


パルミジャーノを加え 全体をよく和えます


062

耐熱皿にのせたなすに たっぷり


こぼれるような形で 詰めていきます


063

チーズをのせ オリーブオイルをふりかけ


200℃のオーブンで10分ぐらい焼きます


材料(2人)
米なす・・・1個(260g)
オリーブオイル・・・大さじ3~
ひき肉・・・120g
プチトマト・・・150g
トマトソース・・・200g
★トマト缶でもOK
ケチャップ・・・大さじ1
パスタ・・・60g
塩・コショウ・・・少々
パルミジャーノ・・・大さじ1
びん詰パセリ・・・少々
溶けるチーズ・・・60g
バジリコ・・・少々


レシピ
①米なすは縦半分に切り 周りを1㎝ぐらい残して中をくりぬき
 オリーブオイルを入れたフライパンで両面を弱火でじっくり焼き
 耐熱皿にのせる

②米なすを焼いたプライパンで ひき肉を炒めパラパラになったら
 小さく刻んだ米なすの中身を加え塩・コショウする

③ざく切りにしたプチトマト トマトソース ケチャップを加え
 味をみて塩がたりなければ加える

④茹でたパスタと茹で汁大さじ4を加え よく和えたらパルミジャーノ
 びん詰のパセリを加える

⑤耐熱皿にのせた米なすに パスタをソースごとこぼれるくらいに詰め
 溶けるチーズをのせ オリーブオイル(分量外)をひとふりして
 200℃のオーブンで約10分焼き バジリコを飾る


014

もちろん器ごといただけます~


熱々がおいしい~


やけどに気を付けてお召し上がりください~


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ブログへのご訪問ありがとうございます!


読者登録よろしかったらお願いいたします   



インスタやっております♪
いいね!&フォローしていただけるとと嬉しいです

Instagram

ランキングに参加しております
ぽちっと応援して頂けると嬉しいです


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

2451-main

注目のイタリア野「ラデッキオ・ロッソ」赤紫の葉が美しい
イタリアの冬野菜についてご紹介しています。
注目イタリア野菜「ラディッキオ・ロッソ」とは


ぜひぜひご覧になってみてください

リゾットというと 鍋のそばを離れずずっとかき混ぜていたり 煮え具合が難しい・・・といったイメージがあります炊いたお米から作ると どちらかというと 雑炊に近くなってしまう・・・リゾットの定義は 基本フォークで食べることだといわれています米 一粒一粒は 加え ... 続きを読む
023


リゾットというと 鍋のそばを離れず


ずっとかき混ぜていたり 煮え具合が難しい・・・といった


イメージがあります


炊いたお米から作ると どちらかというと 雑炊に近くなってしまう・・・


リゾットの定義は 基本フォークで食べることだといわれています


米 一粒一粒は 加えるスープのうま味をしっかり吸っていて


仕上げに加えるバターやチーズでつなげられていること


まぁ今回は 難しいことは省いて


レンチンで 本格的なお味のリゾットに挑戦です~


050

材料はこちら~


米に もち麦を加えていきます


イタリア米を使っていますが日本米でもOK


ただし新米は 粘り気が出てしまうので 古米がおすすめです


野菜はホウレン草と玉ねぎ マッシュルーム


野菜だしは温めておき 生クリームと ゴルゴンゾーラ パルミジャーノと


仕上げにバターを加えます


051

オイルはオリーブオイルでなく ボーソー米油を使っています


さらっとしていて軽く仕上がります


玉ねぎは 米粒より小さくみじん切りにします


052

玉ねぎのみじん切りと 米 もち麦に ボーソー米油を加え


よくかき混ぜます


053

温めておいた野菜だしを加え


ラップをせずに 600Wのレンジで12分加熱


よくかき混ぜてから・・・


055

野菜だしと生クリーム 下茹でして食べやすい大きさに切ったほうれん草


薄切りマッシュルームを加え 再びレンジで5分加熱


ここで米の固さを確認して 指でつぶれるぐらいの固さならOKです


まだ硬いようなら 再び野菜だしを加え2~3分加熱して調整してください


057

仕上げにゴルゴンゾーラとバターを加え1分加熱して


溶かします


058

全体をよくかき混ぜればできあがりです~


010

仕上げにパルミジャーノと お味のアクセントに


ピンクペパーをふります


材料(2人)
米・・・60g
★イタリア米を使用・日本米の場合は古米
もち麦・・・50g
玉ねぎ・・・20g
米油・・・大さじ1
野菜だし・・・500ml
★多めに用意する
ホウレン草1/2袋(80g)
マッシュルーム・・・4個(80g)
生クリーム・・・大さじ4
ゴルゴンゾーラ・・・50g~
バター・・・15g
パルミジャーノ・・・大さじ2
ピンクペッパー・・・少々


レシピ
①耐熱皿に米ともち麦 米粒よりも細かくみじん切りにした玉ねぎ
 米油を加えよくかき混ぜる

②温めた野菜だし350gを加え600wのレンジで12分加熱する

③下茹でして食べやすい大きさに切ったホウレン草 薄切りのマッシュルーム
 野菜だし大さじ2 生クリームを加え再び600wのレンジで5分加熱する
★加熱後 米の固さを確認して (指でつぶしてつぶれればOk)まだ硬いようなら
 再度 野菜だし大さじ2を加え1~2分加熱する

