021


アンティパストの中でも人気の高い”カルパッチョ”


イタリアでは カルパッチョというと仔牛肉で作ります


薄切りのお魚もあるけれど しっかり酢でマリネしてあるものが多いです


今回は 日本風な 生のカルパッチョです~


11月は ボジョレーもあるし 寒くなってきておうち飲みもふえそう


12月になると パーティーやおもてなしもふえる・・・


そんな時に ”カルパッチョ”は 簡単だし 見栄えもいいし


おいしいのでお助けメニューです


ちょこっとポイントをおさえた基本のカルパッチョです


032

お魚は 鯛のお刺身用 サクで購入して薄く切ります


盛り付けは 目立つ外側のほうから並べていくときれいです


036

塩・コショウ そして酸味は 今回はゆずを使用


ゆずのしぼり汁をふりかけ


指先でかるくなじませていきます


塩はしっかりとふることで 魚のうまみを引き出し


臭みを抜くことができます~


味付けが終わってから オリーブオイルをかけます


最初にオリーブオイルをかけてしまうと


塩などの味がしみ込みにくくなってしまいます


039

仕上げに ブロッコリースプラウトと


鮮やかなビビットカラーのアマランスをちらします


これは シソとか 小ねぎなど薬味っぽいものでもいいし


トマトを刻んでちらしてもOK


シャキッシャキの玉ねぎもいいですね


014

美しくちらして ゆずの皮をすりおろしてみました


白身の魚は オリーブオイルとレモンなどの酸味と塩・コショウが


味付けの基本です


マグロやカツオなどは バルサミコ酢をふってもおいしいです


材料(2人)
刺身用鯛のサク     140g
塩           2g位
★ふたつまみ位
コショウ        少々
ゆずのしぼり汁     小さじ2
★レモン小さじ1でもOK
オリーブオイル     小さじ2
ブロッコリースプラウト 少々
アマランス       少々


レシピ
①刺身用鯛のサクは薄く切り器に外側の
 ほうから重ならないように並べて
 盛り付ける

②塩とコショウ ゆずのしぼり汁をふり
 指でかるくたたきなじませる

③オリーブオイルを全体に回しかけ  
 ブロッコリースプラウトとアマランス
 ゆずの皮のすりおろしをちらす


017

できあがり~


ワインに合わせるには 醤油をつけるお刺身より


カルパッチョのほうが好きです


020

この日は ミックスナッツと チーズも用意して


おうち飲み~


ぜひぜひお試しください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ



LINEでブログ更新のお知らせが届きます
読者登録よろしかったらお願いいたします