$ローマのおいしい生活-プリモピアット パスタ



タコを粗めにミンチして トマトで煮込んだソースを リングィーネとあえました。


タコから出たうまみと ペペロンチーノをきかせたトマトソースが


しっかりとリングィーネに絡み合い


驚くほどに香りのよい 味のふくらみのあるパスタとなります!


生のタコを使います。もちろんゆでタコでもOK。


大タコさんの場合・・・


タコをよく洗い 汚れを落としてからボールに入れ塩を振り よく揉みます。


白い泡がたくさん出てきますが 気にせずによ~くマッサージします。


きれいに洗い流した後 全体を麺棒とかで たたきます。


鍋にACQUA GASSATA(炭酸水)を入れ セロリとイタリアンパセリ 白ワイン タコを入れ火にかけます。


ACQUA GASSATAで煮ると柔らかくなると いわれています。




材料
  タコ  500g
  玉ねぎ  1/2個
  にんじん 1/2個
  セロリ  1本
  にんにく 2かけ
  イタリアンパセリ 少々
  ペペロンチーノ  1個
  E.Vオリーブオイル 100cc
  白ワイン      100cc
  トマト缶 1缶
  生のプチトマト  適量
  塩
  リングィーネ


レシピ
  ①上記のようにゆでたタコを、粗めのみじん切りにする(あまり細かくしすぎないこと)
  ②玉ねぎ、ニンジン、セロリ、にんにく、ペペロンチーノをみじん切りにして
   オリーブオイルを入れた鍋で炒める
  ③野菜がしんなりしてきたらタコと白ワインを入れる
  ④タコに軽く火がとったらトマト缶を入れぐつぐつさせながら15分ぐらい煮込む
  ⑤煮詰まるようならタコのゆで汁を加える
  ⑥パスタが茹であがる直前に、生のトマトを加え塩で味を調える
  ⑦茹であがったパスタとあえイタリアンパセリをふる


タコのミートソースといった感じですね~


タコはうまみの塊 全身がそのままフュメ・ド・ポワゾン(魚介のだし)といってもいいそうです。


タコの味覚判断能力は 何と人間の100倍といわれ おいしい物に目がなく 主なる餌は


エビ カニ 貝類など・・伊勢海老やアワビまで食するグルメだそうです。


そんな美食家の全身旨みの塊みたいなタコを ふんだんに使ったこのパスタ・・・


おいしい~に決まっています


ぜひぜひお試しあれ~


ブログランキングに参加しております


にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村

ポチッとしていただけるとうれしいですo(*^▽^*)o♪