④ゴルゴンゾーラ バターを加え1分加熱して溶かし全体をよくかき混ぜ
 パルミジャーノとピンクペッパーをちらす



012

今回 バターは有塩を使用 バターとチーズの塩気のみで


塩は加えていません


味をみて調整してください


014

とろみがちょうどよく仕上がりました~


米一粒一粒にうまみが感じられ もち麦のプチプチ感がおいしいです


ぜひぜひお試しください


翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

2451-main

注目のイタリア野「ラデッキオ・ロッソ」赤紫の葉が美しい
イタリアの冬野菜についてご紹介しています。
注目イタリア野菜「ラディッキオ・ロッソ」とは


ぜひぜひご覧になってみてください

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします   



今年のクリスマスは平日ですね~ヨーロッパでは25日 26日は祝日その前後はクリスマス休暇があるので 平日クリスマス久しぶりな気がしますテレビで見たのですが おうちパーティーに 宅配も含めピザにする人が多いとか・・・宅配ピザのおともにおすすめな 本場のお味のブ ... 続きを読む
032


今年のクリスマスは平日ですね~



ヨーロッパでは25日 26日は祝日



その前後はクリスマス休暇があるので 平日クリスマス久しぶりな気がします



テレビで見たのですが おうちパーティーに 宅配も含め



ピザにする人が多いとか・・・



宅配ピザのおともにおすすめな 本場のお味のブルスケッタのご紹介です



イタリアのピッツァリア(ピザ屋さん)といえば ピザが焼かれるまでの前菜に



ブルスケッタが定番です



ポイントを押さえて トマトのおいしさをいかしたブルスケッタを作っていきます



050

パンはハードタイプを使用



2,5㎝厚さに切って トースターでこんがりしっかり焼きます



051

焼けたら半分に切ったにんにくをパンにこすりつけます



あまりつけすぎると苦みが出るので 気をつけましょう~



052

トマトはプチトマトを使用



大きいトマトは水分が多いので 硬さのあるプチトマトが向いています



小さく切って トマトの量の約1%弱の塩を加えバジリコを加えます


バジリコはフレッシュとびん詰のダブル使い



053

10分~ぐらいおくとトマトから水分が出てくるので



054

それをニンニクをぬったパンの上に かけていきます



056

あとは食べる直前にプチトマトを



027

たっぷりとのせたらできあがりです



材料(3切分)
パン(ハード系)・・・3切れ(1切2,5㎝厚さ、45g位)
にんにく・・・少々
プチトマト・・・200g
塩・・・2g弱
オリーブオイル・・・大さじ2
バジリコ(乾燥)・・・少々
バジリコ(フレッシュ)・・・少々



レシピ
①プチトマトは小さく切り オリーブオイル 塩 2つのバジリコを加え
 よくかき混ぜ 10分~ぐらいおく

②パンはト-スターでこんがり焼いて 半分に切ったにんにくの切り口の方を
 焼いたパンの表面の全体にこすりつける
★往復しない

③味をつけたプチトマトから出たトマトの水分をパンにかける

④食べる直前に残りのトマトをたっぷりのせる



012 (2)

にんにくを刻んだトマトに加えるよりも



カリッと焼いたパンにこすりつけてほのかに香るようにした方が



トマトの甘みやおいしさを引き立てます



パンにトマトの汁をしみこませるのが おいしさのポイントです



ピザパーティーを計画の方も そうでない方も



クリスマスパーティーの一品に トマトのおいしさを味わう 



本場のブルスケッタ いかがでしょうか~



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします   



ボーソー米油部です~12月のテーマは「炒めて&揚げて!ボリューム満点おかずレシピ」ということで ご飯のおかずではありませんがこの時期のパーティー料理にもお勧めなイタリアのライスコロッケ 「スップリ」のご紹介ですイタリアのライスコロッケは 「スップリ」と「ア ... 続きを読む
027


