023


過去レシピにもある カントゥッチ


今回レシピを見直して再度ご紹介します


節分豆が どうしても残ってしまうこの時期の


我が家の定番 焼き菓子です


ちなみに イタリアでは皮付きアーモンドなどで作ります


カントゥッチというのは 別名 ”ビスコッティ・ディ・プラート” とも呼ばれる


イタリアのトスカーナ州 プラートという街で生まれた焼き菓子で


素朴なビスコッティの一つです


ビスコッティの ”ビス” は ”おかわり” とか”再び”といった意味


”コッティ”は ”焼く” とか ”調理する” という意味で


ビスコッティは 必ず2度焼します


バターやオイルは無し 


主な材料は 卵と小麦粉と砂糖といったシンプルなものです


041

ボウルに 卵 塩 三温糖 ハチミツ バニラエッセンスをいれ よくかき混ぜ


042

ふるった粉類を加え


043

節分豆を加えます~


DSCN0767

生地を2つに分け


直径 高さ2cmぐらいの棒状にして 


溶き卵を塗り 190°に温めておいたオーブンで20分ぐらい焼きます


生地はかなり べとつくので 粉をふって成型してください


046

粗熱が取れたところで 2cmぐらいの斜め切りにして 


切り口を上にして


170°のオーブンで10分ぐらい 2度焼します


材料(2~4人)20個分
卵           1個
塩           ひとつまみ
三温糖         80g
★普通の砂糖でもOK
ハチミツ        20g
バニラエッセンス    3滴
薄力粉         140g
ベーキングパウダー   4g
節分豆         60g
溶き卵         少々


レシピ
①ボウルに卵 塩 三温糖 ハチミツ バニラエッセンスをいれ よくかき混ぜる

②ふるった薄力粉とベーキングパウダーを加え 生地全体に豆を混ぜる

③台に粉をはたき(分量外)生地を2つに分け 縦横2cmぐらいの棒状に成型して 
 溶き卵を塗り 190°のオーブンで20分ぐらい焼く
★べとつく生地なので粉をはたきながら成型しますが 焼く前に余分な粉は
 刷毛などではたいてください

④粗熱が取れたところで2cm幅ぐらいの斜め切りに 切り口を上にして170°のオーブンで
 10~15分ぐらい焼く 
★完全に冷めてしまうと割れやすくなり切りにくいので ほんのり熱いうちに切ります


IMG_7078

そのまま食べてもおいしいですが


牛乳や カフェオレなどにつけて食べてもおいしいです


イタリアではヴィンサントという ワインにつけていただきます


ちなみにカカオ味のレシピはこちらです → 


節分豆残りましたら お試しください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



LINEでブログ更新のお知らせが届きます
読者登録よろしかったらお願いいたします