パスティス・デ・ナタとは、ポルトガルのカフェに必ずおいてある庶民的なお菓子です。

日本でも何年か前にはやったエッグタルトの原型といわれています。

このお菓子はポルトガルのべレン地区にあるジェロニモス修道院の修道女が考え出したといわれ

そしてその修道院のレシピを忠実に再現してこのお菓子を作っているのが

“パスティス デ べレン(Pasteis de Belem)”というお店です。

1873年創業の老舗です。

このお店では、“パスティス・デ・ナタ”と呼ばずに、“パスティス・デ・べレン”と呼んでいるそうです。

そこいらで売っている、“パスティス・デ・ナタ”とはひと味もふた味も違うという事らしいです。

私は食べ比べていないのでわかりませんが・・・

聞いたところによると、この修道院のレシピを知っている人は数人しかいなくて

別室でクリームとパイ生地を作り、それを店に運んでスタッフが詰めて完成させるという徹底ぶりだとか・・・

なんだか秘密の匂いがするお菓子ですね?♪

この話を聞いて一度食べてみたいと思っていました。

先日、主人がポルトガルに出張に行ったので頼んで買ってきてもらいました。(何と並んだそうです!)

お味はというと、外側のパイ生地の1枚1枚がとても薄くて何層にもなっていてサクサクします。

中に入っているカスタードクリームは上品な甘さとコクのあるものでした。

おいし?です♪

お好みで粉砂糖とシナモンをかけて食べるそうです。このお好みで・・・というところがいいですね。

このお店は、店頭のお持ち帰りのコーナーのほかに、店内にかなり広いカフェのスペースがあり

焼きたてのパスティス・デ・ベレンが食べられるそうです。

ポルトガルに行かれる方は、ぜひぜひお試しください♪

          パスティス デ べレン (Pasteis de Belem)
          住所 Rua de Belem 84 a 92
      tel 21-3637423

ブログランキングに参加しております♪
下の(ここをクリック)のところをポチッとお願いいたします♪


にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ(ここをクリック)


励みになります(*^o^*)?☆