ローマのおいしい生活in東京

20年間のイタリア生活を終え帰国。本場のイタリアンをはじめ普段のさりげない和食など見て楽しい食べておいしいお料理ブログです。

カテゴリ: 昆布大使

きらりんと輝いているトマトは昆布の透明だけど 旨味たっぷりのおだしで煮ました下にしいているのは そのだしをとった昆布ですもちろん昆布ごといただけますトマトは・・・中を おおざっぱに くりぬきレンジで加熱したキヌアと 干しエビくりぬいたトマトの中身を混ぜ合 ... 続きを読む
015


きらりんと輝いているトマトは


昆布の透明だけど 旨味たっぷりのおだしで煮ました


下にしいているのは そのだしをとった昆布です


もちろん昆布ごといただけます


トマトは・・・


041

中を おおざっぱに くりぬき


043

レンジで加熱したキヌアと 干しエビ


くりぬいたトマトの中身を混ぜ合わせ


トマトに詰めます~


あとは昆布でコトコトと~


材料(2人)
トマト(大)  2個(1個270g位)
キヌア     80g
干しエビ    15g
トマトの中身  50g
塩・コショウ  少々

昆布だし    500ml
★水500mlに10gの昆布を入れ10分ぐらい
 おいてから中火にかけ沸騰直前で
 火を止めそのまま冷ます

片栗粉     小さじ2


レシピ
①トマトのヘタの部分を切り取り中身を
 くりぬく

②キヌアはさっと洗い水気をきってから
 水150㏄を加えラップをして電子レンジ
 600Wで6分加熱して 干しエビと
 くりぬいたトマトの中身を加える

③よく混ぜ合わせ 塩・コショウして
 トマトに詰め切り取ったヘタの部分を
 かぶせ こぶを入れただしの中に加え
 中火で沸騰したら弱火にして5分ぐらい
 煮て塩で味を調える

④器に昆布をのせトマトのかぶせたヘタの
 部分は取り除き器に盛り付け 片栗粉で
 とろみをつけた煮汁をかける


011

できあがり~


ここでお知らせがあります~


2018年度の 昆布大使を務めることになりました


2016年度に続き2回目の 昆布大使となりますが


これからも 昆布の魅力 だしのすばらしさ 食育関係も


お手伝いしていきたいと思っています~


早速お知らせです


bn_insta2018

11月15日は 「昆布の日」プレゼント企画


インスタ昆布フォトキャンペーン開催中です


詳しくはこちら → 


よろしかったらご参加ください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



LINEでブログ更新のお知らせが届きます
読者登録よろしかったらお願いいたします

土曜日の日 築地にある昆布の老舗吹田商店さんで開催された 昆布セミナーに行ってきましたわたくし2016年の昆布大使でしてOGということで参加いたしました~初めに 吹田社長から昆布についての歴史や 昆布漁のことなど昆布に関しての専門的なお話をスライドを交えながら ... 続きを読む
001


