ローマのおいしい生活in東京

20年間のイタリア生活を終え帰国。本場のイタリアンをはじめ普段のさりげない和食など見て楽しい食べておいしいお料理ブログです。

カテゴリ: ボーソー米油

あと一品ほしい時に火を使わずにできる一品は便利ですよね梅肉を使っているのでさわやかです水菜は食べやすい長さに切りみょうがは半分に切って千切り一手間ですが 切ってから氷水につけておくとシャキッとします梅肉は チューブのかつおだしのきいたまろやかなねり梅を使 ... 続きを読む
030

あと一品ほしい時に


火を使わずにできる一品は便利ですよね


梅肉を使っているのでさわやかです



050

水菜は食べやすい長さに切り


みょうがは半分に切って千切り


一手間ですが 切ってから氷水につけておくと


シャキッとします



051

梅肉は チューブのかつおだしのきいた


まろやかなねり梅を使っています


そこに ボーソー米油を入れコクをプラス


よくかき混ぜておきます



052

ボウルに 水気をしっかり切った 水菜とみょうが


薄い輪切りにしたちくわ ボーソー米油を混ぜ合わせた


ねり梅 軽くすり潰したゴマを加え



053

よく和えたら できあがりです



016

器に盛り付け 残しておいた白ごまをふります


【材料(2人)】
水菜・・・1束
みょうが・・・2個
太ちくわ・・・1個(48g)
ボーソ―米油・・・大さじ1
ねり梅・・・大さじ1
白ごま・・・10g

【レシピ】
①水菜は食べやすい長さに みょうがは千切りにして
 氷水に5分ぐらいつけてシャキッとさせる

②ねり梅とボーソー米油をよく混ぜ合わせておく

③ボウルに水気をきった①と輪切りにしたちくわ ②のねり梅
 軽くすり潰した白ごまの半量を加えよく和える

④器に盛り付け残りの白ごまをふる


【ポイント】
★水菜とみょうがを氷水につけることでシャキッとした食感に
 なります

★ねり梅は チューブのかつおだしのきいたまろやかな
 タイプを使っています
 酸味の強いものは量を調整してください

★ねり梅にボーソー米油を加えることで まろやかさとコクが出ます

★白ごまたっぷりがおいしいです


米油でもう一品!副菜レシピ
米油でもう一品!副菜レシピ




022


ボーソ―米油部として活動しています


国産米の ぬか100%で作られているボーソー米油は


ヘルシーで クセがなく さらっとしています


ねり梅をまろやかにして 全体にコクがつき和えやすくなります


あと一品に ぜひぜひお試しください


翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中

003 - コピー

今が旬の「夏野菜」、イタリア風お惣菜がおすすめ!

ぜひぜひご覧になってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ブログへのご訪問ありがとうございます!


読者登録よろしかったらお願いいたします   



インスタやっております♪
いいね!&フォローしていただけるとと嬉しいです

Instagram

ランキングに参加しております
ぽちっと応援して頂けると嬉しいです


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+

この時期にぴったりの一品イタリアンな 鶏むね肉のスカペーチェです”スカペーチェ”はスペイン料理の ”エスカヴェチェ”からきていて肉や魚を揚げてから お酢につけたマリネ料理ズッキーニが有名ですがお肉やお魚でも作ります今日は鶏むね肉ですポイントは 鶏むね肉を ... 続きを読む
046


この時期にぴったりの一品


イタリアンな 鶏むね肉のスカペーチェです


”スカペーチェ”は


スペイン料理の ”エスカヴェチェ”からきていて


肉や魚を揚げてから お酢につけたマリネ料理


ズッキーニが有名ですが


お肉やお魚でも作ります


050

今日は鶏むね肉です


ポイントは 鶏むね肉をそぎ切りにして 塩・コショウ


そして一つまみの砂糖をふります


お肉を柔らかく仕上げます


051

薄く薄力粉をまぶしたら


052

高温で揚げていきます


我が家の揚げ物は ボーソー米油で揚げます


054

カリッと揚がったら 油をきり


053

器につけ汁の材料を入れておきます


055

野菜は 薄切りにした玉ねぎと


サラダおろし器でおろした人参


600Wのレンジで1分半加熱します


056

取り出して キッチンペーパーなどで


水気を取ります


057

つけ汁を入れた容器に 鶏むね肉 野菜を入れ 混ぜ合わせたら


スプラウトと ローストしたアーモンドスライスをちらします


冷蔵庫で1時間以上置くと 味がなじんでおいしくなります


【材料(2~4人分)】
鶏むね肉・・・1個(300g)
砂糖・・・小さじ1/2
塩・コショウ・・・少々
薄力粉・・・少々
玉ねぎ・・・1/2個(120g)
人参・・・1/2(100g)
オイル・・・適量(フライパンの高さ1㎝位)

a酢・・・150㏄
aハチミツ・・・大さじ1
aピンクペッパー・・・30粒ぐらい
a揚げオイル・・・大さじ2
★むね肉を揚げたオイル

アーモンドスライス・・・20g
スプラウト・・・少々


【レシピ】
①鶏むね肉は そぎ切りにして塩・コショウ 砂糖をふり
 よくもみこんでから10分ぐらい置く

②鶏むね肉に薄力粉をはたき オイルでカリッと揚げて
 キッチンペーパーの上にのせ油を切る

③玉ねぎは薄切り 人参はサラダおろし器でおろすか千切りにして
 600Wのレンジで1分半加熱してキッチンペーパーなどで
 水分をふき取る

④器にaを加え 塩・コショウで味を調え  鶏むね肉と野菜を漬けこみ
 ローストしたアーモンドとスプラウトをちらす


【ポイント】
★鶏むね肉に砂糖をひとつまみまぶしてよくも見込むと
 しっとり仕上がります

★漬け汁に 鶏むね肉を揚げたオイルを加えることで
 コクが出ます

★オイルは 米油を使いました
 カリッとさくッと揚がります

★出来たてよりも1時間ぐらい置いた方が味がなじんでおいしくなります



020

できあがり~

甘酸っぱいお味が この時期にぴったりです


作り置きにもお勧めです


ぜひぜひお試しください


翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中

003 (4)
クリームあふれる注目のチーズ「ブッラータ」
ブッラータチーズのご紹介 
ブッラータチーズを使ったレシピ2品
KALDIで購入できる本場の味 など
ご紹介しています

ぜひぜひご覧になってみてください



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ブログへのご訪問ありがとうございます!