ボーソー米油部です~



12月のテーマは「炒めて&揚げて!ボリューム満点おかずレシピ」



ということで ご飯のおかずではありませんが



この時期のパーティー料理にもお勧めな



イタリアのライスコロッケ 「スップリ」のご紹介です



イタリアのライスコロッケは 「スップリ」と「アランチーニ」がありますが



「アランチーニ」はシチリア発祥の 中にラグーとチーズが入っていて



「小さなオレンジ」という名の通り 丸いのが特徴です



「スップリ」は シチリア旅行に来たミラノの料理人が本土に伝えたとも



いわれていますが 丸だけではなく俵型に作ったりもします



トマトソースのリゾットに モッツァレッラを詰めていきますが



050

今日は 冷ご飯を使っていきます



ご飯はできれば冷蔵庫でカチカチになったものが理想です



そこに市販のトマトソース パルミジャーノ 塩・コショウを加えて



051

よく混ぜ合わせたら 耐熱皿に入れ レンジで4~5分加熱



052

もう一度かき混ぜ 表面を平らにして今度は冷蔵庫で2時間以上置きます



053

完全に冷えたご飯と 小さなモッツァレッラ 溶き卵にパン粉



ご飯を15等分して



054

中にモッツァレッラを挟み おにぎりみたいに丸く成形します



出たー!ドラえもんの手・・・



昔 ほっそりとした指の白魚のような手に憧れました(爆



055

大きさはお好みですが



今回は2口ぐらいで食べれる大きさに



056

卵液を絡ませたらパン粉をつけます



イタリアのパン粉揚げは 小麦粉をつけないことが多いです



その方が軽くて私も好きです~



このパン粉は イタリアのパン粉でかなり 細かなパン粉です



057

こんな風にパン粉を付けたら 揚げる寸前まで



冷蔵庫に入れておくと揚げた時に 崩れにくくなります



058

フライパンに ボーソー米油を1cm位入れたら



スップリを揚げていきます



このボーソー米油は 国産の米ぬかから作られており



さらっとしていて 酸化に強く 揚げ物など時間がたつと味が落ちることが



多いですが このボーソー米油で揚げることで



カラッと揚がって 重たくなく おいしさが長持ちします



059

全体をしっかり揚げていきます~



最初はしばらくいじらずに静かに見守ってから転がして



周りがきつね色になればOKです


015

今回は 雪の結晶のパスタと 星形に切ったパプリカ



粉雪に見立てたパルミジャーノをちらし



クリスマスピックを指して 真ん中にはラデッキオを添えました~



材料(15個分)
冷ご飯・・・370g
トマトソース・・・150g
パルミジャーノ・・・30g
ボーソー米油・・・小さじ2
塩・コショウ・・・少々
モッツァレッラ(小さいタイプ)・・・15個
溶き卵・パン粉・・・適量
ボーソー米油・・・220g(フライパンに1㎝ン高さ位)
飾りの星形パプリカ 結晶パスタ ラデッキオ パルミジャーノ・・・少々


レシピ
①冷ご飯にトマトソース パルミジャーノ ボーソー米油 塩・コショウをふり
 しっかり混ぜ合わせる
★ご飯は温かいものではなく固くなったぐらいの冷ご飯が理想です

②600Wのレンジで3~4分加熱して再び混ぜ合わせ
 パットや器に平らに しきつめ冷蔵庫で2時間以上置く
★レンジで加熱することで味をなじませます
★冷蔵庫で冷やすことで成型しやすくなります

③ご飯を15等分にして真ん中にモッツァレッラを挟み丸く握る
★モッツァレッラは 揚げた時溶けてはみ出ないように必ず真ん中に

④フライパンにボーソー米油を1㎝の高さ位入れ全体を
 こんがりと揚げ焼きにする

⑤器に盛り付け飾りの星形パプリカ 結晶パスタ パルミジャーノをちらし
 真ん中にラデッキオを添える


炒めて&揚げて!ボリューム満点おかずレシピ
炒めて&揚げて!ボリューム満点おかずレシピ




019

できあがり~



小さめに作ると パーティーの一品はもちろん



小腹がすいたときなどにもお勧めです



023

モッツァレッラがとろ~り溶けておいしい~



揚げた状態で冷凍保存ができます



食べるときはレンジで温めて 中のチーズをとろ~りとさせてください



ボーソー米油なら時間がたっても レンジで温めても



油臭さが出ず いつまでもできたて揚げたてのおいしさです



ぜひぜひお試しください



おまけ・・・



このスップリ昨日作ったのですが ロンドンにいる娘ちゃんも偶然作っていて



LINEで写真が送られてきてびっくり~



なんだか 気が合って つながっている気がして



うれしいひと時でした!



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします   



意外と簡単に作れて ごちそう感が抜群なエビのリヴォルノ風リヴォルノはイタリアのトスカーナ州の県のひとつでリグーリア海に面している港街ですリヴォルノ風は その街の伝統的な料理といわれていますバッカラと呼ばれる干したらのリヴォルノ風が有名ですが今日はあたま付 ... 続きを読む
025


意外と簡単に作れて ごちそう感が抜群な



エビのリヴォルノ風



リヴォルノはイタリアのトスカーナ州の県のひとつで



リグーリア海に面している港街です



リヴォルノ風は その街の伝統的な料理といわれています



バッカラと呼ばれる干したらのリヴォルノ風が有名ですが



今日はあたま付きのエビで作っていきます



050

オリーブオイルに ザクみじん切りにした玉ねぎ



ニンニクとセロリを炒めます



魚介のソースには 人参ではなくセロリを加えると 香りよく仕上がります



我が家では安い時に買ってきて みじん切りにして冷凍しています



052

しんなりしてきたら



053

つぶしたホールトマトを加え



054

3~4分煮て 塩で味を調えます



055

あたまと尾っぽを残したエビ 身の部分だけ殻を取っています



楊枝などで 背ワタは取ってください



ワインをふり 蓋をして約4~5分煮込みます




056

こ~んな感じ



煮込みすぎると身が固くなるので注意です



018

器に盛り付け パセリとオリーブオイルをふります



あたま付きなので エビのうま味がトマトソースに溶け込みます



材料(2人)
エビ・・・6尾
オリーブオイル・・・大さじ1~
玉ねぎ・・・50g
セロリ・・・30g
ニンニク・・・1片
ホールトマト・・・1缶(400g)
塩・・・少々
白ワイン・・・大さじ2
イタリアンパセリ・・・少々