土曜日の日 築地にある昆布の老舗


吹田商店さんで開催された 昆布セミナーに行ってきました


わたくし2016年の昆布大使でして


OGということで参加いたしました~


006

初めに 吹田社長から


昆布についての歴史や 昆布漁のことなど


昆布に関しての専門的なお話を


スライドを交えながらお聞きしました


昆布は 寒い地方の海で育つ海藻の一種で


約8000年前 縄文時代から食べられていたといわれています


日本国内の食用昆布は 92%が北海道産のものだそうです


昆布の育つところは親潮が関係しているらしく


北海道といえども 親潮が届かない地域


小樽などでは取れないそうです


また北海道のとれる場所によって区別されています


008

代表的なのは 礼文島 利尻島 稚内あたりで


収穫される 「利尻昆布」


羅臼のあたりは 「羅臼昆布」


根室では 「長昆布」


浦賀 三石あたりの 「日高昆布」


函館あたりの 「真昆布」です


007

それぞれの昆布でとっただしを味見して


その違いを飲み比べます


009

そして社長自らがお作りになった


それぞれの昆布を 煮たものを食べ比べてみました


同じ北海道産でも お味も 食感も全く違います


おいしい昆布だしのポイントは 昆布選び・・・


目的に合わせて昆布の種類を選ぶことが大切だそうです


それではここで簡単に それぞれの昆布の特徴をあげてみます


004

利尻昆布は昆布の中では 歴史が浅いそうで


やや塩味があり 香り高く澄んだ だしが取れ


京都でよく使われているそうです


003

羅臼昆布は 味の濃いだしが取れ


やわらかく 口当たりもよいので


酢昆布などにしてもいいそうです


富山県で消費される昆布は羅臼昆布がほとんどだそうです


002

真昆布は 濁りにくく澄んだ少し甘みのあるだしがとれ


昆布だしを好む大阪で よく使われているそうです


またおぼろ昆布の原料としても有名です


005

日高昆布は だしよりは料理向きの昆布です


軟らかく煮上がるので 昆布巻きなどによく使われます


あとうちには在庫がなかったのですが


根室あたりで収穫される長昆布というのもあります


長昆布もだしというよりは料理向きで


煮崩れしにくいので おでんの結び昆布や


佃煮などに使われます


沖縄料理で使われる昆布は


ほとんどが長昆布だそうです


昆布選びは まずだしをとるのか 料理に使うのかで


決まってきますね


また だしならばどんなだしにしたいか・・・


試してみて自分の好みを見つけることも大切ですね


昆布選びに悩んだら 吹田商店さんに行って


相談するのもおすすめです


吹田商店さん詳しくはこちら → 


昆布の保存は常温でいいらしく


冷蔵庫などに入れる必要はないそうです


賞味期限は あってないようなものらしく


3年ぐらい置いたほうが だしの味に深みが出ることもあるそうです


そして昆布だしの取り方・・・


煮立たせてはいけないとよく言われますが


そんなこともなく 煮立たせてしっかりしただしをとったり


水に漬けてさっぱりとしただしにしたり


料理によって変えるのも手ですね


ただし 上質な品質の良い昆布を選ぶことが大切だそうです


昆布も奥が深いです~


これからも勉強していきたいです


★★お知らせ★★

翔泳社さんの
「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

イタリアン・ドルチェの甘~いお話


ぜひぜひご覧になってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです



レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



LINEでブログ更新のお知らせが届きます
読者登録よろしかったらお願いいたします



昆布大使の9月レポートから~手打ちパスタです手打ちパスタはハードルが高い・・・でも意外と簡単 失敗なくできます今回は 南イタリアの郷土パスタシャラティエッリ特徴は ペコリーノチーズとバジリコを練り込み牛乳を加えますがちょこっとアレンジで昆布だしを加えていま ... 続きを読む
006


昆布大使の9月レポートから~


手打ちパスタです


手打ちパスタはハードルが高い・・・


でも意外と簡単 失敗なくできます


今回は 南イタリアの郷土パスタ


シャラティエッリ


特徴は ペコリーノチーズとバジリコを練り込み


牛乳を加えますが


ちょこっとアレンジで


昆布だしを加えています


004 (2)

ソースはヴォンゴレ~


昆布だしはもちろん だしをとった昆布も加えています


002

オリーブオイルと乳化した昆布だし


このソースはぜひパンにつけてください~


材料(3人)
シャラティエッリ
a強力粉       300g
aオリーブオイル   10g
a塩         2g
aバジリコ      4枚
a卵         1/2個
a昆布だし      30cc
a牛乳        60cc

ヴォンゴレソース
あさり(殻付き)   400g
昆布だし       50cc
トマト        200g
オリーブオイル    大さじ2~
塩          少々
ニンニク       5g
赤唐辛子(小)    1個