読者登録よろしかったらお願いいたします   



インスタやっております♪
いいね!&フォローしていただけるとと嬉しいです

Instagram

ランキングに参加しております
ぽちっと応援して頂けると嬉しいです


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

ボーソ―米油部で活動しています~今月のテーマは「夏野菜たっぷり!米油レシピ」ですおいしさはもちろん 目にも鮮やかな夏野菜そんな夏野菜をたっぷり使って 夏バテ予防によいといわれている豚肉を組み合わせた ボリューム満点な一品です夏野菜はこちらの10品(バジリコ ... 続きを読む
031

ボーソ―米油部で活動しています~


今月のテーマは「夏野菜たっぷり!米油レシピ」です


おいしさはもちろん 目にも鮮やかな夏野菜


そんな夏野菜をたっぷり使って 夏バテ予防に


よいといわれている豚肉を組み合わせた ボリューム満点な一品です


050

夏野菜はこちらの10品(バジリコ入れてです)


なす ズッキーニ かぼちゃ パプリカ 万願寺唐辛子は


ボーソ―米油で素揚げします


最近は レンチン料理が流行っていますが


野菜に含まれる脂溶性ビタミンは


良質な油と一緒に摂るのが効果的だそうです


ボーソ―米油は国産米にか100%で作られた


ヘルシーでクセのない油です


野菜の素揚げもさらっと揚がります


051

揚げるといってもフライパンで~


ちょっと多めの油で 揚げ炒めのようにします


米油に つぶしたにんにくを入れ香りをつけます


このにんにく和ある程度色着いたら取り出し


刻んでたれに使います


054

揚げた野菜は キッチンペーパーの上にのせて


油を切ります


055

揚げ野菜だけでは重たくなるので


半分に切ったトマト 紫玉ねぎは少し厚めのくし切り


オクラは茹でて3等分にしました


056

めんつゆと酢 赤唐辛子と ちぎったバジリコ


057

そこに先ほど揚げた野菜と プチトマト


紫玉ねぎ オクラを加え ざっくり混ぜ合わせます




059

白だしを加えてしゃぶしゃぶした豚肉は


水にさらさずに熱いうちに かるく塩・黒コショウして


野菜を揚げた米油を絡めておきます


060

器に野菜を盛りつけ


真中に肉を山盛りに~


017

野菜たっぷりです~


肉・野菜・肉ではなく


野菜・肉・野菜で食べていきます


【材料(ちょっと多めの2人)】
豚しゃぶ肉・・・240g
めんつゆ・・・大さじ6
★2倍濃縮
酢・・・大さじ5
赤唐辛子・・・1個
長なす・・・1/2個(110g)
ズッキーニ・・・1/2個(180g)
赤・黄パプリカ・・・各1/2個(それぞれ80g)
かぼちゃ・・・100g
万願寺唐辛子・・・2個
プチトマト・・・10個(100g)
紫玉ねぎ・・・1/2個
オクラ・・・6個
バジリコ・・・6枚

aめんつゆ・・・大さじ6
a酢・・・大さじ5
a赤唐辛子・・・1個

ボーソ―米油・・・250ml
にんにく・・・1片

白だし・・・大さじ2
塩・黒コショウ・・・少々
野菜を揚げた米油・・・小さじ2


【レシピ】
①長なす 赤・黄パプリカ 万願寺唐辛子は乱切りに ズッキーニは
 1㎝厚さの半月切り かぼちゃは食べやすい大きさに切る

②プチトマトは半分に紫玉ねぎは厚めに切り オクラは
 さっと茹でて3等分する

③フライパンにボーソー米油を入れ皮をむきつぶしたにんにくを
 入れて ①の野菜を素揚げする
★にんにくは色付いてきたら取り出す

④aを大きめのボウルに入れ 取り出したにんにくのみじん切りと
 バジリコの半量をちぎって加える

⑤①の素揚げ野菜と②の野菜を加え混ぜ合わせる

⑥沸騰した湯700mlに白だしを加え豚しゃぶ肉に火を入れ
 熱いうちに塩・黒コショウ 野菜を揚げた米油を絡める

⑦器にまず野菜を盛りつけ 真ん中に豚しゃぶ肉 たれを全体にかけ
 残ったバジリコをみじん切りにしてちらす


【ポイント】
★夏野菜はお好みのものを使ってください

★野菜は 素揚げと生と茹でを組み合わせるとおいしいです

★豚しゃぶ肉は火を入れて氷水にさらさずにそのまま冷まします

★豚しゃぶ肉に油をまぶすとぱさぱさ感がなくなります

★冷蔵庫で冷やしてお召し上がりください


夏野菜たっぷり!米油レシピ
夏野菜たっぷり!米油レシピ



027

できあがり~


野菜をたっぷり絡めてお召し上がりください


ボーソ―米油で揚げた野菜は もたれることなく


パクパクいけちゃいます


ビタミンEたっぷりのボーソー米油に


たっぷりの夏野菜と 豚肉で夏バテ知らず


元気に夏を過ごしましょう~


ぜひぜひお試しください


翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中

003 (4)
クリームあふれる注目のチーズ「ブッラータ」
ブッラータチーズのご紹介 
ブッラータチーズを使ったレシピ2品
KALDIで購入できる本場の味 など
ご紹介しています

ぜひぜひご覧になってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ブログへのご訪問ありがとうございます!


読者登録よろしかったらお願いいたします   



インスタやっております♪
いいね!&フォローしていただけるとと嬉しいです

Instagram

ランキングに参加しております
ぽちっと応援して頂けると嬉しいです


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

器ごと食べれるサラダを作りました~白いお皿は食べれませんが野菜が盛り付けてあるのは チーズのバスケットです溶けるスライスチーズと粉チーズこの粉チーズですが パルメザンチーズですパルミジャーノ100%だと スライスチーズいらないのですがパルメザンだときれい ... 続きを読む
030


器ごと食べれるサラダを作りました~


白いお皿は食べれませんが


野菜が盛り付けてあるのは チーズのバスケットです


050

溶けるスライスチーズと粉チーズ


この粉チーズですが パルメザンチーズです


パルミジャーノ100%だと スライスチーズいらないのですが


パルメザンだときれいに溶けないときがあるので


スライスチーズも加えます


051

フライパン(24㎝)にオイル無しで敷きつめ


弱火で焼いていきます


052

チーズがとけて 周りからだんだん焼けてきました


053

ひっくり返して 両面焼いたら


054

熱々のうちに 火傷に気を付けてへらなどで


丸いボールをひっくり返した上にのせ 


優しく押さえつけて形を作ります


粗熱が取れるまでそのままに~


055

ひっくり返します


059

しっかり水気をきった野菜をこんもり盛り付けます


次にドレッシング作り


本日のドレッシングは バジリコやイタリアンパセリなどの


グリーン野菜と さわやかでくせのないボーソー米油


レモンをきかせ ヨーグルトを加えたさわやかドレッシングです


056

バジリコ イタリアンパセリ にんにく 玉ねぎと


ボーソ―米油 レモン汁 ハチミツを加え フードプロセッサーにかけます


057

器に入れ ヨーグルト(無糖)と塩・コショウで味を調えれば


できあがりです


015

さわやかなドレッシングができあがりました


【材料(2人)】
粉チーズ・・・50g
溶けるスライスチーズ・・・3枚

ミックスサラダ・・・60g
紫玉ねぎ・・・10g
ラデッシュ・・・1個

aバジリコ・・・8枚(6g)
aイタリアンパセリ・・・2g
aにんにく・・・1片(4g)
a玉ねぎ・・・20g
a米油・・・大さじ3
aレモン汁・・・大さじ2
aハチミツ・・・小さじ1
塩・コショウ・・・少々
ヨーグルト(無糖)・・・40g


【レシピ】
①粉チーズとちぎった溶けるスライスチーズを混ぜ合わせ
 フライパンに入れ弱火でじっくりチーズを溶かしながら
 両面を焼いていく

②熱いうちに 底が丸い器やボウルなどをひっくりかえした上に
 かぶせ 優しく抑えながら形を作る

③粗熱が取れたら ボウルから外し 水気をしっかり切ったミックスサラダと
 スライスした紫玉ねぎ ラデッシュを添える

④フードプロセッサーにaの材料を入れ撹拌してピュレ状にしたら
 ヨーグルトを加え 塩・コショウして味を調える
★aのにんにく 玉ねぎはざく切りにしてから加えます

⑤チーズバスケットに盛り付けたサラダの上にたっぷりかける


【ポイント】
★盛り付ける野菜の水気はしっかり切ります

★ヨーグルトはフードプロセッサーにかけず後から加えることで
 とろみがつきます

★レモン汁を使いましたがお酢でもいいです

★チーズバスケットを崩して 野菜と混ぜていただきます


生でもおいしい♪サラダ&マリネレシピ
生でもおいしい♪サラダ&マリネレシピ



017

さわやかなサラダのできあがり~


ボーソ―米油は 国産米ぬかから作られたオイルで


さらっとしていてオイル自体にくせがないので


野菜のうまみを引き立てます


028

チーズバスケットを崩して


混ぜ合わせてお召し上がりください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ブログへのご訪問ありがとうございます!


読者登録よろしかったらお願いいたします   



インスタやっております♪
いいね!&フォローしていただけるとと嬉しいです

Instagram

ランキングに参加しております
ぽちっと応援して頂けると嬉しいです


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

ボーソ―米油部として活動しています~今月のテーマは 「生でもおいしい♪サラダ&マリネレシピ」ということで第一弾は マリネです我が家のパーティーの定番メニューの一つパプリカとツナのマリネをツナではなく鯖缶でアレンジです赤・黄・オレンジ ビタミンカラーのパプリ ... 続きを読む
041

ボーソ―米油部として活動しています~


今月のテーマは 「生でもおいしい♪サラダ&マリネレシピ」


ということで第一弾は マリネです


我が家のパーティーの定番メニューの一つ


パプリカとツナのマリネを


ツナではなく鯖缶でアレンジです


050

赤・黄・オレンジ ビタミンカラーのパプリカたち


元気カラーですね


そんなパプリカを使って ちょこっと ひと手間加えた


オイルマリネ


パプリカは洗ったら 丸ごと鉄板にのせ


051

180℃のオーブンでじっくり焼いていきます


焦がさないように気を付けてください


焦げるとパプリカの色が 悪くなってしまいます


約15~20分焼いて 薄皮が浮き上がってきて しんなりしてきたらOK


今度は10分ぐらい放置して


053

種とヘタを取り 薄皮をむきます


054

3㎝幅ぐらいの短冊切りにして


切りそろえた時の 切り落としパプリカ(右下)も使います


056

フライパンに 米油と ざく切りにした切り落としパプリカ


アンチョビ にんにく ケーパー 鯖缶を汁ごと加えます


鯖缶は プレーンな水煮缶です


057

白ワインを加え 火にかけ かき混ぜながら水分がなくなるまで


炒めます


058 (2)

ほとんど水分がなくなってきたら マヨネーズを加え


よく混ぜ合わせ


058

くるみを加え ハンドミキサーなどで ペースト状にします


059

短冊に切ったパプリカに 鯖缶のペーストを適量のせ


060

くるくると巻いていきます


ペーストが少し残ってしまいましたが


これはパンに塗ってもおいしいです


061

保存容器に詰め 


021

米油と バジリコ ピンクペッパーを加えます


【材料(4人)】
赤・黄パプリカ・・・各1と1/2個
オレンジパプリカ・・・1個

鯖缶・・・180g
パプリカの切り落とし・・・100g
にんにく・・・1片
アンチョビ・・・5g
ケーパー・・・10g
バジリコ・・・8g(6枚位)
白ワイン・・・大さじ1
マヨネーズ・・・大さじ1
くるみ・・・20g
ボーソ―米油・・・小さじ2+50g
ピンクペッパー・・・20粒ぐらい


レシピ
①パプリカはよく洗ってから丸ごと鉄板にのせ 180℃のオーブンで
 約15~20分焼く

②焼けたら10分ぐらい放置してから 皮とヘタ 種を取り3㎝幅の短冊切りにする

③切りおろしたパプリカをざく切りにしてフライパンに入れ みじん切りのにんにく
 半量のバジリコ アンチョビ ケーパー  小さじ2のボーソー米油
 鯖缶を汁ごと入れ炒める

④白ワインを加え汁気がなくなるまで炒め マヨネーズを加えてよく混ぜ合わせる

⑤火からおろし器に入れ くるみを加えハンドミキサーでペースト状にして 
 短冊切りにしたパプリカの上にのせ くるくると巻く

⑥容器にパプリカを入れ 残りのボーソー米油とピンクペッパー
 残りのバジリコを加え 最低でも30分おく



★パプリカは焦がさないように焼きます

★焼いてから10分ぐらいおくと薄皮が離れ剥きやすくなります

★白ワインを加えると風味がよくなり 鯖缶の臭みが取れます

★鯖缶を使いましたが ツナ缶でもおいしくできます

★水気がなくなるまでしっかり炒めるのがコツです

★酸味は加えていないのでお好みでレモンを絞っても
 おいしいです

★米油ごと パンにのせたり おつまみ サラダに添えたりします

★漬け込んだ米油は 食べ終わったら ドレッシングなどに
 使えます

★保存容器に入れ冷蔵庫で1週間ぐらい保存可能です


生でもおいしい♪サラダ&マリネレシピ
生でもおいしい♪サラダ&マリネレシピ



020

ちょこっと手間はかかりますが とにかくおいしい~


ボーソ―米油だから さっぱりと仕上がります


029

おつまみにも最適


おもてなしにもいいですよ~


027

パンにのせてもおいしいです


ぜひぜひお試しください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ブログへのご訪問ありがとうございます!


読者登録よろしかったらお願いいたします   



インスタやっております♪
いいね!&フォローしていただけるとと嬉しいです

Instagram

ランキングに参加しております
ぽちっと応援して頂けると嬉しいです


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

ボーソ―米油部員として活動しています~今回のテーマは 「米油でつくるイタリアンレシピ」ということでピザ生地に加えるオリーブオイルを米油で作ってみましたちょっと ふんわり優しい食感の生地にのせるのは輪切りにした新玉ねぎと黒オリーブまずは生地作りですボウルに ... 続きを読む
030


ボーソ―米油部員として活動しています~


今回のテーマは 「米油でつくるイタリアンレシピ」ということで


ピザ生地に加えるオリーブオイルを米油で作ってみました


ちょっと ふんわり優しい食感の生地にのせるのは


輪切りにした新玉ねぎと黒オリーブ


まずは生地作りです


051

ボウルに 強力粉と薄力粉を入れ


真ん中にくぼみをつけたら ドライイーストと砂糖を入れ


その周りに 塩と米油を加え


052

ぬるま湯をまずはドライイーストのところに


少し加え溶けてきたら 


全体に少しずつ加えて スプーンなどでかき混ぜていきます


053

全体が混ざってきたら


手でこねるというよりは ボウルの中で打ちつけていきます


054

最初に手にべたべたくっついていた生地が


つるんとしてきたらOKで 丸くまとめて


ラップをして温かいところに置き 1時間ぐらい発酵させます


倍ぐらいに膨らんだらOKです


その間に 上にのせる具材の準備


056

新玉ねぎを薄い輪切りにして


キッチンペーパーにのせ かるく塩をふっておきます


ここで新玉ねぎに薄く味をつけておくことと


余分な水分を取っておきます


057

発酵させた生地を直径20㎝のフライパンに入れ


チーズと新玉ねぎ 黒オリーブをのせ こしょうをふり


250℃のオーブンで約10分~15分ぐらい焼きます


015

チーズがとけてカリッとしたらOKです


【材料(直径18㎝の丸型)】
生地
強力粉・・・150g
薄力粉・・・50g
ドライイースト・・・6g
塩・・・小さじ1/2
砂糖・・・小さじ1/2
ボーソー米油・・・大さじ1
ぬるま湯・・・150㏄位
★上記の分量で350gのピッツァ生地ができます
 そのうちの1/3を使います

新玉ねぎ・・・2/3個
塩・・・少々
チーズ・・・80g
黒オリーブ・・・9個
コショウ・・・少々
パセリのみじん切り・・・少々


【レシピ】
①ボウルに強力粉 薄力粉を入れ真ん中にくぼみを作りイーストと砂糖を
 入れ 周りの粉の部分に塩とボーソー米油を加える

②真ん中のイーストに ぬるま湯を少々入れ溶かし 少しずつぬるま湯を
 加えて フォークなどで全体を混ぜ合わせる

③手で生地のはじをもちボウルの中で打ちつけるようにしながらまとめていく
★べとべとしなくなったらOK

④丸くまとめてラップをかけ倍ぐらいになるまで温かなところに置き発酵させる

⑤その間に新玉ねぎを薄い輪切りにして軽く塩をふりキッチンペーパーの上に
 のせておく

⑥発酵したピザ生地350gの1/3を 米油(分量外)を薄く塗ったフライパンの
 大きさに合わせてのばして入れ チーズ 新玉ねぎ 黒オリーブをのせ
 250℃のオーブンで約10~15分焼く


【ポイント】
★新玉ねぎは切ってから塩をふり かるく味をつけて余分な水分を
 取り除くと焼いたとき生地がべちゃっとしません


米油でつくるイタリアンレシピ
米油でつくるイタリアンレシピ



020

米油を使ったピザ生地は ふわっとやわらかな食感で


焼けて とろんとして甘味が増した玉ねぎをやさしく包みます


おうち時間が長いので 生地からピザ生地を作ってみてはいかがでしょうか


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ブログへのご訪問ありがとうございます!


読者登録よろしかったらお願いいたします   



インスタやっております♪
いいね!&フォローしていただけるとと嬉しいです

Instagram

ランキングに参加しております
ぽちっと応援して頂けると嬉しいです


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.




ジェノベーゼは バジリコで作るソースですが今回は シソで オリーブオイルは クセのないボーソー米油で松の実は ピーナッツで作ってみました大きなエビも加えて ちょこっと和なジェノベーゼですおもな材料はこちら・・・シソの葉 ピーナッツ パルミジャーノ にんに ... 続きを読む
031

ジェノベーゼは バジリコで作るソースですが


今回は シソで 


オリーブオイルは クセのないボーソー米油で


松の実は ピーナッツで作ってみました


大きなエビも加えて ちょこっと和なジェノベーゼです


050

おもな材料はこちら・・・


シソの葉 ピーナッツ パルミジャーノ にんにく 米油 塩


そして隠し味に 味噌・・・て写ってない(爆


051

まず フードプロセッサーに にんにくとピーナッツを入れ


撹拌させ 洗って水けをしっかり切ったシソと


ボーソ―米油を加えさらに回していきます


053

ピュレ状になったら 味噌を加え


塩で味を調えます


それではパスタを作っていきます


今日はスパゲッティを使っています


056

フライパンでさっと炒めたエビと パスタの茹で汁


作ったシソのジェノベーゼを加え


よく混ぜ合わせます


058


茹でたパスタを加えしっかり和えたらできあがりです


018

お好みでパルミジャーノをふってください


【材料(2人)】
にんにく・・・1片
ピーナッツ・・・30g
シソの葉・・・45g(約4束半)
パルミジャーノ・・・30g
ボーソ―米油・・・大さじ4~
味噌・・・10g
塩・・・少々

エビ・・・150g
ボーソ―米油・・・小さじ1
スパゲッティ・・・180g
塩・・・大さじ1


【レシピ】
①フードプロセッサーに にんにくとピーナッツを入れ細かく撹拌する

②洗って水気をしっかり切ったシソ パルミジャーノ ボーソー米油を
 加えペースト状にして味噌を加え 塩で味を調える

③2リットルの沸騰したお湯に 塩大さじ1を加えスパゲッティを茹でる

③殻をむいたエビはフライパンにボーソー米油を入れさっと炒めて
 パスタの茹で汁大さじ3~と②のジェノベーゼを加えよく混ぜ合わせる

④茹でたパスタを加えよく混ぜ合わせ器に盛り付け お好みで
 パルミジャーノ(分量外)をふる


★作りやすい分量です
 3~4人分作れます
 余ったら冷蔵庫で保存可能です

★味噌は白味噌を使いました
 味噌を加えることでコクが出て奥深い味になります

★このソースは火を入れていないので パスタと和えるときに火を通した方が
 まろやかになります


米油でつくるイタリアンレシピ
米油でつくるイタリアンレシピ



023

シソの香りを クセのないボーソー米油がひきたてます


ジェノベーゼはどうしてもオイルを大量に使います


国産米ぬかで作られたボーソー米油なら


さっぱりと もたれることのないお味に作ることができます


茹でたジャガイモと和えてもおいしいですよ~


ちょっと和なジェノベーゼぜひぜひお試しください


070

スーパーでみつけたこのしそのパック


10束入って100円でした~


多いかなぁ~とも思いましたが


夫弁当の仕切りは レタスなどではなく


抗菌作用のあるシソを使います


だから思いきって買ってしまいました~


我が家のシソの保存方法は


071

100均で買った シソがすぽっと入る高さの瓶の底に


水を少々入れ


072

シソを活けるように縦に入れ


ふたを閉め 冷蔵庫で保存します


茎が水に浸るようにします


この時葉っぱは 黒くなってしまうので


水に漬からない気を付けてください


詳しくはこちら ↓






2~3日に1度水を変えて


2週間ぐらいは 新鮮でみずみずしい状態を保てます


ぜひぜひお試しください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ブログへのご訪問ありがとうございます!


読者登録よろしかったらお願いいたします   



インスタやっております♪
いいね!&フォローしていただけるとと嬉しいです

Instagram

ランキングに参加しております
ぽちっと応援して頂けると嬉しいです


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

イタリアではほとんど海藻類を使った料理があまりありませんが南イタリアのナポリに 唯一海藻を使った料理があります小麦粉 イースト オリーブオイル 塩を水で練った生地に海藻を加えて 発酵させ 一口大にしてオイルで揚げます海藻入りがこの料理の特徴ナポリのソウル ... 続きを読む
034


イタリアではほとんど海藻類を使った料理があまりありませんが


南イタリアのナポリに 唯一海藻を使った料理があります


小麦粉 イースト オリーブオイル 塩を水で練った生地に


海藻を加えて 発酵させ 一口大にしてオイルで揚げます


海藻入りがこの料理の特徴


ナポリのソウルフードといわれています~


050

粉は強力粉と 薄力粉を半々


真ん中にくぼみをつけイーストを入れ


塩とオイルは粉の上に 一つまみの砂糖をイーストの近くにふります


過去に モズクや昆布を使って作ったことがありますが 


今回 海藻の代わりに 青のりを使いました


これがいい香り~


052

真ん中のイーストに ぬるま湯を少々


少し置いて溶けてきたら


ぬるま湯を少しずつ加えて スプーンなどで 全体をかき混ぜていきます


053

ある程度混ざったら手で打ちつけ丸くまとめ


ラップをして温かいところに一時間ぐらいおいて


発酵させます


054

倍ぐらいに膨らんだ生地


055

この生地をスプーンなどですくって揚げていきます


056

この揚げオイルが重要


ボーソー米油を使います!


ボーソー米油は 国産の米ぬかで作られていて


サクッとさらっと 揚がります



057

まえはオリーブオイルを使っていましたが


ボーソー米油の方が さくッと揚がり 油切れもいいです


【材料(20個分)】
強力粉・・・80g
薄力粉・・・80g
イースト・・・6g
塩・・・2g位
砂糖・・・ひとつまみ
ボーソー米油・・・小さじ2
青のり・・・20g
ぬるま湯・・・60g

ボーソー米油(揚げ用)・・・たっぷり


【レシピ】
①ボウルに強力粉と薄力粉を入れ真ん中をくぼませイーストと砂糖
  粉の周りに塩とボーソー米油 青のりを加える

②真ん中のイーストの部分にぬるま湯を少々入れ 少し置いて溶かし
 少しずつぬるま湯を加えてスプーンなどで全体を混ぜ合わせる

③全体が混ざったら ボウルに打ちつけながら練り込み
  生地がべたつかなくなったら丸くしてラップをかけて1時間位置く

④倍ぐらいに膨らんだ生地をスプーンで 丸くすくって
 ボーソー米油(揚げ用)に入れて揚げる


【ポイント】
★揚げると膨らむので少しずつ入れる

★きっちりまるめる必要はなくスプーンですくった感じがよい


カリッとおいしい粉もんレシピ
カリッとおいしい粉もんレシピ

 


022 (2)

できあがり~手でつまんでください


これはイタリアンでいうと アンティパストに入ります~


周りはカリッと中はもっちもちで


お口に入れると青のりの香りが広がります


止まらなくなりますよ~


ぜひぜひお試しください




翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

2709-1


リコッタチーズの種類や 作り方 リコッタチーズを使った料理など
ご紹介しています


ぜひぜひご覧になってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ブログへのご訪問ありがとうございます!


読者登録よろしかったらお願いいたします   



インスタやっております♪
いいね!&フォローしていただけるとと嬉しいです

Instagram

ランキングに参加しております
ぽちっと応援して頂けると嬉しいです


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

にらが2束で安く出ていたのでついつい買ってしまい 買ったことを忘れる・・・というあわてて にらを使ったレシピにらまんじゅうです~なんだか面倒?いえいえ意外と簡単にできちゃいますまずは生地作り薄力粉に もち粉と片栗粉を混ぜていますそこに熱湯を少しずつ加え  ... 続きを読む
030 - コピー


にらが2束で安く出ていたので


ついつい買ってしまい 買ったことを忘れる・・・という


あわてて にらを使ったレシピ


にらまんじゅうです~


なんだか面倒?いえいえ意外と簡単にできちゃいます


まずは生地作り


051

薄力粉に もち粉と片栗粉を混ぜています


そこに熱湯を少しずつ加え 菜箸などでかき混ぜます


052

全体が混ざったら 今度は手でこねていきます


053
 
なめらかになったら 丸くまとめて20分ぐらい


生地をねかせます


生地をねかせている間に 中身を作ります


054

にらは1束使います


細かく切って 耐熱皿に入れ600wのレンジで約1分半加熱


にらの余分な水分を取り除きます


056

オイルでひき肉を炒め


水気を切ったにらと調味料


057

片栗粉を加え 塩・コショウで味付け


058

さて やすませた生地は


粉をふった台で 棒状にして10等分に切り分けます


060

直径10㎝弱の 丸型に伸ばし具材をのせ


061


具材を包み閉じて 丸めます


ちょっと い・び・つ



062

ボーソー米油で揚げていきます


ボーソー米油は 国産の米ぬかで作られていて


サクッとさらっと 揚がります


まずは閉じた部分を下にして先に揚げます


オイルの量は にらまんじゅうの半分の高さ位でOKです


064

ひっくり返して 全体をこんがりきつね色に・・・


022

酢醤油と ねリ辛子を添えます


【材料(10個分)】
a薄力粉・・・60g
aもち粉・・・30g
a片栗粉・・・30g
熱湯・・・80ml

ボーソー米油・・・小さじ2+150ml
にら・・・1束(110g)
豚ひき肉・・・100g
bしょうが・・・3g
★チューブ
b醤油・・・小さじ1
b日本酒・・・小さじ1
b砂糖・・・小さじ1/2
bごま油・・・小さじ1
塩・コショウ・・・少々
片栗粉・・・小さじ1