レシピ
①フライパンにオリーブオイルを入れ ザクみじん切りの玉ねぎ セロリ
 ニンニクを入れ炒める

②香りが出てしんなりしてきたらホールトマトを加え3~4分ぐらい煮込み
 塩で味を調える

③あたまと尾っぽを残して身の部分だけ殻をむいて背ワタを取ったエビをそっと入れ
 白ワインをふり 蓋をして4~5分煮込む

④器に盛り付けみじん切りのイタリアンパセリ オリーブオイル(分量外)をふる



013

できあがり~



エビのうま味たっぷりのトマトソースは



パンにつけてお召し上がりください



意外と白いご飯も合います



やっぱりワインはいりますね~



パーティーなどにもお勧めです



ぜひぜひお試しください




★★お知らせ★★

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

main

プロに教わる「ワンパン」&「漬けおきパスタ」

プロに教わったフライパン一つでできる「ワンパンパスタ」と
水に漬けておくことで時短&もちもちになる「漬けおきパスタ」のご紹介です


ぜひぜひご覧になってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします   


クロケッテは イタリア風なコロッケのことです~イタリアのコロッケというと「アランチーニ」や「スップリ」といったライスコロッケがメジャーですが ジャガイモで作るコロッケもありますメイン料理というよりも おつまみや おやつ感覚です前に里芋でもご紹介しています ... 続きを読む
035


クロケッテは イタリア風なコロッケのことです~




イタリアのコロッケというと「アランチーニ」や「スップリ」といった




ライスコロッケがメジャーですが ジャガイモで作るコロッケもあります




メイン料理というよりも おつまみや おやつ感覚です




前に里芋でもご紹介していますが 今日はレンコンで作っていきます




050

あっでもジャガイモもつなぎで少し加えます




ジャガイモは茹でてマッシュして レンコンは生のまますりおろしと




みじん切り ハムもみじん切りにします




051

塩・コショウして小麦粉を少々




052

丸めて小麦粉 溶き卵 パン粉をつけて




揚げてもいいのですが 今日はオーブンで焼いていきます




053

耐熱皿の底にオリーブオイルをしきます




全体に広げてください




054

クロケッテを並べ 上からもオリーブオイルをかけて




200℃のオーブンで約30分焼いていきます




055

こんがり焼けました~



019

トマトソースとバジリコをのせます




トマトソースはKAGOMEのチューブタイプを使いました




材料(7個分)
レンコン・・・320g(大きいもの1個分)
ジャガイモ・・・1個(135g)
ハム・・・5枚(55g)
塩・コショウ・・・少々
薄力粉・・・大さじ1
薄力粉・溶き卵・パン粉・・・適量
オリーブオイル・・・大さじ3~
トマトソース・・・適量
バジリコ・・・少々



レシピ
①ジャガイモは600Wのレンジで約3分加熱してつぶし レンコンの1/3はみじん切り
 残りはすりおろし ハムもみじん切りにする

②塩・コショウして薄力粉をまぶし 70gぐらいの丸型にまるめ薄力粉・溶き卵・パン粉を
 まぶす
★大きさはお好みで

③耐熱皿の底に少しオリーブオイルをしき クロケッテを並べオリーブオイルをかける

④200℃のオーブンで約20~30分焼き トマトソースとバジリコを添える




017

できあがり~




レンコンの食感が楽しいクロケッテになりました




021

トマトソースはたっぷりがおいしいです




やっぱりワインに合います




パーティー料理にもお勧めの一品です




★★お知らせ★★

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

main

プロに教わる「ワンパン」&「漬けおきパスタ」

プロに教わったフライパン一つでできる「ワンパンパスタ」と
水に漬けておくことで時短&もちもちになる「漬けおきパスタ」のご紹介です


ぜひぜひご覧になってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします   


ボジョレーヌーボー解禁日も過ぎ 週末は ワインをおうちで・・・なんて時にぴったりな玉ねぎのおつまみですちょこっと手間がかかりますが 基本オーブン任せ玉ねぎとベーコンだけとは思えない 凝ったお料理になりますリピエー二は 詰め物をしたイタリア料理で「チポッレ ... 続きを読む
025