だしをとった切り昆布 40g
バジリコ       少々


レシピ
①ボウルにaの材料を入れ混ぜ合わせ
 よくこねてひとまとめにする

②ラップをして冷蔵庫で30分休ませる

③台に粉をふり(分量外)生地を3mm
 厚さにのばし幅5mm長さ15cm位に切る

④切ったシャラティエッリに粉をふって
 ほぐしておく

⑤フライパンにつぶしたニンニク赤唐辛子
 オリーブオイル大さじ1 トマト あさりを
 加え蓋をしてあさりの貝がひらいたら
 半分殻からはずしておく

 ⑥水2ℓを沸騰させ塩を入れ沸騰したら
 ④のシャラティエッリを入れ約5分茹でる

⑦⑤のフライパンに昆布だし50ccと
 残りのオリーブオイル大さじ1 茹でた
 シャラティエッリを加えよく和える

⑧オイルで炒めただしをとった昆布を
 器に盛り付けたパスタにのせバジリコを
 添える



010

できあがり~


磯の香りたっぷりのパスタになりました


シャラティエッリは手打ちパスタ特有のもっちり感があり


歯ごたえもあります


昆布のだしがよく絡んでいます


おいしいですよ~


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです



レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ





LINEでブログ更新のお知らせが届きます
読者登録よろしかったらお願いいたします

ありがとうございました

久しぶりにピッツェッタを作りました~ピツェッタは 見た目の通り「小さなピッツァ」ピッツァ・フリッタとも呼ばれる揚げピッツァです具材はシンプルにトマトとパルミジャーノだからピッツァの生地がおいしさを決めますということで生地に昆布水と だしを取った昆布を刻ん ... 続きを読む
009

久しぶりにピッツェッタを作りました~


ピツェッタは 見た目の通り「小さなピッツァ」


ピッツァ・フリッタとも呼ばれる


揚げピッツァです


具材はシンプルにトマトとパルミジャーノ


だからピッツァの生地がおいしさを決めます


ということで


生地に昆布水と だしを取った昆布を刻んで加えてみました~


IMG_0059

つぶつぶが昆布です


これを倍の大きさになるまで発酵させ


IMG_0067

5mmの厚さにのばしてから


直径6cmの丸型にくり抜き


IMG_0071

オイルで揚げていきます


IMG_0079

トマトソースとパルミジャーノをのせ


オーブンで5分ぐらい焼きます


003

器に盛り付けフレッシュトマトとバジリコを添えます


材料(24個分)
強力粉      220g
昆布だし     120cc
だしをとった昆布 20g
塩・砂糖     ひとつまみ
イースト     5g
オリーブオイル  小さじ12

揚げオイル    適量
打ち粉      適量

トマトソース   120g
パルミジャーノ  30g
バジリコ     少々
フレッシュトマト 50g


レシピ
①ボウルに強力粉を入れぬるま湯程度に
 温めた昆布だし大さじ3で溶かした
 イーストを真ん中に加え 砂糖・塩
 オリーブオイルを入れる

②昆布だしを少しずつ加えかき混ぜ
 生地がべとべとしなくなるまでボウルの
 中で打ち続ける
★昆布だしは500ccの水に刻み昆布10gを
 入れ30分おいてからレンジでぬるま湯
 程度に温めたものを120cc使う

③生地をひとまとめにしてラップをして
 1時間位置く
★倍に膨らみます

④打ち粉をした台に生地をひろげ5mm厚さ
 にのばし直径6cmの丸形でくり抜く

⑤オイルに入れふくらんできたらひっくり返し
 両面をこんがりと揚げる

⑥鉄板にクッキングシートをしき揚げた
 ピッツェッタを並べトマトソースと
 パルミジャーノをのせ200℃のオーブンで
 約5分焼く

⑦器に並べざく切りにしたフレッシュトマトと
 バジリコを添える


001 (2)

できあがり~


揚げているからしつこい・・・?


いえいえ そのあと焼いていることもあり


トマトの酸味も加わりおいしいですよ~


とまらなくなります


ピールのおつまみにもばっちりです


IMG_0054

昆布はこちらの刻み昆布を使いました


短時間で昆布だしができて使いやすいです


8月の昆布大使レポートでした


皆様素敵な日曜日をお過ごしください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです



レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ




LINEでブログ更新のお知らせが届きます
読者登録よろしかったらお願いいたします

ありがとうございました

昆布大使の7月レポートから・・・ってもう8月ですが・・・まだブログの方にのせていませんでした昆布だし風味のピッツァ生地に昆布だしを加えて作りましたこれがおいしい~そのままフォカッチャのように食べれますが今日は夏らしい具材をのせてみましたひとつはエビサラダ  ... 続きを読む
006


昆布大使の7月レポートから・・・


ってもう8月ですが・・・


まだブログの方にのせていませんでした


昆布だし風味のピッツァ


生地に昆布だしを加えて作りました


これがおいしい~


そのままフォカッチャのように食べれますが


今日は夏らしい具材をのせてみました


002

ひとつはエビサラダ 明太マヨ添え


昆布だし風味のピッツァ生地に


チーズとアンチョビをのせて焼き


エビとルッコラなどのサラダをたっぷりのせ


明太子マヨネーズをかけます


003

もう一枚は


トマトソース キムチ タコ チーズをのせ


オーブンへ


焼けたらトマトのざく切りとしその葉をちらします


材料(直径20㎝の型2枚分)
強力粉      200g
昆布だし     150cc
★ぬるま湯状態
オリーブオイル  小さじ2
真昆布の粉末   小さじ1
砂糖・塩     ひとつまみ
イースト     5g

とけるチーズ   160g

ピザソース    大さじ2
タコ       50g
キムチ      40g
フレッシュトマト 1個(60g)
シソ       3枚

アンチョビ    1枚
ルッコラ     50g
エビ       45g
aオリーブオイル 小さじ1
aレモン汁    小さじ1
a塩・コショウ  少々
明太子マヨネーズ 適量


レシピ
①ボウルに強力粉を入れ真ん中にイースト
 粉の上に砂糖・塩・真昆布の粉末
 オリーブオイルを入れ昆布だしを少しずつ
 加えていく
★昆布だしは150ccの水に4gの昆布を
 つけて一晩置きぬるま湯状態に温める

②昆布だしを少しずつ加えかき混ぜ
 生地がべとべとしなくなるまでボウルの
 中で打ち続ける

③生地がをひとまとめにしてラップをして
 1時間位置く
★倍に膨らみます

④発酵した生地を半分に分け粉をふった
 台にのせ麺棒で3mmぐらいにのばし
 型にのせる
★型には薄くオリーブオイルをふっておく

⑤一つにはピザソース 刻んだキムチ
 刻んだタコ チーズの半量をのせる

⑥もう一枚は残りのチーズとアンチョビを
 ちぎってのせる

⑦250℃に温めたオーブンで⑤と⑥を
 約10~15分焼く

⑧タコキムチにはざく切りにしたトマトと
 千切りのシソをのせる

⑨アンチョビチーズには茹でたエビと
 ルッコラをaの調味料で和えたものを
 のせ明太マヨネーズをかける
★明太マヨネーズは明太子15g 
 マヨネーズ20gを混ぜ合わせたものを
 適量かける


010

できあがり~


昆布の旨味がきいたピッツァ生地がおいしい~


具材に少し和のものを取り入れたので


ばっちりなおいしさです


ビールがほしい~


ぜひぜひお試しください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです



レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ






LINEでブログ更新のお知らせが届きます
読者登録よろしかったらお願いいたします

ありがとうございました
 
 

6月の昆布大使レポートから・・・カルパッチョです~シンプルに鯛を使いました一口食べてびっくりワインの香りと昆布の旨味が広がります~そう昆布で挟んだ鯛に辛口白ワインをたっぷり注ぎ一晩置きます昆布は真昆布を使っています昆布の旨味があるのでかる~く塩をふってオリ ... 続きを読む
005 (2)

