ローマのおいしい生活in東京

20年間のイタリア生活を終え帰国。本場のイタリアンをはじめ普段のさりげない和食など見て楽しい食べておいしいお料理ブログです。

2011年03月

タコを粗めにミンチして トマトで煮込んだソースを リングィーネとあえました。タコから出たうまみと ペペロンチーノをきかせたトマトソースがしっかりとリングィーネに絡み合い驚くほどに香りのよい 味のふくらみのあるパスタとなります!生のタコを使います。もちろんゆで ... 続きを読む
$ローマのおいしい生活-プリモピアット パスタ



タコを粗めにミンチして トマトで煮込んだソースを リングィーネとあえました。


タコから出たうまみと ペペロンチーノをきかせたトマトソースが


しっかりとリングィーネに絡み合い


驚くほどに香りのよい 味のふくらみのあるパスタとなります!


生のタコを使います。もちろんゆでタコでもOK。


大タコさんの場合・・・


タコをよく洗い 汚れを落としてからボールに入れ塩を振り よく揉みます。


白い泡がたくさん出てきますが 気にせずによ~くマッサージします。


きれいに洗い流した後 全体を麺棒とかで たたきます。


鍋にACQUA GASSATA(炭酸水)を入れ セロリとイタリアンパセリ 白ワイン タコを入れ火にかけます。


ACQUA GASSATAで煮ると柔らかくなると いわれています。




材料
  タコ  500g
  玉ねぎ  1/2個
  にんじん 1/2個
  セロリ  1本
  にんにく 2かけ
  イタリアンパセリ 少々
  ペペロンチーノ  1個
  E.Vオリーブオイル 100cc
  白ワイン      100cc
  トマト缶 1缶
  生のプチトマト  適量
  塩
  リングィーネ


レシピ
  ①上記のようにゆでたタコを、粗めのみじん切りにする(あまり細かくしすぎないこと)
  ②玉ねぎ、ニンジン、セロリ、にんにく、ペペロンチーノをみじん切りにして
   オリーブオイルを入れた鍋で炒める
  ③野菜がしんなりしてきたらタコと白ワインを入れる
  ④タコに軽く火がとったらトマト缶を入れぐつぐつさせながら15分ぐらい煮込む
  ⑤煮詰まるようならタコのゆで汁を加える
  ⑥パスタが茹であがる直前に、生のトマトを加え塩で味を調える
  ⑦茹であがったパスタとあえイタリアンパセリをふる


タコのミートソースといった感じですね~


タコはうまみの塊 全身がそのままフュメ・ド・ポワゾン(魚介のだし)といってもいいそうです。


タコの味覚判断能力は 何と人間の100倍といわれ おいしい物に目がなく 主なる餌は


エビ カニ 貝類など・・伊勢海老やアワビまで食するグルメだそうです。


そんな美食家の全身旨みの塊みたいなタコを ふんだんに使ったこのパスタ・・・


おいしい~に決まっています


ぜひぜひお試しあれ~


ブログランキングに参加しております


にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村

ポチッとしていただけるとうれしいですo(*^▽^*)o♪

今が旬の ピセッリ(piselli) グリンピースを使ったタリアテッレです。旬のグリンピースは 春の香り・・・ 甘くておいしいですねさて いつも どこか脇役的なグリンピースですがこれは グリンピースが主役のパスタなので たっぷり使っていきます材料  グリンピース ... 続きを読む
$yukoのブログ-プリモ




今が旬の ピセッリ(piselli) グリンピースを使ったタリアテッレです。

旬のグリンピースは 春の香り・・・ 甘くておいしいですね


さて いつも どこか脇役的なグリンピースですが


これは グリンピースが主役のパスタなので たっぷり使っていきます




材料

  グリンピース       150g
  パンチェッタ        50g
  モルタデッラ        20g(ハムでもOK)
  玉ねぎのみじん切り   大さじ1
  ブランディー        おおさじ1/2(なければ白ワインで)
生クリーム         100cc
  トマトソース        大さじ3~4
  パルミジャーノ      大さじ1
  バター           15g
  塩・コショウ
  タリアテッレ

レシピ

   ①グリンピースをさやから外し 塩を入れたお湯でさっとゆでる
   ②フライパンにパンチェッタを入れ弱火で炒めブランディーをふる
   (パンチェッタの油が多いようなら捨てる)
   ③②にバターを加え 玉ねぎとモルタデッラのみじん切りを加え
    生クリームを加える
   ④③にトマトソースとグリンピースを入れタリアテッレとあえ
    塩・コショウで味を調える
   ⑤お皿に盛り パルミジャーノをふる




生クリームが入りますが トマトソースを加えるのでそんなにくどくはなりません。


グリンピースの香りと旨みを引き立たせる おいし~いパスタです


お試しあれ~




ブログランキングに参加しております

にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村

ポチッとしていただけるとうれしいですo(*^▽^*)o♪

ボローニャの街を歩いていると いたるところで パスタ・フレスカ(生パスタ)を見かけます。ボローニャが州都の エミリア・ロマーニャは パスタ・フレスカの本家本元といわれていますので当然かもしれませんが・・・・このように詰め物をしたパスタが多いです。ローマに ... 続きを読む



ボローニャの街を歩いていると いたるところで パスタ・フレスカ(生パスタ)を見かけます。

ボローニャが州都の エミリア・ロマーニャは パスタ・フレスカの本家本元といわれていますので

当然かもしれませんが・・・・



このように詰め物をしたパスタが多いです。

ローマにももちろんありますが パスタ生地の鮮度が違います。

それだけ回転が速いということでしょうか・・・

このトルテッリーニというパスタ “トルテッリーニ・イン・ブロード(Tortellini in Brodo)

という料理が一般的です



作り方はこちらをどうぞ →   
・・・が 今日は モルタデッラと グリンピースを入れたトマトソースで和えます。


    材料
      トルテッリーニ        320g
      グリンピース         100g
      モルタデッラ          50g
      カットトマト缶          1缶
      ニンニク            1片
      オリーブオイル        適量
      パルミジャーノチーズ    適量
      塩・コショウ
    レシピ
       ①フライパンにオイルとにんにくを入れ香りを出し モルタデッラとさっと茹でたグリンピースを
        入れトマト缶を入れ 塩とコショウで味を調える
       ②茹でたトルテッリーニを①のソースであえ 器に盛り パルミジャーノをたっぷりふる
トルテッリーニの中身は 仔牛や豚肉 生ハム モルタデッラ チーズ ナツメグなどが入っています。




中のお肉とトマトソースが絡んでおいし?です。


さらに角切りにしたモルタデッラと 旬を迎えるグリンピース。

パルミジャーノをたっぷりとかけて お召し上がりください

Buona appetito (ボナペティート)





ブログランキングに参加しています



ポチッと押していただけると嬉しいです


ありがとうございました
 ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆




それでは・・・


Buona giornata(ブォナ・ジョルナータ) よい1日を
 
 

今日は ゆりさんと royalblueさんが主宰される 雛祭り革命祭  に参加させていただきます。ローマで16回目のひな祭りを迎えました。うちの娘ちゃん すこやかに育っております・・・ローマで生活するようになってイタリアの行事はもちろんですが それ以上に 日本の伝 ... 続きを読む


今日は ゆりさんと royalblueさんが主宰される 雛祭り革命祭  に参加させていただきます。


ローマで16回目のひな祭りを迎えました。

うちの娘ちゃん すこやかに育っております・・・

ローマで生活するようになって

イタリアの行事はもちろんですが それ以上に 日本の伝統的行事を大切にしてきました。

お正月 節分 雛祭り こどもの日 七夕・・・

特に女の子なので 桃の節句 雛祭りは毎年欠かさずお祝いしております。

雛人形を飾って ちらし寿司を作ります

あとは娘ちゃんの好物を・・・


干瓢とか 干しシイタケは手に入りにくいので うちのちらし寿司は 鮭で作ったそぼろを入れます。

生鮭を使い 少し甘めに味付けをしてそぼろにします。

それにニンジンと白ゴマ・・・

本当はレンコンがあるといいのですが ないものは仕方ありません。

錦糸卵をたっぷりのせて 彼女の好きなイクラをどっさりと・・・

親子チラシといったところでしょうか・・・



こちら 生もの系・・・ アリーチのマリネ サーモンのタルタル 赤エビと スズキのカルパッチョ

娘の好きなもの・・・というより大人のつまみ(笑)



こちらは娘ちゃんの好きなきんぴらごぼう

といっても ごぼうは手に入らないので カルチョ―フィの茎で作ります。

サルシファや スコルファノといったの西洋ごぼうとかで試してみましたが

カルチョ―フィが一番ごぼうに近いお味がします。




プルンプルンの卵豆腐と エビのすり身の春巻き

わたしの娘だけあって エビ大好き少女です。







 左は  チーマ・ディ・ラ―パ(日本の菜の花に似た葉っぱ)と エビと くるみのサラダ

バルサミコと粒マスタードのドレッシングが下のほうにあるので 絡めて食べます

右は アグレッティ おかひじきのサラダ。
















モルタデッラとマカロニのサラダは一口タイプ と生ハム




フィレ肉のマルサラ酒風味と新じゃが

里芋の酢みそがけ・・・娘ちゃん最近里芋食べるようになりました



キュウリと小カブの浅漬けと えびしんじょの椀物




お祭りなので 取りあえず最初は 泡でかんぱぁ?い

そのあと白 赤と続きます・・・か




ドルチェは苺大福 苺ムースと 春らしくイチゴづくしで・・・

苺大福 去年よりは うまくできました・・・




桃の節句ということで ピンクのテーブルクロスとナプキン

和食の時は和食器を使う事が多いのですが 今日はジノリのベッキオ・ビアンコで統一してみました。




Buona appetito (ボナペティート)





ブログランキングに参加しています



ポチッと押していただけると嬉しいです


ありがとうございました
 ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


うちのお雛様 こちらキティちゃんバージョン  吉徳大光です

小さいころからキティちゃんが大好きだった娘のために 母が送ってくれました




こちら豆雛 かわいいので一年中飾っています 

そして昨日もご紹介した 娘のお雛様・・・
これ終わなければいけないのですね・・・・・
それでは・・・


Buona giornata(ブォナ・ジョルナータ) よい1日を
 
 

最低でも 年に1回はロンドンに行きますがホテルで朝食を とるたびに欲しくなるのが トーストスタンド。ロンドンに行った時に探せばいいのですが なかなか時間もなくイタリアではまずお目にかかれない・・・・・・と思っていたら見つけちゃいました?かわいい?トーストス ... 続きを読む




最低でも 年に1回はロンドンに行きますが

ホテルで朝食を とるたびに欲しくなるのが トーストスタンド。

ロンドンに行った時に探せばいいのですが なかなか時間もなく

イタリアではまずお目にかかれない・・・・・・

と思っていたら見つけちゃいました?

かわいい?トーストスタンド

トースト食べることあまりないのですが・・・





バター あんずジャム ラズベリージャム ブルーベリージャム あずきミルクジャム です。

この小あずきミルクジャム今うちでは ちょっとしたブーム。

あんこもの好きの娘ちゃんのお気に入りです。

作り方は簡単です。

基本のミルクジャムに 甘さを抑えて煮たあずきを加えたものです。

   材料
     濃厚牛乳       400cc
     グラニュー糖     150g?
     低糖で煮たあずき  適量
     塩           少々
  
   レシピ
     ①鍋に牛乳と砂糖を入れ かき混ぜながら煮詰めていく
     ②半分位になったらお好みの量のつぶ餡と塩少々を加えかき混ぜる

あずきの甘さなどを見て お砂糖の量はお好みで調整してみてください。

Buona appetito (ボナペティート)





ブログランキングに参加しています



ポチッと押していただけると嬉しいです


ありがとうございました
 ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

今日はお雛祭りですね

うちのお雛様です


今晩は ごちそうかな・・・
それでは・・・


Buona giornata(ブォナ・ジョルナータ) よい1日を
 
 

 


3月に 入ったというのに まだTOPも変えずに2月を引きずっております・・・ここのところのローマは 天気も悪く気温も下がって寒い日々が続いております。その上 昨日 今日となぜか早朝はつながるインターネットが昼間はぷっつりと切れてしまい・・・うぅ?ん ファイト ... 続きを読む



3月に 入ったというのに まだTOPも変えずに2月を引きずっております・・・

ここのところのローマは 天気も悪く気温も下がって寒い日々が続いております。

その上 昨日 今日となぜか早朝はつながるインターネットが昼間はぷっつりと切れてしまい・・・

うぅ?ん ファイト
・・・と自分に言い聞かせてみる・・・

今日は スペアリブのスーゴとペンネを合わせたパスタです。

スペアリブはこちら・・・・


前にもご紹介した ”スペアリブのバルサミコ煮“

たっぷりのソフリット(玉ねぎ ニンジン サルビア)とバルサミコと白ワインで

コトコトとスペアリブを煮たものです。

バルサミコ酢が入ることでお肉も柔らかく 脂っこさが取れます?


ほ?ら 骨もスルッと取れてしまいます。



この料理多めに作ったほうが おいしいので

ついつい作りすぎてしまうんです。

そこで今日は余ったお肉の骨をはずし トマトを加え パスタとあえました。

スペアリブのバルサミコ酢煮の作り方はこちら → 

   材料
     スペアリブのバルサミコ煮           400g
     カットトマト缶                   1缶
     プチトマト                     100g
     ニンニク                      1片
     オリーブオイル                  適量
     バジリコ                      少々
     パルミジャーノ                  適量
     ペンネ                       320g

   レシピ
      ①お肉の骨をはずす
      ②鍋にオイルを入れ にんにくのみじん切りを炒め トマト缶 ざく切りのプチトマトを入れ
       ①の肉を入れ少し煮込む
      ③塩が足りないようなら加え 茹でたペンネとあえ バジリコ パルミジャーノをふる

酢の味がきついかななんて思ったのですが

そんなことはなく お肉の旨味たっぷりのこくのあるソースになりました。

まずはお肉を煮て セコンドとして食べて

余ったら パスタソースにしてみてください?

おいしいですよ

Buona appetito (ボナペティート)





ブログランキングに参加しています



ポチッと押していただけると嬉しいです


ありがとうございました
 ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


それでは・・・


Buona giornata(ブォナ・ジョルナータ) よい1日を