ボジョレーヌーボー解禁日も過ぎ 



週末は ワインをおうちで・・・なんて時に




ぴったりな玉ねぎのおつまみです




ちょこっと手間がかかりますが 基本オーブン任せ




玉ねぎとベーコンだけとは思えない 凝ったお料理になります




リピエー二は 詰め物をしたイタリア料理で




「チポッレ・リピエーネ」といいます




ひき肉を詰めるのではなく 玉ねぎとベーコンのみ~




玉ねぎが主役のお料理です




050

先日 行ったことのない駅に降りて




名前は知っているけれど 近所にないからこれまた行ったことのない




スーパーで 淡路島の玉ねぎを発見




甘くておいしいと評判のこの玉ねぎを使います




051

玉ねぎは皮付きで使います




しっかり立つように 根の部分を切り落とし




上の部分1/4ぐらいのところに切り込みを入れます




切り取りません かぶせて焼くのであくまでも切込みです




052

焼くとふにゃふにゃになるので




きっちり収まる型に入れます




180℃のオーブンで約80分~じっくり焼いていきます




054

焼きあがったら崩さないように 中をくりぬきます




056

くりぬいた玉ねぎの中身と 小さく刻んだベーコンを




オリーブオイルで炒め・・・




058

しんなりしてきたら 塩・コショウして




059

ハンドミキサーかフードプロセッサーでピュレ状にして



060

中身をくりぬいた玉ねぎに詰め




061

溶けるチーズをのせ 黒こしょうをふり




玉ねぎの蓋を閉じて 再度180℃のオーブンで10分焼きます




018

茶色い外皮以外は全部食べれます~




材料(3個分)
玉ねぎ・・・3個
ベーコン・・・60g
オリーブオイル・・・大さじ1
塩・コショウ・・・少々
チーズ・・・30g
黒コショウ・・・少々




レシピ
①玉ねぎは転がらないように根の部分をきり 上の部分に切り込みを入れ
 ぴったり収まる耐熱皿に入れ 皮付きのまま180℃のオーブンで約70~80分焼く

②崩さないように中身を取り出し 取り出した玉ねぎをオリーブオイルと
 刻んだベーコンとともに炒める

③塩・コショウで味を調えハンドミキサーなどでピュレ状にして 玉ねぎに詰め
 チーズをのせ黒こしょうをふり再び180℃のオーブンで約10分焼く




010

できあがり~




丸ごと皮付きのまま焼くので 蒸し焼きのような感じ




パンを添えればお食事にもなります




019

とろ~り甘くておいしい~




やっぱりワインが欲しくなります




ぜひぜひお試しください




★★お知らせ★★

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

main

プロに教わる「ワンパン」&「漬けおきパスタ」

プロに教わったフライパン一つでできる「ワンパンパスタ」と
水に漬けておくことで時短&もちもちになる「漬けおきパスタ」のご紹介です


ぜひぜひご覧になってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします   


今日は 簡単にできて 見栄えもよく パーティー料理にもお勧めなカルパッチョのご紹介ですカルパッチョは ご存じの通りイタリア料理ですがイタリアでは牛肉を薄く切ったものが始まりですが最近では たこやメカジキ スカンピ(手長エビ)など魚介のものもあります簡単だ ... 続きを読む
033

今日は 簡単にできて 見栄えもよく パーティー料理にもお勧めな




カルパッチョのご紹介です




カルパッチョは ご存じの通りイタリア料理ですが




イタリアでは牛肉を薄く切ったものが始まりですが




最近では たこやメカジキ スカンピ(手長エビ)など魚介のものもあります




簡単だけれどポイントがいくつかあります




050

今日使うのは鯛です




薄く切って 器に重ならないように並べ




塩(岩塩)をふり 軽くたたくようにしてよくなじませます




051

上に散らすのは 紫菊




紫菊は彩りの華やかさだけでなく




殺菌作用もあるといわれ よくお刺身のパックに黄色菊が添えられているのは




そのためといわれています




053

レモンの皮のすりおろし




そして昆布・・・・これはだしを取った昆布を低温で焼き乾燥させてから




細かくしたものです




仕上げにボーソー米油をたっぷりかけます




いつもならオリーブオイルですが




今回はボーソー米油を使ってみました~




ボーソー米油は 国産米ぬかを原料としていて




栄養たっぷりで どんな食材とも相性がよく おいしさが長持ちします~




クセがなくさらっとしていて 繊細な白身魚のうま味を引き立ててくれますよ




021 (2)

仕上げにいくらとカイワレ




材料(2~4人)
お刺身用鯛(サク)・・・120g
塩・・・小さじ1/2
紫菊・・・1個
レモンの皮・・・1/2個
ボーソー米油・・・大さじ2
いくら・・・適量
カイワレ・・・少々
乾燥昆布・・・少々★



レシピ
①お刺身用鯛を薄く切って重ならないように器に盛り付け塩を
 まんべんなくふり軽く指でたたいてなじませる

②紫菊をちぎって鯛の上に散らし レモンの皮をすりおろしたものと
 乾燥昆布をちらしボーソー米油をかけいくらとカイワレをちらす



★乾燥昆布のほか 昆布茶でもOKです
 乾燥昆布の作り方はまた詳しくご紹介します




米油でつくるきのこ&旬野菜のレシピ
米油でつくるきのこ&旬野菜のレシピ






026

上に散らすもので味が変化しますが




白身魚などは繊細な味なので あまり強いハーブは避けた方がいいです




昆布のうま味と レモンの酸味 いくらの塩気と 紫菊と春菊のほのかな苦みを




米油がやさしく包み カルパッチョのおいしさを引き立てます~




ワインにもピッタリで これからのパーティーシーズンにもピッタリの一品です




ぜひぜひお試しください




★★お知らせ★★

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

イタリア料理にかかせないトマトの加工品についてのお話です

ぜひぜひご覧になってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします   


フリットは イタリア版てんぷらのような衣をつけて揚げた料理です~衣には 卵は入らず 粉を炭酸水で溶いていきますブロッコリーは小房に分け茎の部分は厚めに皮をむき 5㎜幅に切ります米粉または薄力粉に 塩を少々加え炭酸水で溶きます揚げオイルは ボーソー米油さくッ ... 続きを読む
032


フリットは イタリア版てんぷらのような




衣をつけて揚げた料理です~




衣には 卵は入らず 粉を炭酸水で溶いていきます




050

ブロッコリーは小房に分け




茎の部分は厚めに皮をむき 5㎜幅に切ります




051

米粉または薄力粉に 塩を少々加え炭酸水で溶きます




052

揚げオイルは ボーソー米油




さくッと揚がります




054 (2)