6月の昆布大使レポートから・・・


カルパッチョです~


シンプルに鯛を使いました


一口食べてびっくり


ワインの香りと昆布の旨味が広がります~


IMG_5815

そう昆布で挟んだ鯛に


辛口白ワインをたっぷり注ぎ


一晩置きます


昆布は真昆布を使っています


002

昆布の旨味があるので


かる~く塩をふってオリーブオイルをかけ


レモンの皮の細切りとスプラウトをちらします


008

そしてこちら・・・


鯛をくるんでいた昆布・・・


さっと洗ってよく水気を切り


細く切って 天ぷら風に~


塩をふってレモンを絞っていただきます


この昆布にもワインの香りがしておいしいです~


材料(2~3人)
 お刺身用鯛   120g
 真昆布     25g
 白ワイン    200cc
 水       大さじ3
 レモンの皮   1/3個分
 スプラウト   少々
 オリーブオイル 大さじ1~
 塩       少々

 昆布〆の昆布  55g
 a天ぷら粉    大さじ2
 a水       大さじ2
 a卵白      30g
  揚げオイル    適量
 レモンの薄切り  2切れ
 イタリアンパセリ 少々
 塩        少々


レシピ
①バットに昆布を入れ白ワインと水を入れ
 15分ぐらいおき 鯛を昆布でくるむ
 ★昆布は初めにさっと水洗いする

②ラップをして一晩冷蔵庫に置く
 ★ちょうどいい大きさの器に入れ
  鯛がワインにつかるようにする

③鯛を薄く切り器に並べ軽く塩をふり
 オリーブオイルをかけて出かるく叩いて
 なじませる

④千切りにしたレモンの皮とスプラウト
 をちらす

⑤鯛をつけた昆布を水で洗い水気を切って
 細切りにしてaを混ぜる

⑥低めの温度のオイルでじっくり揚げる

⑦揚げたてに塩をふり器に盛り付け
 レモンを添える


007 (2)

できあがり~


どちらもほんのりワインの香り・・・


ワイン好きにはたまらない~


昆布と白ワインで 魚の臭みが消え


香りと旨味がついてふっくら仕上がります


ぜひぜひお試しください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです



レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ






LINEでブログ更新のお知らせが届きます
読者登録よろしかったらお願いいたします

ありがとうございました
    

昨日は寒かった~なんだか暑かったり寒かったり変なお天気ですねきょうは母の日街にはカーネーションをはじめプレゼント用のお花があふれていました~さて 昆布大使4月のレポートより・・・いきなりですが デパートの物産展が好きです~行ったことのない場所のおいしいもの ... 続きを読む
005


昨日は寒かった~


なんだか暑かったり寒かったり


変なお天気ですね


きょうは母の日


街にはカーネーションをはじめ


プレゼント用のお花があふれていました~


さて 昆布大使4月のレポートより・・・


いきなりですが デパートの物産展が好きです~


行ったことのない場所のおいしいものがいっぱい


見ているだけでも楽しい~


っていつも何かしら買ってしまいますが・・・


先日北海道物産展に行ってきました


001

で見つけたのがこちら・・・


高級だし昆布で知られる


真昆布の粉末で


塩をはじめとした調味料や保存料を


一切使っていない昆布100%


だからうま味や香りを付けたいときに


ささっと加えられる便利物です


004

今日はこの真昆布粉末を使って


たけのこと春キャベツのタリアテッレ


セミ・ドライトマトも加えています


お肉や魚系のものがないけれど


春野菜と昆布のうま味でおいしい~


そしてもう一つ・・・


003

昆布風味のブルスケッタ


IMG_3110

オリーブオイルに真昆布粉末と


おろしにんにくを加えてよくかき混ぜ


IMG_3114

パンに塗って焼くだけです


昆布の香りが香ばしい~


タリアテッレは・・・


IMG_3116

同じように オリーブオイルに


真昆布粉末とおろしにんにく


赤唐辛子をフライパンに入れ


IMG_3117

たっぷりキャベツと水に竹の子を加え


炒めてから パスタの茹で汁


セミ・ドライトマト 生クリーム


タリアテッレを加えて絡めます


真昆布粉末オイル
材料
 オリーブオイル    100cc
 ニンニク       10g
 真昆布粉末昆布         20g

レシピ
①オリーブオイルにすりおろしたニンニクと
 真昆布粉末を加えよく混ぜ合わせる


タリアテッレ
材料(3人)10分
 タリアテッレ    240g
 春キャベツ     250g
 たけのこ      120g
 ドライトマト    30g
 赤唐辛子(小)   2個
 真昆布粉末オイル    大さじ4
 豆乳クリーム    大さじ5
 塩         少々
 イタリアンパセリ  少々


レシピ
①お湯を2ℓ沸かし塩を20g入れ
 タリアテッレを茹でる

②フライパンに赤唐辛子と真昆布粉末
 オイルを大さじ3入れ食べやすい大きさに
 切った たけのことキャベツを加え炒める

③ドライトマトと 豆乳クリーム 残りの
 真昆布粉末オイルを加えパスタの茹で汁
 茹でたタリアテッレを加え手早く絡める

④器に盛り付けイタリアンパセリの
 みじん切りをふる


002

できあがり~


和風パスタ・・・


いえいえしっかりうま味のある


イタリアンなパスタです


おいしいですよ


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです



レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ







LINEでブログ更新のお知らせが届きます
読者登録よろしかったらお願いいたします

ありがとうございました   

3月の昆布大使のレポートからのレシピですゼッポリーネは ピッツァ生地に生海苔の様な海藻を練り込み 小さく丸めて揚げた料理ですアンティパストの一つでよくピッツァリアなどで出されますイタリアでは ほとんどのところで海藻類は食べませんがカンパーニャ地方のナポリ近 ... 続きを読む
007


3月の昆布大使のレポートからのレシピです


ゼッポリーネは ピッツァ生地に


生海苔の様な海藻を練り込み 小さく丸めて


揚げた料理です


アンティパストの一つで


よくピッツァリアなどで出されます


イタリアでは ほとんどのところで


海藻類は食べませんが


カンパーニャ地方のナポリ近郊は別です


002

日本では 青のりや 生もずくを入れて


つくったりしていましたが


IMG_1358

今日は昆布です


IMG_1357

もちろん生地にも


一晩昆布を漬けこんで作った


昆布だしを加えていきます


IMG_1362

粉とイースト 刻んだ昆布


オリーブオイル 塩と砂糖を加え


昆布だしで練り込んでいきます


IMG_1374

ラップをして 一時間位置いたものです


倍ぐらいの大きさになっています


IMG_1377

これをスプーンですくって


揚げオイルの中に入れカリッと揚げていきます


001

できあがり~


外はカリッと中はもっちリ


昆布だしの旨味と香りがつまっていて


昆布の食感も楽しい


食べ始めたらとまらなくなります


材料(22個分)75分(発酵時間含む)
 強力粉     80g
 薄力粉     80g
 塩       1g強
 砂糖      ひとつまみ
 イースト    5g
 オリーブオイル 小さじ2
 昆布だし    60cc
 昆布      70g(一晩漬け込む)
 揚げオイル   適量


レシピ
①水500ccに刻み昆布10gを加え一晩置く

②だしを取った昆布の水気をきり細かく刻む

③ボウルに強力粉と薄力粉を入れ真ん中を
  あけぬるま湯程度に温めた昆布だしを
  大さじ2入れ溶かしたイースト 塩・砂糖
  オリーブオイル 刻んだ昆布を加える

④昆布だしを少しづつ加えて混ぜ合わせ
  ボウルに打ち続けながら練り込み
  生地がべたつかなくなったら丸くして
  ラップをかけて1時間位置く

⑤倍ぐらいに膨らんだ生地をスプーンで
  丸くすくって揚げオイルに入れて揚げる
  
★揚げるとふくらむので少しずつ入れる

 ★1個14g位の大きさ


003

できあがり~


味はしっかりついているので


何もつけずにいただきます


ビールなどにぴったり~


出汁を取った昆布の活用に


いかがでしょうか・・・


ぜひぜひお試しください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです



レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ







LINEでブログ更新のお知らせが届きます
読者登録よろしかったらお願いいたします

ありがとうございました