ローマのおいしい生活in東京

20年間のイタリア生活を終え帰国。本場のイタリアンをはじめ普段のさりげない和食など見て楽しい食べておいしいお料理ブログです。

カテゴリ: 魚料理

先日 何気なくつけていたテレビでやっていたチーズたっぷりの 白子のグラタンそういえば イタリアでも似たようなものを食べたことを思い出し比較的安くてきれいな白子を見つけたので早速作ってみることに~まずは白子の下処理から白子は ざるに入れ熱湯を回しかけ冷水で ... 続きを読む
032


先日 何気なくつけていたテレビでやっていた


チーズたっぷりの 白子のグラタン


そういえば イタリアでも似たようなものを食べたことを思い出し


比較的安くてきれいな白子を見つけたので


早速作ってみることに~


まずは白子の下処理から


053

白子は ざるに入れ熱湯を回しかけ


冷水で優しく洗い血筋などを取り除きます


054

キッチンペーパーなどで優しく水けをふきとったら


一口大の大きさに切り 薄力粉をまぶし


055

オリーブオイルで軽く 焼き色を付けます


次にソース作りです


046

薄切りにした玉ねぎをよく炒め


透き通ってきたら薄力粉を加え 粉っぽさがなくなるまで炒めたら


048

牛乳と白味噌


イタリアで食べた時は アンチョビを加えるといっていましたが


今回は白味噌にしました


049

とろみが出てくるまで弱火でかき混ぜます


050

耐熱の器は軽くオイル・・・またはバターを塗って


薄切りにして レンチンで加熱したジャガイモを敷きつめ


056

玉ねぎとともにソースをのせ 軽く焼いた白子をのせます


057

チーズと松の実をのせたら


180℃のオーブンで15分焼きます


016

こんがり焼けたら パルミジャーノをたっぷりとかけます


027

とろ~りチーズが プルンとした白子に絡み


たまらないおいしさです~


【材料(2人)】
白子・・・160g
玉ねぎ・・・1/4(50g)
ジャガイモ・・・1個(80g)
オリーブオイル・・・大さじ1+小さじ2
薄力粉・・・大さじ1+大さじ1
牛乳・・・160ml
白味噌・・・大さじ1
塩・コショウ・・・少々
チーズ・・・100g
松の実・・・5g
パルミジャーノ・・・適量


【レシピ】
①白子は軽く水洗いをしたら熱湯を回しかけ 冷水に入れ 血筋などを
 取り除き きれいにする

②キッチンペーパーなどで優しく水分をふき取り 薄力粉大さじ1をまぶして
 フライパンにオリーブオイル小さじ2を加えて 軽く焼き色を付け 取り出しておく

③フライパンにオリーブオイル大さじ1を加え 薄切りにした玉ねぎをよく炒め
 透明になってきたら残りの薄力粉大さじ1を入れ 粉っぽさがなくなるまで炒める

④牛乳と白味噌を加え とろみがつくまでかき混ぜながら弱火にかけ塩・コショウで
 味を調える

⑤耐熱皿に薄くオイル(分量外)を塗り 薄切りにして600wのレンジで2分加熱した
 ジャガイモを敷きつめ④のソースを玉ねぎごとのせる

⑥②の軽く焼いた白子をのせ チーズと松の実をのせたら180℃のオーブンで
 15分ぐらい焼き パルミジャーノをたっぷりかける


【ポイント】
★白子は血筋や汚れ ぬめりをしっかり落としてから調理します

★白味噌を加えることでコクと深みが出ます


020

できあがり~


ワインが進む おしゃれなバル料理ができあがりました


とろッとろでおいしいです


ぜひぜひお試しください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ブログへのご訪問ありがとうございます!


読者登録よろしかったらお願いいたします   



インスタやっております♪
いいね!&フォローしていただけるとと嬉しいです

Instagram

ランキングに参加しております
ぽちっと応援して頂けると嬉しいです


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

我が家のぶり大根大根たっぷりが好きです~切り身でもいいけれど 今回はお値段手頃のアラで作りますまずは ぶりの臭みをしっかり取り除くことがおいしさのポイントアラに塩をふって 10分以上置きますざるに取り 熱湯を回しかけます水で ウロコや 血合いの汚れなどを ... 続きを読む
023


我が家のぶり大根


大根たっぷりが好きです~


切り身でもいいけれど 今回はお値段手頃のアラで作ります


050

まずは ぶりの臭みをしっかり取り除くことがおいしさのポイント


アラに塩をふって 10分以上置きます


052

ざるに取り 熱湯を回しかけます


053

水で ウロコや 血合いの汚れなどを取り除いたら


しっかり水気をふき取ります


051

大根は2㎝幅の半月切りにして


米のとぎ汁で 竹串がすぅ~ととおるぐらい下茹で


054

鍋に下茹でした大根とぶり 日本酒と昆布だしを入れ


火にかけます


055

アクが出てくるので しっかりすくい取り


てんさい糖と醤油で味付け


今回 甘みはてんさい糖を使いました~


てんさい糖の甘さは優しくまろやか


煮物料理などは コクやテリが出ます


056

落し蓋・・・(無いのでアルミホイルで)をのせ


煮汁が 少し残る程度になるまで煮ていきます


015

お皿に盛り付け 仕上げにゆずの皮のすりおろしと


カイワレをちらします


【材料(2~4人)】
ぶりのアラ・・・480g
大根・・・1/2本
日本酒・・・120ml
昆布だし・・・500ml
てんさい糖・・・40g
醤油・・・40g
ゆずの皮・・・少々
カイワレ・・・少々


【レシピ】
①ぶりのアラをバットなどに並べ 塩をふり 10分以上置いたら
 ざるに入れ熱湯を回しかける

②水をかけて 血合いやウロコなどを丁寧に取り除き 
 キッチンペーパーで しっかり水気を切る

③大根は2~3㎝厚さの半月切りにして ひたひたの米のとぎ汁
 (または水)で 竹串がすぅーととおるぐらいまで下茹でする
★大体10分~ぐらい

④鍋に下茹でした大根 ぶりを入れ日本酒と昆布だしを加え
 あくを取りながら煮る

⑤10分ぐらい煮たところで醤油とてんさい糖を加え落し蓋をして
 煮汁が少し残るぐらいまで煮る

⑥器に盛り付けゆずの皮のすりおろしとカイワレをちらす


【ポイント】
★ぶりのアラは塩をふって熱湯をかけてしっかり臭みを取り除く

★仕上げのゆずの皮が さわやかでさっぱりとします


016

できあがり~


お気に入りの器を 引っ張り出してきて


盛り付けました


ごはんのおかずはもちろん おつまみにもいいですね~


ぜひぜひお試しください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ブログへのご訪問ありがとうございます!


読者登録よろしかったらお願いいたします   



インスタやっております♪
いいね!&フォローしていただけるとと嬉しいです

Instagram

ランキングに参加しております
ぽちっと応援して頂けると嬉しいです


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

牡蠣の季節ですね~カキフライは 夫が好きなのでよくお弁当に入れます今日のレシピは 炒め物・・・これもお弁当向きです牡蠣に豚バラ肉を巻き付けて 焼きます味付けに ナンプラーが入るのでちょこっとエスニックな香り~牡蠣に しゃぶしゃぶ用の豚バラ肉を巻き付け塩・ ... 続きを読む
023


牡蠣の季節ですね~


カキフライは 夫が好きなのでよくお弁当に入れます


今日のレシピは 炒め物・・・これもお弁当向きです


牡蠣に豚バラ肉を巻き付けて 焼きます


味付けに ナンプラーが入るのでちょこっとエスニックな香り~


050

牡蠣に しゃぶしゃぶ用の豚バラ肉を巻き付け


塩・コショウ 片栗粉をまぶします


051

フライパンにオイルを入れ 肉の巻き終わり部分を下にして


焼いていきます


しばらく放置・・・牡蠣がぶく~としてくるので


そうしたらひっくり返して


052

肉全体に焼き色がついたら日本酒をふりかけます


053

醤油 ナンプラー みりんを加えたら


強火でフライパンをゆすりながら 絡めていきます


054

煮汁が煮詰まってきたら 小口切りのネギをたっぷりと


サクッと混ぜ合わせ


011

器に盛り付け またまたねぎをのせ


できあがりです


材料【2人】
牡蠣・・・1パック(150g、9粒)
豚バラ肉・・・9枚(100g)
★しゃぶしゃぶ用)
塩・コショウ・・・少々
片栗粉・・・小さじ1
米油・・・小さじ1
日本酒・・・大さじ2
醤油・・・大さじ1
みりん・・・大さじ1
ナンプラー・・・小さじ1
青ネギ・・・5本


レシピ
①牡蠣はさっと水洗いして水気をしっかりふき取り 豚バラ肉を巻き付け
 塩・コショウ 片栗粉をまぶす

②米油を入れたフライパンに肉の巻き終わり部分を下にした牡蠣を入れ
 焼いていく

③牡蠣に火が通ってぷくっとしてきたらひっくり返し肉に焼き色を付け
 日本酒を注ぐ

④醤油 みりん ナンプラーを加え強火でフランパンをふりながら絡め
 小口切りにした青ネギの2/3を加える

⑤器に盛り付け 残りのネギを添える


014

できあがり~


片栗粉をふっているのでとろ~とした汁が牡蠣に絡まっておいしいです


ナンプラーが入ることで お味がちょこっとエスニック・・・


牡蠣の臭みもなくなりうま味がまします~


ごはんに汁ごとかけていただくのもおいしいです


しっかりした味付けなのでお弁当にもお勧め


ぜひぜひお試しください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ブログへのご訪問ありがとうございます!


読者登録よろしかったらお願いいたします   



インスタやっております♪
いいね!&フォローしていただけるとと嬉しいです

Instagram

ランキングに参加しております
ぽちっと応援して頂けると嬉しいです


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

2451-main

注目のイタリア野「ラデッキオ・ロッソ」赤紫の葉が美しい
イタリアの冬野菜についてご紹介しています。
注目イタリア野菜「ラディッキオ・ロッソ」とは


ぜひぜひご覧になってみてください



さむ~い日だったこともあり エビもあったのでエビのマカロニグラタンを作ることに~エビに マッシュルーム ブロッコリー 玉ねぎマカロニは 貝の形の”コンキリエ”ここまではよかったのですが 牛乳がないことに~でももうグラタンの気分・・・ということで牛乳を使わ ... 続きを読む
025


さむ~い日だったこともあり エビもあったので


エビのマカロニグラタンを作ることに~


049

エビに マッシュルーム ブロッコリー 玉ねぎ


マカロニは 貝の形の”コンキリエ”


ここまではよかったのですが 牛乳がないことに~


でももうグラタンの気分・・・


ということで牛乳を使わない ヴェルタ―タソースのグラタンを作ることに


”ヴェルタ―タ”は なめらかなといった意味で野菜を裏ごしして


作ったりしますが 小麦粉とバターと野菜だしでも作ることがあります


おもに魚介に合わせることが多いです


050

バターを溶かし 小麦粉を加え


052

弱火でよ~く混ぜ合わせていきます


053

野菜だしを加え とろみがつくまで


弱火で加熱します


別のフライパンで エビと 玉ねぎとマッシュルームを炒め


057

先ほどのヴェルタ―タソースを加え 塩・コショウで味付け


059

茹でたパスタを絡めて


060

薄くバターを塗った器に入れ


下茹でしたブロッコリー パン粉 粉チーズをふって


オーブンで焼きます


012

表面カリッとしたらOKです


材料(1~2人)
【ヴェルタ―タソース】
バター・・・25g~
小麦粉・・・25g
野菜だし・・・300ml
白ワイン・・・大さじ2

マッシュルーム・・・4個
玉ねぎ・・・1/2(65g)
ブロッコリー・・・30g
エビ・・・6個(80g)
オイル・・・大さじ1
コンキリエ・・・55g

塩・コショウ・・・少々
パン粉・・・少々
粉チーズ・・・少々


レシピ
①エビは殻をむき マッシュルーム 玉ねぎは薄切り ブロッコリーは
 小房に分け下茹でしておく

②フライパンでバターを溶かし小麦粉を加えよく混ぜ合わせる

③温めておいた野菜だしと白ワインを加えとろみがつくまで混ぜ合わせる

④別のフライパンにオイルを入れ エビと玉ねぎ マッシュルームを炒める

⑤④のソースを加え塩・コショウで味を調え 茹でたコンキリエを加えよく和える

⑥器にバター(分量外)を薄く塗り ⑤を入れ ブロッコリー パン粉と粉チーズを
 ふり 220℃のオーブンで約10分焼く


024

できあがり~


エビのうま味が引き立つ 優しいお味に仕上がりました


ぜひぜひお試しください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ブログへのご訪問ありがとうございます!


読者登録よろしかったらお願いいたします   



インスタやっております♪
いいね!&フォローしていただけるとと嬉しいです

Instagram

ランキングに参加しております
ぽちっと応援して頂けると嬉しいです


レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

2451-main

注目のイタリア野「ラデッキオ・ロッソ」赤紫の葉が美しい
イタリアの冬野菜についてご紹介しています。
注目イタリア野菜「ラディッキオ・ロッソ」とは


ぜひぜひご覧になってみてください




今が旬の牡蠣と えのきの炒め物です~ささっと できちゃうのがポイントですごはんのおかずはもちろん おつまみにも最適!牡蠣には 白ワインまたは日本酒をふって5分ぐらいおきます臭みを取り ぷっくら仕上げますそのあと軽く水けをふきとり 塩・コショウ 小麦粉をまぶ ... 続きを読む
020


今が旬の牡蠣と えのきの炒め物です~



ささっと できちゃうのがポイントです



ごはんのおかずはもちろん おつまみにも最適!



050

牡蠣には 白ワインまたは日本酒をふって5分ぐらいおきます



臭みを取り ぷっくら仕上げます



051

そのあと軽く水けをふきとり 塩・コショウ 小麦粉をまぶし



えのきは ほぐしておきます



052

フライパンにバターを入れ 牡蠣を焼いていきます



両面を焼いて牡蠣が ぷっくりしてきたところで



いったん取り出します



053

同じフライパンに えのきを入れ炒めて



えのきがしんなりしたら



054

牡蠣を戻しポン酢で味付け



010

器に盛り付け 豆苗を添えます



材料(2人)
えのき・・・1袋
牡蠣・・・6粒(120g)
白ワイン(または日本酒)・・・大さじ1
塩・コショウ・・・少々
小麦粉・・・小さじ2
バター・・・15g
ポン酢・・・大さじ1
豆苗・・・少々



レシピ
①牡蠣に白ワインをふり5分ぐらいおき そのあと軽く水気を切り
 塩・コショウ 小麦粉をまぶし えのきはほぐしておく

②フライパンにバターを入れ牡蠣の両面をこんがり焼きぷっくらしてきたら
 いったん取り出す

③同じフライパンでえのきを炒めしんなりしてきたら牡蠣を戻しポン酢で
 味付けをする

④器に盛り付け 豆苗を添える



013

できあがり~



牡蠣を焼く前に 白ワインをふって臭みを取り除きます



牡蠣は火を入れすぎると小さくなってしまうので



いったん取り出しておいて あとから混ぜ合わせると



ぷっくり仕上がります



ぜひぜひお試しください



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします   


ご無沙汰しております・・・ブログはずぅ~と投稿していたのですが実は予約投稿でして イタリアの方に行っておりました~今回も 北の方・・・ミラノに入って アルバ ベルガモなどピエモンテ地方をめぐっておりました~また旅行記はのせていきたいと思いますさて今日は過 ... 続きを読む
012


ご無沙汰しております・・・



ブログはずぅ~と投稿していたのですが



実は予約投稿でして イタリアの方に行っておりました~



今回も 北の方・・・ミラノに入って アルバ ベルガモなどピエモンテ地方を



めぐっておりました~



また旅行記はのせていきたいと思います



さて今日は過去レシピから



見た目も豪華な 魚介のサラダ 「インサラータ・ディ・マーレ」です



イタリアのクリスマスに欠かせないお料理でもあります



エビ イカ たこに 貝類と魚介たっぷり



そして我が家では プチトマトや ジャガイモ セロリなど



野菜もたっぷり入ります~



ポイントを押さえれば おうちでレストランのようなお味に仕上がります



IMG_8240

まずは魚介を茹でていきますが



ただ水で茹でるのではなく



セロリとパセリ 玉ねぎとレモンを入れた



クールブイヨンと呼ばれるおだしで茹でていきます



IMG_8242

魚介はそれぞれ 別々に茹でていきます



アサリ ムール貝は貝がひらいたらすぐ引き上げ



エビは殻つきのまま茹でてから殻と頭をとり



イカは茹でてから輪切りに・・・



タコは蒸しダコですがさっとクールブイヨンにくぐらせ香りをつてから
 


食べやすい大きさに切ります



IMG_8253

ジャガイモは 魚介を茹でたクールブイヨンで茹でて



小さな角切りに プチトマトとオリーブは半分に



セロリは薄切りにします



IMG_8254

ドレッシングは オリーブオイル レモン汁



そして魚介とジャガイモを茹でたクールブイヨンを加えます



002

あとは混ぜ合わせればOKです



材料(4~6人)
クールブイヨン
a水・・・1ℓ
aレモン・・・1/2
aニンニク・・・1個
aセロリ・・・30g
a玉ねぎ・・・40g
aパセリ・・・少々
a白ワイン・・・大さじ3
a塩・・・小さじ1/2

アサリ(殻付き)・・・200g
ムール貝・・・160g
エビ(殻付き)・・・8尾(340g)
イカ・・・100g
タコ・・・160g

ジャガイモ・・・1個(120g)
★煮崩れしないメークイン
セロリ・・・60g
プチトマト・・・10個(120g)
黒オリーブ(種なし)・・・12個

bオリーブオイル・・・大さじ3
bレモン汁・・・大さじ3
bクールブイヨン(魚介の茹で汁)・・・大さじ3
塩・コショウ・・・少々
パセリ・・・少々


レシピ
①鍋にaの材料を入れひと煮立ちさせクールブイヨンを作る

②魚介をそれぞれ茹で 茹で汁はざるで漉しておく
★アサリ ムール貝は貝が開いたらすぐ上げる
★エビは殻つきのまま茹でてから殻と頭をとる
★イカは茹でてから輪切りにする
★タコは蒸しダコですがさっとクールブイヨンにくぐらせ香りをつけ
 食べやすい大きさに切る

③ジャガイモはクールブイヨンで茹で小さな角切りに プチトマト 黒オリーブ
 は半分に セロリは薄切りにする

④bの材料をよく混ぜ合わせ塩・コショウで味を調え 魚介と野菜にかけてよく和え
 器に盛り付けみじん切りのパセリをふる



013

冷蔵庫で30分以上置くと 味がなじんでおいしくなります~



クリスマスやパーティーメニューにおすすめです



おいしさのポイントは クールブイヨンで魚介を茹でていくこと



茹ですぎないように気を付けてください



ぜひぜひお試しください



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします   







意外と簡単に作れて ごちそう感が抜群なエビのリヴォルノ風リヴォルノはイタリアのトスカーナ州の県のひとつでリグーリア海に面している港街ですリヴォルノ風は その街の伝統的な料理といわれていますバッカラと呼ばれる干したらのリヴォルノ風が有名ですが今日はあたま付 ... 続きを読む
025


意外と簡単に作れて ごちそう感が抜群な



エビのリヴォルノ風



リヴォルノはイタリアのトスカーナ州の県のひとつで



リグーリア海に面している港街です



リヴォルノ風は その街の伝統的な料理といわれています



バッカラと呼ばれる干したらのリヴォルノ風が有名ですが



今日はあたま付きのエビで作っていきます



050

オリーブオイルに ザクみじん切りにした玉ねぎ



ニンニクとセロリを炒めます



魚介のソースには 人参ではなくセロリを加えると 香りよく仕上がります



我が家では安い時に買ってきて みじん切りにして冷凍しています



052

しんなりしてきたら



053

つぶしたホールトマトを加え



054

3~4分煮て 塩で味を調えます



055

あたまと尾っぽを残したエビ 身の部分だけ殻を取っています



楊枝などで 背ワタは取ってください



ワインをふり 蓋をして約4~5分煮込みます




056

こ~んな感じ



煮込みすぎると身が固くなるので注意です



018

器に盛り付け パセリとオリーブオイルをふります



あたま付きなので エビのうま味がトマトソースに溶け込みます



材料(2人)
エビ・・・6尾
オリーブオイル・・・大さじ1~
玉ねぎ・・・50g
セロリ・・・30g
ニンニク・・・1片
ホールトマト・・・1缶(400g)
塩・・・少々
白ワイン・・・大さじ2
イタリアンパセリ・・・少々



レシピ
①フライパンにオリーブオイルを入れ ザクみじん切りの玉ねぎ セロリ
 ニンニクを入れ炒める

②香りが出てしんなりしてきたらホールトマトを加え3~4分ぐらい煮込み
 塩で味を調える

③あたまと尾っぽを残して身の部分だけ殻をむいて背ワタを取ったエビをそっと入れ
 白ワインをふり 蓋をして4~5分煮込む

④器に盛り付けみじん切りのイタリアンパセリ オリーブオイル(分量外)をふる



013

できあがり~



エビのうま味たっぷりのトマトソースは



パンにつけてお召し上がりください



意外と白いご飯も合います



やっぱりワインはいりますね~



パーティーなどにもお勧めです



ぜひぜひお試しください




★★お知らせ★★

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

main

プロに教わる「ワンパン」&「漬けおきパスタ」

プロに教わったフライパン一つでできる「ワンパンパスタ」と
水に漬けておくことで時短&もちもちになる「漬けおきパスタ」のご紹介です


ぜひぜひご覧になってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします   


秋鮭ときのこで ボーソー米油を使った季節の一皿です~今年 秋鮭不漁だそうですね・・・でもうちの近所の魚屋さんには 手ごろなお値段で売っていますそんな秋鮭ときのこ・・・きのこは 舞茸 椎茸 えのき しめじ エリンギなどをにんにくとボーソー米油でシンプルに炒 ... 続きを読む
030


秋鮭ときのこで ボーソー米油を使った季節の一皿です~




今年 秋鮭不漁だそうですね・・・でも




うちの近所の魚屋さんには 手ごろなお値段で売っています




そんな秋鮭ときのこ・・・




きのこは 舞茸 椎茸 えのき しめじ エリンギなどを




にんにくとボーソー米油でシンプルに炒めます




同じく塩・コショウして焼いた秋鮭に マヨネーズとマスタードをのせ




チーズをかけてオーブンで焼きます




050

きのこはほぐして 椎茸は細切りにします




051

ボーソー米油に薄切りのにんにくを加え




香りを出したら きのこを全部入れ




053

香りづけに白ワインを加え 炒めていき




塩・コショウして 耐熱皿にのせます




きのこはシンプルに炒めたものが 一番香りが引き立ちます




055

秋鮭は 塩・コショウ 薄力粉を薄くふって




056

同じくボーソー米油で焼いていきます




ボーソー米油は 国産米ぬかを原料としていて




栄養たっぷりで どんな食材とも相性がよく おいしさが長持ちします




皮目などが カリッと焼きあがります




057

きのこの上にのせ・・・




058

マヨネーズとマスタードを混ぜ合わせたものを




秋鮭の上にのせ




059

チーズをたっぷりと~




180℃のオーブンでチーズがとけるまで焼きます




具材には すでに火がとっているのでチーズが溶ければOK




トースターでもいいですよ~




026

パセリをふってできあがりです




材料(2人)
秋鮭・・・2切れ
塩・コショウ・・・少々
薄力粉・・・少々
ボーソー米油・・・大さじ2
にんにく・・・1片
舞茸・・・80g
しめじ・・・100g
椎茸・・・3個
えのき・・・1袋
エリンギ・・・2個
白ワイン・・・大さじ1
aマスタード・・・大さじ1
aマヨネーズ・・・大さじ1
チーズ・・・60g
パセリ・・・少々


レシピ
①舞茸 しめじ えのき エリンギは石づきを落としてからほぐし
 椎茸は細切りにする

②フライパンにボーソー米油の半量と薄切りにんにくを加え 香りが出たら
 ①のきのこ類を全部入れ 白ワインを加え炒め 塩・コショウして
 耐熱皿に盛り付ける

③秋鮭に塩・コショウと薄力粉を薄くまぶし 残りのボーソー米油で両面こんがりと焼く

④きのこの上に秋鮭をのせ aを混ぜ合わせたものを秋鮭にぬり チーズをのせたら
 180℃のオーブンでチーズがとけるまで焼き パセリのみじん切りをふる




米油でつくるきのこ&旬野菜のレシピ
米油でつくるきのこ&旬野菜のレシピ






024

できあがり~




秋鮭に マスタード風味のチーズ きのこの相性がばっちり~




炒めたきのこの香りがたまりません~




ワインにも合う一品です




ぜひぜひお試しください




★★お知らせ★★

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

イタリア料理にかかせないトマトの加工品についてのお話です

ぜひぜひご覧になってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします   


にんにくと豆板醤でぴりっと辛口に仕上げたマグロとレンコンの炒め物赤と緑のピーマンも加えていますマグロはお刺身は当然おいしいけれど火を入れてもおいしい~マグロは さくを厚めのそぎ切りにして軽く塩・コショウ 片栗粉をまぶしますレンコンは大きかったので 1㎝厚さ ... 続きを読む
032


にんにくと豆板醤でぴりっと辛口に仕上げた




マグロとレンコンの炒め物




赤と緑のピーマンも加えています




マグロはお刺身は当然おいしいけれど




火を入れてもおいしい~




050

マグロは さくを厚めのそぎ切りにして




軽く塩・コショウ 片栗粉をまぶします




レンコンは大きかったので 1㎝厚さの輪切りにしてから 縦横に切って4等分




ピーマンは縦に6等分に切ります



052

にんにくは ハウスおろし生にんにく




豆板醤 トマトケチャップなど 調味料は混ぜておきます




053

マグロは両面をを焼いたらいったん取り出し




054

マグロを焼いたフライパンはキッチンペーパーなどできれいにしてから




レンコンの両面を焼きます




055

ピーマンを加え さっと炒めたら




056

マグロを戻し 混ぜ合わせておいた調味料を加え




058 (2)

よく混ぜ合わせ 全体に絡めて 最後に鍋肌にごま油をたらします




材料(2人)
マグロ(サク)・・・150g
塩・コショウ・・・少々
片栗粉・・・小さじ2弱
レンコン・・・180g
ピーマン赤・緑・・・各2個
オイル・・・大さじ1
aおろし生にんにく・・・10g
aケチャップ・・・大さじ2
a水・・・大さじ2
a豆板醤・・・小さじ1/2~1
a醤油・・・小さじ1/2
ごま油・・・小さじ1



レシピ
①マグロは厚めのそぎ切りにして軽く塩・コショウして片栗粉をまぶし
 レンコンは1㎝ぐらいの輪切りにしてから縦横に切って4等分 ピーマンは
 縦に6等分に切る

②aの調味料を混ぜ合わせておく

③フライパンにオイルの半量を入れマグロの両面を焼いたらいったん取り出す

④マグロを焼いたフライパンをキッチンペーパーなどできれいにして
 残りのオイルを入れレンコンの両面を焼く

⑤ピーマン赤・緑を加え炒めたら マグロを戻し合わせておいた調味料を加え
 全体に絡ませ仕上げに鍋肌にごま油を加える




022

豆板醤の量は お好で調整してください




我が家は辛い物好きなので小さじ1入れます・・・




甘酸っぱくてピリッと辛いソースが食欲をそそる一品です




ぜひぜひお試しください




★★お知らせ★★

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

イタリア料理にかかせないトマトの加工品についてのお話です

ぜひぜひご覧になってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします   


今日は 簡単にできて 見栄えもよく パーティー料理にもお勧めなカルパッチョのご紹介ですカルパッチョは ご存じの通りイタリア料理ですがイタリアでは牛肉を薄く切ったものが始まりですが最近では たこやメカジキ スカンピ(手長エビ)など魚介のものもあります簡単だ ... 続きを読む
033

今日は 簡単にできて 見栄えもよく パーティー料理にもお勧めな




カルパッチョのご紹介です




カルパッチョは ご存じの通りイタリア料理ですが




イタリアでは牛肉を薄く切ったものが始まりですが




最近では たこやメカジキ スカンピ(手長エビ)など魚介のものもあります




簡単だけれどポイントがいくつかあります




050

今日使うのは鯛です




薄く切って 器に重ならないように並べ




塩(岩塩)をふり 軽くたたくようにしてよくなじませます




051

上に散らすのは 紫菊




紫菊は彩りの華やかさだけでなく




殺菌作用もあるといわれ よくお刺身のパックに黄色菊が添えられているのは




そのためといわれています




053

レモンの皮のすりおろし




そして昆布・・・・これはだしを取った昆布を低温で焼き乾燥させてから




細かくしたものです




仕上げにボーソー米油をたっぷりかけます




いつもならオリーブオイルですが




今回はボーソー米油を使ってみました~




ボーソー米油は 国産米ぬかを原料としていて




栄養たっぷりで どんな食材とも相性がよく おいしさが長持ちします~




クセがなくさらっとしていて 繊細な白身魚のうま味を引き立ててくれますよ




021 (2)

仕上げにいくらとカイワレ




材料(2~4人)
お刺身用鯛(サク)・・・120g
塩・・・小さじ1/2
紫菊・・・1個
レモンの皮・・・1/2個
ボーソー米油・・・大さじ2
いくら・・・適量
カイワレ・・・少々
乾燥昆布・・・少々★



レシピ
①お刺身用鯛を薄く切って重ならないように器に盛り付け塩を
 まんべんなくふり軽く指でたたいてなじませる

②紫菊をちぎって鯛の上に散らし レモンの皮をすりおろしたものと
 乾燥昆布をちらしボーソー米油をかけいくらとカイワレをちらす



★乾燥昆布のほか 昆布茶でもOKです
 乾燥昆布の作り方はまた詳しくご紹介します




米油でつくるきのこ&旬野菜のレシピ
米油でつくるきのこ&旬野菜のレシピ






026

上に散らすもので味が変化しますが




白身魚などは繊細な味なので あまり強いハーブは避けた方がいいです




昆布のうま味と レモンの酸味 いくらの塩気と 紫菊と春菊のほのかな苦みを




米油がやさしく包み カルパッチョのおいしさを引き立てます~




ワインにもピッタリで これからのパーティーシーズンにもピッタリの一品です




ぜひぜひお試しください




★★お知らせ★★

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

イタリア料理にかかせないトマトの加工品についてのお話です

ぜひぜひご覧になってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします   


先日行った居酒屋さんで食べた いわしのつみれ揚げがとってもおいしかったので 作ってみることに~いわしは ウロコと頭 内臓は魚屋さんで取ってもらいました手開きして 中骨と尾っぽを取って包丁でたたき歯ごたえを残すため 粗みじん切りにしたレンコンシソ 卵黄 お ... 続きを読む
026


先日行った居酒屋さんで食べた いわしのつみれ揚げが




とってもおいしかったので 作ってみることに~



050

いわしは ウロコと頭 内臓は魚屋さんで取ってもらいました




手開きして 中骨と尾っぽを取って包丁でたたき




歯ごたえを残すため 粗みじん切りにしたレンコン




シソ 卵黄 おろししょうが 調味料と 片栗粉を加え混ぜ合わせ




丸めます~




051

揚げオイルはボーソー米油です




サクッとさらっと仕上がります




052

オイルはフライパンに1㎝ぐらいでOKです




つくねの周りの色が変わってきたら・・・




053

ひっくり返して 両面をこんがりときつね色に揚げていきます




054

キッチンペーパーにのせ 油をきり




015

シソとともに盛り付け




016

たたいた梅干しと合わせた大根おろしを添えます




材料(6個分)
いわし・・・5尾
レンコン・・・80g
シソ・・・6枚
a卵黄・・・1個
a片栗粉・・・大さじ1~
aすりおろししょうが・・・5g
a日本酒・・・大さじ1
a味噌・・・小さじ2
米油・・・1/2カップ

大根・・・5㎝ぐらい
梅干し・・・3個

シソ・・・6枚




レシピ
①いわしは手開きして中骨と尾を取り包丁でたたき レンコンは粗みじん切り
 シソはみじん切り aを加え混ぜ合わせ6等分して丸める

②フライパンに米油を入れ丸めたつみれを揚げる

③シソとともに器に盛り付け おろした大根に種を取りたたいた梅干しを混ぜ合わせた
 梅大根おろしを添える



ボーソー米油部 米油レシピ
ボーソー米油部 米油レシピ





018

できあがり~




お弁当にもお勧めです




ぜひぜひお試しください




★★お知らせ★★

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

イタリア料理にかかせないトマトの加工品についてのお話です

ぜひぜひご覧になってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします   


先日テレビを見ていて エビチリが出てきてどうしても食べたくなりました~冷凍庫に凍らせたエビがあったのを思い出し作ろう~と思ったけれど ちょこっとエビがたりない・・・ということで厚揚げでかさましすることに~エビは解凍して しっぽだけつけて 後は殻をむきます ... 続きを読む
025


先日テレビを見ていて エビチリが出てきて




どうしても食べたくなりました~




冷凍庫に凍らせたエビがあったのを思い出し




作ろう~と思ったけれど ちょこっとエビがたりない・・・




ということで厚揚げでかさましすることに~




050

エビは解凍して しっぽだけつけて 後は殻をむきます




厚揚げは 食べやすい大きさ16等分にして




どちらにも片栗粉をまぶします




052

エビチリの調味料は混ぜ合わせておくと便利~




053

中華はオイルたっぷりがおいしい~




ビタミンEたっぷりの米油を使っていきます




054

片栗粉をまぶしたエビと厚揚げを炒めていきます




055

エビの色が変わってきたら 混ぜ合わせておいた調味料を




一気に加え




056

しっかりと絡め とろ~んとしてきたら 小ねぎの小口切りを加えたらできあがりです




018

野菜が少ないので レタスのせん切りをしいて




その上に盛り付けました~




材料(2人)
エビ・・・8匹
塩・コショウ・・・少々
厚揚げ・・・1丁(128g)
片栗粉・・・大さじ1
米油・・・大さじ2
aケチャップ・・・大さじ2
aオイスターソース・・・小さじ1
a豆板醤・・・小さじ1/2~1
a日本酒・・・大さじ1
aみりん・・・大さじ1
a水・・・大さじ2
aごま油・・・小さじ2
小ねぎ・・・2本
レタス・・・2枚



レシピ
①エビは尻尾を残し殻を取り背ワタを取り塩コショウして厚揚げは食べやすい大きさ
 (16等分)に切って どちらも片栗粉をまぶす

②aの調味料は混ぜ合わせておく

③米油をフライパンに入れエビと厚揚げを炒め エビの色が変わったら
 合わせておいた調味料を一気に加えとろみがつくまでかき混ぜる


④仕上げに小口切りにした小ねぎをちらし 千切りにしたレタスの上に盛り付ける



ボーソー米油部 米油レシピ
ボーソー米油部 米油レシピ





015

レタスと絡めていただきます~




厚揚げって意外とエビチリのソースに合います




はまりそうです




ぜひぜひお試しください




★★お知らせ★★

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

イタリア料理にかかせないトマトの加工品についてのお話です

ぜひぜひご覧になってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします   


ちくわってあると便利な食材ですよね~こだわらなければ100円ぐらいで買えちゃうのでお財布にも優しい・・・そんなちくわ 我が家ではよくキュウリを挟んでマヨネーズでいただきますが今回はもう少し手を加えてみました~ちくわを縦半分に切りマヨネーズをちょこっと乗せシラ ... 続きを読む
025


ちくわってあると便利な食材ですよね~




こだわらなければ100円ぐらいで買えちゃうのでお財布にも優しい・・・




そんなちくわ 我が家ではよくキュウリを挟んでマヨネーズでいただきますが





今回はもう少し手を加えてみました~



050

ちくわを縦半分に切り




マヨネーズをちょこっと乗せ




052

シラスとシソをのせ




053

溶けるチーズをのっけて オーブンで焼きます




015

チーズが解けたらOKです~




シソをたっぷりのせて・・・・




ご飯のおかずならばお醤油を垂らして




おつまみなら一味唐辛子などがおすすめです




材料(2人)
ちくわ・・・2本
マヨネーズ・・・適量
シラス・・・30gぐらい
シソ・・・6枚
スライスチーズ・・・3枚
一味唐辛子・・・お好みで



レシピ
①ちくわは縦半分に切りマヨネーズをのせる

②シラスとせん切りにしたシソの半量をちくわにのせスライスチーズを
 ちくわのサイズに合わせてちぎってのせる

③トースターでチーズがとけるまで焼き 器に盛り付け残りのシソのせん切りを
 のせお好みで一味唐辛子をふる




017

できあがり~




シソの香りがさわやか~




ささっとできて おいしい一品です




ぜひぜひお試しください




☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします   


秋を感じさせる一品です~秋鮭と舞茸を組み合わせた ちょっと和風なアクアパッツァ風アクアパッツァは イタリアの魚料理で 水とワインで蒸し焼きにする料理ですモニタープレゼントしていただいたミツカンさんの八方だし・・・八方だしは 醤油 かつおだし 甘みを絶妙な ... 続きを読む
033


秋を感じさせる一品です~




秋鮭と舞茸を組み合わせた ちょっと和風なアクアパッツァ風




アクアパッツァは イタリアの魚料理で 水とワインで蒸し焼きにする料理です




060

モニタープレゼントしていただいたミツカンさんの八方だし・・・




八方だしは 醤油 かつおだし 甘みを絶妙なバランスで合わせた




本格料理だしです




八方いろいろな料理の味のベースに使える優れもの~




今回はこれを使って短時間でおいしく仕上げます




050

まずはフライパンに 赤唐辛子とつぶしたにんにくを入れ




香りを引き出します~




051

1切を3等分ぐらいに切って 塩・コショウした秋鮭を焼いていきます




052

完全に火を通さなくてOK




特に皮目をカリッとさせてください




056

器に盛り付け 舞茸 プチトマト 黒オリーブ さっと茹でたブロッコリーを盛りつけ




057

八方だし 白ワイン 水を合わせたものを入れ




オリーブオイルをふって 180℃のオーブンで約15分 蒸し焼きにします




021 (2)

プチトマトが ちょこっと煮崩れてきたらOKです




材量(2人)
秋鮭・・・2切れ(230g)
塩・コショウ・・・少々
オリーブオイル・・・大さじ2 
舞茸・・・1パック(100g)
プチトマト・・・10個
黒オリーブ・・・5個
ブロッコリー・・・1/2株

八方だし・・・大さじ1
白ワイン・・・大さじ2
水・・・大さじ6



レシピ
①秋鮭は3等分ぐらいに切り 塩コショウしてオリーブオイル大さじ1で焼き色を付ける
★しっかり中まで通さなくてOK
  皮目をカリッとさせます

②耐熱皿に焼いた秋鮭 小房に分けた舞茸 プチトマト 半分に切った黒オリーブ
 さっと茹でたブロッコリーを盛りつける

③八方だし 白ワイン 水を混ぜ合わせたものを加え 残りのオリーブオイルをふり
 180℃のオーブンで15分ぐらい焼く




フーディストアワード2019
フーディストアワード2019


参加しています~




023 (2)

できあがり~




上品なお味の八方だしと 秋鮭と野菜のうま味が溶け出したスープも




とってもおいしいので ご飯にかけたり パンにつけたりしてお召し上がりください~




秋の香りの一皿です




ぜひぜひお試しください




★★お知らせ★★

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

11


イタリア料理の魅力
「夏をおいしく!イタリアンな作りおき5選」

ぜひぜひご覧になってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします   


残暑が厳しいとはいえ そろそろそうめんは終わりかな~感がありますねちょうどよく食べきった方はいいけれど残っている~という方に こんな一品いかがでしょうか~豆腐を加えたエビすり身ををまるめて パキパキに折ったそうめんをまぶしてカリッと揚げたエビ団子です~ソ ... 続きを読む
052


残暑が厳しいとはいえ そろそろそうめんは終わりかな~感がありますね




ちょうどよく食べきった方はいいけれど




残っている~という方に こんな一品いかがでしょうか~




豆腐を加えたエビすり身ををまるめて パキパキに折ったそうめんをまぶして




カリッと揚げたエビ団子です~




ソースを変えて イタリアン風と




043 (2)

和風の二つを用意




まずはエビ団子の準備です




070

むきエビと水気をしっかり切った豆腐を




フードプロセッサーでピュレ状に




ここで大切なのは エビも豆腐もしっかり水気をきることです




フードプロセッサーを使わない場合は 包丁でたたいてから




崩した豆腐を加えてください




072

みじん切りにして 600Wのレンジで1分加熱した玉ねぎと




片栗粉 塩 ごま油を加えます




073

丸くまるめて 薄力粉をまぶしたら




そうめんの登場です~




074

そうめんは1cm位に バキバキに折ります



この作業がなんだか楽しい~



076

卵をまぶしたエビ団子に そうめんをまぶして




しばらく冷蔵庫において 20分~ぐらいやすませます




少し置くと そうめんがぴったりついて 揚げていても落ちにくくなります




080

少し多めのオイルで じっくり揚げていきます




082

全体がカリッと揚がったらOKです~




材量(10個分)
そうめん      2束
エビ     180g
★むきエビで
豆腐     80g
ごま油    小さじ1
玉ねぎ    30g
片栗粉    大さじ1
塩      小さじ1/4
薄力粉    少々
溶き卵    1個分弱
揚げオイル     適量

aトマトソース  大さじ2
aタバスコ   少々

bブルーチーズ  30g   
b牛乳     大さじ1

パルミジャーノ 少々
黒コショウ  少々
バジリコ   少々

c塩ポン酢    大さじ2
cゆずこしょう  少々



レシピ
①エビは豆腐とともにフードプロセッサーにかけ まったりとさせる 

②片栗粉 ごま油  塩に みじん切りにして600wのレンジで1分加熱した
 玉ねぎを加え混ぜ合わせる

③10等分して丸め薄力粉をまぶし 卵液を絡め 1㎝くらいの長さに
 パキパキに折ったそうめんをまぶす

④揚げオイルで全体をカリッと揚げる

⑤そのまま塩をふってもいいし aとbの調味料をそれぞれ混ぜ合わせたソースを添え 
 パルミジャーノ 黒コショウをふったイタリアン風 またはcを混ぜ合わせた
 ソースを添えて和風でとお好みのソースでいただく




029

できあがり~



藍色のお皿に盛り付け cの塩ポン酢とゆずこしょうのソースで和風に




032

白い器に ピリッと辛いトマトソースと ブルーチーズソースを添えたイタリアン




お好みでどうぞ~




器を変えると 同じお料理でも雰囲気変わりますね




ソースによってもおいしさはいろいろ




どちらもおすすめのおいしさです




ぜひぜひお試しください




★★お知らせ★★

翔泳社さんの「みんなの暮らし日記ONLINE」

で イタリアのお話公開中!

11


イタリア料理の魅力
「夏をおいしく!イタリアンな作りおき5選」

ぜひぜひご覧になってみてください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ


読者登録よろしかったらお願いいたします