茎の部分から上げていきます




衣は薄~くつけます




055

オイルは少な目でOK




ひっくり返して両面を揚げていきます




056

ブロッコリーのつぼみの部分も 衣は薄めにつけてください




020

さくッと揚がったら 器に盛り付け 黒コショウ 




パルミジャーノをパラパラと~



材料(2人)
ブロッコリー・・・1/2
★茎の部分はすべて使う
米粉または薄力粉・・・40g
塩・・・少々
炭酸水・・・大さじ3
米油・・・150ml
★ボーソー米油を使用
パルミジャーノ・・・小さじ1
黒コショウ・・・少々


レシピ
①ブロッコリーのつぼみの部分は小房に分け茎は厚めに皮をむき
 5㎜の厚さに切る

②粉に塩を加え炭酸水で溶き衣を作る

③ブロッコリーに衣をまぶし 米油でサクッと揚げる

④器に盛り付け黒コショウとパルミジャーノをふる




022

ポイントは炭酸水と 衣を薄~くつけることです




実は 茎の部分がおいしい~




我が家では奪い合いになります




ぜひぜひお試しください




★★お知らせ★★

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

イタリア料理にかかせないトマトの加工品についてのお話です

ぜひぜひご覧になってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします   






なんだか急に食べたくなって作ったポルペッティーネ丸くまとめるから イタリア版肉団子といわれるけど 中身はハンバーグのよう・・・あっでも玉ねぎとか つなぎは入りません柔らかくて すごくジューシーですトマトソースもいいけれど 今日は白ワインで蒸し煮します合い ... 続きを読む
032


なんだか急に食べたくなって作ったポルペッティーネ




丸くまとめるから イタリア版肉団子といわれるけど 




中身はハンバーグのよう・・・あっでも玉ねぎとか つなぎは入りません




柔らかくて すごくジューシーです




トマトソースもいいけれど 今日は白ワインで蒸し煮します




050

合いびき肉に塩・コショウしたら




白っぽくなるまでよく練ります




051

卵とパルミジャーノを加え




054

10等分にして丸くまるめたら小麦粉をふります




056

余分な小麦粉をはたいてから オイルを入れたフライパンで




転がしながら




057

全体をカリッと焼いていきます



ここで中までしっかり火を通さなくてもいいです




全体がきつね色になったら




058

白ワインを入れ 強火で沸騰させたら



火を弱めコトコト煮ていきます




061

パルミジャーノを仕上げにふってできあがりです




材料(10個分)
合いびき肉・・・420g
塩・コショウ・・・少々
パルミジャーノ・・・大さじ2~
牛乳・・・大さじ1
卵・・・1個
小麦粉・・・少々
オイル・・・大さじ2
白ワイン・・・300ml
イタリアンパセリ・・・少々



レシピ
①合いびき肉に塩・コショウして白っぽくなるまでよく練る

②卵 パルミジャーノ 牛乳を加え混ぜ合わせる

③10等分して丸くまるめ小麦粉を全体にふる

④フライパンにオイルを入れ全体をきつね色になるまで焼いたら
 白ワインを注ぎ強火でアルコール分をとばす

⑤火を弱めとろみがつくまで煮て仕上げにパルミジャーノをふり
 器に盛り付け パルミジャーノ(分量外)イタリアンパセリのみじん切りをふる



025

できあがり~




お肉にしっかり塩・コショウで味をつけるのがポイントです




白ワインで煮て仕上げにパルミジャーノでコクをつける




これがシンプルでおいしいです




やっぱりワインに合います




ぜひぜひお試しください




★★お知らせ★★

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

イタリア料理にかかせないトマトの加工品についてのお話です

ぜひぜひご覧になってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします   


椎茸って 大体が1パック6個入りですよねその6個入り椎茸 3パックでなんと100円で売っていました~安い~と思いついつい買ってしまいました18個の椎茸どうする~ということで イタリアにいた頃よく作っていたイタリアンな椎茸のソテー椎茸の軸はとってみじん切りにニンニク ... 続きを読む
029 - コピー

椎茸って 大体が1パック6個入りですよね




その6個入り椎茸 3パックでなんと100円で売っていました~




安い~と思いついつい買ってしまいました




18個の椎茸どうする~




ということで イタリアにいた頃よく作っていたイタリアンな椎茸のソテー




050

椎茸の軸はとってみじん切りに




ニンニクもみじん切りにします




051

フライパンにオイルを入れ ニンニクとしいたけの軸を炒め




054

ニンニクの香りが出てきたら椎茸を入れ




椎茸にかからないように鍋肌を伝わせながら白ワインを加え




055

塩・コショウして ローズマリーを加え




蓋をして 約2分蒸し焼きにします




057

蓋をはずして 椎茸をひっくり返し 少し火を強めて 




水分を飛ばしできあがり~




材料(2人)
椎茸・・・10個
ニンニク・・・1片
ローズマリー・・・12㎝ぐらい
白ワイン・・・大さじ3
オリーブオイル・・・大さじ1
塩・コショウ・・・少々




レシピ
①椎茸は軸を取りみじん切りに ニンニクもみじん切りにする

②フライパンにオリーブオイルを入れみじん切りのにんにくとしいたけの軸を加え
 香りが出るまで弱火で炒める

③椎茸をかさの部分を下にして加え 椎茸にかからぬように鍋肌沿いに白ワインを加える

④塩・コショウしてローズマリーを加え蓋をして約2分蒸し焼きにする

⑤蓋を取り椎茸をひっくり返して少し強火にして水分を飛ばして 器に盛り付ける




014

カリッとした軸の部分がお味のアクセントになります




イタリアンな椎茸のソテー ぜひぜひお試しください




☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします   

パーティー料理の時の スパゲッティ料理ってちょっとタイミングが 難しいですよね作り置きしたら せっかくのスパゲティがのびてしまったり・・・どうしても席を立って 準備しなければならない・・・でもこのカルトッチョなら 下準備しておけてオーブンで仕上げるだけな ... 続きを読む
001


