春を告げる山菜の一つ ふきのとう





独特の香りと苦味が特徴 そこが好き嫌いの分かれるところでしょうか





子供のころは おいしそうに食べる父を見て





どこがおいしいんだろう・・・と思ったことがありますが





年を重ねていくごとに また20年近く日本を離れていたこともあり





この春を告げるさわやかな苦味と香りがたまらなく好きになりました





天ぷら ふきみそもいいのですが







リゾットもおすすめですよ~





生クリームとチーズが入って濃厚なお味







先日送っていただいた 千葉県産のふきのとうとお米 そして隠し味に





みそを使っています







パルミジャーノのガレットと素揚げしたふきのとうを おしゃれに添えて





材料(2名分)20分

   千葉県米     60g

   玄米        30g

   ベーコン      20g

   玉ねぎ       20g

   ふきのとう     40g

   オイル        小さじ1

   みそ         小さじ1

   生クリーム     大さじ2

   塩・コショウ    少々

   パルミジャーノ  大さじ1~

   溶けるチーズ   15g

   バター        20g

   ふきのとうの茹で汁  300㏄~

   チーズガレット     2枚





レシピ

  ①ふきのとうは2個は葉を広げ素揚げにして残りはさっとゆで粗みじんにして 玉ねぎ

   ベーコンは細かなみじん切りにする


  ②鍋にオイルを入れ ベーコン 玉ねぎを炒め しんなりしてきたら米と玄米を加え

   かき混ぜる


  ③ふきのとうの茹で汁をひたひたになるぐらい加え(200㏄ぐらい)米を煮ていく


  ④8分ぐらいたったところで味をみて米に芯が少し残るぐらい火がとっていたら

    刻んだふきのとうと茹で汁50~100㏄ぐらい加える★


  ⑤みそと生クリームを加え 塩・コショウで味を調える


  ⑥火からおろし バターとチーズを加え手早く和える


  ⑦器に盛り付け ガレットと素揚げしたふきのとうを添え 生クリームを少々と

   パルミジャーノをふりかける


  ⑧ガレットの作り方 オイルなしのフライパンを熱し大さじ1のパルミジャーノをのせ

               両面をカリッと焼く



★日本米はかき混ぜると粘りが出てしまうのであまりかき混ぜないように煮ていきます

  米の硬さにより加えるゆで汁を調整してください




春の香り ふきのとうのリゾット

春の香り ふきのとうのリゾット

by 優子

調理時間:20分
Comment

独特の香りとさわやかな苦みの春を告げる山菜の一つふきのとうをリゾットに仕上げました。イタリアンでもおいしいふきのとうレシピです。

このレシピを詳しく見る


写真付きレシピのせています







チーズと生クリームのコクがさわやかなふきのとうの苦味を引き立てます~





うぅ~ん 春の香りですね





ぜひぜひお試しください(*^.^*)





ボナぺティート(Buon appetito) o(=^^=)o アーン♪




ブログランキングに参加しております 



お手数ですが ポチっと3つバナーをクリックお願いします




にほんブログ村

    ゚・:,。゚・:,。☆ 励みになります(*^.^*) ありがとうございました゚・:,。゚・:,。☆