028


ローマに住んでいたころ 近所に小さなトラットリアがあって




そこのオーナーは 世界各国を旅して料理の修業をしたらしく 




自らもフライパンを握って 料理を作り お客さんにふるまうこともしていました




そこのメニューで 「オムレット・ディ・フランチェーゼ(フランス風のオムレツ)」




というのがあって ふわふわのモンサンミッシェル風のオムレツを




イタリアンにアレンジしたというのがありました




モンサンミッシェルというのは フランスの西海岸にある




世界遺産になっている修道院




その街の名物料理が ふわふわなオムレツです




実は行ったことがあって その有名なオムレツも食べたのですが




あまり印象に残っていないというか 一緒に頼んだムール貝のスープが




美味しかったな~ぐらいしか覚えていないです・・・




でも イタリアの卵料理というと フリッタータが有名ですが




しっかり火を入れるのが基本




ふんわりふわふわというのは新鮮でした




026 (2)

近所のトラットリアは ふわふわ感はモンサンミッシェルとおんなじ~




でもトマトが添えられ オムレツにはたっぷりのパルミジャーノと




黒コショウが かかっていたのを覚えています




そんなことを思い出しながら作ってみました~




050

卵をボウルに入れ 塩を少々




ハンドミキサーで




051

もったりするまで混ぜていきます




054

バターを溶かしたフライパンに




生地を流し込み ごくごく弱火で 焼いていきます




周りが固まってきたら




056

半分を重ねるように折り曲げて




蓋をして 約1分弱 程よく中まで火を入れます




026 (5)

器に盛り付け トマトを添えて




全体にパルミジャーノと黒コショウをふれば できあがりです




材料(1人分)
卵       2個
塩       少々
バター     15g
パルミジャーノ 小さじ2位
黒コショウ   適量
トマト     3切れ



レシピ
①ボウルに卵を割り入れ塩少々を加えハンドミキサーなどで
 もったりするまでかき混ぜる

②フライパンにバターを溶かし卵生地を流し込みごくごく弱火で焼いていく
★かき混ぜたりしない

③周りが固まってきたら半分を重ねるように折り蓋をして1分弱 中に程よく火を入れる
★シュワっとした口当たりがいいので完全に火を入れる必要はありません

④器に盛り付けパルミジャーノと黒コショウをふる




027

できあがり~




しゅわ~とふわふわな食感に パルミジャーノのうま味と塩気




黒コショウのピリッと感がよく合います




普通のオムレツとは違った味わいです




ぜひぜひお試しください




☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



LINEでブログ更新のお知らせが届きます
読者登録よろしかったらお願いいたします