パーティー料理の時の スパゲッティ料理って




ちょっとタイミングが 難しいですよね




作り置きしたら せっかくのスパゲティがのびてしまったり・・・




どうしても席を立って 準備しなければならない・・・




でもこのカルトッチョなら 下準備しておけて




オーブンで仕上げるだけなので短時間で




熱々のおいしいスパゲッティを お出しすることができます~




006

カルトッチョとは 「紙包み焼き」という意味で




パスタの他 肉や魚料理にも使われます




今回は あさりやエビなどの魚介のソースを絡めたスパゲッティを




オーブンで焼き上げます




DSCN1644

オリーブオイルでにんにくと赤唐辛子を炒め香りを引き出します




DSCN1645

あさりとムール貝を加え 白ワインを加え殻がひらいたら




飾り用以外は殻から外します




DSCN1646

イカとエビ ホタテの順に加えて さっと炒め




DSCN1648

トマトを加えて塩で味を調えたら 魚介類だけ取り出し




魚貝のうまみたっぷりな汁を残し




DSCN1649

11分茹でのスパゲッティを8分で取り出し




水気をきって魚貝のうまみたっぷりの汁とよく絡めます




ここで大切なのは パスタの太さです




細いパスタだとどうしてものびてしまいがちなので




1,9mm以上の太めを使います




濃厚な魚介ソースなので 太めのスパゲッティでもOKです




DSCN1650

魚貝をもどし全体を混ぜ合わせたら




DSCN1653

オーブンペーパーを広げ スパゲッティと魚介をのせ




パセリのみじん切りとオリーブオイルをふり




DSCN1654

両サイドと上をしっかりと閉じ




180℃のオーブンで6~7分焼きます




パーティーの時は 包むまでの準備をやって置き




お客様がいらしてからオーブンで焼けばOKです




005

カルトッチョの醍醐味は なんといってもあけるとき~




魚貝のたまらない香りが広がります




サプライズ感があるのも パーティー向きですね




材料(4人)
スパゲッティ・・・200g
★1,9mm以上のもの
オリーブオイル・・・大さじ3
にんにく・・・1片
赤唐辛子・・・1個
あさり・・・200g
ムール貝・・・8個
白ワイン・・・大さじ4
イカ・・・100g
エビ・・・8個
ホタテ・・・8個
プチトマト・・・200g
塩・・・適量
パセリ・・・少々



レシピ
①フライパンにオリーブオイル大さじ2と薄切りにんにくと赤唐辛子を入れ
 焦がさないよう弱火で炒め香りを引き出す

②あさりとムール貝 白ワインを加え 貝の殻がひらいたら飾り用に殻付きを
 4つずつ残しあとは殻をはずす

③殻をむいたエビと 輪切りにしたイカ 半分に切ったホタテを加えプチトマトを入れ
 塩で味を調え 一旦魚貝類は取り出し 汁だけを残す

④塩を加え沸騰した湯で 標準茹で時間11分のスパゲッティを8分茹でたら取り出し
 汁とよく絡める

⑤魚貝をもどし 全体を混ぜ合わせたら オーブンペーパーを広げスパゲッティを
 のせ残りのオリーブオイルとみじん切りのパセリをふる

⑥180℃のオーブンで約6~7分焼く




001

パーティー時のパスタ料理なのでスパゲッティの量は




1人50gと少な目です




でも魚貝はたっぷり~




他にごちそうも並ぶという設定で




この量がちょうどです~




盛り上がること間違いなしです




☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします   



栄養価の高いクルミを使ったソースでいただくスパゲッティクルミというと一年中手に入りますが旬は 9月~10月で秋だそうですそんなクルミをたっぷり使って作る クルミペーストはパスタのソースの他 茹でた野菜やパンにぬったりと色々と応用ができますそれでは作り方・・・ ... 続きを読む

032


栄養価の高いクルミを使ったソースでいただくスパゲッティ




クルミというと一年中手に入りますが




旬は 9月~10月で秋だそうです




そんなクルミをたっぷり使って作る クルミペーストは




パスタのソースの他 茹でた野菜やパンにぬったりと




色々と応用ができます




それでは作り方・・・




042

クルミはフライパンかオーブンでローストします




香ばしい香りが引き出されます




044

オリーブオイルに つぶしたにんにくを入れ




香りがでたら ローストしたクルミ クリームチーズ パルミジャーノ




豆乳クリームを加え ここで大事な香り付け




053

カルダモンの香りをつけます




GABANのホールのカルダモンを たたいてつぶし中の種を加えます




パウダーでもOKです




カルダモンは インド原産の甘くエキゾチックな香りのするスパイスです




カレーはもちろん チャイやコーヒーに入れたり パンやお菓子の




香り付けに使います




さわやかな香りが クルミのコクと香りを引き立てます



045

チーズを溶かして 全体を混ぜ合わせたら




フードプロセッサーにかけ ペースト状にしたらできあがりです




材量
クルミ     120g
オリーブオイル 大さじ1
にんにく    1片
パルミジャーノ 大さじ3
クリームチーズ 50g
豆乳クリーム  100ml
カルダモン   少々
塩       少々



