ローマのおいしい生活in東京

20年間のイタリア生活を終え帰国。本場のイタリアンをはじめ普段のさりげない和食など見て楽しい食べておいしいお料理ブログです。

2011年03月

今日のパスタは トマト バジリコ モッツァレッラの3つが入る カプリ風 カプレーゼですカプレーゼというと インサラーダ・ディ・カプレーゼ 赤・白・緑と イタリアンカラーですねこれらをパスタソースでいただきますトマトは 季節時は フレッシュのみで作りますが今 ... 続きを読む

ローマのおいしい生活-パスタ


今日のパスタは トマト バジリコ モッツァレッラの3つが入る カプリ風 カプレーゼです




カプレーゼというと インサラーダ・ディ・カプレーゼ



ローマのおいしい生活-アンティパスト









赤・白・緑と イタリアンカラーですね




これらをパスタソースでいただきます




トマトは 季節時は フレッシュのみで作りますが




今はまだ旬ではないので 缶詰も使います





材料
   トマト缶       1缶
   プチトマト      100g
   ニンニク       1片
   モッツァレッラ    120グラム
   バジリコ       3~5枚
   オレガノ       小さじ1
   オリーブオイル   適量
   白ワイン       1/3カップ
   ペンネ        320グラム(約4人分)

レシピ
   ①フライパンに オイルを入れニンニクとトマトを炒め 白ワインを入れ
     蓋をして少し煮る
        
   ②①に ちぎったモッツァレッラ 刻んだバジリコ オレガノを加え 手早くあえる
        
   ③ゆでたパスタを入れざっと混ぜる




ローマのおいしい生活-パスタ



アンティパストだけでなく こんな風にパスタと絡めてもおいしいです。




とけたモッツァレッラが糸を引いて からみつき・・・




絶品です~




ブログランキングに参加しております


にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ





ポチっとしていただけると嬉しいです~o(*^^*)o







今日は トマト缶で作るトマトソースパスタですトマトソースには いろいろな作り方があり 用途や好みによって 仕上がりの色も 味も 香りも 濃度も 様々ですね夏のトマトの美味しい時期に作る フレッシュトマトのソースも美味しいですが年間を通して いつでもよい状 ... 続きを読む

ローマのおいしい生活-パスタ


今日は トマト缶で作るトマトソースパスタです




トマトソースには いろいろな作り方があり 用途や好みによって 





仕上がりの色も 味も 香りも 濃度も 様々ですね






夏のトマトの美味しい時期に作る フレッシュトマトのソースも美味しいですが




年間を通して いつでもよい状態のトマトが使えるということでは  





缶詰のトマトは侮れません




お料理によってフレッシュなトマトを加えて 酸味を生かしたり 














今日は サンマルツァーノ缶を使い “スパゲッティ アッラ カレッティエラを作ります




カレッティエラ(carrettiera)とは “馬車引き(馬車 荷車を引く人)”という意味ですが・・・




なぜこの名前がついたのか・・・







アラビアータと ほぼ同じ材料を使いますが 




トスカーナでは この名前で呼ばれ




フィレンツェの 隠れた伝統料理のようになっています。




ただメニューには載せていないところも多いのですが 頼めばたいていのお店で出してくれます。





シンプル好きのトスカーナ人 





ご自慢のトスカーナ産 サラミやハムで 赤ワインを飲んだ後




この煮込んだトマトソースとは 一味違う





トマトを 多めのニンニクと ぺペロンチーノでさっと炒めたソースに




アルデンテのスパゲッティを絡めるだけの スパゲッティ アッラ カレッティエラで





〆るという人もいるそうです





なんとな~く分かる気がします





毎日食べても飽きないお味・・・といった感じでしょうか




材料
   サンマルツァーノ缶         1缶
   ニンニク               2片
   ぺペロンチーノ           2個
   E・Vオリーブオイル        大さじ2~3
   イタリアンパセリ          適量
   スパゲッティ            240g




