ローマのおいしい生活-プリモピアット


日本では もうおなじみの スパゲッティ プッタネスカ







プッタネスカの意味は 娼婦風






ナポリの近くのイスキア島のシェフが 考案したメニューといわれています







なぜこんな名前がついたのか ・・・ これもいろいろな説があります







娼婦が仕事の合間にちゃちゃと作ったとか・・・ 







娼婦の家にも常備しているもので作ったとか・・・







それにしても イタリアらしいといえばイタリアらしいユーモアあるネーミングですね







日本だったら いくら簡単で手短な食材で作った丼でも “娼婦丼”なんてつけないですよね







要するに 黒オリーブ ケッパー アンチョビ ペペロンチーノ







といった保存のきく 安い食材で 作るパスタです。







日本では安い食材ではないかもしれませんが・・・







黒オリーブやケッパー アンチョビは 日本でいう海苔や梅干しみたいなもので






 
たいてい常備されています








これらが加わるだけで トマトソースが奥深いお味になります







材料
    黒オリーブ    10粒
    アンチョビ     2枚
    にんにく      1個
    ケッパー      小さじ1
    ペペロンチーノ  1個
    イタリアンパセリ 少々
    トマト缶       100g
    プチトマト      100g
    オリーブオイル   適量
    スパゲッティ




 レシピ
     ①黒オリーブの種を取り半分に切る ケッパーは塩漬けの場合 塩抜きをする
          
     ②フランパンにオリーブオイルを入れ  潰してみじん切りにしたニンニク
       ぺペロンチーノを入れ 香りを出し アンチョビを加える
          
     ③②に トマト缶を入れ 1~2分後 プチトマト ①のオリーブとケッパー 
      イタリアンパセリを加え ひと煮立ちさせる
        
     ④茹でたパスとあと和え 器に盛り パセリのみじん切りをふる







材料さえそろえば 超簡単パスタです







ぺペロンチーとニンニクのピリッとした辛さと アンチョビの風味 ケッパーとオリーブの香りの







ちょっと大人味の 刺激的な パスタです





お試しください














ブログランキングに参加しております


にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ

にほんブログ村


人気ブログランキングへ


ポチっとしていただけると嬉しいです~o(*^^*)o