006


11月ですね~


11月1日は イタリアは祝日です


トゥティ・イ・サンティ(Tutti i Santi)諸聖人の日


といってお墓参りをする日です


イタリア人の友人はこの日が誕生日


「誕生日がお墓参りする日なんてさ・・・」


と嘆いていたのを思い出します


さて~ 今日はカブを使って和食です


カブというと冬のイメージですが


実は秋が旬らしく


これからますます甘みが増してくるそうです


002

そんなかぶとおだしを使って


塩昆布とイクラの簡単和え物


最初にカブをだし汁に漬け込むのがおいしさのポイントです


カブがおだしのおいしさを吸収


旨味たっぷりの浅漬けに変身です


そして 葉っぱを使って


004

カブの葉の炒め煮


これは家族が好きでよく作る一品です


カブを漬けこんだだし汁を使って作ります


材料(2人)
カブ         2個
ヤマキ基本のだし1袋
★かつおと昆布の合わせだし
水          200cc
塩昆布        10g
イクラ        30g

カブの葉       4本分(170g)
ごま油        小さじ2
だし汁        100cc
★上記のカブを漬けただし汁を使用
a醤油         小さじ2
a日本酒        小さじ2
aみりん        小さじ2
白ゴマ         少々
一味唐辛子       少々


レシピ
①カブは皮をむき薄く切りヤマキ基本のだし
 を袋から出して入れた水の中に漬け込む

②約30分ぐらい漬けこんだらカブを取り出し
 水気を切る
★漬け込んだ汁はとっておく

③②のカブ 塩昆布 イクラをボウルに入れ
 かき混ぜ器に盛り付ける

④カブの葉を3㎝ぐらいの長さに切り
 鍋にごま油を入れ茎の部分から炒める

⑤全体にごま油が回ったらだし汁を加え
  aの調味料を加えかき混ぜながら汁気が
 なくなるまで炒めにして仕上げに
 一味唐辛子と白ゴマをふる


ヤマキだし部 おだしがきいた秋の食材レシピ
ヤマキだし部 おだしがきいた秋の食材レシピ



005

できあがり~


お酒のおつまみはもちろん


白いご飯にも合う一品です


ぜひぜひお試しください


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ランキングに参加しております

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです



レシピブログに参加中♪



にほんブログ村


各国料理 ブログランキングへ




LINEでブログ更新のお知らせが届きます
読者登録よろしかったらお願いいたします

ありがとうございました