レシピ
①クルミは フライパンかトースターでローストして香りを引き出す

②フライパンにオリーブオイルを入れつぶしたにんにくを加えて香りを引き出す

③パルミジャーノ クリームチーズ 豆乳クリームを加え混ぜ合わせ
 カルダモン 塩で味を調える

④③をフードプロセッサーにかけペースト状にして保存容器に入れる



焦がしにんにく料理レシピ
焦がしにんにく料理レシピ  スパイスレシピ検索

カルダモンは9月のスパイス大使 お助けアイテムです



047

保存容器に入れ 冷凍保存可能です




さて次にスパゲッティ




実はクルミを使ったスパゲッティ サルサ・ディ・ノーチェは




リグーリア州ジェノヴァの バジリコソースのパスタ・ペストジェノヴェーゼと




並ぶ ジェノヴァの代表的なパスタといわれています~




今回は 秋を意識してブラウンマッシュルームも加えます




051

オリーブオイルで炒めたマッシュルームに




クルミペーストを加え パスタの茹で汁でのばします




052

よ~く混ぜ合わせ 




056

茹でたパスタを投入~




全体をよく混ぜ合わせてください




018 (2)

ローストしたクルミと グラナ・パダーノ(またはパルミジャーノ)と




黒コショウをお好みでふります




材量(2人)
スパゲッティ   180g
マッシュルーム  3個
★ブラウン使用
オリーブオイル  大さじ1
クルミソース   60g
★上記のレシピで作ったもの
パスタの茹で汁  80ml~
塩        適量
パルミジャーノ  少々
黒コショウ    少々
クルミ      少々



レシピ
①1ℓの沸騰した湯に塩を入れスパゲッティを茹でる

②フライパンにオリーブオイルを入れ 薄切りにしたマッシュルームを
 入れて炒める

③クルミソースとパスタの茹で汁を加えよく混ぜ合わせ 茹でたスパゲッティを
 加えて全体をよく和える

④器に盛り付け 砕いたクルミをちらし パルミジャーノと黒コショウをふる




017 (2)

なんとな~く秋の香りが漂うパスタができあがりました~




ぜひぜひお試しください




★★お知らせ★★

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

11


イタリア料理の魅力
「夏をおいしく!イタリアンな作りおき5選」

ぜひぜひご覧になってみてください


★★お知らせ★★

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

11


イタリア料理の魅力
「夏をおいしく!イタリアンな作りおき5選」

ぜひぜひご覧になってみてください



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします   

イタリアンな肉団子 ”ポルペッテ”ふんわりふわふわな食感ですポルペッテのソースには トマトが入るトマトソースと 白ワインで煮る ビアンコタイプがあります今回は フレッシュトマトで作るトマトソースです生地は豚肉100% 手で1分位こねてからすりおろした玉ねぎ  ... 続きを読む
036 (2)

イタリアンな肉団子 ”ポルペッテ”




ふんわりふわふわな食感です




ポルペッテのソースには トマトが入るトマトソースと 




白ワインで煮る ビアンコタイプがあります




050

今回は フレッシュトマトで作るトマトソースです




051

生地は豚肉100% 手で1分位こねてから




すりおろした玉ねぎ 卵 グラナ・パダーノ 塩・コショウ ナツメグを加えます




052

よ~く混ぜ合わせ 8等分します




かなりゆるい生地ですが パン粉や粉物は加えません




054

丸くまるめて 小麦粉をしっかりまぶし




オイルとみじん切りのにんにくを入れたフライパンで




転がしながら 焼き色を付けていきます




056

全体に焼き色がついたら・・・




057

ミキサーにかけてピュレ状にしたトマトを加え 塩を少々




058

コトコトと煮て 煮汁が1/3位になったら火を止めて




021

器に盛り付け チーズをたっぷりふります




材量(8個分)
豚ひき肉         450g
塩・コショウ   少々
玉ねぎ      1/2(108g)
卵        1個
ナツメグ      少々
グラナ・パダーノ 大さじ1
★パルミジャーノでもOK
小麦粉      少々
オリーブオイル     大さじ1
にんにく     1片
マルサラ酒       大さじ3
★または白ワイン
トマト      700g
グラナ・パダーノ 大さじ3~
★またはパルミジャーノ



レシピ
①豚ひき肉は 塩・コショウして1分間ぐらいよくねり すりおろした玉ねぎ
 卵 ナツメグ グラナ・パダーノを加え混ぜ合わせる

②8等分にして小麦粉をしっかりまぶし みじん切りにしたにんにくと
 オリーブオイルを入れたフライパンで表面をこんがり焼き マルサラ酒をふる

③全体に焼き色がついたら ヘタを取り皮をつけたままフードプロセッサーなどで
 ピュレ状にしたトマトを加えコトコトと煮る

④ソースが1/3位になったら火を止めて器に盛り付け パルミジャーノをふる




031 (2)

できあがりです~




グラナ・パダーノはたっぷりふってください




フレッシュトマトのソースは 煮込むことで ポルペッテのうま味も出て




甘味も出てきます




パスタと和えてもおいしいですよ




ぜひぜひお試しください




★★お知らせ★★

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

11


イタリア料理の魅力
「夏をおいしく!イタリアンな作りおき5選」

ぜひぜひご覧になってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします