ローマのおいしい生活in東京

20年間のイタリア生活を終え帰国。本場のイタリアンをはじめ普段のさりげない和食など見て楽しい食べておいしいお料理ブログです。

カテゴリ: 卵料理

フリッタータは イタリア風卵焼きですイタリアでは あまり生で卵を食べません生で使うもの・・・・例えばティラミスなどは「ダ・べーレ)といって生でも食べれる卵を使いますだから卵焼きといっても とろ~りとかふんわり感はなくしっかり火を入れているのが特徴ですそし ... 続きを読む
099


フリッタータは イタリア風卵焼きです




イタリアでは あまり生で卵を食べません




生で使うもの・・・・例えばティラミスなどは「ダ・べーレ)といって




生でも食べれる卵を使います




だから卵焼きといっても とろ~りとかふんわり感はなく




しっかり火を入れているのが特徴です




そして具沢山~




カラフルな野菜とともに加えるのは ベーコンでも肉でもなく くるま麩です





0152

くるま麩は トマトジュースと水で戻して柔らかくします





こうするとほんのりトマト味になりおいしいです





153

今回加えたカラフル野菜は ブロッコリー




マッシュルーム 紫芋 レンコン 赤・黄ピーマン(パプリカでも)




015


トマトジューズで戻したくるま麩は




水気をきってから オリーブオイルとニンニクで焼きます





0155

野菜類はそれぞれ適当な大きさに切り 




ブロッコリーはさっと茹で 他の野菜は




麩を焼いたフライパンで オリーブオイルで炒めます





0158

直径18cmの小さなフライパンに





野菜と くるま麩をぎゅうぎゅうに詰め 卵液と パルミジャーノをふり





180℃のオーブンで焼きます




材料(2~4人)
くるま麩     2個
トマトジュース  200ml
水        100ml
オリーブオイル  大さじ3
ニンニク     1片

卵        4個
豆乳       大さじ2
パルミジャーノ  大さじ2

マッシュルーム  3個(40g)
紫芋       25g
赤・黄ピーマン  各30g
★パプリカでも
レンコン     20g
ブロッコリー   55g

塩・コショウ   少々



レシピ
①くるま麩は トマトジュースと水を合わせたものに漬けて柔らかく戻して
  軽く絞り6等分する

②フライパンに オリーブオイル大さじ1とつぶしたニンニクを入れ 麩の両面を
  こんがり焼いて塩・コショウする

③野菜類はそれぞれ適当な大きさに切り ブロッコリーはさっと茹で 他の野菜は

  麩を焼いたフライパンでオリーブオイル大さじ1を足し炒める

④フライパンまたは耐熱の器に 残りのオリーブオイル大さじ1をいれ 野菜と麩を敷き詰め
 卵と豆乳を混ぜ合わせてからパルミジャーノ大さじ1と塩・コショウした卵液を流し込む
 

⑤残りのパルミジャーノをふり180℃に温めたオーブンで15~20分ぐらい焼く




001

できあがり~




トマトジュース風味のくるま麩と 卵がよく合います




ヘルシーでボリュームのあるフリッタータです




ぜひぜひお試しください





★★お知らせ★★

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!
イタリア料理の魅力


「残ってしまったバルサミコ酢をおいしく活用!」

ぜひぜひご覧になってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします   



チーズオムレツです~とろ~りするのはチーズだけでなく中から 黄身もとろ~りダブルとろ~りな たまらないおいしさです作り方は・・・1人分は 卵3個2個は溶きほぐして 1個はポーチドエッグにします牛こま切れ肉を食べやすい大きさに切ったらオイルで炒め 色が変わった ... 続きを読む
033


チーズオムレツです~





とろ~りするのはチーズだけでなく





中から 黄身もとろ~り





ダブルとろ~りな たまらないおいしさです





作り方は・・・





050

1人分は 卵3個





2個は溶きほぐして 1個はポーチドエッグにします





052

牛こま切れ肉を食べやすい大きさに切ったら





オイルで炒め 色が変わったらみじん切りにしたタマネギを加え





軽く塩・コショウして デミグラスソ-ス(市販)とケチャップ





053

グリンピースと 温かいご飯を加えて 全体を混ぜ合わせます





ここで味を確認して 塩が足りなければ加えてください





わたしはコショウをふりました





いったん取り出しておき フライパンをきれいにして





056

卵2個を溶いて塩・コショウして





丸~く 卵焼きを作ります





ここで普通に デミグラスご飯をのせてもいいのですが





ポーチドエッグをつつむので





つぶさないように





058

丸いボウルに卵焼きを広げ デミグラスご飯の2/3をのせ





真ん中に そっとポーチドエッグをのせ





残りのごはんをのせたら




059

周りの卵焼きをかぶせ





060

器をかぶせ ひっくり返して盛り付けます





あくまでも そ~っとです





061

マッシュポテトと  チーズ 牛乳で





アリゴ風の のび~るチーズソースを作ります





鍋に材料を入れ かき混ぜながら弱火にかけ





チーズがとければできあがりです





063

これをオムライスにたっぷりかけます~




材料(1人)
卵        3個

塩・コショウ   少々
オイル      小さじ2+小さじ1

ご飯       120g
牛肉       50g
★こま切れ肉
玉ねぎ      40g
グリンピース   15g
デミグラスソース 50g
ケチャップ    小さじ2

マッシュポテト  50g
モッツァレッラ  100g
牛乳       大さじ5

パルミジャーノ  小さじ1~
黒コショウ    少々



レシピ
①卵2個は ボウルに割り入れ 1個はポーチドエッグにする

②フライパンにオイル小さじ1を入れ 食べやすい大きさに切った牛肉を炒め 
 色が変わってきたら1cm角に切った玉ねぎを加え 塩・コショウして 
 デミグラスソース ケチャップを加える

③温かいご飯と下茹でしたグリンピースを加え 混ぜ合わせ炒めたら コショウをふる

④デミグラスご飯をいったん取り出し フライパンをきれいにしたら ボウルに卵を溶いて
 塩・コショウして フライパンに残りのオイル小さじ2を入れ 卵液を一気に加え 
 フライパンをゆすりながら広げ菜箸などでざっくり混ぜ合わせ丸くて薄い卵焼きを作る

⑤ボウルに卵焼きを広げてのせ 炒めたデミグラスご飯の2/3をのせ 真ん中に
 ポーチドエッグをのせ 残りのごはんをのせたら卵で包み ひっくり返して
 器に盛り付ける

⑥マッシュポテトとモッツァレッラ 牛乳を鍋に入れ 弱火にかけかき混ぜながら
 チーズを溶かし塩・コショウで味を調える
★マッシュポテトはジャガイモ(1個)を柔らかくなるまで茹で バター(10g)と
 牛乳(20ml)を混ぜ合わせたものです

⑦オムライスの上に⑥のチーズソースを上からかけ パルミジャーノと黒コショウをふる
★ブロッコリーとトマトを添えました




023

できあがり~





026

真ん中から切ってみると




ポーチドエッグの黄身がとろ~り




029

チーズと黄身を絡めてお召し上がりください




☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



LINEでブログ更新のお知らせが届きます
読者登録よろしかったらお願いいたします
 

ローマに住んでいたころ 近所に小さなトラットリアがあってそこのオーナーは 世界各国を旅して料理の修業をしたらしく 自らもフライパンを握って 料理を作り お客さんにふるまうこともしていましたそこのメニューで 「オムレット・ディ・フランチェーゼ(フランス風の ... 続きを読む
028


ローマに住んでいたころ 近所に小さなトラットリアがあって




そこのオーナーは 世界各国を旅して料理の修業をしたらしく 




自らもフライパンを握って 料理を作り お客さんにふるまうこともしていました




そこのメニューで 「オムレット・ディ・フランチェーゼ(フランス風のオムレツ)」




というのがあって ふわふわのモンサンミッシェル風のオムレツを




イタリアンにアレンジしたというのがありました




モンサンミッシェルというのは フランスの西海岸にある




世界遺産になっている修道院




その街の名物料理が ふわふわなオムレツです




実は行ったことがあって その有名なオムレツも食べたのですが




あまり印象に残っていないというか 一緒に頼んだムール貝のスープが




美味しかったな~ぐらいしか覚えていないです・・・




でも イタリアの卵料理というと フリッタータが有名ですが




しっかり火を入れるのが基本




ふんわりふわふわというのは新鮮でした




026 (2)

近所のトラットリアは ふわふわ感はモンサンミッシェルとおんなじ~




でもトマトが添えられ オムレツにはたっぷりのパルミジャーノと




黒コショウが かかっていたのを覚えています




そんなことを思い出しながら作ってみました~




050

卵をボウルに入れ 塩を少々




ハンドミキサーで




051

もったりするまで混ぜていきます




054

バターを溶かしたフライパンに




生地を流し込み ごくごく弱火で 焼いていきます




周りが固まってきたら




056

半分を重ねるように折り曲げて




蓋をして 約1分弱 程よく中まで火を入れます




026 (5)

器に盛り付け トマトを添えて




全体にパルミジャーノと黒コショウをふれば できあがりです




材料(1人分)
卵       2個
塩       少々
バター     15g
パルミジャーノ 小さじ2位
黒コショウ   適量
トマト     3切れ



レシピ
①ボウルに卵を割り入れ塩少々を加えハンドミキサーなどで
 もったりするまでかき混ぜる

②フライパンにバターを溶かし卵生地を流し込みごくごく弱火で焼いていく
★かき混ぜたりしない

③周りが固まってきたら半分を重ねるように折り蓋をして1分弱 中に程よく火を入れる
★シュワっとした口当たりがいいので完全に火を入れる必要はありません

④器に盛り付けパルミジャーノと黒コショウをふる




027

できあがり~




しゅわ~とふわふわな食感に パルミジャーノのうま味と塩気




黒コショウのピリッと感がよく合います




普通のオムレツとは違った味わいです




ぜひぜひお試しください




☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



LINEでブログ更新のお知らせが届きます
読者登録よろしかったらお願いいたします