レシピ
   ①フライパンにオイルを入れ みじん切りのニンニクとぺペロンチーノを入れ香りを出す
     
   ②トマト缶を加え 軽くつぶし ポモドーロソースと同じように 沸騰して5分位火を入れ
     塩で味を調える
     
   ③茹でたパスタを絡め 器に盛り多めのパセリのみじん切りをふる




ニンニクとぺペロンチーノのきいたピリッとしたトマトソースに 




口の中に 涼を運ぶ イタリアンパセリ




シンプルなお味ですが たまらない美味しさです





シンプルゆえに 素材にはこだわりたいものです





トマト缶詰は ものによって 酸味とかコクの違いがあります





サンマルツァーノのトマト缶がベストですが





お好みのお味を 探してみてください









ブログランキングに参加しております


にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ポチっとしていただけると嬉しいです~o(*^^*)o





































だいぶ前の話ですが イタリアの南 カンパーニャ州のAVELINO(アベリーノ)という街で一つの食材を クッチーナ・リッカ(CUCINA RICCA) 貴族階級の料理 とクッチーナ・ポーヴェラ(CUCINA POVERA) 貧乏人の料理 というテーマに分けて調理したものを試食するという催し ... 続きを読む

ローマのおいしい生活-野菜料理


だいぶ前の話ですが イタリアの南 カンパーニャ州のAVELINO(アベリーノ)という街で




一つの食材を クッチーナ・リッカ(CUCINA RICCA) 貴族階級の料理 と




クッチーナ・ポーヴェラ(CUCINA POVERA) 貧乏人の料理 というテーマに分けて




調理したものを試食するという催しに 参加したことがあります。




どんなものを食べたかは ほとんど覚えていないのですが




どの食材も クッチーナ・ポーヴェラの方が シンプルな分




素材の味や 魅力を引き出していて おいしかったような記憶があります。




その中でもこのフリッジテッリ(FRIGGITELLI) 細長くてしし唐を大きくしたような緑ピーマン



ローマのおいしい生活-野菜



















 

このトマト煮は忘れられない味となりました。




赤や黄色のぺぺローニ(パプリカ)を使う事があっても




緑のピーマンをトマトで煮るなんて発想はその当時の私にはなく 初めて食べる味でした




このフリッジテッリ トマトとの相性バッチリなんです




ピーマンはビタミンが豊富です




ピーマンに含まれているビタミンPは、ビタミンCを熱や酸化から守る働きをするため




炒めたり煮たりしても、十分にビタミンCを取ることができます




またピーマンに含まれているビタミンAは、油と調理することで吸収率がアップし栄養価が高まるそうです




緑のピーマンは、ビタミンの含有量でいえば赤や黄色には負けますが




緑の葉緑素(クロロフィル)はコレステロールを防ぐといわれているそうです






材料
  フリッジテッリ(緑ピーマン)   200g
  サルシッチャ(生ソーセージ)  2本
  玉ねぎ 30g             
  イタリアンパセリ        少々
  にんにく            1片
  白ワイン            大さじ4
  オリーブオイル         適量
  トマト缶            1缶
  塩




レシピ
   ①フライパンにみじん切りしたにんにくと玉ねぎを入れ炒める
   
   ②①に、サルシッチャをほぐしたものを入れ パセリのみじん切り 白ワインを加える
        
   ③洗って種を取ったピーマンを加え トマト缶を入れる
         
   ④煮詰まってしまわないように水を足しながらピーマンが柔らかくなるまで煮る
        
   ⑤最後に塩で味を整えてお皿に盛りイタリアンパセリをふる




サルシッチャは イタリアの生ソーセージです




手に入らなければ無しでもOKでも




お肉の付け合わせや パスタソースとして使えます



ローマのおいしい生活-プリモピアット



















ちょっと苦みのあるピーマンが トマトでコトコト煮ることによって食べやすくなり




おしゃれ~なイタリアンに変身です






ブログランキングに参加しております


にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ポチっとしていただけると嬉しいです~o(*^^*)o







ヨーロッパは 日曜日から 夏時間になり日本との時差も 7時間となりました日の暮れるのも遅くなり 一日が長く感じられ春も近く 街も華やぎ なんとなく ウキウキしてしまう夏時間の始まりですが日本のことを考えると 素直に喜べない自分がいます・・・春は必ず来ます ... 続きを読む

ローマのおいしい生活-プリモピアット


ヨーロッパは 日曜日から 夏時間になり




日本との時差も 7時間となりました




日の暮れるのも遅くなり 一日が長く感じられ




春も近く 街も華やぎ なんとなく ウキウキしてしまう夏時間の始まりですが




日本のことを考えると 素直に喜べない自分がいます・・・




春は必ず来ます




日本の春を・・・希望を信じます




・・・と前置きが長くなってしまいました




今日は 春野菜を使ったパスタです




春の訪れを感じさせる アスパラガス そら豆 グリンピース 緑が鮮やかです
   






イタリアでは よく野菜類を くたくたに煮たり 炒めたりして食べますが








せっかくの やわらかくてみずみずしいこれらの野菜を 今日はさっと炒めて








スパゲッティと絡めます。







お味のポイントは さっとゆでた野菜の茹で汁と ポモドーリセッキ(ドライ・トマト)と








にんにく 新玉ねぎのみじん切りです





こちら手作りの ポモドリー二・セッキ 



ローマのおいしい生活-食材・調味料











半生タイプのドライトマトです




 材料
    アスパラガス      10本
    そら豆          400g(正味200グラムぐらい)
    グリンピース      500g(正味250グラムぐらい)
    新玉ねぎ(みじん切り) 大さじ2
    ドライ・トマト        4~6枚
    ペペロンチーノ      1個
    にんにく          1個
    E・Vオリーブオイル
    白ワイン          大さじ1
    塩
    スパゲッティ



レシピ
    ①そら豆 グリンピースは さやから外し アスパラガスは適当な大きさに切る
            
    ②塩を入れたお湯で それぞれ順番に 固めに下ゆでする
           
    ③フライパンに オイルとペペロンチーノ つぶしたニンニクを入れ香りを出す

    ④③に 粗みじんに切ったドライトマトと 玉ねぎのみじん切りを加え 白ワイン
      野菜の茹で汁 大さじ4~5を入れ 少し煮つめる
          
    ④③に大さじ1のオイルと それぞれ茹でた野菜をいっぺんに加え さっと火を通す
           
    ⑤②の野菜を茹でた鍋で茹でスパゲッティを茹で ④に加え 塩で味を調える
     (絡みにくかったら 茹で汁を適量たす)



野菜を茹でた汁でパスタを茹でると パスタにも香りがつきます




茹で汁は捨てずに スープにしましょう・・・




お肉系や魚介系のものが入らなくても 充分 力強い春野菜から旨みが出ます。




野菜の量や種類はお好みで どうぞ




春野菜の持つ自然の旨みと 歯ごたえ 色鮮やかさを 味わいたいですね







ブログランキングに参加しております


にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ポチっとしていただけると嬉しいです~o(*^^*)o 






















日本では もうおなじみの スパゲッティ プッタネスカプッタネスカの意味は 娼婦風ナポリの近くのイスキア島のシェフが 考案したメニューといわれていますなぜこんな名前がついたのか ・・・ これもいろいろな説があります娼婦が仕事の合間にちゃちゃと作ったとか・・ ... 続きを読む

ローマのおいしい生活-プリモピアット


日本では もうおなじみの スパゲッティ プッタネスカ







プッタネスカの意味は 娼婦風






ナポリの近くのイスキア島のシェフが 考案したメニューといわれています







なぜこんな名前がついたのか ・・・ これもいろいろな説があります







娼婦が仕事の合間にちゃちゃと作ったとか・・・ 







娼婦の家にも常備しているもので作ったとか・・・







それにしても イタリアらしいといえばイタリアらしいユーモアあるネーミングですね







日本だったら いくら簡単で手短な食材で作った丼でも “娼婦丼”なんてつけないですよね







要するに 黒オリーブ ケッパー アンチョビ ペペロンチーノ







といった保存のきく 安い食材で 作るパスタです。







日本では安い食材ではないかもしれませんが・・・







黒オリーブやケッパー アンチョビは 日本でいう海苔や梅干しみたいなもので






 
たいてい常備されています








これらが加わるだけで トマトソースが奥深いお味になります







材料
    黒オリーブ    10粒
    アンチョビ     2枚
    にんにく      1個
    ケッパー      小さじ1
    ペペロンチーノ  1個
    イタリアンパセリ 少々
    トマト缶       100g
    プチトマト      100g
    オリーブオイル   適量
    スパゲッティ




 レシピ
     ①黒オリーブの種を取り半分に切る ケッパーは塩漬けの場合 塩抜きをする
          
     ②フランパンにオリーブオイルを入れ  潰してみじん切りにしたニンニク
       ぺペロンチーノを入れ 香りを出し アンチョビを加える
          
     ③②に トマト缶を入れ 1~2分後 プチトマト ①のオリーブとケッパー 
      イタリアンパセリを加え ひと煮立ちさせる
        
     ④茹でたパスとあと和え 器に盛り パセリのみじん切りをふる







材料さえそろえば 超簡単パスタです







ぺペロンチーとニンニクのピリッとした辛さと アンチョビの風味 ケッパーとオリーブの香りの







ちょっと大人味の 刺激的な パスタです





お試しください














ブログランキングに参加しております


にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ

にほんブログ村


人気ブログランキングへ


ポチっとしていただけると嬉しいです~o(*^^*)o 







サオール(saor)とは、オリーブオイルで 薄切りにした玉ねぎを色づかせないように弱火でゆっくり炒め松の実(pinoli) 干しブドウ(uvetta)を加えさらに炒め 最後にワインビネガーを入れたソースです。これを魚などと一緒に漬けこみます。ヴェネト州のヴェネチアの代表的な料 ... 続きを読む

ローマのおいしい生活-魚料理


サオール(saor)とは、オリーブオイルで 薄切りにした玉ねぎを色づかせないように弱火でゆっくり炒め





松の実(pinoli) 干しブドウ(uvetta)を加えさらに炒め 最後にワインビネガーを入れたソースです。





これを魚などと一緒に漬けこみます。





ヴェネト州のヴェネチアの代表的な料理で 古代ローマ時代から作られていた伝統的なものです





東西 地中海貿易によって栄えたヴェネチアは 長い海上生活をのりきるために





魚を酢に付けて保存するという事 









咳止めや下痢止めなどの薬用効果があるといわれている玉ねぎを





たくさんとれるという事で この料理ができ 広まったといわれています。





ヴェネチア市民の 生活の知恵として生まれた料理です。





またこの料理は 漬け込む期間が長くなればなるほど 






玉ねぎやレーズンの甘みが増し とろりとした旨みを引き出します。






保存食ですね。





イワシや 舌平目なども使いますが 今日はアリーチ(カタクチイワシ)で 作ります。






材料
  カタクチイワシ   300g
  玉ねぎ       1個
  紫玉ねぎ      1/2個(お好みで)
  レーズン      大さじ1
  松の実       大さじ1
  白ワイン      50ml 
  ビネガー      50ml
  砂糖         小さじ1
  オリーブオイル   大さじ2

  イタリアンパセリ  少々
  小麦粉
  塩・コショウ




レシピ
   ①いわしを手開きにしてよく洗い水気をきっておく
   
   ②レーズンはぬるま湯につけて戻す
   
   ③鍋にオリーブオイルを入れ 玉ねぎを弱火で 色付かないように炒め ②と松の実を加え
    白ワイン、ビネガー、砂糖を加え 塩・コショウして少し煮詰める
        
   ④①に小麦粉、塩、こしょうをまぶし 高温でカリッとするまで揚げる
   
   ⑤熱いうちに、③をかけ 紫玉ねぎのみじん切りをのせ 漬け込む

   

   ⑥食べる時に イタリアンパセリのみじん切りを お好みでふる





最低でも一晩は漬け込みましょう。






3日ぐらいおくと最高においしくなります~





玉ねぎは加熱するとコレステロールや中性脂肪を減らすといわれ





生食だと血糖値を下げるといわれているそうです。





紫玉ねぎを後から加えることでどちらの効用も得ますし、見た目もきれいです





お好みでどうぞ(‐^▽^‐)





冷蔵庫で一週間ぐらいはOKです。





お試しください




ブログランキングに参加しております


にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ

にほんブログ村


人気ブログランキングへ


ポチっとしていただけると嬉しいです~o(*^^*)o 










ひよこ豆   イタリアではチェーチ(チェーチ)といいます。ほくほくとした栗のような食感が特徴で 世界各地で食べられています。イタリアでも 茹でたり 詰め物にしたり 粉にして使ったりと 応用範囲も広い豆です。パッサティーナは “裏ごししたもの” “ピュレ“ ... 続きを読む

ローマのおいしい生活-プリモピアット

ひよこ豆   イタリアではチェーチ(チェーチ)といいます。




ほくほくとした栗のような食感が特徴で 世界各地で食べられています。





イタリアでも 茹でたり 詰め物にしたり 粉にして使ったりと 応用範囲も広い豆です。





パッサティーナは “裏ごししたもの” “ピュレ“ “ポタージュ“といった意味





今日は ひよこ豆を裏ごしした ミルキーなお豆のポタージュです。




材料
   ひよこ豆(瓶詰め)       360g
   にんにく             1片
   ローズマリー          1枝
   塩・コショウ           少々
   エビ               適量
   生クリーム           大さじ2
   トマトソース           少々
   イタリアンパセリ        少々
   E・Vオリーブオイル      少々



レシピ
   ①鍋に 豆と にんにく ローズマリーを入れ ひたひたの水で くたくたになるまで煮る
      
    ②エビは殻をむいて さっとゆでる
       
    ③①の豆を 茹で汁と 生クリームを加えながら ミキサーにかけ ペースト状にし 
      塩・コショウで味を調える
       
    ④器に盛り付け ②のエビをのせ パセリとトマトソースで飾り オリーブオイルをかける




今日は 瓶詰を使いましたが 乾燥豆を使う場合は 一晩水につけてから 1時間ぐらい茹でます。





優しいお味のひよこ豆のポタージュと エビがよくあいます。





ガーリックトーストを添えて・・・・





豆料理は ただ体にいいというだけでなく





どこか人の心をなごませ ほっこりさせてくれる





美味しさがありますね。





お試しください




ブログランキングに参加しております


にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


ポチっとしていただけると嬉しいです~o(*^^*)o 

















だいぶ春野菜が顔を出してきましたね。この時期 ローマでは 冬には手に入っていた 大根や白菜 カブといった野菜は姿を消していきます・・・来年の冬までお別れです・・・・今日は カブを使って “焼きカブとオリーブのバヴェッテ” ですバヴェッテ(bavette)は リン ... 続きを読む

ローマのおいしい生活-プリモピアット

だいぶ春野菜が顔を出してきましたね。




この時期 ローマでは 冬には手に入っていた 






大根や白菜 カブといった野菜は姿を消していきます・・・






来年の冬までお別れです・・・・





今日は カブを使って “焼きカブとオリーブのバヴェッテ” です





バヴェッテ(bavette)は リングィーネよりやや幅広のパスタです。








カブはオリーブオイルと塩をふり、オーブンで焼きます







カブを焼くと 甘味がましておいしいですね 





うちではお肉の付け合わせなどにも、よく登場します





材料
   カブ           1束
   カブの葉        1束分
   黒オリーブ       適量
   にんにく         1個
   ペペロンチーノ     1個
   アンチョビ        2枚
   白ワイン         大さじ2
   E・Vオリーブオイル  適量
   塩
   バヴェッテ




レシピ
   ①カブをくし形に切り、オリーブオイルと塩をふってオーブンで焼く
   
   ②カブの葉は適当な大きさに切り パスタをゆでるお湯にさっとくぐらせる
          
   ③フライパンに オリーブオイル みじん切りのニンニク ペペロンチーノ
    アンチョビを入れ香りをつけ 白ワインをふる
          
   ④②とオリーブを入れ 茹でたバヴェッテと 茹で汁少々を入れ
    ①を加え 塩で味を調える




焼くと甘~くなるカブが アンチョビ入りのペペロンチーノベースの ピリ辛とよく合います




ぜひぜひお試しください





ブログランキングに参加しております


にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


ポチっとしていただけると嬉しいです~o(*^^*)o 











































先日 メルカートで芽キャベツを見つけました・・・  芽キャベツはイタリア語で “Cavoli di Bruxelles”(カーヴォロ・ディ・ブリュッセル) ブリュッセルのキャベツという意味・・・名前の通り ベルギー原産です。材料   芽キャベツ     10個   マッシュ ... 続きを読む

ローマのおいしい生活-プリモピアット

先日 メルカートで芽キャベツを見つけました・・・
  







芽キャベツはイタリア語で “Cavoli di Bruxelles”(カーヴォロ・ディ・ブリュッセル) 






ブリュッセルのキャベツという意味・・・







名前の通り ベルギー原産です。







材料
   芽キャベツ     10個
   マッシュルーム  10個
   ボンゴレ     400g
   にんにく       1個
   白ワイン       100cc
   オリーブオイル   適量
   生クリーム     100cc
   塩 少々
   ブラックペッパー 少々
   パルミジャーノ  適量





レシピ
    ①芽キャベツを 塩少々を入れたお湯で さっとゆでる
    
    ②フライパンに ボンゴレを入れ 50ccのワインを加え  ふたをして 貝をひらかせる
     
    ③貝のからを外し 汁は漉して取っておく
    
    ④別のフライパンにオイルを入れ みじん切りのニンニク マッシュルーム ③の汁
     残りの白ワイン 生クリームを加え少し煮つめる
    
    ⑤最後にボンゴレと茹でたスパゲッティを入れ 塩で味を調える
    
    ⑥お皿に盛り お好みでブラックペッパー パルミジャーノをふる





むき身のアサリを使うともっと簡単にできます。







ボンゴレとか魚介のパスタだと ふつうトマトかアーリオ・オーリオベースのものが多いですが






クリームソースとの相性もばっちりです






ボンゴレの旨みの入ったクリームソースが 芽キャベツとマッシュルームにうまく絡み合い







こってり系だけど意外とあっさり食べれるお味です







お試しください



ブログランキングに参加しております


にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


ポチっとしていただけると嬉しいです~o(*^^*)o 

































アグレッティ(Aguretti) 日本語名は “おかひじき” です。 “おかひじき”とは、形が海草のひじきと似ているところからこの名前がついたそうですが  れっきとした緑黄色野菜です。ビタミンAやカロチン、カルシウム、鉄分、ミネラルが豊富です。特にカルシウムは、 ... 続きを読む

ローマのおいしい生活-コントルノ野菜

アグレッティ(Aguretti) 日本語名は “おかひじき” です。

 



“おかひじき”とは、形が海草のひじきと似ているところからこの名前がついたそうですが

  


れっきとした緑黄色野菜です。




ビタミンAやカロチン、カルシウム、鉄分、ミネラルが豊富です。



特にカルシウムは、ほうれん草の2倍以上含まれているそうです。
 
 

今が旬の アグレッティ・・・ 辛子しょう油で食べることが多いかもしれませんが 


今日はカラフルでポップなサラダにします。




アグレッティは固い根元の部分を切り、さっと湯がき、シャキシャキ感と鮮やかな緑色を保つために


すぐに水にさらします。




材料
  アグレッティ(おかひじき)      1束
  紫玉ねぎ                1/3個
  ツナ缶                  1缶
  ボルロッティ(インゲン豆の缶詰)  1/2缶
  プチトマト                10個ぐらい
  コーン缶                1/2缶
  エクストラオリーブオイル      大さじ3
  レモン汁または酢          大さじ3
  塩コショウ               少々
  バルサミコ酢             小さじ2(お好みで)

レシピ
   ①アグレッティの根元を取りよく洗い、沸騰したお湯で1分ぐらい湯がく
  
   ②①をすぐに水にさらしてよく水気を切っておく
  
   ③ボールに、紫玉ねぎのみじん切りとツナ缶、ボルロッティ、半分に切ったプチトマト
    コーンを入れオイルと酢と塩コショウで味付けをする
  
   ④お好みでバルサミコ酢をふる


普通の玉ねぎを使う場合は軽く塩もみしてください。辛味がとれます。


アグレッティは変色するので味付けは食べる直前にしましょう。


コーンとツナ缶が入ることで小さなお子様にも食べやすい味になります。



アグレッティの緑を引き立てるコーンやトマトやお豆たち・・・


とってもカラフルで楽しいサラダの出来上がりです。


お試しください



ブログランキングに参加しております


にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


ポチっとしていただけると嬉しいです~o(*^^*)o 








手に入りやすい食材 ニンジンとツナ缶を使ったパスタソースです。今回 赤ピーマンも入れましたが なくてもおいしくいただけます。材料   人参            200g          赤ピーマン         1個   ツナ缶           1缶 ... 続きを読む

ローマのおいしい生活-プリモピアットパスタ


手に入りやすい食材 ニンジンとツナ缶を使ったパスタソースです。




今回 赤ピーマンも入れましたが なくてもおいしくいただけます。




材料
   人参            200g       
   赤ピーマン         1個
   ツナ缶           1缶
   ニンニク          1片
   玉ねぎのみじん切り   大さじ2       
   トマト缶           1缶
   生クリーム         80cc~(お好みで)
   イタリアンパセリ      少々
   バター           大さじ1
   オリーブオイル      適量
   ペンネ           320g    

 

レシピ
   ①ニンジンをスライサーであらめの千切りにしておく
       
   ②フライパンに バターとオイルを入れ 玉ねぎとみじん切りのニンニクを入れ
    千切りニンジンを加え弱火でじっくり炒める
       
   ③ニンジンがしんなりしてきたら 赤パプリカと ツナ缶 トマト缶を加える
       
   ④生クリームを入れ 塩と胡椒で味をととのえる
       
   ⑤茹でたペンネと茹で汁少々を加え お皿に盛り 刻んだパセリをふる
   
   ⑥お好みでハートに切ったニンジンをペンネと一緒に茹で お皿に飾る




ローマのおいしい生活-プリモピアットパスタ




とろっと とろけたニンジンと玉ねぎの甘みが



ツナ缶と トマトクリームソースにからんでおいしいです。



お試しください



ブログランキングに参加しております


にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村


ポチっとしていただけると嬉しいです~o(*^^*)o







皆様ご無沙汰しております。地震発生から 10日がたちました。日本の皆様は 今回の震災で さまざまな環境の中 不自由な生活をされていることと思います。こんな環境の中でもわたしたち日本人の思いは一つ…原発の危機から一日も早く脱すること・・・復興に向けて 一日 ... 続きを読む
皆様ご無沙汰しております。
地震発生から 10日がたちました。
日本の皆様は 今回の震災で さまざまな環境の中 不自由な生活をされていることと思います。
こんな環境の中でも
わたしたち日本人の思いは一つ…
原発の危機から一日も早く脱すること・・・
復興に向けて 一日も早く 前よりもすばらしい日本を取り戻すこと・・・
そのために私は何ができるのか・・・
朝起きると日本のテレビでニュースを見ることが日課になりました
次々と明らかになる被害の大きさに
こみあげてくる悲しみとともに ただただ うろたえてしまう わたしがいます・・・
そんななか先週の水曜日 娘ちゃんが 自分の学校(インターナショナルスクール)で
チャリティーを企画しました。
ケーキを作ってお昼休みに売り 売り上げを日本に募金するというものです。
こちらがその時のポスター

そして準備したケーキ…

チョコレートケーキ10個   
べイクドチーズケーキ6個 

レアーチーズケーキ4個

使ったバターは 1.6キロ チョコレート2キロ クリームチーズ3キロ グラニュー糖2キロ
母(私)は頑張りました

どれも材料は 上質の物を 使用。
これを買って食べてくれた人が “おいしい”と感じてくれて
そしてまた日本のことを少しでも考えてくれれば・・・と
ケーキは完売
そしてうれしいことに ホールでチーズケーキを買ってくれた先生が
あまりにもおいしかったから もう少し寄付したいといってきたそうです。
何ができるんだろう・・なんておろおろしていた親の私より・・・
自分ができることをパッパッと決めて実行した娘ちゃんが何だか まぶしく見えました
今週もチャリティーが別のところであり 寿司を巻く予定です
まず身近なところで 自分のできることをやっいきたいと思っています・・・
 

ミラノのドゥオーモです

日本の希望ある未来を祈ります・・・
 








いろいろと載せたいお料理は たまっているのですが・・・
何だか おいしい物 お料理ブログという気にもなれず…
でも 簡単にできるもの 保存できるものなどを 過去の記事からご紹介しています




パッパ・アル・ポモドーロ トマトパン粥です


そしてこちらは大根サラダ 保存がききます

レシピはこちらにのせています
よかったらのぞいてみてください
それではまた・・・  

この大根サラダ うちのホームパティーでは 必ずといっていいほど登場します。 なぜなら・・・・・前日に用意できるからです。サラダを前日に~と思われるでしょうけれどこのサラダは時間をおいたほうがおいしいのです。そのわけは “イカ燻”乾き物おつまみの代表的な  ... 続きを読む


ローマのおいしい生活-コントルノ


この大根サラダ うちのホームパティーでは 必ずといっていいほど登場します。


 


なぜなら・・・・・




前日に用意できるからです。




サラダを前日に~と思われるでしょうけれど




このサラダは時間をおいたほうがおいしいのです。




そのわけは “イカ燻”




乾き物おつまみの代表的な 丸いわっかの イカの燻製を刻んで入れます






材料

  大根      1/2本

  セロリ     1本

  ニンジン    1/2~1本

  玉ねぎ     1/2個

  キュウリ    1本

  レモンの皮   1/2個分

  イカの燻製   60g~(お好みで)

  オイル     大さじ4

  酢        大さじ4

  レモン汁    1/2個(お好みで)

  塩・コショウ  少々





  野菜はお好みのものを お好みの量お使いください・・・冷蔵庫に余っているものでOKです。





レシピ

    ①野菜類を同じ位の大きさの少し太めのせん切りにする

    

    ②レモンの皮もせん切りに イカの燻製は細かく切る



    ③ボールに①と②を入れ オイルと酢を加えよくかき混ぜて 冷蔵庫でしばらくおく



    ④食べる直前に 味を見て足りなければ塩を加え コショウとレモン汁をふる









作りたてよりも1日ぐらい置いたほうが 数種類の野菜から出た水分に





イカの燻製の旨味がとけ合い 何ともいえないおいしさになります。







イカ燻の旨味がドレッシングになりますので 塩もほとんどいらないので 減塩にもなります。







密閉容器に入れ 冷蔵庫で保存できます。







火を使う必要がないので たっぷり作って保存食としてどうぞ・・・







ブログランキングに参加しております


にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村




ポチっとしていただけると嬉しいです~o(*^^*)o











今 購入できる食材が限られていて 電気やガスの制限のある中 手に入りやすい食材で 簡単にできるイタリアンを ご紹介したいと思います。パッパは イタリア語で “おかゆ 離乳食” といった意味です。これは 固くなったパンを トマトで煮込んだパン粥で 伝統的な ... 続きを読む

ローマのおいしい生活-プリモピアット

今 購入できる食材が限られていて 電気やガスの制限のある中
 

手に入りやすい食材で 簡単にできるイタリアンを ご紹介したいと思います。





パッパは イタリア語で “おかゆ 離乳食” といった意味です。


これは 固くなったパンを トマトで煮込んだパン粥で 伝統的なトスカーナの 家庭料理です。


本当は トスカーナの塩無しパンがいいのですが バケットとか 固くなったパンで代用できます。




材料
  熟した生トマト        200g
  ホールトマト缶        400g
  バジリコ            10枚
  にんにく            1片
  ぺペロンチーノ        1本
  水                カップ4
  固くなったパン        200g
  塩                少々
  EVオリーブオイル      適量


レシピ
   ①鍋に オイルを入れ みじん切りのニンニク ぺペロンチーノを入れ
     ざく切りした生トマト 半分の水を入れ 少し煮る

   ②①に トマト缶 残りの水 ちぎったバジリコを入れ 塩で味を調える

   ③②が沸騰したら パンをちぎって加え 時々混ぜながら 弱火で煮る

   ④パンがスープに溶けてとろとろになったら 出来上がり
     器に盛り バジリコと EVオイルを少したらす





生トマトが手に入らない時は 缶詰めのトマトだけでもおいしく作れます。


パンが手に入らない時は 乾物の 麩などをそのまま入れてもいいです。


ローマのおいしい生活-プリモピアット

消化もよく トマトもたっぷりとれるので 風邪をひいたときにもいい 一品です。


なぜか 食べるとホッとする 素朴な心温まる一品です。











ポチッとしていただけるとうれしいです o(*^^*)o






ブログランキングに参加しております


にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村





ボッタルガ(Bottarga) "カラスミ”とカリフラワーのパスタです。 サルディーニャ産のボッタルガは ボラ(ムッジネ Muggine)の卵で 臭みがなく 濃厚です。春らしく ブロッコレッティ・ロマーニも添えて ちょっとおしゃれに 盛り付けてみました♪材料  カリフラワ ... 続きを読む
$ローマのおいしい生活-プリモピアット パスタ


ボッタルガ(Bottarga) "カラスミ”とカリフラワーのパスタです。
 

サルディーニャ産のボッタルガは ボラ(ムッジネ Muggine)の卵で 臭みがなく 濃厚です。


春らしく ブロッコレッティ・ロマーニも添えて ちょっとおしゃれに 盛り付けてみました♪


材料
  カリフラワー      適量
  ブロッコリ・ロマーニ 適量
  ボッタルガ       お好みの量
  オリーブオイル     適量
  ペペロンチーノ     少々
  にんにく        少々
  塩
  スパゲッティ
 

レシピ
  ①カリフラワーとブロッコリ・ロマーニを茹でる
  ②ボッタルガを薄切りにし、スパゲッティとあえる分をすりおろす
  ③フライパンにオイル、にんにく、ぺぺロンチーノと①を入れ茹でたスパゲッティを入れる
  ④③に半量のボッタルガのすりおろしを入れ手早くかき混ぜ、皿に盛り
   うす切りにした物と 残りのすりおろしたボッタルガをかける


ボッタルガはお好みの量をお使いください。


アーリオ・オーリオのパスタに ボッタルガをあえるわけですが にんにくと唐辛子は


いつもより控えめにして ボッタルガの濃厚な香りを 楽しみましょう



ブログランキングに参加しております


にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村

ポチッとしていただけるとうれしいですo(*^▽^*)o♪