酢醤油・・・適量
ねりがらし・・・少々


【レシピ】
①ボウルにaの粉類を入れ 菜箸などでかき混ぜながら少しずつ
 熱湯を加えていく

②全体が混ざったら なめらかな生地になるまで手でこねて 
 丸くまとめ20分ぐらいねかす

③にらは細かく切り 耐熱皿に入れ600Wのレンジで1分半加熱して
 水気をきっておく

④フライパンにボーソー米油小さじ2とひき肉を入れパラパラになるまで
 炒めたら bの調味料と水気をきったにらを加え 炒め片栗粉を加え
 塩・コショウで味を調える

⑤ねかせておいた生地を 粉(分量外)をふった台で 棒状にのばして
 10等分に切り分け 直径10㎝弱の丸型にして 具材をのせ包む

⑥フライパンに ボーソー米油150mlを入れ 具材を包んだにらまんじゅうの
 とじた面を下にして全体を揚げていく

⑦器に盛り付け 酢醤油とねり辛子を添える


【ポイント】
★もち粉を加えると もちっとやわらかな生地になります

★にらはレンジ加熱で余分な水分を取り除くことがおいしさの
 ひと手間です

★片栗粉は水に溶くのではなくそのまま加えて具材の
 余分な水分を吸わせます

★具材をのせたら生地を伸ばしながら包んでいきます


カリッとおいしい粉もんレシピ
カリッとおいしい粉もんレシピ

 


019

揚げるからおいしいにらまんじゅう


ぜひぜひボーソー米油で作ってみてください


周りはカリッと 中はもちもちな生地に~


油っこさや しつこさも全くありません


015

たっぷりな にらとひき肉・・・


おつまみにもいいです~


ぜひぜひお試しください


翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

2709-1


リコッタチーズの種類や 作り方 リコッタチーズを使った料理など
ご紹介しています


ぜひぜひご覧になってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ブログへのご訪問ありがとうございます!


読者登録よろしかったらお願いいたします   



インスタやっております♪
いいね!&フォローしていただけるとと嬉しいです

Instagram

ランキングに参加しております
ぽちっと応援して頂けると嬉しいです


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

何となく人込みは 必要な限り行きたくないけれどおいしいものは食べたいですよねそれではおうちで作ってしまいましょう~ということで揚げピッツァです揚げ物は おいしいけれどカロリーが気になる~それも大丈夫!今回は国産米ぬかで作られているボーソー米油で揚げていき ... 続きを読む
031

何となく人込みは 必要な限り行きたくないけれど


おいしいものは食べたいですよね


それではおうちで作ってしまいましょう~


019

ということで揚げピッツァです


揚げ物は おいしいけれどカロリーが気になる~


それも大丈夫!


今回は国産米ぬかで作られているボーソー米油で揚げていきます


まずは ピッツァ生地作り~


050

強力粉をボウルに入れ


真ん中をへこまぜイースト その周りの砂糖


そして粉の部分に オリーブオイルではなくボーソー米油と


塩をふり・・・


まず ぬるま湯をくぼみのイーストの部分へ少し入れ


051

少しずつぬるま湯を加えて スプーンなどで全体をかき混ぜていきます


052

こんな風に全体が混ざり合ったら


手で生地の端をもち ボウルの中で打ちつけていきます


053

最初 手にべたべたくっついていた生地が


つかなくなり 全体がなめらかになったらOk


ラップをして温かいところに置き 倍になるまで発酵させます


056

発酵が終わった生地を 粉をふった台にのせ


3~4mm厚さにのばし 直径5㎝の丸型でくりぬきます


058

ボーソー米油で揚げていきます


生地を入れるとぷく~と膨らんできます


膨らんだらひっくり返し 両面を揚げていきます


059

ボーソー米油で揚げると 周りはサクッと中はもっちり


油っこさとか くどさがないのですごいです~


ここのまま生ハムなどを挟んでもおいしいのですが

060

フレッシュトマトのざく切りと 市販のトマトソース


米油と塩を加え ラップをして約2~3分加熱する


062

耐熱皿に 重ならないように並べたピッツァの上にのせ


063

パルミジャーノチーズ(または粉チーズ)をふり


200℃のオーブンで約5分焼きます


オーブントースターでもOKです


【材料(20個分)】
生地
強力粉・・・120g
イースト・・・3g
砂糖・・・小さじ1/4
塩・・・小さじ1/4
ボーソー米油・・・大さじ1
ぬるま湯・・・60~80mlぐらい

揚げオイル用ボーソー米油・・・適量

打ち粉・・・適量

ソース
aフレッシュトマト・・・5個150g
aトマトソース・・・大さじ3
a塩・・・少々
aボーソー米油・・・小さじ1~
パルミジャーノ・・・大さじ2


【レシピ】
①ボウルに強力粉を入れ 真ん中をくぼませイースト その周りに砂糖
 粉の上に塩 ボーソー米油を入れ くぼみにぬるま湯を少々加え
 イーストを溶かす

②少しずつぬるま湯を加えスプーンなどでかき混ぜ 全体が混ざったら
 手で生地の端をもちボウルに中で打ち続けながら 生地を滑らかにする

③丸くまとめてラップをして倍ぐらいに膨らむまで温かいところに置き
 発酵させる
★約1時間ぐらい

④台に打ち粉をふり 生地を3~4㎜厚さにのばし 直径5mmの丸型にくりぬく

⑤ボーソー米油をフライパンに入れ火にかけ高温にして ピッツァ生地を入れて
 ぷく―と膨らんできたらひっくり返して両面を揚げる

⑥耐熱皿にaを入れラップをして 600wのレンジで2~3分加熱する

⑦大きな耐熱皿に重ならないようにピッツァを並べ上に⑥のトマトソースをのせ
 パルミジャーノをふって 200℃のオーブンで約5分焼く


【ポイント】
★ボーソー米油で揚げると カリッともちッと揚がります

★オーブンを使いましたがトースターでもOKです


カリッとおいしい粉もんレシピ
カリッとおいしい粉もんレシピ

 

026

できあがり~


ボーソー米油で揚げると冷めても 油臭さがありません


手づかみでいっちゃいましょう~


お子様のおやつや おつまみにもお勧めです


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ブログへのご訪問ありがとうございます!


読者登録よろしかったらお願いいたします   



インスタやっております♪
いいね!&フォローしていただけるとと嬉しいです

Instagram

ランキングに参加しております
ぽちっと応援して頂けると嬉しいです


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

久しぶりのスイーツです~りんごとバナナのクランブルクランブルは 小麦粉と砂糖 バターを混ぜ合わせたポロポロっとくずれる生地をフルーツなどにのせて焼いたものこのクランブルを バターではなくボーソー米油に変えてヘルシーに サクサク感増し増しで 作ってみました ... 続きを読む
031


久しぶりのスイーツです~


りんごとバナナのクランブル


クランブルは 小麦粉と砂糖 バターを混ぜ合わせた


ポロポロっとくずれる生地をフルーツなどにのせて焼いたもの


このクランブルを バターではなくボーソー米油に変えて


ヘルシーに サクサク感増し増しで 作ってみました~


051

ボウルに 薄力粉と アーモンド粉 グラニュー糖を入れ


(アーモンド粉は皮付きを使用)


フォークなどで 全体をよく混ぜ合わせます


052

米油を2回ぐらいに分けて加え


混ぜ合わせていきます


053

全体が混ざってきたら


055

指で 全体をほぐして ぽろぽろにします


056

直径14㎝ 高さ4cmの耐熱皿に


よく洗って皮付きのまま 一口サイズに切ったリンゴと


輪切りのバナナを詰め シナモンをふります


057

先ほどのクランブルをきっちり敷き詰め


058

200℃のオーブンで約20分焼きます


022

お好みですが・・・熱々にアイスクリームをのせて~


今回はクッキークリームアイスを・・・


なので 砕いたオレオをちらしてみました


材料(1~2人)
薄力粉・・・40g
アーモンド粉・・・30
グラニュー糖・・・大さじ1
ボーソー米油・・・大さじ2

りんご・・・1/2(150g)
バナナ・・・1個
シナモン・・・少々

オレオクッキー・・・3枚
アイスクリーム・・・適量
★クッキークリーム味


レシピ
①ボウルに 薄力粉 アーモンド粉 グラニュー糖を入れよく混ぜる

②ボーソー米油を2回に分けて加え フォークなどできるように混ぜ
 全体が混ざったら指でほぐして ぽろぽろにしてクランブルを作る

③耐熱皿によく洗って 芯を取り 皮付きのまま一口サイズに切ったりんごと
 輪切りにしたバナナを詰めシナモンをふる

④②のクランブルをのせ200℃のオーブンで20分ぐらい焼き 熱々に
 アイスクリームをのせ 砕いたオレオクッキーを添える


バレンタインにもぴったり♪パン&スイーツ
バレンタインにもぴったり♪パン&スイーツ


第2期ボーソー米油部に参加しております!


018

オレオクッキー アイスクリームは無しでもいいです~


アーモンド粉は皮付きを使い 香ばしく仕上げました


りんごだけでなく バナナが入るとコクが出ます


020

ボーソー米油は クセも匂いもなく ほのかなバニラの香りがするので


スイーツにもばっちりです!


ヘルシーに サックサクのクランブルに仕上がります


ぜひぜひお試しください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ブログへのご訪問ありがとうございます!


読者登録よろしかったらお願いいたします   



インスタやっております♪
いいね!&フォローしていただけるとと嬉しいです

Instagram

ランキングに参加しております
ぽちっと応援して頂けると嬉しいです


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

2451-main

注目のイタリア野「ラデッキオ・ロッソ」赤紫の葉が美しい
イタリアの冬野菜についてご紹介しています。
注目イタリア野菜「ラディッキオ・ロッソ」とは


ぜひぜひご覧になってみてください

何をしているわけでもないのになんだか あっという間に時間が過ぎていくような・・・気忙しさを感じます買い出しもほとんど終わり 今日からおせちを作り始めます~年内に作った料理がたまっていて・・・持ち越しになるのかな・・・今日はボーソー米油を使った炒め物レシピ ... 続きを読む
024


何をしているわけでもないのに



なんだか あっという間に時間が過ぎていくような・・・



気忙しさを感じます



買い出しもほとんど終わり 今日からおせちを作り始めます~



年内に作った料理がたまっていて・・・



持ち越しになるのかな・・・



今日はボーソー米油を使った炒め物レシピです



とろ~りねぎと豚肩ロース炒め



こちら油多めがおいしいです



たっぷりのオイルでねぎをとろ~り炒めて甘みを引き出します



050

豚肉は肩ロースを1㎝幅に切り



酒 塩 片栗粉をもみこんでおきます



051

ねぎは5㎜幅の斜め切り



ほぼ肉と同量 たっぷりがおいしいです



052

炒めるオイルはボーソー米油



このボーソー米油は 国産の米ぬかから作られており



さらっとしていて 酸化に強くて



時間がたっても 多めに油を使った料理でも



おいしさを持続させます



053

まずは豚肩ロースを炒め



白っぽくなり焼き色がついてきたら



チューブのにんにくとしょうがを加え



054

長ネギをドバっと加え



055

しんなりしてきたら 日本酒 塩・コショウで味付けします




010

味付けは塩・コショウとシンプルですが



コクのある肉と甘みの出たねぎの組み合わせが 絶妙です~




材料(2人)
長ネギ(細目)・・・4本(198g)
豚肩ロース・・・200g
a日本酒・・・小さじ2
a塩・・・少々
a片栗粉・・・小さじ2
ボーソー米油・・・大さじ2
にんにく(チューブ)・・・5g
しょうが(チューブ)・・・5g
日本酒・・・大さじ1
塩・コショウ・・・少々


レシピ
①豚肩ロースは1㎝幅に切りaをもみ込んでおく

②長ネギは5㎜幅の斜め切りにする

③フライパンに大さじ1のボーソー米油を入れ豚肉を炒め 色が変わってきたら
 にんにくとしょうがを加える

④残りのボーソー米油と ねぎを加えしんなりしてきたら日本酒 塩・コショウで
 味を調える


炒めて&揚げて!ボリューム満点おかずレシピ
炒めて&揚げて!ボリューム満点おかずレシピ



011

たくさん作って忙しいこの時期保存しておくのもおすすめ~



ラーメンや ごはんにのせたり おつまみにもピッタリです



ぜひぜひお試しください



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします   


ボーソー米油部です~12月のテーマは「炒めて&揚げて!ボリューム満点おかずレシピ」ということで ご飯のおかずではありませんがこの時期のパーティー料理にもお勧めなイタリアのライスコロッケ 「スップリ」のご紹介ですイタリアのライスコロッケは 「スップリ」と「ア ... 続きを読む
027


ボーソー米油部です~



12月のテーマは「炒めて&揚げて!ボリューム満点おかずレシピ」



ということで ご飯のおかずではありませんが



この時期のパーティー料理にもお勧めな



イタリアのライスコロッケ 「スップリ」のご紹介です



イタリアのライスコロッケは 「スップリ」と「アランチーニ」がありますが



「アランチーニ」はシチリア発祥の 中にラグーとチーズが入っていて



「小さなオレンジ」という名の通り 丸いのが特徴です



「スップリ」は シチリア旅行に来たミラノの料理人が本土に伝えたとも



いわれていますが 丸だけではなく俵型に作ったりもします



トマトソースのリゾットに モッツァレッラを詰めていきますが



050

今日は 冷ご飯を使っていきます



ご飯はできれば冷蔵庫でカチカチになったものが理想です



そこに市販のトマトソース パルミジャーノ 塩・コショウを加えて



051

よく混ぜ合わせたら 耐熱皿に入れ レンジで4~5分加熱



052

もう一度かき混ぜ 表面を平らにして今度は冷蔵庫で2時間以上置きます



053

完全に冷えたご飯と 小さなモッツァレッラ 溶き卵にパン粉



ご飯を15等分して



054

中にモッツァレッラを挟み おにぎりみたいに丸く成形します



出たー!ドラえもんの手・・・



昔 ほっそりとした指の白魚のような手に憧れました(爆



055

大きさはお好みですが



今回は2口ぐらいで食べれる大きさに



056

卵液を絡ませたらパン粉をつけます



イタリアのパン粉揚げは 小麦粉をつけないことが多いです



その方が軽くて私も好きです~



このパン粉は イタリアのパン粉でかなり 細かなパン粉です



057

こんな風にパン粉を付けたら 揚げる寸前まで



冷蔵庫に入れておくと揚げた時に 崩れにくくなります



058

フライパンに ボーソー米油を1cm位入れたら



スップリを揚げていきます



このボーソー米油は 国産の米ぬかから作られており



さらっとしていて 酸化に強く 揚げ物など時間がたつと味が落ちることが



多いですが このボーソー米油で揚げることで



カラッと揚がって 重たくなく おいしさが長持ちします



059

全体をしっかり揚げていきます~



最初はしばらくいじらずに静かに見守ってから転がして



周りがきつね色になればOKです


015

今回は 雪の結晶のパスタと 星形に切ったパプリカ



粉雪に見立てたパルミジャーノをちらし



クリスマスピックを指して 真ん中にはラデッキオを添えました~



材料(15個分)
冷ご飯・・・370g
トマトソース・・・150g
パルミジャーノ・・・30g
ボーソー米油・・・小さじ2
塩・コショウ・・・少々
モッツァレッラ(小さいタイプ)・・・15個
溶き卵・パン粉・・・適量
ボーソー米油・・・220g(フライパンに1㎝ン高さ位)
飾りの星形パプリカ 結晶パスタ ラデッキオ パルミジャーノ・・・少々


レシピ
①冷ご飯にトマトソース パルミジャーノ ボーソー米油 塩・コショウをふり
 しっかり混ぜ合わせる
★ご飯は温かいものではなく固くなったぐらいの冷ご飯が理想です

②600Wのレンジで3~4分加熱して再び混ぜ合わせ
 パットや器に平らに しきつめ冷蔵庫で2時間以上置く
★レンジで加熱することで味をなじませます
★冷蔵庫で冷やすことで成型しやすくなります

③ご飯を15等分にして真ん中にモッツァレッラを挟み丸く握る
★モッツァレッラは 揚げた時溶けてはみ出ないように必ず真ん中に

④フライパンにボーソー米油を1㎝の高さ位入れ全体を
 こんがりと揚げ焼きにする

⑤器に盛り付け飾りの星形パプリカ 結晶パスタ パルミジャーノをちらし
 真ん中にラデッキオを添える


炒めて&揚げて!ボリューム満点おかずレシピ
炒めて&揚げて!ボリューム満点おかずレシピ




019

できあがり~



小さめに作ると パーティーの一品はもちろん



小腹がすいたときなどにもお勧めです



023

モッツァレッラがとろ~り溶けておいしい~



揚げた状態で冷凍保存ができます



食べるときはレンジで温めて 中のチーズをとろ~りとさせてください



ボーソー米油なら時間がたっても レンジで温めても



油臭さが出ず いつまでもできたて揚げたてのおいしさです



ぜひぜひお試しください



おまけ・・・



このスップリ昨日作ったのですが ロンドンにいる娘ちゃんも偶然作っていて



LINEで写真が送られてきてびっくり~



なんだか 気が合って つながっている気がして



うれしいひと時でした!



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします   



突然ですが・・・このたび ボーソー米油部のメンバーになりました!10月から1年間 ボーソー米油の魅力と おいしいレシピをご紹介していきたいと思いますさて 我が家では アヒージョが好きで よく作ります~アヒージョは ニンニクとオリーブオイルで煮込む料理このオリ ... 続きを読む
042


突然ですが・・・




このたび ボーソー米油部のメンバーになりました!




10月から1年間 ボーソー米油の魅力と おいしいレシピを




ご紹介していきたいと思います




さて 我が家では アヒージョが好きで よく作ります~




アヒージョは ニンニクとオリーブオイルで煮込む料理




このオリーブオイル 日本に帰国して一番探すのに苦労していました




イタリアにいたころは スーパーで1リットル瓶が 5ユーロも出せば




そこそこのものが買えましたが




日本は小瓶が多く 値段も高い・・・




ドバドバ使えないのがね~




また気候の違いか イタリアで使っていたメーカーのものが




味の違いを感じたりして・・・




何か変わるオイルはないか ずぅ~と探していました




054


そこで さらっとしていてクセのない 加熱しても臭みの出ない




健康にもよい米油に注目です




ボーソー米油のボトル・・・(この漢字がいいのか外国人受けしています)




早速オイルでおいしさが決まるアヒージョを作ってみました




050

アヒージョはいろいろな具材で作りますが




今回は ちょっと珍しい「ハタハタ」です




生のハタハタだったので頭とおなかを出し きれいに洗って水けをきったら




塩をしっかりふります




干物のハタハタの場合は塩なしでOKです




051

これを焼いていきます




下焼きをすることで生臭みを取り おいしくできます




053

耐熱皿に 焼いて3等分したハタハタと みじん切りのにんにく




赤唐辛子 ボーソー米油を入れ 直火で煮てもいいのですが




我が家では180℃のオーブンで約10分焼きます




025

じっくり火を入れると 骨ごといただけます




仕上げに茹でたブロッコリーと 赤唐辛子は刻んで散らします




材料(2~4人)
ハタハタ・・・7尾
★干物ではなく生のもの
塩・・・小さじ1
ニンニク・・・1個(6g)
赤唐辛子・・・1個
ボーソー米油・・・150ml
茹でたブロッコリ―・・・1/2個



レシピ
①ハタハタは頭とおなかを出しきれいにして水気をしっかり切ったら
 塩をふり10分ぐらいおいてから焼く
★干物の場合は塩なしで

②耐熱皿に3等分したハタハタと みじん切りにしたニンニク 赤唐辛子
 ボーソー米油を加え 180℃のオーブンで約10分焼く
★弱火で加熱でもOK

③茹でたブロッコリーと入れていた赤唐辛子を刻んでちらす




022

できあがり~




ブロッコリー無しなら 瓶などに詰めて保存もできます




ハタハタは 骨ごといけます~




なんといっても ハタハタのうま味がにじみ出た米油がおいしい~




030

オイルごとたっぷりとパンにのせるのが




おすすめです~




自己紹介&使ってみよう♪米油レシピ
自己紹介&使ってみよう♪米油レシピ




これから もっともっと勉強して 毎月テーマに沿って




ボーソー米油の魅力をお伝えしていきたいと思います




よろしくお付き合いくださいませ




☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします